« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/31

癒しの丹沢ホーム

2008102500

僕達のオフシーズン初のカンツリは、『丹沢ホーム フィッシングエリア』にすることにした。カミさんの実家のある茅ヶ崎に友人に迎えに来てもらい、そこから秦野を過ぎ、ヤビツ峠を越える。まだ紅葉には少し早い山の樹々を眺めながら、薄暗い緑のトンネルを抜けると少し開けた場所に出る。そんな丹沢山塊の峪にそのフィールドは広がっていた。

国民宿舎でもある事務所の受付でライセンスを購入しながら状況を伺うと、受付の方がなにやら小さなボックスを取り出してきた。「?」。その透明なプラスチックケース。よーく見ると、なんと今朝捕獲したばかりのメイフライがガサゴソとうごめいている。サイズにして#18位かな、第二世代のコカゲロウだ。
うーむ、「釣れてますか?」と状況を訊いただけなのに、いきなり生きたままの水生昆虫を見せられるとは…。丹沢ホームが多くのフライフィッシャーに人気を誇っているのも頷けるというものだ。まぁ、正直なところ、僕のフライボックスには、#18は数えるほどしかなかったのだけど(笑)

続きを読む "癒しの丹沢ホーム"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008/10/18

僕のアダムス・パラシュート

Cb01_2

僕が4年前にタイイングを始めた頃に手にいれた、ホフマンのコーチマン・ブラウンのハックルがいよいよ切れてきた。ホワイティングのブラウンハックルならあるのだけど、表と裏で色が違っていて、コイツで僕の好きなアダムス・パラシュートを巻いてもどうも色合いがスッキリしないのだ。
やっぱり、僕のアダムスパラシュートは、コーチマン・ブラウンを使いたい。
そう思って都内のショップに足を運んだのだけど、どれもイマイチでこれぞというハックルがない。仕方なくネットを彷徨っていると、面白い品を見つけた。
『Whiting Hebert Coachman Brown Dry Fly Saddle』
札を見るとHARELINE社の扱いで販売者はどうやらアメリカで入手しているようだ。
HARELINE社って、日本ではダビング材で有名だけど、アメリカではハックルも取り扱ってるのか。そして、なんと言っても価格が驚きの4000円以下。
ハックルは、お店で手にとって確認のうえ購入するのが一番だとは思うのだけど、時間も無いし、価格が価格なので、モノは試しと思い切ってオーダーしてみた。

続きを読む "僕のアダムス・パラシュート"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/10/04

吉田ロッドと秋の渓

Yoshidarod00

出張から戻ってきた9月27日の土曜日、家でのんびりしているとチャイムが鳴った。
黄昏店から届いた荷物は、円筒形の一目でそれとわかる品物。
ついにそのロッドが僕の手元にやってきたのだ。
思えば、昨年の春にオーダーしてから1年半、長かったなぁ…っていうより、オーダーしてるのを忘れてるときもあったりしたっけ(笑)
僕にとっての初めてのバンブーロッドは、吉田ロッドの7フィート3インチの#2/3。
ミディアム・スローアクションの2ピースの2ティップ仕様だ。

続きを読む "吉田ロッドと秋の渓"

| | コメント (23) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »