« 僕らが旅に出る理由 | トップページ | 青空、ユキシロ、初夏の渓 »

2008/05/25

曇りのち晴れ、そして雨

-5/18(日) 八ヶ岳山麓の渓 曇りのち晴れ-

2008051800

突如、渓に行けることになった先週の日曜日。
僕はまたもや中央高速を飛ばして、八ヶ岳山麓のこの渓に来ていた。
これまで2週連続でこの渓に来ているのだけど、人が多くて相当渋く、僕はロクな釣果を上げていなかった。
それでも僕は、この渓にサカナがそれなりにいることをそれとなく感じていた。
ただ、人のプレッシャーで渋いだけなのだ。
どこに行っても人は多いし、渓相は僕好みだったから、凝りもせず、またこの渓に出掛けたという訳だ。

午前7時、天気は曇り。いつもより上流の初めて入るポイント目指し、僕は車を林道に走らせる。ちょっと道に迷いらながらも駐車スペースを見つけ、僕は川に降り立った。
既に2台車があったから、先行者は確実だけどそんなことはまぁ当たり前だろう。
水量と水温は悪くない。
先行者の後でも丁寧に釣れば、きっちひとつやふたつは出てくれるさ。そんな気持ちで、まずは目の前のトロリとした淵に、軽く#16のCDCダンを流す。
そしたらどうだ、一発で5寸のイワナが飛び出した。

ここ数週間、あれほど1尾目に苦労したのに、コイツはなんなんだ(笑)
とすると、すぐ次の数投目で同サイズがまた水面を割った。
ふと見ると、そこらじゅうを黄色い水生昆虫が飛んでいる。
初めはカゲロウかと思ったけれど、キャップで捕まえたソイツは、ミドリカワゲラだった。そうと分かって辺りの岩を眺めるといるわいるわ、ミドリカワゲラの大行進(笑)

2008051802

羽化したばかりのヤツ、今まさにニンフのシャックから這い出てきてるやつ、とにかく一杯だ。あまりの反応の良さに毛鉤をADWのストーンフライっぽいCDCダンに変えても、面白いように釣れ続けた。まぁ、サイズはどれもイマイチだけどね。

2008051803
7寸で最大(クリック拡大)

で、さぁ、これからサイズアップだと思ったのも束の間、悲しいかな、そんな良い時間は長く続かなかった…。1時間もすると冒頭写真のように曇っていた空が、瞬く間に晴れ渡ってきた。それと同時にハッチもまばらとなり、サカナの反応もパタリと止まる。
それまでの1時間半くらいで10尾弱も釣ったのに、それからの数時間は、全く掛けることが出来なくなってしまったのだ。うーむ、なんたること…。
毛鉤をCDCパターンにしてサイズも#20まで落とし、ティペットも8Xにして慎重に狙っても、時折冷やかし程度にピシャッと出るだけ。
お前らのこの変わりようはなんなんだよ(笑)

2008051801
青空が覗くと僕は途方にくれた…。
気持ちはいいのだけど、釣れないのでセルフシャッター(笑)


あまりの反応の変わりようにたじろぎながら、昼前に車の駐車スペースに戻り、たまたま出くわした八王子から来たと言うおじさんFFMと話すと、下流で釣っていた彼も朝の数時間良かっただけであとはさっぱりとのこと。これから暫くは状況の好転は見込まれないので、夕方まで寝ます…って話してたな。
2008051804 僕は、渋滞に巻き込まれる夕方まで待つつもりはなかったし、まぁ、初めの1時間ほどで数は釣っていたので、川を上がって帰路に着くことにした。久しぶりに八ヶ岳の蕎麦も食べたかったしね。
フライフィッシングはハッチに左右される釣りではあるけれど、この川はちょっと極端すぎるなぁ(笑)まぁでも、初めの数時間はとっても楽しかったから、ヨシとしよう♪

-5/24(土) 道志川  雨-

2008052401

でもって次の土曜日、実家に戻っていたカミさんと娘を迎えに行くと途中、ちょいと寄り道して、今度は2ヶ月振りとなる道志川へ(笑)
午前中に、ヤンキースVSマリナーズ戦を見て出発が遅れたもんだから、フィールドに着いたのが、午後1時。天気は小雨。
川を見ると結構な増水。今日の雨というより、数日前の雨のせいなのかな。
流れが厚く、多くのポイントが潰れてしまっている感じだ。
こういうときに初めての区間ってのはちょっとつらい。
僕はいつもの区間に入って、のんびり釣り上がることとした。
この渓について言えば、闇雲にポイントを探る釣りより、ある程度ライズを探して流れを遡る方が効率が良い。何度か通ううちにこの渓の釣りってのが少し分かってきたのだ。スレてはいるのだけど魚影はまぁまぁだから、ヤル気のあるヤツを見つけるほうが効率が良いのだ。今日のようにポイントが絞り込まれる水況ならなおさらってことだね。
竿をあまり振ることなく渓を歩き、淵の流れ出しとか適水勢の良さそうな流れに出会うと、数分の間スカムラインを凝視し、ライズを探す。
ライズを見つけたら一発で決めるべく慎重にアプローチする、まぁそんな釣り方だ。

2008052400
ところどころにこんな適水勢の良いポイントがある

そんなこんなで見つけた一つ目のライズ。
淵のスカムラインのヒラキでやってる。時折、バシャッと激しく水面から魚体を踊りださせているようなライズだ。
ダンというよりかは、もっと動きのあるカディスを捕食しているような感じかな。
僕は、体勢を低く取りながらポイントに接近。一撃必殺を胸に、ティペットにCDCカディスを結んで慎重にラインをリールから繰り出した。
数回のフォルスキャストの後、プレゼンテーション。
CDCカディスがスカムラインを流れ切り、うーむ、ダメかぁと思った瞬間、バシャッときた。
予想より下流で出たのだけど、アワセもバッチリ。
よーしっ、と思った瞬間、サカナが右岸を流れ下る。ひとつ流れを落としたところで取り込もうと思ったのだけど、サカナが流れた箇所には岩の間に多くの枝や水草が挟まっている。案の定、ティペットがそこに絡んでしまった。
うわぁーっ、と思っても後の祭り(笑)
絡まったティペットを手探りで辿った先には、毛鉤が虚しく空に舞っていただけ。
渓魚の姿は既になかった…。
やれやれ、サカナを掛けることに必死で、掛けた後のランディングルートを全くイメージしていなかった。意識的に左岸側に誘導してたら、ひとつ落としても難なく取り込めたはずなのに。せっかくのライズだったのに、へなちょこFFの本領を発揮してしまったなTT

気を取り直して、更に釣り上がる。そして、ラッキーにも新たなライズを発見。今度は先ほどより小さい淵の終わり、ヨレヨレのところでピシッとやってる。で、慎重に狙おうとしたら、上の淵で餌釣りのおっちゃんが竿を振っているのが目に入った。

2008052403
この渓ではよくあることだ^^

ありゃ、どうやら釣り下がってきているようだ。とすると、このライズは今日の僕にとってラストチャンスに近いものがある。天候も下り坂だしね。
コイツをものにしないと、カミさんの実家のご家族にオデコ報告しなければならない。
必ず「今日はどうだったの?」と聞かれるのだ(笑)

気合を入れてライズに対峙。今度は取り込みのルートもイメージする。
僕は、8Xのティペットを念のため交換し、毛鉤は#16のCDCソラックスダンを結んだ。
フォルスキャストを別方向に数回行った後、スリークォーター気味に毛鉤先行を意識して毛鉤を投げ入れる。
フワリと落ちた毛鉤が、流心からヒラキに向けてゆっくりドリフトしていく。
よーし、でろでろっ…
そう思った瞬間、飛沫とともに水面が割れた。
一呼吸間をおいて、今日の相棒、Orvisを跳ね上げる。
ビシッ!
次の瞬間、ロッドが絞られ、僕の手にサカナの躍動が伝わった。
水面下を泳ぎ回るサカナを目で捉えつつ、僕は、今度は慎重にそしてイメージした通りにサカナを誘導し、その魚体をネットで掬った。

2008052402
なかなか良い体躯 クリックで拡大

よしっ。一段強くなった雨の中、思わず声が出る。
7寸ほどだけど、綺麗なヤマメ…じゃなくてアマゴだ。
よく見ると控えめながら朱点が見て取れたから。
その綺麗な魚体に数枚シャッターを切り、目に焼き付けた後、僕はアマゴを流れに戻した。時刻は4時前。びしょ濡れになりながら、僕はすれ違った餌釣りのおじさんと話しをして、川を上がった。
短時間の釣りで雨にも降られたけれど、とても楽しかったな。

道志を後にして、家族の待つカミさんの実家へ向けハンドルを握りながら、僕は、来年この渓の年券を買うことを心に決めた。
と言うか、今年も買っときゃ良かったな(笑)

2008052404
道志川 良い流れです

|

« 僕らが旅に出る理由 | トップページ | 青空、ユキシロ、初夏の渓 »

コメント

洋さん、こんばんは!

多忙なお仕事の合間を縫っての関東近郊ハイプレッシャーエリアでの釣り、満喫されてますね~。それにしても道志川のアマゴ、お見事です!

私もそろそろ“おでかけついでに・・・・”で関東方面にお邪魔したくなりました。

投稿: ねねこ | 2008/05/25 21:22

ねねこさん、こんばんは!
ハイプレッシャーなりに何とか楽しんでます(笑)
と言いつつホントは、たまにはゆるーく、
ドライでビシバシいきたいとこなんですが^^ヾ

道志なら横浜からもそんなに遠くありませんので
関東方面にいらっしゃるなら、是非ご一緒しましょう!
帰りに忍野ってりもアリですしね♪

投稿: | 2008/05/26 22:21

洋さん、こんばんは!

自分はビショビショにならない程度の雨ならキライじゃないんですよ
快晴の渓流も良いのですが、シトシトと降る雨の中でキャストしていると、何というか『あー、自然の中にいるなぁ…』という気持ちになるんですよ

さ、明日は久しぶりに平日釣行…やっぱり、晴れがイイな(笑)

投稿: taro | 2008/05/26 23:03

洋さん、こんばんわ。
なんというか、お互い好きですね(笑)…

エラソーな感じですけど、関東周辺のハイプレッシャー河川に順応というか慣れてきた感じがすごく伝わります。もちろんご自身は多分に不満の残る結果だとは御察ししますが。

でもね、ほんとにこれからなんですよ。6月過ぎてからシーズン第2章が始まります。一区切りついた所で次の渓に出撃しましょう。タイミングが肝です(笑)!

投稿: わん | 2008/05/27 00:32

洋さん、こんばんわ!!
セルフタイマーの写真、なかなか決まってますね!!
ボクも一度撮ってみようと思うのだけど、釣り場に到着するとスッカリ忘れてしまって、一度も撮った事がありません。単独釣行のときは、妙にガッついちゃって、ココロに余裕が無くてダメですね(笑)
それにしても「今日はどうだったの?」ってのは、釣り人としてはちょっとドキッとするコトバですね(笑)でも・・・羨ましいなぁ(爆)

投稿: terry | 2008/05/30 21:40

洋さん、こんにちは~!!

セルフタイマーでセルフポートレート
ボクもよく撮ってますよ。しかもドライブモードで
連続撮影(笑)。10秒おきに10枚撮ってます^^。
渓でキレイな風景に出逢うとどうしてもソコに
一緒に収まりたいですもんね~。ヒットシーンが
撮れることは稀ですが釣りをしている感じもでますから
是非お試しを~。

投稿: ita-gon | 2008/05/31 07:37

taroさん、こんにちは!

雨に煙る渓ってのもいいもんですね。
僕も結構好きだなぁ。
雨の渓にいるっ時って、昔子供の頃、雨の中で
泥だらけで遊んで、何だかいつもより気分がいいぞ、
なんて思った懐かしい感覚が蘇ったりします。

これから梅雨を迎えますので、雨の中でも
楽しむ術は必須ですね。
でも、大雨だけは勘弁して欲しいですが(笑)

投稿: | 2008/05/31 11:39

わんさん、まいどです。
お互い好きですね~、って、
わんさんの方が上でしょ(笑)

関東の渓に慣れてきたのは、わんさんの釣りを
見させていただいているからですよ。
ホント感謝です。

第2章の始まり、明日もヨロシクです。
初めての渓に行くときって、やっぱり
ワクワクするなぁ。楽しみにしてます♪

投稿: | 2008/05/31 11:44

terryさん、こんにちは!
こういう写真を撮るタイミングはですね、
ズハリ釣れない時です(笑)
しかも一定釣れた後に、釣れなくなった時ですね。
逆に全く釣れない時だと、そんな心の余裕は
ありませんから^^

「今日はどうだったの?」は、実に恐ろしい言葉です。
娘と孫をほったらかして一日渓を彷徨った挙句
1尾も釣れなかったなんて、なかなか言えるものではありません(笑)

投稿: | 2008/05/31 11:52

ita-gonさん、こんにちは!
ドライブモードで10秒おきに10枚かぁ。
僕が今渓流に持っていってるカメラに、その機能
あるのかなぁ。

ちなみに僕は10秒後1発のセルフシャッターですから、
設定した後、カメラに収まる前の姿は見せられません…。必死で走ってます^^
だから、こんな写真撮るのは、釣れない時かつ
誰にも見られてないとき、ってことになりますね(笑)

投稿: | 2008/05/31 11:59

洋さん、こんにちは。
>青空が覗くと僕は途方にくれた…。
セルフシャッターの写真、ハイキーな雲と抜けるような青空、
途方にくれた?洋さんの対比がイイ感じです。
その次の釣行写真も雨に濡れた新緑がキレイでナイス。
関東のハイプレッシャーな溪で、洋さん“らしく”自分の
ペースを守って、焦らず、欲張らず、フライフィッシングを
楽しんでおられることがよくわかります。
今シーズン、こちら(中部)の溪は(石徹白に限らず)
どこも好調(のよう)で、当方もご他聞に漏れず、今の
ところ良い釣りばかり…ですが、釣果とは関係なくフライ
フィッシングを楽しみ尽くす洋さんの姿勢は見習いたいものです。
…なんて褒めておきますので、またどこかの溪でランデブー
した折には、奥様のご家族のように『今シーズンはどうだった?』
と聞いてください。当方の「釣り自慢」を思いっきりお聞かせします(笑)。

投稿: godzilla2004 | 2008/05/31 15:23

godzillaさん、こんばんは!
久々にセルフやってみました(笑)

関東近郊の渓は人が多いですが、少し慣れてきて、
釣り方というか、コツみたいなものが、
掴めてきたし、そのなんと言うか、
へなちょこなりにも少しずつだけど適応していってるな、
っていう感覚が楽しかったりします。
どんな環境でも、その場所その場所でイロイロ楽しめる
がフライフィッシングの良さだとすれば、
転勤もなかなかいいもんかも知れませんネ^^ヾ

お会いしたときも、godzillaさんの釣果自慢は
聞かないことに決めています。
さんざんBlogで見せ付けられてますからね(笑)

何とか夏までにはご一緒したいものです♪

投稿: | 2008/06/03 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/41289961

この記事へのトラックバック一覧です: 曇りのち晴れ、そして雨:

« 僕らが旅に出る理由 | トップページ | 青空、ユキシロ、初夏の渓 »