« 憧れの渓へ-金峰山川- | トップページ | ALTERNATIVE »

2008/09/07

遅れてきた夏休み

Yatsugatake00

やっとのことで取れた僕の夏休み。行き先はやっぱり毎年恒例の八ヶ岳だ。
観光らしい観光はほとんどせず、いつものロッジに泊まって、ただのんびりと過ごす。それが僕の夏休みの過ごし方だ。
まぁ、娘がまだ小さいので今までのようにはゆっくりはできないのだけど、空に近いこの場所で僕は遅れてきた夏休みを満喫した。

釣りの方は、これまた夏休み恒例の夜明けから朝食まで(笑)の釣り。とても久しぶりの釣りだし気合は入ってたんだけど、折からの豪雨による増水で2日目の朝は断念。
そして期待を掛けた最終日。もう水も引いているだろうと、午前4時にロッジを出発。
少し遠いけれど前回良い思いをした金峰川を僕は目指した。
フロントウインドー越しに広がる夜明け前の高原の景色。その暗闇の所々に煌々とした灯りが映し出されている。どうやら農家の人々が家族総出で高原野菜の収穫作業をしているようだ。暗闇の中の勤勉でまっとうな暖かい光。そんな光景を横目で眺めながら、僕は千曲川沿いを上流に向け走った。

駐車スペースに車を止めると、仕度をして夜明けを待つ。
シートを倒してサンルーフを開け、空を眺める。
いつものことだけど、瀬音を聞きながら夜が少しずつ白んでいくこの時間が僕は何とも言えず好きだな。そして夜が明けると、ワクワクして川へ歩く。
増水後の引き際は最高なんだよなぁ…、などとほくそ笑みながらだっんだけど…。

Yatsugatake03

………。
んー、Reality Bites(笑)

ってことで、今来た道を引き返し下流の西川へエスケープすることにする。
ところが、西川に着くとこちらはカフェオレ状態の大濁り。
やれやれ、ほとんどロッドを振らないまま、時間だけが過ぎていく…。
最後に水系を変えて、何度か来た事のある別の渓へ潜り込む。
ここがダメなら、今年はあきらめるしかないね。

Yatsugatake05

ところが、こちらはなかなかいい感じじゃないか。初めからこっちに来れば良かったよ(笑)あっちこっち右往左往したせいで、釣りができる時間は正味1時間半ってとこだけど、ひとつでもいいサカナに出逢えればそれでヨシだ。
稚魚の攻勢に悩まされながらも、ポイントポイントに丁寧に毛鉤を流す。
そして小一時間後、岩にぶち当たり方向が変わる厚い流れに#12のグレイフォックスを流すと、やっとこさ綺麗に水面が割れた。右腕を跳ね上げると、朝靄の流れにバシャバシャと白い水しぶきが上がる。僕はこの1尾を慎重に寄せ、ランディングネットで丁寧に掬った。

Yatsugatake02

結局、まともなサイズはこのイワナだけだっけれど、これで十分だ。3本目の川だし、苦労した出逢えたイワナだからね。

とんぼ帰りで、ロッジに戻ると、おめかししたカミさんと娘が僕と朝食に出かけるのを待っていた。シャワーを浴びて、朝食を楽しんだら、ロッジの周辺をゆっくり散策だ。
カラマツやタケカンバ、シラカバの木漏れ陽の中を家族で歩く。
娘は時々抱かれた僕の腕から降り、緑を見つけては「パパっ、はっぱ、いっぱーい!」とはしゃいでいる。
仕事に追われ、このところ家族との時間をあまり持てなかった僕は、健やかに成長していく娘の姿に目を奪われていた。君が生まれた時はあんなに小さかったのにな。

Yatsugatake01

どこかで、鳥が鳴いている。
このロッジのシンボルである幸せを呼ぶ青い鳥、ルリビタキだろうか。
野鳥達が囀る夏の季節も、高原ではあと少しといったところだろう。
彼らの舞う八ヶ岳の空はその青も雲の真珠色も、東京のそれとは明らかに違っている。
都会の生活で少しばかりくすんだ僕の心も、この旅で鮮やかな色に塗り替えられていくような気がした。そんなことを思いながら、僕は高原の木立の中を家族と歩く。
娘を腕に抱きながら、ふと、さっき手に取ったイワナのことを思い出した。
あのイワナは来年の夏も流れにいるだろうか。
八ヶ岳の夏は僕にとって特別なものなのだ。

|

« 憧れの渓へ-金峰山川- | トップページ | ALTERNATIVE »

コメント

洋さん、どもども!
予想に以上に降ったみたいだね。
稚魚だけで終わらなかったのは流石って感じですね。
それはそうと夏休みで少しはリフレッシュとなったでしょうか?
まあ、今頃はもう一回夏休みが欲しいって感じかな(笑)?

投稿: わん | 2008/09/07 15:27

洋さん、ご無沙汰です。
忙しい中に貴重な時ですね。
私の方は優雅とは程遠い、アセクサイ釣行・・・
イワナに出会う旅という意味では同じですが(汗)

投稿: narukawa119 | 2008/09/07 20:09

わんさん、まいど!いやぁ、雨、降りすぎでしょ?

夏休みもちろんリフレッシュになったけれど、
あれから一週間、やはり、もう一度取りたいなと(笑)

投稿: | 2008/09/07 22:33

narukawaさん、こんばんは!
今回はちょい釣でしたからね。
僕も、久しぶりに一日中ガツガツと釣りしたいなと。

シーズンオフまであと少しだし、ラストにメイクドラマ
決めちゃいますか(笑)

投稿: | 2008/09/07 22:39

洋さん、こんばんは~!!

毎日の激務、お疲れ様でございます。
ボク自身、仕事が忙しい時ほど遊びも充実すると
思っているのですが、忙しすぎるのもねぇ・・・(笑)。
久し振りにお子様と過ごす時間は最高のリフレッシュ
タイムになったのではないでしょうか?
これでまたしばらくはバリバリ働けますね^^。

投稿: ita-gon | 2008/09/08 21:06

ごぶさたですー
いやー、昨日見た里見栄正さんが出てた釣り番組のような状況ですね(すみません、ローカル番組かもしれません)

さて、いよいよ渓流シーズンも残り1ヶ月を切り、それこそ1回1回の釣行、1匹1匹の魚との出会いを大切に味わっていきたいと思います

とか言いながら、11月の天竜解禁を今か今かと待ち焦がれていたりもするわけですが…(笑)

投稿: taro | 2008/09/09 00:32

ita-gonさん、こんばんは!
今夜の帰宅は、午前さまを回避しましたです(笑)
ほんとはもう少し効率的に釣りしたかったのですが、
お天道様相手じゃしかたありませんね。
娘とは最近会話らしきものができるようになって、
ますます可愛くなってきましたね(^^ヾ

と言いつつ、天候も落ち着いてきたので、
3連休のうち一日くらいはどっか出撃しようかと思ってます。

投稿: | 2008/09/10 00:06

taroさん、ご無沙汰です♪
里見栄正さんと状況は似てても、結果は雲泥の差
ですね、きっと(笑)
もう残り1ヶ月切ったんですね…。
とか何とか言いながら、こちらには10月禁漁の渓も
あるみたいなんですよ( ̄ー ̄)ニヤリ♪


投稿: | 2008/09/10 00:11

洋さん、こんにちわです!
家族と渓魚とダブルの癒し、いいですね~なかなかこの2つ、セットにならないので苦慮しております(笑)しかし、あんな逞しいイワナなら1匹釣れるだけで、かなり癒されますね~

同じ水系でも、水源が違うとこうも増水の仕方が違うのかということがありますよね。懐かし(笑)の当貝津と栃洞もそんな感じですよね。

投稿: まっす~ | 2008/09/11 12:53

まっす~さん、こんばんは!
ダブルの癒しは、確かに難しいですね(^^ヾ
だけど、そこを両立させてこそ、真の夏休みかと(笑)

増水を避けての渓探しも戦略の一つですね。
当貝津と栃洞、懐かしいなぁ…。

投稿: | 2008/09/15 18:25

こんにちは、はじめてコメントさせて頂きます。

川崎市在住のフライマンです。写真、記事どれをとっても素晴らしいですね。
ロッドのレポを拝見させていただいた所同じビルダーさんの竿をオーダーして
いることを知り、とても親近感が湧いた次第です。
(なれなれしくてすいません。)

恥ずかしながら、私も先月からブログなるもの?を開設しました。
この機会にフライフィッシングの輪を広げていけたらと思っております。
ヘッポコなフライマン、ブログもヘッポコですが、仲よくして頂けたら嬉しく思います。

宜しくお願いいたします。

投稿: カバ | 2008/09/19 22:43

カバさん、はじめまして!
コメント頂きありがとうございます。
最近はPCの前に座る時間も少なく、写真も文も
へなちょこ度が増していますが、ご容赦下さい^^

おー、かばさんも吉田さんロッド、オーダー中なんですか。
できあがりが楽しみですよね。僕のほうはそろそろ見たいです♪

貴ブログの方にも顔を出しますので、よろしくお願いします。
今シーズンは難しいですが、オフや来シーズン、
ご一緒したいですね。

投稿: | 2008/09/20 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/42364163

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れてきた夏休み:

« 憧れの渓へ-金峰山川- | トップページ | ALTERNATIVE »