« 真夜中のCDCダン | トップページ | 早咲き桜の下で »

2013/03/09

2013年早春 伊豆の山中にて

201303izu

なかなか釣りに行けないここ数年だけど、解禁だけはしっかりと流れに立っている。この1日を盛期に取っときゃいいんじゃ?とも思うんだけど(笑)

でも早春の渓は、盛期とは異なる素晴らしさがある。 水の色、風の匂い、樹々の芽吹き。まだ寒々しさの残るモノクロの風景に、微かな春の訪れを感じるのが僕はとても好きだ。

一方、6年連続で解禁を迎えることとなったこの伊豆の渓は、ずいぶん変わってしまった。数年前の台風で壊滅的な被害を受け、その後あちこち行われた工事がさらに追い打ちをかけた。稚魚放流だけの小さな漁協にできることが限られているのは想像に難くない。
サカナの数は目に見えて減り、歩調を合わせるように釣り人も減った。
この日も、解禁後間もない伊豆というのに僕以外の釣り人には誰一人として合わなかった位だから。
もちろん僕の腕の問題もあるのだけど、一日中アチコチ歩いて、毛鉤に出てくれたのが結局二回。僕はそのうち、ひとつをお約束のようにバラし、ひとつを何とか、そして大切に取り込んだ。

201303izu_amago_3
アダムスパラシュート #16 / G11 クリック拡大

小さなアマゴだけど、厳しい環境に生きているからこその美しさがある。
十分に冷やした掌を通して、僕はその命の躍動を感じた。

考えてみれば、僕たちを取り巻く環境もここ数年でずいぶん変わった。放射能やらPM2.5やら、今や釣りすらのんびりできない時代だ。
様々な事象が複雑に絡み合った現代社会で、皆がそれぞれの問題と向き合って暮らしている。きっと、リリースに思いを込める釣り人は、流れに戻るその姿に自分を重ねることがあるのかもしれないな。

実のところどうするか少し迷ったけれど、今年もこの渓を訪れて良かった。
ちなみに、新しいカメラを買ったせいで、三島の鰻は今年も見送る羽目になっちゃったんだけど(笑)

|

« 真夜中のCDCダン | トップページ | 早咲き桜の下で »

コメント

洋さん、こんばんは~
毎年恒例の伊豆行かれましたね。
厳しい環境の中で育ったアマゴは愛しさも倍でしょうね。
どこの渓も大雨等で環境維持は厳しく毎年顔は変わっちゃいますね。
大雨で簡単に壊れる環境を作った切っ掛けは人間の勝手な行動だと思いますが何か寂しいですね。
とにかくこの現状を簡単に片づけてしまうのもやるせないですが、鰻を食すことが出来なかったことも洋さんが切っ掛け・・・
あれ話がズレてる^^

投稿: attuu | 2013/03/10 18:44

attuuさん、こんばんは!
今年も伊豆のアマゴでスタートです^^
この渓も、そもそもは上流部で人口林の荒廃が進んでるようです。
釣行中シカを数頭見ましたが、食害対策やら間伐やら
森林の手入れには人手や費用がかかり、難しい問題ですね。
年に一度訪れる一釣り人には、遊漁券やお弁当の代金等を地元に
落とすくらいしかできないのですが…。

ちなみに鰻重は2800円(゚o゚)で諦めました。
こちらも稚魚の減少等難しい問題ですが、おっしゃるとおり
こっちは僕がカメラに手を出さなければ…ですよね〜。
でもSonyのRX100があまりに魅力的で(笑)
来年こそは、鰻と苺大福をセットで復活させます♪

投稿: 洋 | 2013/03/10 21:32

洋さん、こんばんわ♪
ごぶさたです~。
厳しい状況でしたようですが、ひとまず解禁で良かったですね。
ワシは解禁から思わぬことになっていますが(汗)
RX100にライズしてしまったのですが(笑)、ワシもサブにとさんざん悩んで、結局メインをフルサイズにするぞぉと意気込んでおります(笑)

投稿: narukawa119 | 2013/03/10 22:33

洋さん、お久し振りです。

解禁おめでとうございます。そして、価値あるドライでのアマゴ、早春の渓はこれで十分ですよね(^^
自分にとっては雪のない渓に立てること、羨ましい限りですが…。
こちらの渓はまだ冬本番、そちらからは想像が付かない程の雪の中です。雪解けが進めばユキシロで悩まされ、前半戦はこんな感じでドライフライの用事なしです(^^;
とにもかくにも、所違えどスタートラインは一緒なんで
、お互いに今シーズンも楽しみましょう!

投稿: KID | 2013/03/11 20:45

narukawaさん、ご無沙汰です。
かなり危なかったですが(笑)、なんとか解禁できました。

narukawaさんは、蒲田でいきなり尺とはすごいですね〜。
おめでとうございます。
今年は好調のようですし、僕も行きたいなぁ、蒲田。
と言ってもノーマルタイヤしかないんですが(笑)

RX100は価格もこなれてきたので、盛期のイワナのように
ばっくり喰いついてしまいました^^
APS-Cにはかないませんが、街歩きのお手持ちカメラとしては
素晴らしいスベックで、コンデジのレベルを凌駕してますね。
一眼やG11に比べてゴツくないので、撮られてる感がないのか
子供達の自然な表情が撮れるところも気に入ってます。
ただ、センサーが大きい分、マクロに弱いので、釣行時にはG11を
引き続き使うつもりです。バリアングルですしね。
ちなみに僕も、デジイチのスペックアップを考えてましたが、コイツに
手を出したせいで当分先になりそうです(笑)
narukawaさん、フルサイズ手に入れられたら、写真楽しみにしてます♪

投稿: 洋 | 2013/03/11 22:36

KIDさん、ご無沙汰してます!
写真の一尾、その表情からして「毛鉤を見たのは初めてです」って感じですが、
その無垢さに助けられました(笑)

今年は雪多かったですし、そちらは解禁はまだまだ先って感じなんですね。
ただ、雪の多い年はイワナの当たり年って聞きますし、冬が長く厳し分、
渓に立てたときの喜びも大きいんでしょうね、きっと♪
KIDさんの解禁も楽しみです^^

僕も昨シーズンは五回しか釣りに行けなかったけど、今年はそれ以上、
できれば二桁を目指したいなと。
お互い怪我なし、家庭円満第一で(笑)、良いシーズンにしましょう!

投稿: 洋 | 2013/03/11 22:54

洋さん、お久しぶりです。

お忙しい中いい解禁を迎えられたようで何よりです。
月並みですがやっぱりフライっていいですね!
こちら山形は雪が多すぎてまだって感じですが、
来週あたりのぞいてこようかと思っています。

投稿: ぷくぷくりん | 2013/03/14 22:13

ぷくぷくりんさん、こんにちは。
いいですね、フライ!月並みですが(笑)
特に久しぶりだと、山の空気とか瀬音とか
とても新鮮に感じられて、やっぱいいなぁと。

東京はここ数日の暖かさで、いよいよ桜が開花したようです。
山形の春もすぐそこまで来てますよ♪

投稿: 洋 | 2013/03/16 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/56920384

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年早春 伊豆の山中にて:

« 真夜中のCDCダン | トップページ | 早咲き桜の下で »