« Two-months Blank | トップページ | Five Times a Season... »

2012/08/08

真夏の渓へ

2012080700

夏休みに一日フリーな時間をもらって谿へ向かう前日の夜。
支度を整えている時、あることに気づいた。
ない、ない…、ないないないない、HardyのCascapdiaがない!
部屋やクルマを大騒ぎして探したけれど、見つからない。
どうやら前回の釣行の際にフィールドに置き忘れて来てしまったらしい。
なんてことだ。お気に入りのリールだったのに…。
ガックリと折れそうになる気持ちを取り直して、真夏の渓へ(苦笑)。

フィールドへ着くと、渓はずいぶん減水していたけれど、遡行は楽だしポイントがしぼりやすいから、へなちょこな僕にはかえって好都合だ。ただ、多少のシビアな状況は考慮して、いつもの#11テレストリアルでなく、#14前後のCDCソラックスダンを中心に釣りを組み立てると、8寸程度のイワナ達がコンスタントに水面を割ってくれた。やっぱり平日釣行はいいなぁ。

2012080705
8寸程度でもこの体高だからよく引いて愉しい

いかに高地とは言え、日が高くなると、気温が上昇し、とても暑い。
冷たい渓の流れで顔を洗い、ペットボトルのお茶をゴクリ。

2012080703

透き通った水に夏イワナと遊んで涼むのは、日本のフライフィッシャーにとって夏の贅沢だね。

2012080706
巻きからの一尾 8寸強

で、とあるポイント、岩と岩の間にできた小さなスポットに渦が巻いている。
何気なく毛鉤を落とすと、小さく水面がはじけた。
おっ、とアワせた途端、ギュイーンと奥の岩陰に疾走する大きな魚影。
ロッドはバットから弧を描く。何とかこらえようとグリップに力を入れた瞬間、7Xのティペットが毛鉤ごとぶっち切られた。
またやってしまった。。。この後、そそくさとティペットを6.5Xに変更(笑)

2012080704jpg
Cascapediaなき後の今日の相棒は久しぶりのC.F.O。

そして退渓直前の午後2時。対岸のいくつかの筋が合わさるフラットな流れに毛鉤をプレゼンテーションすると、金色の魚影が反転。ロッドを跳ね上げると、イエローのラインが水しぶきをあげてピンと張った。またもやロッドが弓なりに。
よし、コイツは獲らないと…!
今度は無理せずサカナの動きに追従しながら、慎重に寄せる。
ロッドコントロールで、手前の早い流れを切り、二段下らせたところで、その魚体をネットで掬った。
I got it! I got it!一年ぶりの尺イワナだ。

2012080707
なんも言えねぇ(笑) クリック拡大

2912080709
殊勲の#15ピーコックパラシュート

夏の光をキラキラ反射する流れに揺れる黄金の尺イワナは、とても綺麗だったなぁ。その姿を心に焼き付けて、優しくリリースすると、エメラルドグリーンの流れに悠然と戻っていった。

2012080708_2
夏休みの思い出に残る一尾。気持ちよく送り出してくれた家族に感謝だね。 クリック拡大

このイワナ、Hardyを失った僕に、カミさまが引き合わせてくれたのかもしれないな、きっと(笑)

|

« Two-months Blank | トップページ | Five Times a Season... »

コメント

洋さん、こんにちは。

陽光眩しい真夏の高原の渓。ジンクリアな流れ。気持ち
良く飛び出す良型イワナ、そして記憶に残る尺イワナと
の出会い。理想的なストーリーですね。こういう釣りが
出来た日は本当に嬉しいですよね。
「優しくリリースすると、エメラルドグリーンの流れに悠然と戻っていった」
ク~!!FFやってて良かったと思う至福の瞬間ですね!

投稿: KID | 2012/08/09 14:27

洋さん、こんにちは。
オイシイ内容とイタイ内容が・・・(><)

綺麗な渓の景色に癒されます。
そういえば重さを感じる魚って
なんか記憶がないなぁ・・・・(ToT)

投稿: まちゃ | 2012/08/09 18:53

洋さん、こんばんは。

すごい引きの強そうな尺ですね~
お見事です。
写真もお見事!
とても楽しい釣りと、いい岩魚との出会いで
充実したのではないですか?
でもHardy痛すぎる・・・

投稿: ぷくぷくりん | 2012/08/10 18:34

KIDさん、こんばんは!
一つ目(多分、二つ目より大きかった…)も獲れてれば、
もっと理想的だったんですが、高望みし過ぎですね♪
ジャストの尺イワナですが、大体一年に一回あるかないかなので、嬉しかったです。
ネットで掬った瞬間、誰もいない渓で雄叫びをあげちゃいました(笑)

投稿: 洋 | 2012/08/11 21:07

まちゃさん、こんばんは!
イタイ方の話をいろいろ思い返したんですが、多分
片付ける際にリールをクルマのルーフに載せたまま、
走り出したんじゃないかと…。
昔、財布をルーフに載せたままも走り出して、路上に札を
巻き散らかして以来、気をつけていたはずなんですが。。。
情けない話です(TT)

でもまぁ、覆水盆にかえらず、ってことで
CFOが幸運を運んできてくれたと前向きに考えようかと
思ってます♪

投稿: 洋 | 2012/08/11 21:13

ぷくぷくりんさん、こんばんは!
最後の最後までバレるな、バレるな、と祈ってました(笑)
8月に入ったところで今季一番の釣りができて嬉しかったです。

あのHardyは、多分もう手に入らないので残念なんですが、
モノより思い出ってことで( ・`ー・´)キリッ 

……しかし、やはり痛すぎます。。。(笑)

投稿: 洋 | 2012/08/11 21:33

洋さん、僕も気に入っていたリールで同じことやりましたよ。。。
友人は、買ったばかりのバンブーロッドで同じことを。
何かの拍子でひょっこり出てくること祈ってます。
釣りはとてもよかったようですね。
僕は今年、大きなお魚の縁がまるでありません。ばらしまくってます。

投稿: きみ | 2012/08/26 14:14

きみさん、こんばんは!
やはり皆さんあるんですね〜。
僕の場合、何度も同じようなことを繰り返していて
いやになっちゃいます…。
これから、このリールのことを思い出すとこの尺イワナのことを、
この尺イワナのことを思い出すとこのリールのことを
思い出すんだろうな、と(笑)

シーズンも残り一ヶ月、最後にドラマがまってるといいですね♪

投稿: 洋 | 2012/08/29 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/55379527

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の渓へ:

« Two-months Blank | トップページ | Five Times a Season... »