« ALTERNATIVE | トップページ | 僕のアダムス・パラシュート »

2008/10/04

吉田ロッドと秋の渓

Yoshidarod00

出張から戻ってきた9月27日の土曜日、家でのんびりしているとチャイムが鳴った。
黄昏店から届いた荷物は、円筒形の一目でそれとわかる品物。
ついにそのロッドが僕の手元にやってきたのだ。
思えば、昨年の春にオーダーしてから1年半、長かったなぁ…っていうより、オーダーしてるのを忘れてるときもあったりしたっけ(笑)
僕にとっての初めてのバンブーロッドは、吉田ロッドの7フィート3インチの#2/3。
ミディアム・スローアクションの2ピースの2ティップ仕様だ。

早速包みを開けてブランクを繋ぎ、ブランクを眺めたり、軽く振ったりしてみる。たまたま家に来ていたカミさんのお母さんによれば、僕の顔は相当にやにやしてたらしい…。
恥ずかしいところを見せてしまった…(笑)
Yoshidarod02_2肝心のロッドの話は、丁寧にオイルフィニッシュされた真竹の表面は簡素だけど、とても綺麗な仕上がりだ。
その道具としての完成度と美しさは、昨年、デモロッドを借りたとき受けた印象そのものだね。ブランクに0821と刻印があるのは、吉田さんにとって821番目の竿ってことなのかな。
スレッドの色は、僕にとってのバンブーロッドのイメージである明るいレンガ色、ロイヤルハントにした。
リールシートは花梨。こいつの相棒にすることにしたOrvisのC.F.Oの柄の色とも合いそうだしね。

リールの固定方法とグリップは、スクリューアップロックとハーフウェルだ。
今年のボーナスが化けた(笑)Winstonで気に入ったので同じ形状にしたんだ。

Yoshidarod04フェルールは0.1ミリ単位で調整され、しっかりはまり、抜くときはポコッと気持ちのいい音で抜ける。細いティップの先端まで六角の筋が美しく正確に抜けているし、そんなディテールにも吉田さんの竹竿造りへのこだわりが現れているなぁと心から思うのだ。
僕は何度か吉田さんとご一緒させて頂いたことがあるけれど、吉田さんの竹竿作りへの情熱をはすごいからね。
でも、吉田さんを知らなくても、このロッドをみるだけで、手を抜かないビルダーによる素晴らしい仕事だと分かると思うよ、きっと。

まぁ、そんなこんなで、禁漁直前に届いたバンブーロッドを前に、来シーズンまで…なーんて我慢できるわけもなく、すがる様な目でカミさんにOKをもらい、翌日の午前中だけの約束で渓に行ってきた。
ただ、僕の中ではシーズンは先週で終わってたから、あくまで「ロッドの試し振り」ってことで釣りに行ったわけじゃないから、そこんとこヨロシクです(笑)
友人に渓に行くと話すと、彼もつきあってくれた。彼は釣りをするらしいけれどね。
僕も、まぁ気分を出すため毛鉤を結んだけれど(笑)

20080928wansan_2
まったく、釣れねぇ(苦笑) 

渓は大増水で水温も低く、名手の彼をしても苦戦したようだ。数時間やって1尾の釣果もなし。もちろんただの渓歩きの僕もね(笑)。
結局、彼は、昼前にこの渓をあきらめ、別の渓に向かい良い釣りをしたみたいだけど、賢明な選択だったね。条件の悪い渓につきあってくれた彼に感謝だ♪
まぁ、僕の方は、残念ながら転戦する時間はなく、そのまま増水した渓を歩きロッドの感触を楽んだ。
釣り始めて振り始めてしばらくは、フィーリングに慣れず少し戸惑ったけれど、リズムを掴むと、思うようにラインを飛ばせるようになった。トルクというかループに力強さがあって、ループ展開はもちろん、ラインが水面に落ちる直前から、メンディングなどのアクションがとてもしやすく、やはり振っててとても気持ちのいいロッドだ。
Yoshidarod03増水の強い流れの向うの淀みに毛鉤を落とし、ラインを上流に打ち返すメンディングがとても軽やかに決まる(あくまで僕のレベルでだけどね)。吉田さんの言葉を借りれば、自分の手のような感覚、意のままのロッドという感じかな。途中、間違って5寸ほどのイワナが毛鉤に飛びついたのだけど、彼曰く、「若輩イワナの私ごときが魂を入れる竿ではありません」とのことで、入魂は来シーズンとなった。もともと今日は釣りじゃなく渓歩きってことだからね(笑)。

吉田ロッドはサカナを掛けたときの、追従性やサカナの躍動感が手に伝わる感触も素晴らしいから、そいつも含めて、来シーズンからが今からとっても楽しみだ。万一の事故に備えての2ティップだし、長い付き合いになるね。大切に使います♪

Yoshidarod01_2
今や2年待ち?でも、待つ甲斐のあるロッドだよ。

|

« ALTERNATIVE | トップページ | 僕のアダムス・パラシュート »

コメント

洋さん、どもども~!
首を長くしていたロッドが到着して良かったねー!
この時期に来たってことは、考えようによっては慣れる時間はタップリあるわけだから、来年の解禁からビシバシ行けそうだよね?!
僕にもロッドを振らせてもらってありがとね。
それにしてもフライが付いていなかったとは知らなかったなー(笑)

投稿: わん | 2008/10/05 19:23

洋さ、こんばんは、

おォー、カッチョいい!!!

とうとう来ましたねぇ、赤のラッピング
が光ってますね!7・3インチ2~3番ですか?
しかも、スペシャルブランクですね!流石!
溜息が出るくらい美しい竿です。。。

これはすぐに釣りに行きたくなるって
もんですね(笑)

吉田さんの竿の中でも凄く評価の高い
モデルですものね、実は私もこの竿にはすごく
惹かれてたんですが最初はちょっと長めの竿を
お願いしました。

私がオーダーした時は1年半待ちでしたが
いまや2年待ち、ほんと忘れちゃいますね(笑)
ちなみに私の竿は今年の12月~来年1月の予定です。

来シーズンはこの素晴らしいロッドで美しい魚達と
たくさん良い思い出を作って下さいね♪♪♪

また、来シーズンは是非釣りにご一緒して下さいネ。
私も吉田ロッドでお供させて頂きます(笑)

御迷惑でなかったらお気に入りに登録させていただいても宜しいでしょうか?

投稿: カバ | 2008/10/05 19:51

わんさん、毎度!
当日は、例の渓につきあってくれて、ありがとね♪
僕も正直なところ、転戦したかった…。

それにしても、ロッド微妙な時期に到着したなぁと(笑)
カンツリでデカイの掛けて入魂ってのも、ビミョー
なので、来シーズンまでニヤニヤ眺めて過ごすことにするよ。

フライはね、つけてたよ。
ただ、釣る気がなかっただけなのさ…。

ってことにしといて(笑)

投稿: | 2008/10/05 21:17

カバさん、こんばんは!
いいでしょ(笑)
飾ったきらびやかな美しさではなくて、
情熱を注いだ、しっかりとしたモノ作りの中から
生まれる真っ当な美しさなんだと思います。
それでいて、道具しての使い勝手も素晴らしい訳だから
ホント一生ものですね。
カバさんも年末年始が楽しみですね。

ちなみに、カバさんの
>最初はちょっと長めの竿をお願いしました。
の「最初は」ってとこに反応してしまいました(笑)
海外でも、吉田さんのロッドの評価は鰻上りだから
(あのタイガー・ウッズもオーナーだとか)
早めにオーダーした方がいいかもです(笑)

来シーズンは、是非ご一緒しましょう♪
リンクも大歓迎です。こちらからもリンクしてきますね^^

投稿: | 2008/10/05 21:32

初めてコメントさせていただきます。
先日メールさせてていただいた、山形在住の者です。
(ご返事ありがとうございました!)

バンブー凄いですね!
自分にはまだまだ遠いところにある感じです・・・。
世界でたった1本のロッドですからね・・・。
来シーズンご活躍することを願っております。

投稿: ぷくぷくりん | 2008/10/05 22:40

洋さん、こんばんわ!!
ご無沙汰でございます(汗)
吉田さんのロッドが届いたんですね。
ロッドティップまでピーンとエッジの鋭いブランクに赤のラッピング、カッコイイですね。しかも洋さんのロッドは#2/3という二番手指定なんですね。ライトラインのバンブーロッド、面白そうです!!
来季はこのロッドがメインで活躍するのかな。そう思うと、禁漁になったばかりですが、早くも解禁が待ち遠しくなっちゃいますね(笑)

投稿: terry | 2008/10/05 23:04

洋さん、度々です(笑)
プロフィールの写真、良いですね。
しっかりとパパしてるッ!!

投稿: terry | 2008/10/05 23:06

洋さん、こんばんは~!!

おおっ~!ついにきましたね、Newロッド。
しかもシーズン最終盤に(笑)。
これでオフシーズンもめちゃくちゃ高いモチベーションで
過ごせそうで羨ましいです^^。来春、ピカピカの
ロッドに本入魂しなくちゃ。春の蒲田で待ってます!!
でも、緑のロッドもいいなぁ・・・。

投稿: ita-gon | 2008/10/06 21:01

洋さん

こんばんは、早速お気に入りに登録させて
頂きました。ありがとうございます。

しかし、タイガー・ウッズもオーナーだとは・・・
吉田ロッド恐るべしですね。。。

ちなみに私、家族の中では(補欠)に登録
されております(笑)

投稿: カバ | 2008/10/06 22:44

ぷくぷくりんさん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪

バンブーって、僕も別世界の竿だと思ってたんですが、
吉田さん竿は、カーボンロッドしか振ったことのなかった僕でも
違和感なくキャストできますし、そういう意味で
敷居の高い竿じゃなくて、何より道具として
使えるってとこが魅力なのかなぁ…と思ってます。

ってことで、ぷくぷくりんさんも、思い切って
いっちゃいますか(笑)

投稿: | 2008/10/06 23:33

terryさん、こんばんは!
ついに手に入れちゃいました^^
来シーズンは、ウィンストンとともにこのロッドが
メインになりそうです。
しかし、3月まで遠すぎるなぁ…。

プロフィールの写真、いいパパしてるでしょ?
ちなみに、ロッドのネームには、娘のイニシャルも
入ってます(笑)

投稿: | 2008/10/06 23:40

ita-gonさん、こんばんは!
最終盤すぎですね…。
5点差、9回裏2アウトランナーなしで、
代打イチローみたいな、微妙な感じです(笑)

まぁ、大方の予想どおり入魂は来シーズンとなりましたが、
関東の渓事情も少しは分かったので、
今からいろいろ入魂プランを考えることにします。
春のガマタに行ければ、最高ですね!

投稿: | 2008/10/06 23:49

カバさん、こんばんは!
こちらからも、リンクさせて頂きました。
これからもヨロシクです♪

おー、補欠ですか。
お互い解雇されないよう頑張りましょう(笑)

投稿: | 2008/10/06 23:52

洋さん、こんばんは。すっかりご無沙汰しております。
ついに届きましたね♪リールシートは僕もトチか花梨か最後まで迷いましたが、
やはり花梨もよいですね。2ティップというのも、もしもの時の安心感がありますし、
僕もそうすれば良かったかな。
吉田さんのロッドは振っていて本当に気持ちがいいから、フォルス・キャストが
増えちゃいませんでしたか?
折角届いた僕のロッドは今シーズン、ほとんど渓流に連れていってあげられずに、
かわいそうな思いをさせましたが、来シーズンこそはしっかりサカナの感触を
味あわせるつもりです。
でも、子育て2年目の方が家を空けづらいんでしたっけ(汗)?

投稿: BILL | 2008/10/07 04:20

洋さん、こんにちわ!
吉田ロッド良いですね~と言っても、まだまだ自分はその本当の良さが分かるレベルではありませんが・・・(泣)

godzillaさんにロッドについて相談した際、「吉田ロッドを注文しておいて、納品されるまでの1年半をWinstonでつなぐのがベスト!!」と言われ、グラグラっと来ましたがまだ注文はしていません。でも、かなり気持ちが揺れています(笑)

投稿: まっす~ | 2008/10/08 12:42

洋さん、ご無沙汰でっす~!!
とうとう届きましたね!!おめでとうございます!
来シーズンは、この吉田ロッドが渓魚の横でblogを
飾ることになるんですね~
オフになったばかりですが早くも解禁が待ち遠しくて
ウズウズしてるのでは??
あっ私も知り合いに作ってもらったロッドに
娘の名前入れてもらっちゃいました
(つか、ロッドネーム娘の名前にしちゃいました(^^;)

来シーズンは、木曽あたりでぜひお会いしたいですね!

投稿: ばびい | 2008/10/08 19:35

BILLさん、ご無沙汰です!
トチも候補でしたが、皆さんトチだったので(笑)
2ティップは、一生ものの竿だと思ったのと、
万一の竿の入院中、このロツドが使えなくなるのは
イヤだなぁと…。
と言いつつバッド部をやっちゃうと意味ありませんが^^

フォルスキャストだけでも、ラインの乗る感覚が爽快ですね。
だけど、ただでさえ釣れないのに、なおもサカナを
散らしちゃうかと(笑)
BILLさんもお忙しそうですが、来シーズンあたり
どこかで落ち合って、吉田ロッドフォルスキャスト合戦やりますか(笑)

追伸 子育て2年目より、本社勤めの方がキツイことが判明しました。
朝6時に家を出て、今日もこの時間の帰宅です(苦笑)

そう言えば、そろそろ天竜の季節ですね♪

投稿: | 2008/10/10 01:46

まっすーさん、こんばんは!
「Winstonでつなぐ」という感覚が、僕には
理解しがたいものがありますが(笑)、いっちゃう
べきです♪
ちなみに、禁じ手ですが「黄昏店のデモロッドで
つなぐ」とう手もあります(笑)

投稿: | 2008/10/10 01:57

ばびいさん、こんばんは!
渓魚が横にいるかどうかは定かでないですが(笑)、
主戦はウィンストンと使い分ける感じですかね。
もちろん、ライトスタッフやカンパネラ、オービス
にも愛着がありますので、気分に応じて連れて行きます♪

ちなみに僕はカミさんのイニシャルもちゃんといれてます(笑)

投稿: | 2008/10/10 02:09

僕の場合、バンブーを手にすると不思議とバンブーばかりになってしまいました。
ライトスタッフやSAGEやEUFLEXの出番が殆どなくなっちゃいました(笑)

投稿: 稲 | 2008/10/11 00:30

稲さん、こんばんは!
では、SAGEを送っていただけますでしょうか(笑)

バンブーロッドは奥が深い世界みたいですね。
振ったときのフィーリング・サカナを掛けてからの
追従性と掌に伝わる躍動、粗悪品もあれば質の高い
竿もある。
同じ番手でも、カーボン以上にビルダーの竿に対する
こだわりや思い、そして技量の差が出るんでしょうね。
その分、味わい深いんだと思います。
と言っても僕は、吉田ロッド以外の竿を振ったことが
ないのですが(笑)

投稿: | 2008/10/11 01:08

洋さん、こんばんは!ご無沙汰ですたい。
吉田ロッド、カッコ良いですね〜。
スクリュータイプのアップロック仕様も
バッチリ・グッドです(言葉変ですか?happy01)。

>細いティップの先端まで六角の筋が美しく
正確に抜けているし、そんなディテールにも
吉田さんの竹竿造りへのこだわり…
ホントにそう思います。当方もケースから
取り出し夜な夜な正確な六角形を眺めては
悦に入っております。が、くれぐれもアルミ
ケースだけを持って渓に出掛けないように
お気を付け下さい(←経験者は語る*笑)

投稿: godzilla2004 | 2008/10/13 19:28

godzillaさん、こんばんは!
スクリューアップロックもいいでしょ?
吉田さんによれば、スクリューロックシートの
軽量化を図るため、通常とデザインを変えたり
普段やっていない試みなどが入っていて、結構満足
いく仕上がりとのことで、まさにバッチリ・グッドです(笑)

ちなみに3枚目の写真、先端のロイヤルハントのスレッドが
2ティップの一本目と二本目で長さを変えてるのはもちろん
なんですが、よーく見ると赤の一ターンの飾りが入っているんですね。
優れた道具としての完成度の高さだけでなく、そんな
ディテールへの何気ないこだわりに、僕は魅かれてしまいます♪

アルミケースのみ、気をつけます(笑)

投稿: | 2008/10/15 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/42676671

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田ロッドと秋の渓:

« ALTERNATIVE | トップページ | 僕のアダムス・パラシュート »