« 祝!解禁 2009 伊豆の渓にて | トップページ | 春の峪にて »

2009/03/22

転戦! 道志川へ

20090320mtfuji

ついさっき走り終えた道を舞い戻り、今度は伊豆半島を北上する。
東名高速に乗り直し、御殿場インターから山中湖へ抜け、犬伏峠を越えれば、やっとのことで道志川だ。いつの間にか晴れ上がった紺碧の空に映える富士山を眺めながら、僕は自分の行動力にちょっと苦笑いしてしまった。
このフットワークの良さを仕事にも発揮できれば…なんてね。

今シーズン二回目となったこの日の釣行。前の晩からカミさんの実家のある茅ヶ崎に滞在していたこともあって、僕は今回の行先も前回楽しい思いができた伊豆の渓と決めていた。
午前5時に茅ヶ崎を立ち、厚木インターから東名高速を西にひた走る。

沼津インターを降りた頃から、小雨が激しい雨に変わったのだけど、僕はさほど気にしていなかった。天気予報で雨量は少なく午後には晴れると確認していたからね。むしろ増水後の水の引き際の絶好のタイミングに期待を抱いて、僕は早朝の伊豆半島を黙々と南下していったんだ。

けれども、予想に反して、目的地が近づいても、僕の車のワイパーはせわしなく左右に動き続けた。一向に止まない強い雨に不安を覚えながら、午前八時すぎ、目指す渓の畔に車を滑り込ませる。曇天の空から執拗に降り続く土砂降りの中、僕は傘をさして車から降り、渓の様子を確認した。

20090320izu01_3
やっぱりなぁ…。

一見して釣りができる状況ではなかった…。飴色の流れを前に、言葉を失うへなちょこFF。なんとか諸事に都合をつけて、はるばる伊豆までやってきたのに…。

携帯の情報では、相変わらず急速な天候の回復予報を告げていたので、初めは車中で仮眠でもして状況の好転を待つつもりだった。
けれど、雨は10時前になっても一向にその勢いを衰えず、雨音が僕の車のフロントウィンドーを叩き続けていた。流れを見れば、さっきより水位が増して濁流に近くなっている。
たとえ数時間後に雨が止んだとしても、今日いっぱいは水は引かないように思えた。どうやら今日のこの流れでの釣りはあきらめざるを得ないようだ。
やれやれ、どうしたものか。
伊豆の別の水系に逃げる手もあるのだろうけど、状況はどこも変わらなさそうに思えたし、何しろどこも初めての渓だから、心当たりがあるわけでもなかった。

こうなれば、道志川へ行くか…。
もともと道志川も選択の一つだったのだけど、ウィークエンドのフィッシングプレッシャーを避けて伊豆にした経緯もあった。今から踵を返せば、午後には道志川でロッドを振れるはずだ。
そう思い立ったら、僕は直ぐにイグニッションキーを回し、車を発進させていた。
釣りがしたいがために伊豆半島の往復程度の労力はいとわない36歳の自分の情熱というか根性というか、諦めの悪さみたいなものに幾分の恥ずかしさと不思議な心地良さ()を感じながら、僕は伊豆半島を北上した。

はたして約三時間後、僕は、美しく映える富士山を背に犬伏峠を越え、道志川の畔にたどり着いた。思えば、茅ケ崎の家を出発してから約300キロ・8時間。我ながら遠く長い道志川までの道程だったよ(笑)

20090320doushi01_3
早春の道志川 左前方に小さく別の釣り人が見える

道志川は、伊豆の渓と打って変わっての青空。そして、予想通り釣り人でごった返していた。それでも、釣りができる嬉しさに僕の気持は高揚してくる。現金なものだね。
駐車場で話した餌釣りのおじさんの話では「水が冷たいなぁ。朝はポツポツ釣れたが、その後はパッタリ。風が吹いてきてからはてんでダメ」とのこと。うーむ。たしかに下流から冷たい強風が吹き付けている。
それに少々増水気味だ。だけど、十分釣りができるレベル。
朝の渓に比べたらね
()

早速、ロッドを繫いで渓へ降りる。
今日は、僕のバンブーロッドの本格的な初使用の日でもあるんだ。
ウィンストン&ピューリストではなく、吉田ロッド&CFOの組み合わせ。
ピューリストではないCFO独特のラチェット音が、長いドライブで疲れた僕の気分を盛り返すように鳴った。

増水のせいか、風のせいなのか、残念ながらライズは全く見られない。
下流から突き付ける突風の中、ロングリーダーティペットのコントロールに手を焼きながらも、僕は新しいバンブーロッドの感触を確かめながら釣り上がっていった。
見込みのありそうな流れを見つけては、風がおさまるタイミングを計って、毛ばりを流れに乗せる。ウィンストンより柔らかい#3のバンブーロッドが、ふわりと毛鉤をポイントに運んで行く。暫く釣り上がると、水面がパシャと弾け、手のひらサイズの可愛いヤマメが僕のCDCソラックスダンを捉えた。

20090320doushiyamame00
今シーズンの初ヤマメ まずはこの辺りのサイズから(笑)


その後は、上から下から釣り人が現れ、厳しい時間が続く。けれども午後4時を回ったころ、強かった風が一時的に弱くなった。そして、その時間帯に合わせるように、待望のハッチが始まる。ガガンボやユスリカの双翅目類が夕日に照らしだされた渓に舞っている。そして、それにつられたのかヤマメ達も水面を意識してくれたようだ。
ライズまでには至らなかったけれど、比較的強い流れに#16CDCソラックスダンをナチュラルにドリフトさせると、数尾のヤマメが綺麗に水面を反転し、僕の7フィート3インチのバンブーロッドを小気味よく絞ってくれた。20090320doushiyamame00_2
道志川のアベレージサイズだけど、美しいヤマメ。 クリック拡大。

どれもサイズは20センチほどだったけれど、こんな綺麗なヤマメばかりだった。ここれなら伊豆からはるばるやってきた甲斐もあるってものだ。
結局、それ以上のサイズアップはかなわなかったけれど、僕は十分満足していた。昨年三度訪れて手にしたヤマメの数を今日半日で上回り、ロングリーダーティペットとCDCのパイロットフライの手ごたえ、そしてバンブーロッドの感触を十分堪能し、日暮れまで釣りを満喫できたからね。

20090320doushi02
道志ヤマメで何とか入魂

快晴・強風・増水・フィッシングプレッシャー、春の釣りらしくコンディションとしてはタフだったけど、午前中の伊豆を思えば、どうってことはない。
伊豆からの大転戦。こういう釣りも悪くないね。
まぁ、翌日迎えた結婚記念日の食事の際に、「結婚前にはそんな人じゃなかったのにね」とカミさんに言われてしまったのだけど
()

|

« 祝!解禁 2009 伊豆の渓にて | トップページ | 春の峪にて »

コメント

す、凄い行動力ですね。
で、見事釣果を得るあたり流石です。

投稿: | 2009/03/23 20:35

洋さん、こんばんわ!
そしてロングドライブお疲れ様です(笑)でも、道志川のあんなきれいなヤマメが釣れればロングドライブの疲れも吹っ飛んじゃいますね~なるほど、今年は吉田ロッド+CFOで行きますか?僕は、ウィンストン+ピューリストで解禁したいと思います!ちなみに、先日仕事で山中湖へ行ってましたが、道志川って山中湖から意外と近いんですね~しまった(泣)ロッドを持っていけばよかった・・・

投稿: まっす~ | 2009/03/23 21:41

稲さん、こんばんは!
釣りに関しての行動力には目を見張るものが
ありますね、我ながら(笑)

綺麗な山女が釣れてよかったです♪

投稿: 洋 | 2009/03/23 23:03

まっすーさん、こんばんは!
ヤマメに逢うためだけに、300キロもなんのそのですから
困ったもんです(笑)

解禁はウィンストンとピューリストでしたが、
タックルは、いろいろ気分によって変えたいなぁ
と思ってます。
まっすーさんの解禁も待ち遠しいですね!

山中湖から道志川は、上流からのアプローチになりますが、すぐですね。
次回はロッドをお忘れなく♪

投稿: 洋 | 2009/03/23 23:17

洋さん、こんばんわ!!
入魂おめでとうございます!!
そして、その移動距離と根性にはビックリです!!
努力してる人は報われますね(笑)
木曽あたりで釣りをしてると、すぐに移動出来る流れが多いから、雨の後でも何とかなるかな?とおもいつつ、あまりに近すぎて雨の影響を受けまくりなので、洋さんのような行動力は見習わなきゃ・・・
それにしても斜光に浮かぶ道志ヤマメ、キレイですね。
こんなのが釣れれば、疲れも吹き飛ぶ!!かな?(笑)

投稿: terry | 2009/03/23 23:20

洋さん、まいどです!
一人で抜駆けしようとしても上手くいかないね(笑)
冗談はおいといて、伊豆は残念だったね。
でも、道志に行った事で確実なスキルアップを
確認出来たんじゃない?
やっぱり、やってる方向は間違ってないよね♪
今年はなんか良い感じなんじゃないの?
来月はサクッと尺っちゃいますか?(笑)

投稿: わん | 2009/03/23 23:26

洋さん、こんばんは~!!

いやぁ~、8時間の移動って・・・^^。
ボクも経験ありますけど、洋さんはまだまだ若い!
40過ぎるとついつい諦めちゃうのが早くなって
また来ればいいや!って思えるようになりましたよ。
釣りのほうも淡白になりつつあるアラフォー釣り師のボク。
いかんなぁ・・・。

投稿: ita-gon | 2009/03/24 22:20

こんにちは。 8時間・・すごいですね。
私じゃ、それで1日終了です。
バンブー、いつかは手にしたい憧れです。
綺麗な山女とバンブーの組み合わせは、これまた素敵ですね。

投稿: まちゃ | 2009/03/25 13:41

terryさん、こんばんは!
ありがとうございます^^
木曾あたりなら、何本か川を知ってるので
転戦も容易いのですが、なんせ、こっちの川の
ことはよく分からないので、知ってる渓へ
大転戦しました♪

この写真のヤマメ、実はこの直後に遁走しました…。
ホントはバンブーとのツーショットを目論んだのですが、
元気なヤツでしたよ(笑)

投稿: 洋 | 2009/03/25 21:46

わんさん、こんばんは!
ほんとは伊豆でビシバシの予定だったんだけどなぁ。
抜け駆け失敗だよ(笑)

でもタフコンディションの道志で結果を出せて良かったなぁと。
いろいろと工夫して取り組んだ甲斐があったよ。

次は、「さくっと尺」の渓に連れてってね(笑

投稿: 洋 | 2009/03/25 21:54

ita-gonさん、こんばんは!
若いというか、釣りに行ける日が限定されてるから
追い込まれて、諦めきれず、やむなく転戦してるんです(笑)

毎週行ければ、修善寺温泉浸かって、イチゴ大福
食べてのんびり帰ってたかも(笑)

投稿: 洋 | 2009/03/25 21:59

まちゃさん、こんばんは!
朝5時スタートでしたからね。
早起きは三文の得です(笑)

本当は、バンブーとヤマメのツーショット写真を
載せたかったんですが、遁走されたり、
ピントと構図、光加減がイマイチだったので、
見送りました^^

次回こそは、ビシッとツーショット写真撮りたいなぁと♪

投稿: 洋 | 2009/03/25 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/44430137

この記事へのトラックバック一覧です: 転戦! 道志川へ:

« 祝!解禁 2009 伊豆の渓にて | トップページ | 春の峪にて »