« 梅雨明けの川上村 | トップページ | 夏の渓にて »

2010/08/04

To be free ~ 東北の渓にて~

20100800_2

秋田自動車道の北上西ICが近づいてきた頃、カーオーディオからOasisのWhateverが流れてきた。
~ You're free to be wherever you. Wherever you please. ~
リアム・ギャラガーがそう歌っている。
僕はなりたいと思えばいつでも自由になれる。どこへでも行ける。
何かにつけ慌ただしい日々が続いているけど、いつも自由な時間を持て余すより、忙しくも何時だって自由になれることを知っている人間の方が幸せなのかもしれない。
東北自動車道を徹夜で走り続けた頭でそんなことを考えながら、僕は北上西ICでハンドルを左に切った。

東京から約6時間のドライブ。でも、ここまで来れば、憧れの岩手の銘川・北本内川はすぐそこだ。高鳴る胸の鼓動を抑えつつ、ライセンスを購入した僕は和賀仙人から北本内の林道へ車を進める。

8月の北本内の林道は想像していたよりずっと鬱蒼としていた。
それに、林道の入口にいると聞いていた監札のおっちゃんもの姿もない。
だけど、人がいないその理由はすぐに分かった。
未舗装の道路へ入るなり、フロントウィンドーにコツコツと無数の黒い物体が…。
「おぉ、これが噂に聞いていたアブかぁ」などと呑気に感心していたのは初めだけ。
渓の番人の如く、次々にやってきて、僕の車はハンパない数のアブに取り囲まれた。
・・・・・・。
哀れ、へなちょこフライフィッシャー。
かくして、憧れの美しい流れを一度もこの目で見ることなく、林道半ばにてあえなく敗退(苦笑)
村田久さんや湯川豊さんの書き物で憧れていた和賀川水系のライセンスは、まさに記念遊漁券となった。やれやれ、初めての東北、のっけから何て出だしなんだ。。。

そこで、今度はこの忌々しいアブが少ないと思われる、太平洋側の、これまた行きたかった遠野の渓を目指した。
奥羽山系の和賀町から1時間と少しのドライブでたどり着いた民話の古里。

201008toono00_2
ようこそ、遠野へ。カッパがお出迎え(笑)

のどかな田園地帯を猿ヶ石川とその支流が縫うように流れている。
けれど、猿ヶ石川水系もここ数日の天候不順で水が高い感じだった。うーむ。
しかし、ここまで来て一人でカッパ探しってわけにも行かないので、とりあえず、有名な「釣宿わらべ」でライセンスを購入。状況を伺うと、やはりどこもここ数日の雨による増水で厳しいようだ。
それでもいくつかの貴重な情報をいただき、ご主人とおかみさんにお礼を言って(そうそう、この宿に姿を見せるという座敷童子にも、心の中で家族の幸せをお祈りすることも忘れずに♪)向かったのは、芦澤一洋さんゆかりの猿ヶ石川支流。

20100802kogarase00_2
かつて芦澤さんが桃源郷と呼んだ渓

早速フィールドに着いて適当な場所から入渓する。やはり水は多めだけど、釣りをするには全く問題なさそうだ。清冽な流れに立つと、やっとこさ釣りができる嬉しさで心が弾む。水は綺麗だし、何よりアブが少ないのが良い。
渓相としては、見るからになんの変哲もない関東近辺のどこにでもありそうな渓で、岩手まで来てこんな小渓かぁ…とも思ったけれど、ここからが何とも素晴らしかった。
たまたま状況が良かっただけなのかもしれないけれど、僕の腕でもサカナ達が綺麗に水面を割る。ヤマメとイワナの混生で、アベレージ7~8寸位。
それに夏休みというのに、誰ひとり他の釣り人と会うこともない。
道沿いの入渓しやすい渓なのに。
ともかく、ここに来て、ものの小一時間で多くのヤマメやイワナに癒され、東京から遠路はるばるやってきた元が取れた感じだ(笑)

20100802kogarase01_3
僕にとって初めての東北イワナ。8寸強。クリック拡大
数年に一回来る予定(笑)なので、今後ともヨロシク。

イワナはどれもお腹が黄色で鰭が大きく、黄金色に輝く綺麗な魚体だった。
嬉しいことに2回目のアタックで取れることもあるくらい、関東のイワナに比べ寛容だったかな(笑)
午前10時過ぎから釣りはじめて、午後5時前まで、飽きることなく良い感じで釣れ続け、僕は遠野の小渓流を存分に満喫した。
そして、最も印象に残ったのは、このヤマメだ。

20100802kogarase02_2
力強く、美しい、東北のヤマメ 9寸 クリック拡大

このヤマメは今シーズン一番の素晴らしい引きだった。
少し高さのあるところからキャストしたので動きが良く見えたのだけど、俊敏に浮き上がり、綺麗な反転であっという間にアダムスパラシュートを奪い去ると、一気に潜行。
この体躯と大きな鰭で下流に走り、バンブーロッドをバットから三日月の如くしならせた。
くっきりとしたパーマークをまとい、僕の新しいランディングネットに横たわる美しい色艶の9寸。僕のこれまでのフライフィッシングライフの中で、ヤマメでは一番の個体だろう。
幸運にもこんな東北ヤマメに出逢えたことで、遠路の疲れは完全に吹き飛んだ(笑)。

夕方からはバケツをひっくり返したような豪雨になったため、適当に宿を見つけて投宿。
翌日はどの河川もその雨の影響でカフェオレ状態になっていたので、釣りは断念。
午前中にカッパ淵など遠野観光を軽くして、お土産を手に帰路についた。
それでもさほど残念な気持ちにならなかったのは、初日の釣りが良すぎたからかもしれない。
往復1200キロ。一泊二日で釣りをしたのは正味6時間位だったけれど、その短時間で釣り人を十分に満喫させてしまうのが、東北の懐の深さと言うか、やはり凄いところだ。

そうそう、今回の旅では、僕が名古屋時代にお世話になったFactory Haruのlefty_haruさんにオーダーしていた新しいランディングネットを持っていくこともできた。花梨・とち・縞黒檀、それぞれに、とても良いモノを使ってくれたようで、僕のイメージを超える素晴らしい仕上がり。花梨タイガーが吉田ロッドのリールシートと色も合うし、とち縮みは極々上品を使ってくれたとのことで、縞模様が美しい。そして、内張りにはlefty_haruさんのアイデアで『Azure Life by Hiroshi』 と刻まれている。
サカナを掬う時も、左手にしっくりきていい感じだった。岩手・遠野の9寸ヤマメで入魂することができたし、巡り合わせもいい感じで、すごく気に入ったなぁ。
僕の夏休みに間に合わせてくれたlefty_haruさんに感謝だ。

20100803toono01
遠野のカッパも釣ってます。ひょっとしてダブルハンドか(笑)

そんなこんなで、二年ぶりに取れた僕の夏休み。
東北への釣り旅は、東京から「気軽に」とは言えないけれど、短時間でも訪れる価値はある。いくつになっても、どこへ行こうと自由になれるフライフィッシャーは幸せだ。

僕のささやかな夢だった「みちのくひとり旅」を許してくれたカミさんにも感謝。
東北、いつかまた行きたいな。次は6月。今度こそ北本内かな(笑)。

|

« 梅雨明けの川上村 | トップページ | 夏の渓にて »

コメント

洋さん、こんばんわ!!
イイなぁ〜。憧れのトーホク釣行ッ!!
って、みちのく一人旅だったんだ・・・凄い体力ですね。
キレイなヤマメ、逞しいイワナに出会えたようで
思い出深い釣行になった感じですね。
カッパのダブハンも面白い写真ですね(笑)

投稿: terry | 2010/08/04 22:26

洋さん、こんばんは!
みちのくひとり旅、満喫されたようでよかったですね!
イワナもヤマメもいいやつがとれて素晴らしいです!

自分もこんな完璧なヤマメを見たことがありません。
素敵なネットにもバッチリ合って入魂おめでとうございます。

ぜひ山形にもいらしてくださいね!
(アブすごいけど・・・)

投稿: ぷくぷくりん | 2010/08/04 22:56

terryさん、こんにちは!
東京に来てから一度は行きたいと思っていたので
夢が叶って良かったです。
しかし、岩手はやはり遠かった…。
ドライブ好きの僕も5時間を超えたあたりから、
さすがにイッパイイッパイでした…。
もうドライブはしばらくいいやと思いつつも、
今度は今日から、家族で湯河原なのです(笑)

自在に泳げるはずのカッパが釣りをする必要が
あるのか一考の余地はありますが、なかなか
おもしろい絵でした^^
遠野の里には遊び心というか、心の余裕がありますね。

投稿: 洋 | 2010/08/05 10:37

ぷくぷくりんさん、こんにちは!
短時間でしたが、みちのくを満喫してきました。
本当はもっとゆっくりしたかったんですが、
「後ろ髪引く渓の瀬音を背で断ち切り」(笑)
戻ってまいりました。
かつて、芦澤さんが「ここのヤマメには気品がある」と
おっしゃったそうですが、まさしくそんな美しい東北ヤマメに
出逢えて良かったです。

ちなみに秋田・山形も選択肢にあったのですが、
この時期の日本海側はアブがすごいと聞いて、
太平洋側とあいなりました。
山形に行くときには、是非ともいろいろ教えてくださいね。
秘密の楽園と、サクランボもお願いします(笑)

投稿: 洋 | 2010/08/05 10:48

洋さんこんにちは!
羨ましい、みちのく一人旅ですか~♪
良い旅になったようでなによりでした~^^

ヤマメも岩魚もみんな素晴らしいですね~

北本内は残念でした^^;
この時期行ったことがないのですがやはりアブが
凄いんですね、そうそう6月に行ったときは熊を
まじかで見ました。

あんまり強そうじゃなかったんであれなら
勝てそうですね(笑)

投稿: カバ | 2010/08/05 19:12

お久しぶりです。
いい釣りが出来ましたね。
こちら愛知から見ると東北はパラダイスというイメージがありますが、それを証明するような見事なヤマメには脱帽です。

サッカー好きのharuさんらしく"Azure Life "と命名されたランディングネットはロッドのリールシートとマッチさせるためにharuさんが腐心したというネットですね。いいなぁ、最近物欲を満たすための資金が不足気味の私には目の毒です(笑)。

それと、OASIS。
なかなかのセレクトです。
名古屋グランパスサポーターのワタクシとしては、グランパスアンセムの"Don't Look Back In Anger"もオススメなんですけどね(笑)。

投稿: standy | 2010/08/05 21:51

洋さん、ご無沙汰です♪

♪マークついでに・・・
ここでぇ~いっしょにぃ~しねったらぁ~いいとぉ~

みちのくひとり旅お疲れ様です!

遠野の流れは99年にボクも行きました。
ぜひまた行ってみたいなぁと思いながら読ませていただきましたよ。
それにしてもパーマークの間を埋めるような紅色の
ヤマメはとても綺麗ですね。胸鰭のつけねの紅色も
あいまって見とれてしまいましたよ~。

投稿: たんくろーりー | 2010/08/05 23:53

ども、洋さん。

美しい東北の渓魚で入魂おめでとうございます。

何処かもっさい感がある岩魚の中で、
東北岩魚と中国地方のゴギの美しさは別格ですね~。

ゴギは遥か昔に釣ったことがあるので、
あとは東北岩魚だけです。
何時かはこの目で美しい東北岩魚を見てみたいものです。

投稿: lefty_haru | 2010/08/06 01:37

洋さん、おつかれー♪

良いみちのくデビューが飾れて良かったねー!

素晴らしく綺麗な雄のヤマメじゃない?良いなぁ。素直に羨ましく思うよ!
やっぱり東北のヤマメはカッコイイね!
俺も行きたかったなぁ。

今度は東北弾丸日帰りでもやっちゃう?(笑)

投稿: わん | 2010/08/06 23:14

洋さん、こんにちは~!!

二年振りの夏休み釣行、お疲れ様でした~。
いやぁ~、それにしても美しいヤマメやイワナに
これまた美しい川で出逢う、ボクたちフライフィッシャーにとって
最高のひとときですね。いつかは行ってみたい東北への
想いがますます強くなりましたよ^^。
Newネットも、イワナはもちろん美麗なヤマメにもバッチリ合って
最高の入魂劇になりましたね。ボクもあやかりたい・・・。
そうそう、「ボールは友達(by キャプテン翼)」で
「オロロは友達(by ita-gon)」ですから^^。

投稿: ita-gon | 2010/08/07 07:15

カバさん、こんばんは!
さきほど、家族旅行先の湯河原から帰宅しました。
明日から仕事です…。
東北ひとり旅が、早くも遠い過去のように
感じられます(笑)

北本内、川まで行けばどうかわかりませんが
林道はすごいことになってました…。
また、改めてですね。
しかし、熊が間近ですか~(゚o゚)
熊やアブが、渓魚を守ってるのかもしれませんね。
でも熊との真剣勝負は遠慮したいです(笑)

投稿: 洋 | 2010/08/08 19:15

standyさん、こんばんは!
北本内で予定が狂ってどうしようかと思いましたが
優しい東北ヤマメに助けられました^^

ネットのネームの方は、初め普通にHiroshiでお願いしていたところ
haruさんのアイデアでAzure…となったんですが、
coolでとっても気にいってます♪
他にも材木屋さんをあたってくださったり、いろいろと
骨を折ってくださったようでとても感謝しています。
知っている人に作ってもらうとより愛着も湧きますしね。

Oasis、解散が残念ですが、Don't Look Back In Anger 
がアンセムなんてカッコいいなぁ。
グランパス、今年は調子良さそうですね♪

投稿: 洋 | 2010/08/08 19:52

たんくろーりーさん、こんばんは!
♪おーまえが、オレにはさいごの(山)女~♪
にならないように、気をつけます(笑)

今回は小烏瀬川周辺を釣りましたが、里と川が
調和している、なんか懐かしい雰囲気の中での釣り
となりました。
深山の渓とはまた違った魅力がありますね。

近くにある宮沢賢治記念館を訪れたり、民話の
語りべを聞いたりするのも面白そうです。
いつか家族で行ってみたいですね。
もちろん、早朝は渓に抜け出して(笑)

投稿: 洋 | 2010/08/08 20:59

haruさん、こんばんは!
この度は素晴らしいネットをありがとうございました。
届いてすぐ東北へ持ち出して、たくさんのヤマメやイワナを掬ってくれ、
この記念すべき旅に花を添えてくれました。
フレームだけでなく、練色のネットもイメージどおりで、
末永く大切に使わせていただきます。

haruさんが東北イワナを釣られていないとは驚きです。
haruさんなら赴きさえすれば、たくさんの良いイワナと
出逢えると思いますよ。
僕もいつかゴギを見てみたいです♪

投稿: 洋 | 2010/08/08 21:06

わんさん、こんばんは!
いい東北ヤマメでしょ?
コイツがあと一寸あったら、東北に通い詰めちゃいそうで
かえってこの位で良かったかなぁと(笑)

で、今回、往復12時間のドライブで、釣りが5時間ちょっとだから
ほぼ弾丸だったような気もするけど、
幸か不幸か二人で運転交替しながらなら、北東北でも
よゆーで行けてしまうことが分かってしまいしました♪

ということで、アブが収まるころ、いっちょ行っちょりますか(笑)

投稿: 洋 | 2010/08/08 21:25

ita-gonさん、こんばんは!
岩手・遠野の宿やGSで出逢った人は、
商売とは別の意味で、人情深く優しい感じがして、
僕が抱いていた東北のイメージそのままでした。
日本の原風景というか、初めてなのに懐かしい感じのする
そんな里でしたね。
そうそう、外国人観光客が多かったのも驚きました。
カッパ渕で、熱心にカッパの置物の写真を撮っていたのが
印象的だったなぁ。
もちろん釣りのフィールドとしても最高ですので
ita-gonさんも是非東北へ♪

ちなみに、オロロとは「友達から」でも「ゴメンナサイ…」です(笑)

投稿: 洋 | 2010/08/08 21:38

洋さん、こんばんわ♪
ひとり旅とは、またオツなもんですね、ただ、東北までとは恐れ入りました(笑)
このヤマメ、すんごいパワフルできれいです。
東北にもオロロいるんや~?知らなかった・・・

投稿: narukawa119 | 2010/08/08 21:58

遅ればせながら・・・洋さん、ども~~~(^^)
弾丸ツアーお疲れ様でした。
きれいな山女にホレボレです。
来年の年賀状は決定でしょうか!? 
いい夏休みを過ごされましたね~~~。
私の夏休みは明後日からです。
途中で少しは釣りできそうで、楽しみですね。

投稿: まちゃ | 2010/08/10 18:47

narukawaさん、こんばんは!
本当はもっとゆっくりのんびり旅が良かったんですが、
ちょっと体力勝負的な旅になってしまいました(笑)
ヤマメのイイのはあまり釣ったことがなかったんで
嬉しかったです^^

東北と言うと、つい、いつでもパラダイスみたいに思っちゃいますが
アブやら渇水やら豪雨やらで夏場は中々厳しいみたいです。
やっぱり六月に行ってみたいですね♪

投稿: 洋 | 2010/08/12 20:09

まちゃさん、こんばんは!
思い出に残るヤマメに出会えて、幸運でした。

まちゃさん、今日から夏休みかぁ。
今頃、イブニングを終えた頃ですかね(笑)
我が家同様、赤ちゃん抱えててんやわんやだと思いますが
良い夏休みにしてくださいね!

そうそう、正式な年賀状はもちろん家族写真ですよ(笑)

投稿: 洋 | 2010/08/12 20:22

洋さん、こんにちは。
岩手釣行、懐かしくて、うらやましいです。
北本内、そこまでアブが出てましたか・・・。
アウトドアショップで売ってる、顔がネットに入るやつ(はちみつ採りのおじさんがやってるやつ)が必要ですねえ。
それでも、遠野であんなきれいなヤマメ、これは最高ですね。
2年前に子供達と遠野でバックパック旅行した時は、やせ我慢をして釣具を持っていかず、いまだにちょっと後悔しています。

投稿: きみ | 2010/08/18 11:10

きみさん、こんばんは!
岩手釣行、僕も早くも懐かしくなってきました(笑)

おー、あのハチミツ取りのやつ!
あれ付けて、ロッド振る猛者もいらっしゃるんですね〜。
ちょっと僕にはマネできないです…。

でも、さすがきみさん、お子さんと遠野でバックパックなんて素敵ですね。
僕もいつか子供達が大きくなったら、行きたいなぁ。
もちろん、パックロッドをしのばせて♪

投稿: 洋 | 2010/08/19 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/49056502

この記事へのトラックバック一覧です: To be free ~ 東北の渓にて~:

« 梅雨明けの川上村 | トップページ | 夏の渓にて »