« 僕のアダムス・パラシュート | トップページ | うらたん in the late fall Ⅱ »

2008/10/31

癒しの丹沢ホーム

2008102500

僕達のオフシーズン初のカンツリは、『丹沢ホーム フィッシングエリア』にすることにした。カミさんの実家のある茅ヶ崎に友人に迎えに来てもらい、そこから秦野を過ぎ、ヤビツ峠を越える。まだ紅葉には少し早い山の樹々を眺めながら、薄暗い緑のトンネルを抜けると少し開けた場所に出る。そんな丹沢山塊の峪にそのフィールドは広がっていた。

国民宿舎でもある事務所の受付でライセンスを購入しながら状況を伺うと、受付の方がなにやら小さなボックスを取り出してきた。「?」。その透明なプラスチックケース。よーく見ると、なんと今朝捕獲したばかりのメイフライがガサゴソとうごめいている。サイズにして#18位かな、第二世代のコカゲロウだ。
うーむ、「釣れてますか?」と状況を訊いただけなのに、いきなり生きたままの水生昆虫を見せられるとは…。丹沢ホームが多くのフライフィッシャーに人気を誇っているのも頷けるというものだ。まぁ、正直なところ、僕のフライボックスには、#18は数えるほどしかなかったのだけど(笑)

で、この日、僕達は札掛橋下流から入り、藤熊川との合流過ぎの堰堤まで釣ったのだけど、渓はまさに自然渓流そのもので、とても気持ち良い釣り上がりになった。人工的に作られたり、区切られたりしているプールなんかは一つもなかったからね。
そうそう、入渓してしばらくしたところで、沢筋から突然立派な鹿が現れ、僕達を驚かせてくれた。オフシーズンとは言え、こんな豊かな自然の中で、のんびりとヤマメやイワナを狙えるなんてちょっとした贅沢だね。
鹿に出逢ってから、しばらく行ったところで、この日の1尾目が飛び出した。毛鉤は、事務所での情報を参考に結んだ僕の数少ない(笑)#18のメイフライパターン。

2008102501
6寸ほどだけど、綺麗なヤマメ

この丹沢ホーム、自然渓流タイプのカンツリにありがちなニジマスの過剰放流もなく、適度な割合でヤマメとイワナとニジマスが釣れる。少なくとも、僕達がこの日一番多く釣ったのはイワナだったしね。
そして、そのサカナたちも過度にスレていたり、逆にいとも簡単に釣れるということもない。ヤマメは小さい毛鉤にしか出なかったし、イワナも自然渓流ばりに、いかにもという場所についていた。強い流れの向こう側の半流転についているイワナを見つけて、メンディングを繰り返して食わせたり…。まぁ、ドリフトをミスしてもすぐにスプークしないところは、カンツリらしくて癒されるのだけど(笑)
かと言って不自然な動きをする毛鉤には見向きもせず、何度目かで綺麗に流れると出てくれる、そんな適度なスレ具合が僕にはとても良かったな。
スレすぎてニンフでしか釣れないのもつまらないからね。

2008102505
見よ、このループ!友人自画自賛のキャスト(笑)

朝の釣りを終えると、ランチで岸に上がり、湯を沸かしてカップめんと握り飯を頬張り、珈琲を啜る。目の前を何人かの釣り人が過ぎていくけど、OKOK、サカナは沢山いるからね。いつもにも増してマッタリして、ガツガツしないのもカンツリの良いところだ(笑)
2008102503この日も好調の友人との話題は、相変わらずの馬鹿話ばかりなのだけど、僕達フライフィッシャーにとっては渓のほとりでとるランチほど楽しく美味しいものはないからね。

ランチのあとも、サイトフィッシングに熱くなったり、時にはお互いの課題について真面目に話したり実践したり、そしてほとんどは、お互いのスレやバラシを過度に冷やかしたりして(笑)、僕達は一日中フライフィッシングを満喫した。散発だけどライズもあったしね。


季節柄ペアリングしている魚も多く見かけたから再生産している個体も多そうだったし、僕達の釣った区間はフライ限定だったからリリースを繰り返され魚体も磨かれているのだろう。釣れる魚も綺麗なものが多かった。特にイワナは驚くほど見事な体躯のものが多かったな。

2008102502
ヒレも体躯もサイズも申し分ないイワナ クリック拡大 

僕の感覚では、ここはカンツリというより、すごく魚影の濃い自然渓流といった感じ。
正直に言うと、サカナの密度は別にして、釣っている最中の感覚は自然渓流のそれとほとんど変わらなかったんだ。
渓相、サカナのスレ具合、釣れる魚の魚種と割合、そしてその美しさから、総合的に判断して、ここは僕が今まで見てきた渓流タイプのカンツリのなかではトップクラスのフィールドと言える。

2008102504
紅葉まであと一息。秋の渓もいいもんだ。           Photo by わんさん 感謝!   

気の合う友人と和やかに過ごした10月も終わりのフライフィッシング。
最後に見つけた手ごわい良型イワナに二人して熱くなっているうちに、いつの間にか辺りは暗くなっていた。秋の日はつるべ落とし。
結局そいつは釣れなかったけれど、僕達は十二分に満足して、ロッドを収めた。
丹沢ホーム、なかなかいいフィールドだ。
オフシーズン、カミさんの実家に行くとき、そこから車を走らせるフィールドの第一候補になりそうだよ。

|

« 僕のアダムス・パラシュート | トップページ | うらたん in the late fall Ⅱ »

コメント

洋さん、こんばんは!

この時期にドライで釣り上がれるなんて、
いいオフですね!

こちら山形では、とある山上の沼にイワナがいて、回遊してくるのを待ち、
ミッジで釣ってます(笑)

サイズは7寸がアベレージですが、
コーヒーを飲みながらライズリングを探すのも
なかなかです。

もう紅葉は終了してしまいましたが・・・。

投稿: ぷくぷくりん | 2008/10/31 19:35

洋さんどーもです。

丹沢ホームいいっすねぇ、
初めて行ったのは確か10年前でした。

その頃とはだいぶ流れが変わりましたが
私も大好きなフィールドです。♪

ちなみに、国民宿舎で食べられる
あいがもの鉄板焼き、美味しいですょ~

投稿: カバ | 2008/10/31 21:13

洋さん、ご無沙汰です。

良い感じの管理釣り場が見つかったみたいで
良かったですね!
以前、こちらの友人が神奈川に仕事で1年ばかり
行ってた頃に何度か出かけた、、、と聞いた
名前が、丹沢ホームだったと記憶していますが
その友人も、ドライの釣りが満喫できて楽しめたと
言ってました。

奥様の実家の近所、、ってのが好都合かな(^^;
ご家族で出かけてちょいと釣りなんてのも出来そうな
感じでしょうか。

投稿: たんくろーりー | 2008/10/31 23:15

ぷくぷくりんさん、こんばんは!
実は今季一番たくさん釣れました、ってカンツリでしたね(笑)

東北の山上沼のイワナなんて、とても神秘的な感じがします。
珈琲淹れながら湖面を見ているだけで、癒されそうですね。
紅葉の時期なら、家族でキャンプってのも良さそうだなぁ♪

投稿: | 2008/11/01 00:58

カバさん、こんばんは!
昔は札掛渓流釣場って言ってたみたいですね。
ほんと良いところです。

帰るときも車が沢山駐車してましたから、国民宿舎に
泊まりの方も多そうでしたね。
これから紅葉シーズンですし、賑わいそうです。
でも、あの山道が細いから渋滞しそうだなぁ…。

合鴨の鉄板焼きは全くノーマークでした(笑)
今度はカップめん(正確には今回はUFO)やめて
そっち行きます!

投稿: | 2008/11/01 01:04

たんくろーりーさん、こんばんは!
サカナが綺麗なのと渓相がいいのが良いです。
それにイワナ好きの僕としては、よいイワナが多いのも
ポイントですね。
多分、たんくろーりーさんも気に入ると思うなぁ。

で、おっしゃるとおり、カミさんの実家の近くってのもミソです(笑)
「どっちがほんとのホームなの?」と言われないよう
ほどほどにしとかなきゃ♪

投稿: | 2008/11/01 01:10

洋さん、まいどっ!
願書受付で水曜日から交代しながら並び、ようやく土曜日の午前0時に整理券もらって解放されて、ほっとしている当方ですよ…
来年も良い釣りをするためとはいえ、ハードな3日間でした。
ところで自画自賛のキャストは1/1000の成功率を捕らえていただき恐縮です(笑)
宝くじ買いに行ったほうが良いかもよ!
ヤマメもホント綺麗だよね!だから#18のフライは必要だって!
すぐまた次の計画しようよ!
なに?今度はうらたん?
もちろんOKだよ(笑)

投稿: わん | 2008/11/01 16:05

洋さん、こんばんわ!!
良い休日の過ごし方ですね!!渓流タイプの釣り場で、釣りしながらのんびりランチしたりして。これぞフライフィッシャーマンって感じ(笑)そちらは、他にも養沢とか裏丹沢とか、釣り場のチョイスができるのが良いですね。
ボクは9月の初旬からウェーダーを脱いで以来、すっかりと身体が鈍ってしまって、もう二ヵ月近くロッドすら握ってないので、明日は久し振りに釣り場に行こうかと思ってます。
ただ、あまりに久し振りだと、オシャベリやらランチやらをすっかり忘れて、釣りに没頭してしまいそう・・・いや、今のボクは、ファインダーばかり覗いているかも(笑)

投稿: terry | 2008/11/01 18:49

わんさん、こんばんは!
整理券、ゲットできて良かったね。
今や幼稚園に入学するのも大変なんだなぁ。

当日はお疲れ様でした。
わんさんのキャストはマジで上手いと思うよ。
ループの先が船形になってるもんね。
いろいろ勉強させてもらってます^^

で、毛鉤のサイズは#18からスタートして、弾数がなくなり次第、
#16、#14とサイズがアップしていきました(笑)
それに伴いサカナの活性も上がったから、助けられたね♪

ホントにいい一日だったなぁ。次回も近々計画しよう!

投稿: | 2008/11/01 22:41

洋さん、こんばんは~!!

この時期にウェーダー履いて川の中での釣り、いいなぁ・・。
ウェーダーを履いて、ベストに袖を通すとボクたちの
釣りのスイッチもパチッと入りますモンね~。
背筋もピンと伸びる気もするし。
でも水の中はちょっと寒そう・・・。
お風邪、ひかないでくださいね~^^。

投稿: ita-gon | 2008/11/01 22:48

terryさん、こんばんは!
いかにもフライフィッシャーのオフらしい1日になりました(笑)
これで、昨年から、養沢、うらたん、道志川ハイブリッド、丹沢ホーム
ときたので、次はどこに行こうか画策中です。
天竜や箒川のニジマスを狙う手もありますね♪

明日の釣り、terryさんのことだから、ライズもシャッターチャンスも
バッチリモノにしちゃうんだろうなぁ…。
良い休日になるといいですね!

投稿: | 2008/11/01 22:52

ita-gonさん、こんばんは!
ホントは、ウェーダーも履かずに、もっとのんびり
釣りができるところも考えたのですが、
結局、流れのあるところあるところへ、吸い寄せられるんですね、困ったものです(笑)

ちなみに、この日の丹沢はまだ寒くなかったですが、
そろそろ防寒対策も考えねばなりませんね。
でも僕達が本当に気をつけるべき冷たさは、
水じゃなくて、家族の視線だったりして…(笑)

投稿: | 2008/11/01 23:06

洋さん、こんにちわ♪
丹沢ホーム、よい感じのカンツリですね~しかも立地条件もバッチリ!(笑)みたいで。でも、奥様のご実家に近いって、いいような悪いような・・・
僕は先日、初めて美濃FAへ行って来ました。・・・で、見事に撃沈(泣)しました~カンツリだなんて言ってあなどれませんね、本当。これでもう1回リベンジに行かなくてはならなくなりました(笑)

投稿: まっす~ | 2008/11/04 13:06

こんにちは。

丹沢ホーム、楽しいですよね。
おっしゃるように、管釣は、「どーぞどーぞ」の譲り合いがらくちんで、好きです。
洋さんは、海側から入られてますが、宮ヶ瀬湖からのすごい道、行かれたことありますか?
かなり強烈です(汗)。今の季節はキノコ採りの車が止まってて、障害物競走です。
レポを読んで、久しぶりに行きたくなりました。

投稿: きみ | 2008/11/06 00:38

まっす~さん、こんばんは!
立地条件、バッチグー(死語)ですね(笑)
暮れるまでロッド振っても、カミさんの実家で
ご馳走をいただけますしネ。
年中やってるみたいなので、また行こうかと思ってます♪

美濃FAは、難しいですよ。
僕なんか、初めて行ったときはオデコ、
2回目にして、やっとこさ涙の1尾でしたからね(笑)
http://sorairo-life.way-nifty.com/flyfisher164/2005/11/fa_2263.html

投稿: | 2008/11/08 00:03

きみさん、こんばんは!
サカナも多いですから、少し時間が立てば十分反応
してくれますし、前が詰まってれば、サカナを見つけての
サイトフィッシングも楽しいですよね。

秦野からの山道も相当狭かったですが、北からの
アプローチはもっと凄いんですか。
釣り場に着く前に、神経すり減らしそうですね(笑)

投稿: | 2008/11/08 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/42912928

この記事へのトラックバック一覧です: 癒しの丹沢ホーム:

« 僕のアダムス・パラシュート | トップページ | うらたん in the late fall Ⅱ »