« ウィンストン ボロンIIt 803 | トップページ | Over the trouble! »

2008/06/22

北北西に進路をとれ!

2008062100

この週末、久しぶりに会う友人と信州で落ち合い、とある峪を釣る予定にしていた。
ところが、目的地には相当な降雨が予想されたため、残念ながら前日に順延が決定。
うーん、残念だけど、片道4時間も掛けて土砂降り・濁りで釣りできずってのもなんだから、仕方ないな…。
だけど、僕としてはせっかく釣りに行くOKもらっていたし、ニュータックルも試したかったから、とりあえずカミさんに「ちょっといってくる」と声を掛けて(笑)、タックル一式を車のラゲッジに放り込み、シートに身を沈める。
さて、どこに行こうか…。
NHKラジオの天気予報によると太平洋側にへばり付いている梅雨前線が今日これから少しずつ南下していくらしい。となると、行き先は前線から離れている日本海側の渓だ。晴れてなくても曇りなら、釣りにはかえって好都合だからね。
そう決めた僕は北北西に進路を取り、前線から逃れるようにアクセルを踏み込んだ。

週末にしては閑散としている早朝の高速をひた走り、日本海側に抜ける谷川岳のトンネルに差し掛かる。トンネルの手前は曇天の空から小雨。
ところが、その長いトンネルを抜けると、そこには僕の予想を超えて、なんと青空が広がっていた。
よっしゃぁ、狙い通りだぜ!
だけど、正直なところ、こんなに晴れてなくてもいいんだけど(笑)

早速、目的の渓の脇に車を止め、眩しいくらいの青空の下、ニュータックル・ボロンIIt とピューリスト を取り出す。僕にとって初めて4ピースロッドということもあって、慎重にグリーンカラーのロッドを繋ぐ。でもよく考えたら、ロッドにセットするこのリールも、巻いてあるリッジラインも購入以来初めて使うんだったな。
ニューロッド・ニューリール・ニューラインでの釣り。
ブランニューというのは、やっぱり新鮮で気持ちがいいもんだ。
まぁ、使い手の腕だけが何も変わっちゃいなのが痛いところではあるのだけど…。

渓の水況は、予想に反して渇水。ユキシロが終わり、ここ最近雨が降っていない様子だった(トップの写真)。同アングルから撮った3週間前の下の写真と見比べてみると、その違いは一目瞭然だ。
2008060100
前回時の写真 石の数が違うね。

前回イブニングで良い思いをしたこの堰堤上も、今日は大違いだった。流れが弱く、ポイントが限られている。前回はハッチの時間と重なっていたことも良い釣りができた要因だったけれど、この日はサカナの出方も渋く、結局二つほど掛けただけ。
別の渓でも、やはり水量が少なく、今ひとつの状況。
雨から逃れてきたくせに、「一雨欲しいな」などと考えたりするのは、釣り人の勝手な考えだな(笑)
それでも、僕はニューロッドの感触を確かめながら、ポツポツとある反応を拾い釣りして、いくつかのイワナを手にすることができた。

2008062103

この渓で釣れるイワナは小さくともヒレが綺麗

で、このボロンIItの感想なんだけど、正直なところ予想以上に良い竿で驚いた。
僕ごときが、こんなにも伝統のあるメーカーのロッドインプといのも相当おこがましいけれど、まず振り抜けがシャープで素晴らしい。モッタリ感が全くなく、腕の降りに素直に反応するアクションで、振っていてとても楽しい竿だ。
それとラインの乗り。フォルスキャストからプレゼンテーションに移ってシュートするときの水面に向けてループが展開していくんだけど、感覚的にはティップから斜め上方にラインが抜けていく感じがするほど、ラインがスムーズに伸びていく。
リーダーまできっちりターンオーバーして、最後はフワリと毛鉤が落ちる。
それも僕のこれまでの射程圏内を越えてね。
ちょっとキャスティングが上手くなったような気にさせてくれるのだ。
それとメンディングやフリッピングがやりやすかったのも嬉しかった。強い流れの向こうを少しでも長い時間ナチュナルに流すというのは、へなちょこFFMの僕とって大切なことだからね。これはニューラインのリッジラインのお陰というのもあるかもしれないけれど、ティップ部の動きが繊細で意のままという感覚を持ったな。

2008062101
9寸弱のイワナでひとまず入魂 まだグリップが無垢だね クリック拡大

あと、特筆すべきはサカナを掛けたときのしなやかさだ。
こいつは、この日出てくれた9寸弱のイワナなんだけど、掛かった瞬間にグッと潜行された。その時、僕が腰を落として対処すると、ロッドがバットからグッとしなり、溜める感じでサカナの動きを制する。その感覚はちょっと初めてのモノだった。
結局、僕は掛けた場所からほとんど場所を動かず、ロッドワークだけで泳ぎ回るイワナをいなしランディングすることができたのだ。
まさに「切れがあるのに腰もある」ロッド、ビールの宣伝じゃないけど(笑)、一言で言えばそんな感じかな。
リールも軽いピューリストとの組み合わせもパランスがいいのか、一日中釣っても疲れないし、リッジラインも含め、ラージアーバーというのは巻き癖がつかなくていいね。
まぁ、道具一流、使い手三流だけど、もっとこのタックルの性能をひきだせるようにしなくちゃね。久々のニュータックル、とても気に入ったな。やっば買ってよかった♪

結局、いくつかのイワナを手にした後、迎えたイブニングでさぁこれからって時、満を持したかのように突然空から雨が落ちてきた。水面を打つ雨があまりに大粒だったから、一瞬ライズかと思ってしまった自分に苦笑いしつつ、僕はロッドを納めた。
最後は雨に降られて渓を上がることになったけれど、天候不順のこの週末に、いくつかのイワナを手にしつつ、新しいタックルの使い心地を試すことができたのは幸運だった。ロッドとリール、セットで入魂できたしね(笑)。
こいつらとも長い付き合いになりそうだ。
北北西に進路を取った僕の判断、大正解だったな。

2008062105
イブニングで降り出した雨。梅雨の釣りはタイミングが難しい…

|

« ウィンストン ボロンIIt 803 | トップページ | Over the trouble! »

コメント

洋さん、毎度です。

無事、入魂されたようですね!
しかし、この土曜日のイブニング前の雨はこちらでも凄かったです。
あいにく、渇水気味のところへ降りだしたのでサカナの
反応は宜しかったんですけどね。

それにしても、ニューロッドは洋さんとのフィーリングが
合うようで、良かったですね。昨今、ロッド一本も本当に高額なので買ってからシマッタだと青ざめちゃいますから(^^;

投稿: Rolly | 2008/06/22 23:22

Rollyさん、まいどです!
無事入魂できました。
何だか無理やりって感じですが(笑)

雨が降り出す前は、活性も上がってきて
これからサイズアップって感じだったんですが、
土砂降りに近かったので、軟弱な僕はすぐ退散しましたです^^

ウィンストンは想像以上の素晴らしさでした。
おっしゃる通り「今ひとつ…」では納得できない金額ですから
良かったです(笑)

投稿: | 2008/06/23 00:20

はじめまして、洋さん。なぜかタイミングを失って今日までダンマリで失礼いたしました。お話したいことが山ほどあったのですが雨天延期となって残念ですが、近いうちにお会いできることを楽しみにいたしております。洋さん用のハッカンスプレーも準備してありますので(笑)

ウインストンいいすねー!竿の性能は何度か友人竿をお試しで振ったぐらいしかなく、所有したことがないのでドウノコウノ言えないのですが外観だけでもこれだけ写真映りが良いロッドってなかなかないんですよねー。もちろん洋さんの写真技術があってのことなんですが・・・。吉田ロッド待ちだし・・・近くにそそのかしてくれる友人いるし・・・でかなり洗脳されてます(笑)

投稿: MM/MD | 2008/06/23 20:57

こんばんわ♪
実は私、前回のロッド購入時にそのロッドを試しぶりしたことがあったのですが、待ち切れませんでした(笑)
#4はええ感じだったのですが、#3は合わなかったな~。そんときは低番手が欲しかったので断念。
まだまだおこちゃまです。
洋さんにはぴったりだったようですね。
ウィンストンって憧れだな~。

投稿: narukawa119 | 2008/06/23 21:59

洋さん、どーもっ!
結構減水しましたねー(驚)。
でも相変わらずシミの無いコンディション抜群のイワナで入魂となって良かったですよね!
最後に雨は残念でしたが、まだまだイブが面白くなる渓がありますよ!
相変わらずノリノリ♪の当方ですから、御一緒すると何が起こるか分かりませんよ~(笑)!

投稿: わん | 2008/06/23 23:40

洋さん、こんにちは^^。
信州の峪でのランデブーは順延となり残念でしたが、GO!“ノース・バイ・ノースウェスト”
…大正解でしたね。
ウィンストン&ピューリスト、コンディションの良いイワナとの相性も抜群、写真映りの
良いロッド&リールですねぇ…と改めて実感!。ボロンIItのリールシート、木目も
高級感があってイイなぁ…。
ロッド・インプレッションの「キレがあるのにコシもある」…まったくもって同感です
(ボロンIIは持ってませんが…)。WTでもDL4も、キャスト・フィールは違いますが、
オサカナを掛けた後は「コシの強さ」に何度も助けられております。
次回(ランデブー)釣行の計画を改めて練りましょう!

投稿: godzilla2004 | 2008/06/24 14:26

MM/MDさん、はじめまして!
お二人のことは、godzillaさんからお話を伺っておりまして、
いつかお会いしたいと思ってました。
今週末は残念でしたが、近々お会いできる日を
楽しみにしております♪

その「そそのかしている人」ってのは、大体検討がつきますが(笑)
なまじその言が的を得ているだけに、僕も散財しかけたことしばしば…。
財布と相談しながら、理性を働かすことが肝要ですが
このロッドについては、洗脳もまた良しです(笑)

ハッカンスプレー、楽しみにしてますネ♪

投稿: | 2008/06/24 23:33

narukawaさん、こんばんは!
narukawaさんはスコットでしたっけ。
合う竿合わない竿が人それぞれ、いろんな竿に
いろんな魅力があるのも、この釣りのオモシロイ
とこですよね^^

まぁ、その分、1本じゃ物足りないっ、
てゆゆしきことになってしまうのですが(笑)

投稿: | 2008/06/24 23:41

わんさん、こんばんは!すごい減水ぶりでしょ。
遡行しやすく今回は一度もコケませんでした(笑)

この堰堤の上、渓相は抜群でしたがサカナの反応は薄く、
最後いはデッカイ堰堤がドーンと現れ、必死の思いで高巻きながら
脱渓しました^^

>相変わらずノリノリ♪の当方ですから、
>御一緒すると何が起こるか分かりませんよ

今シーズンの勢いからして、何かが起こるのは、
わんさんのような気がするなぁ、きっと(笑)
例の渓、近々ご一緒しましょう!

投稿: | 2008/06/24 23:47

godzillaさん、こんばんは!
ホントは信州で入魂するつもりが、
無理やり越後での入魂となりました♪

こうやって写真撮るまで気づきませんでしたが、
確かに写真写りがいいロッドですね。
個人的には、ネットとブランクカラーのグリーン、
リールシートとネットの柄の部分のハニーカラーの
マッチングも一役買ってるかと(笑)

「キレがあるのにコシもある」このロッド、
「キレもない上、腰砕け」の僕のキャスティングを
少しはマシにしてくれそうで、ホント良かったです^^
順延となった釣行、7月までには必ず実現させましょう!

投稿: | 2008/06/24 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/41608494

この記事へのトラックバック一覧です: 北北西に進路をとれ!:

« ウィンストン ボロンIIt 803 | トップページ | Over the trouble! »