« 夏の終わりのイワナ釣り | トップページ | 暑く、辛く、楽しい日! »

2007/09/07

Hard to Fish!

2007090201

僕達が朝一番でその渓に辿り着いたとき、ゲートに駐車している車はいなかった。
フフフ、先行者なしですか… ( ̄ー ̄)ニヤリッ
1週間前の平日、僕は同じ区間でとてもいい釣りをしていたし、増水だったその時に比べてもむしろ水況は今日のほうが良さそうだったから、僕は心の中で(というか実際に声に出して(笑))今日の釣果は約束されたようなものだと上ずっていた。

ところが…だ。

赤いベストのFFが、ブッシュをかわして毛鉤をドリフトさせる。
僕の目には完璧なドリフトに思えたけれど、サカナは水面を割らない。
僕が先日泣尺を釣ったポイントを攻めても同じことだ。水面はウンともスンとも言わない。
多少のドラグにも、先を争うようにビシバシサカナが飛び出した先週と同じ区間で釣りをしているとは思えないような沈黙ぶりだ。

うーん、どうしたことだ。水は引き始めているし、一体何なのか。
前日のプレッシャーのせいか、大水でも出たのか…、
やっぱ、渓流釣りってのは甘くないもんだ。
まぁ、だからこそ釣れた時の喜びが大きいってのもあるんだけどね(笑)

20070902iwana02
やっとこさ1つ。たまにはこういうアングルも面白いな。(撮影はgodzillaさん)

結局、6時間以上その渓を釣り上がり続け、水面を割ったサカナは二人で合わせてもたったの3つ。その3つをきっちりランディングできたのだから打率は10割だけど、キャストの回数を分母にすれば、宝くじなみの確率だよ(笑)
うーん、効率化が至上命題とされるこの現代社会において、なんと非効率的な釣り。
もちろん、ビジネスとは違うそういうところが大好きでこの釣りをしてるんだけど♪

2007090202
木を狙うのは大の得意だ。見なくてもきっちり掛ける(笑)

で、僕の場合、更に効率を悪くするこんなトラブルが起こる。それもしょっちゅうね…。
何でこんなところに枝が張り出しているのか…。
まぁ、フライを始めてからずっとそうなんだけど、絶好のポイントに限って計ったように木を釣っちゃうんだよな。僕がキャストしている間に、意地悪な木が後ろで枝を動かしてるんじゃないかと思うほどだ(笑)

20070902iwana03
この渓のイワナは白斑が大きいのが特徴なのかな(クリックで拡大)

そんな僕でも、たまにはこういうのを掛けれるからやめられない。
強い流れに乗ってグングン6フィート半の竿を絞ってくれたコイツは8寸。
相棒のロッドは久しぶりのカムパネラ。このショートロッドは昔から、ビシッとアワせた時の感触がとても気持ちいいのだ。

とにもかくにも歩き続けロッドを振り続けたこの渓を後にした僕たちは、ラストを飾るべく、霧中の檜峠を抜け、久しぶりの石徹白へ。
真っ暗になるまで小一時間の釣りのために、1時間半かけて渓をハシゴする僕達って素敵だよなぁ(笑)
20070902shakuamago01で、人のいない区間を探して入渓したイブニングライズの前のちょこっととした釣り上がりで、モワッと毛鉤をさらったのがこのアマゴ。
うーん、尺アマゴなんだけど、残念ながらコイツは完全に出所不明。
ちょっと複雑な気持ちで、お目当てのプールに辿り着くと、こちらは、計算どおりライズの嵐だ^^
よーし、とほくそえんだものの、さっきの尺アマゴの顎を捉えた#10の毛鉤で最後まで通したのが間違いだった…。
暗くて一度も毛鉤を変えず、黙々とキャストを続けたものの、暮れゆく水面で何十回と広がり続けるライズリングを前に一度もライズを取れず…。嗚呼、気づけば辺りは闇に包まれていた(泣)

20070902itoshiroうーん、もう少し明るければ#18に結び変えていたのになぁ…なんて言うのは今だからの話で、あの時は「もういい加減出るだろ、出るだろ」って、かたくなに#10キャストしてましたね(笑)
スキー場前の駐車場で着替えてる途中、車のヘッドライトを見ると#18辺りのコカゲが沢山。うーん、やっぱコカゲだったかと帰りの車でgodzillaさんと反省しきりだったな。
やっぱ石徹白は奥が深い。今ーズンもう一度いかなきゃな(笑)
一日、お付き合いいただいたgodzillaさん、有難うございました。
いよいよ9月、あと何回釣りにいけるかな…。

|

« 夏の終わりのイワナ釣り | トップページ | 暑く、辛く、楽しい日! »

コメント

洋さん、おはよーございます!!
カムパネラのショートロッドもしっかりと活躍されてるようですね。
ボクもこの夏は、6'4"のグラスロッドを使った釣りをしてました。
ショートロッドって、投げるのはカンタンなんだけど
キャスト後のライン操作と、アワセがロングロッドに比べて難しいっす。
でも、それがまた面白いんですよね。
さてさて、次回の釣行は久しぶりなので、とっても楽しみです。
今回はガイド役(?)として(笑)

投稿: terry | 2007/09/08 07:56

こんにちわ♪
条件によってガラッと釣果が変わるのも釣りの醍醐味ですかねぇ。
でも、当たった時も楽しいですが、厳しい条件で釣りあげるってのも、また楽しですね。
9月に入っちゃったんで、そろそろ締め括りに向けてプランせねば・・・(汗)

投稿: narukawa119 | 2007/09/08 16:43

terryさん、こんばんは!
久々にショートロッドを使いましたが、ロッドが短い分
ビシッとアワセが決まるダイレクトな感触がサイコーでした♪
と言っても2回だけでしたけどね(笑)

確かに、キャスト後のメンディングは難しいですよね。
でも、ブッシュをかわしたり、細かく「なんちゃってメンディング」を
入れたりするテクニカルな釣りもヘタクソなりに楽しいですね^^

次回の釣行、楽しみですね。カレー屋入店の先陣もヨロシクです(笑)

投稿: | 2007/09/08 22:24

こんばんは!またまたのハシゴおつかれさまでした。
前半戦とても苦労されたようですね。でもその“非効率な釣り”のなかに、それ以上の楽しみがあるからこそ、そこに“スローな釣りの真髄”があるように思います。とはいえ、フライフィッシングの楽しみ方は十人十色ですので一概にはいえないし、人それぞれのペースがありますけどね。
今シーズンもあと1か月をきりましたね。お互いマイペースで肩の力を抜いて締めくくりたいものです。また、石徹白でお会いできたらよろしくです。

投稿: ねねこ | 2007/09/08 22:30

narukawaさん、こんばんは!
厳しいときの1尾ってホント嬉しいですよね。
0と1の間には限りなく深い溝がありますから^^

で、いよいよ最終月。僕のプランは、木曽に石徹白、
そして、県内のホームリバーにもう一度だけ行けるかなぁ…、
ってとこです♪

投稿: | 2007/09/08 22:31

ねねこさん、こんばんは!
また、ハシゴしちゃいました(笑)

そもそも、何百回となく繰り返すキャスティングの中で
時折バシャッと出る時の興奮が、ドライフライの釣りの楽しさの一つですよね。
何となく、緊迫した試合のサッカーのゴールのカタルシスにも似てる気がします。
そのエキサイティングな瞬間のために、かける手間、繰り返す試行錯誤それ自体も
楽しい訳ですから、これはやはり悪魔的な趣味です(笑)

次回の石徹白は、釣りよりも皆さんと充実した時間を過ごすことを
第一に楽しむつもりです。
ねねこさんも、次回は前回ご一緒した時よりゆっくり釣り上がりましょう♪

投稿: | 2007/09/08 22:59

洋さん、こんにちは~!

あります、あります、こんなこと。
水量が多くてもそこそこ釣れて、これで水が引いたら・・
なんて考えてたら、実際は渋~~~い。見た感じが良いだけに
なかなか諦めもつきませんしね。そんな中でも3回のチャンスを
見事に全てモノにしたお二人はスゴイです。そこからさらに
イブニングに移動する行動力も素晴らしい!僕も見習わねば・・。

投稿: ita-gon | 2007/09/09 08:07

洋さん、こんにちわです。
意気込んで行くと往々にしてそっぽ向かれちゃいますよね(笑
僕もこんなことがしょっちゅうですよ^^
そろそろメイフライの時期が始まったんですね。
お互い、最後に帳尻合わせしたいもんですねー

投稿: わん | 2007/09/09 14:48

ita-gonさん、こんにちは!
増水後の引き際っていっても増水の程度にも
よるみたいで、この見極めがなかなか至難の業ですね。
それでも、あれやこれや楽しみながら
サカナの顔を見れたの無理やりヨシとしました(笑)

イブニングの移動はですね~、godzillaさんの気合です♪
独りならキツかったですね^^ヾ

投稿: | 2007/09/09 17:25

わんさん、こんにちは!
よくありますよね~、こういうこと(笑)
まぁ、しょっちゅう思い通りにならないからこそ
ハマった時の至福感がたまらないんですがネ。

石徹白では、いよいよ第2世代の季節になったようです。
次回は小さめの毛鉤を中心に釣りを組み立てます!

投稿: | 2007/09/09 17:30

洋さん、こんばんはっ!!
この日は溪のガイドから運転まで、何もかも
お世話になり有難うございました。
霧の桧峠の行き帰り、幽玄と言うか視界が悪過ぎ
というか、いずれにしてもお疲れさまでした。
数少ないチャンスでしたが、釣れたのは野生
そのものを感じさせてくれるナイスなイワナ
でしたんで、最高に楽しめた一日でした。
という訳で今週末も宜しく!です。

投稿: godzilla2004 | 2007/09/10 19:08

洋さん、お疲れです!!!

素晴らしい渓相で、条件的にも悪くないはずなのに反応が悪い・・・。
ボクは今年の夏はそんなのの連続でした(^^;
それでも、集中力を途切れさせることなく、数少ないチャンスを結びつけたところは流石ですね。

今週は、カレー屋さんのガイドを宜しくお願いしますね~。
楽しみっす。

投稿: Rolly | 2007/09/10 21:26

godzillaさん、こんばんは!
当日はいろいろお世話になりました。
あれから、仕事や義父の一周忌などで忙しかったので
この釣行でご一緒したのが随分昔みたいに感じられます。
でも、当日は、二人で3の3、打率10割ですからね。
ヨシとしましょう。まぁ、僕は見逃しがありましたが(笑)

今週末も1安打目指して頑張ります^^
週末が楽しみですね!

投稿: | 2007/09/10 22:41

Rollyさん、こんばんは!
まぁ釣れないのは慣れてますからね(笑)
もう少し早くその渓に見切りをつけても良かったのですが
午前中ガイド役の僕に多くのポイントを譲って頂いていた
godzillaさんに何とかこの渓のサカナを釣ってもらいたくて
ついつい長居してしまいました^^ヾ
そんな中、たった一回のチャンスをしっかりモノにされた
godzillaさんは流石ですし、僕もとても嬉しかったです♪

今週末も皆で楽しみましょう。
ガイドと言っても僕も入ったことありませんから(笑)

投稿: | 2007/09/10 22:51

洋さん、こんばんわです!
godzillaさん他いろいろとブログを拝見させていただいて、洋さんが今シーズンで名古屋を離れるのかな?ということを知りました。
僕がブログを始めたのも、洋さんの<空色ライフ>をみて、こんな綺麗なブログがやれたらいいな~と思ったからで、ブログの構成には<空色ライフ>をいろいろと模倣(!?)させていただきました。とはいえ、全然<空色ライフ>の充実度には及びませんが・・・
一度、ご一緒できれば!と思っていましたがどうやら叶いそうにないと思うと残念です。ただ、いつの日かご一緒できる日が来ると願っています!
お住まいを変わられても<空色ライフ>続けて下さい!

投稿: まっす~ | 2007/09/21 00:40

まっす~さん、こんばんは!
そんなに褒められるとテングになりますよ^^
冗談はさておき、お察しの通りです。
月末のエントリーで皆さんにはお伝えしようと思ってたのですが、
来月からはハンドルネームがTokyo Hiroshiになります(笑)
まっす~さんとは清掃会でもご一緒できると思ってたのに、
僕も残念です。
でもまた、こちらの仲間に会いに来ますし、
きっとどこかでご一緒できると思います。
その日を楽しみにしてますね!

投稿: | 2007/09/21 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/16355166

この記事へのトラックバック一覧です: Hard to Fish!:

« 夏の終わりのイワナ釣り | トップページ | 暑く、辛く、楽しい日! »