« 七夕の再会 | トップページ | 僕の『24』 石徹白と仲間達 »

2007/07/13

好事魔多し -高原川水系支流-

20070712takahras000

今シーズン3度目となる僕の平日釣行は、どうやらまた雨になりそうだった。
天候に合わせて休みを取ることができないから仕方ないといえば仕方ないけれど、3日とも・雨というは僕の日ごろの行いのせいとしてもアンマリだ(笑)
雨中の釣りは嫌いじゃないけど今回は独りだし、やっぱり気持ちいい青空の下でロッドを振りたいからね。

とは言うものの自然相手に文句を言っても仕方が無いので、ネットで降雨量や予報を調べると、どうやら梅雨前線の影響は南部ほど大きいと思われた。
フムフム。なので、僕は北上する梅雨前線から逃れるように、東海北陸自動車道の進路を北へ北へ取り車を走らせる。
期間限定的独身なので^^、帰る時間を気にしなくていいってはなかなか気分のいいもんだ。てな感じで僕が向かった今回の目的地は今季初となる高原川水系の支流。
自宅を出発してから3時間半ほど、増水している高原川本流の轟々とした流れを横目に目的の峪に辿り着いたのは午前10時前だった。
意外にも空は明るく時折青空さえ見えるじゃないか。
フフ、僕の作戦成功…とほくそえみつつ、早速仕度をして渓に降りる。
ところが渓に降り立って暫くすると、何としたことか瞬く間に空が濃灰色となり、サァーッと雨の幕が峪を覆った…。まるで僕が仕度するのを待っていたかのような意地悪なお天道様だ。やれやれ、どうやらあっという間に前線に追いつかれてしまったようだ(笑)
とは言え予想していたことだし、峪ということもあって多少増水しているものの釣りにならないほどではない。
よーしっ、僕は気合を入れてレインジャケットを羽織り、上流を見据えた。
こういうコンディションの場合の定石に従い、まずは大き目の毛鉤をティペットに結び、僕は緩流帯を中心に毛鉤を放り込んでいく…。と、のっけからイワナが飛び出した。
その後も次から次へとサカナがビシバシ水面を割り、#12のアダムスパラシュートをガッチリ咥えてくる。
うーん、やっぱ高原川水系いいなぁ。これで晴れてたら最高って感じだよ^^

20070712takahras02
帰省中のカミさんがoptio w20を所持の為、デジイチを濡らさぬよう素早く撮影(笑)

このイワナ、目を丸くして朝からひどい目に逢わされた~って顔して愛嬌たっぷりだ^^
アベレージは6寸ほどだけど、時々8~7寸程度のヤツも竿を曲げてくれるのが嬉しい。
僕はずぶ濡れになりながら、何度もフロータント処理を行って上流へ遡った。
時折アマゴも顔を見せる。ここは日本海に注ぐ河川だからヤマメのはずなんだけど、過去にはアマゴも放流されたみたいだし、その子孫なのかな。

20070712takahras03_1
どのサカナも清冽な流れに洗われてとても綺麗だった。

昼過ぎまでにもう十数尾掛けただろうか。こんな日にここへ入渓したのはきっと僕だけだったのだろう。平日だしね。
だけどさすがに分厚い流れを遡るのがちょっとしんどくなってきた。
そこで、細かいポイントは飛ばして美味しそうな大場所だけ狙うことにする。
ちょっと週末の渓流では考えられないような贅沢な釣り方でしょ^^ヾ

で、辿り着いたとある大き目のプール。上方に大きな木が覆いかぶさっているため、辺りは鬱蒼とした感じ。その中を少し濁った分厚い流れが淵の真ん中を貫き、雨煙が立ちこめている。うーん、こりゃ良型の気配ムンムンだな。
こういう時は、いつもにも増して一投目が重要なので、慎重にアプローチする。
既に贅沢釣りなので(笑)、右岸からアップクロスでいきなり流心へ毛鉤をねじ込む。
白波打つ流心に何の変哲も無い#10のエルクヘアカディスが踊り、スカムラインに乗ろうかとするところで、モワっと水面が盛り上がった…。
「あっ!」と思った瞬間には毛鉤が消え、もうロッドが曲がっていた。
恥ずかしながらほとんど向こう合わせだ(笑)
グッと直線的に急速先行するサカナの動きを抑えて、ロッドを立てラインのテンションを保つ。すると今度は、底への突入を阻止されたソイツが流れに乗って下流へ走った。
6.5Xだから大丈夫だとは思うけれど、重い流れに乗ったソイツの引きは素晴らしい。
何とか上手くさばいて、サカナをゆっくり水面に浮かして寄せると、ソイツは水面でクルクル体を回転させている。
うーん、ナイスなローリング♪って感じで僕は滑ってきたその魚体をネットで掬った。

20070712takahras04
25センチほどの綺麗なアマゴ。お腹パンパン^^(クリックで拡大)

色艶といい体躯といい、サイズ以上に体高もあるし、顔が小さいのがカッコ良くて僕好みだ。僕にとって今シーズン一番のアマゴかもしれないな^^
こういう出逢いがあると疲れも吹っ飛ぶし、雨の中、はるばる高原川水系までやってきた甲斐があるってもんだ。木が覆いかぶさっているので雨粒の影響が最小限ということもあり、僕はここで今日一番入念に何度もシャッターを切った。
それにしても、この日この渓では結局アマゴが5つほど釣れたけどヤマメが全く釣れなかったのが不思議だな。次回は是非ヤマメを釣りたいな。

このアマゴを暗い流れにリリースしたところで、相当満足して岸を上がる。時間は午後2時過ぎ。かれこれ4時間以上雨の中ロッドを振りつづけたことになる。遅い昼飯がてら、ひと休みしてイブニングの場所でも考えようと車に戻ったとき、異変に気づいた…。
なんとベストの背面の防水ポーチのチャックが開いているじゃないか…。 
支度をしたとき、ちゃんと閉めなかったのだ。llllll(-_-;)llllll ずーん
青ざめてすぐさまポーチの中の携帯をチェックすると、ありゃりゃ、案の定、雨が隙間から染み込み、水滴だらけ。
何とか電源は入るものの、ボタンを押してもウンともスンとも言わず、使用不可状態(泣)
どうやら天寿をまっとうされたようだ。
良いベストも使い手のレベルが低いと宝の持ち腐れとなねる良い例だな(笑)
20070712takahras05休みとはいえ、何日も携帯が繋がらない状況はいっぱしの社会人としてまずいので、やむなく釣りは切り上げ、1時間ほど掛けて高山市街のショップへ。
半年ほど前にもトイレに携帯を落とすという失態を演じていたため補償もきかず、機種変更で2万円ほど散財(泣)
まさか期待していたイブニングを、ドコモショップで迎えることになるとは…(笑)。


その帰り道、ハプニングもあり疲れた身体を癒そうと荘川ICで降りる。
まぁこんなこともあるさ…。
最後は温泉にでも入ってリフレッシュするかぁ、ウン、我ながらいい案だ^^
と、持ち前の前向き思考で久しぶりに訪れた「桜香の湯」。

果たしてそこには、既に「営業時間外」の札が掛かっていた。_| ̄|○

そのまま道の駅で3時間ほど不貞寝して、深夜帰路に付いた管理人。
ちょっと惨めだったな(^^ヾ
でもまぁ、いろいろあったけれど、ハプニングも後々考えて笑い話になる程度なら、ヨシとしよう。いい釣りができたしね。好事魔多し、皆様もお気をつけ下さい。

|

« 七夕の再会 | トップページ | 僕の『24』 石徹白と仲間達 »

コメント

洋さん、お疲れ様です!!!

雨の中、良い釣りになりましたねぇ!!これだから雨は
止められないでしょ(^^)

ところでGodzillaさんからお聞きになられたでしょうか??
まぁ、そういうことなので今度色々とお話聞いてね~~♪

投稿: Rolly | 2007/07/13 23:22

Rollyさん、こんばんは!
やっぱり、釣れたのは雨のお陰ですかね(笑)
そう考えるとずぶ濡れになった甲斐があるってもんですよ^^

例の件はお伺いしました。
明日、久しぶりに石徹白へ行くので、godzillaさんと
ゆっくり話しますよ。
Rollyさんとも、次お会いしたとき、じっくり話しましょう!

投稿: | 2007/07/14 00:47

洋さん、こんにちわ!!
って、今頃は石徹白!?雨の中??
どうやら期間限定の独身生活を
満喫しているようですね(笑)

投稿: terry | 2007/07/14 14:31

ご無沙汰してます、yu-koです。
釣行お疲れ様でした、雨ひどくなかったですか?
本当は今日釣りしたいなと(何せ2週間ぶりなんで)思っていたんですけど、さすがの雨に断念しました。
時にはしっかり休めって(いや、タイイングしろってことかも?)ことかしら・・・?

高原川水系はずっとご無沙汰してますね、久々に行きたいんですけど、何せ日帰りにするにはちょっと大変なので・・・。
でも、またいつかはあの川もチャレンジしたいです。私が行ったのは初めて2年目くらいなので、随分たっているのでまた違った感じを受けられると思うので・・・。

投稿: yu-ko | 2007/07/14 20:50

洋さん、こんばんは~!!

あ~~~っ!やっぱりハメはずしてる~っ!(笑)。
しかもケータイまで壊して余分な出費とは・・。
楽しい釣りと引き換えに2万円の出費は痛いですね。
僕も釣り中によく携帯を濡らすので、今シーズンは
防水のモデルに機種変しましたよ。これで雨の日でも
川に流されても大丈夫。安心してコケまくってます。

投稿: ita-gon | 2007/07/14 20:51

洋さん、こんばんは!雨のなかおつかれさまでした。
携帯、災難でしたね。データ等は無事でしたか?
“腹パン”のアマゴ、ボディといい尾ビレといい、すごい迫力ですね。もっと大きなサイズにみえますよ。

投稿: ねねこ | 2007/07/14 21:03

terryさん、こんにちは!
昨晩(ってか今日の未明か)はお疲れ様でした。
ちょっと最後は眠かったけれど、とても楽しかったです。
よく8時間も話し続けれるもんですね(笑)

このコメントを頂いたとき、僕とgodzillaさんは
既に石徹白を後にして美並の道の駅で昼寝中でした^^

夕べ話した釣行計画、実現させましょうね!

投稿: | 2007/07/15 12:31

yu-koさん、ご無沙汰しております^^
昨日の石徹白はずっと雨でしたが、土砂降りってほどでもなく
目論見どおり午前中は増水も少しで、
二人で貸切の峠川を満喫することができました。

高原川水系はフィールドが広大な上に、本流から支流まで
数え切れないくらいの流れがあって懐の深さを感じさせますね。
日帰りはさすがにきついので、ホントは温泉や観光と組み合わせて
泊まりで楽しめればベストなんですが…
短期限定独身生活の勢いで日帰りしちゃいました(笑)

機会があれば、高原川水系でもご一緒しましょう!

投稿: | 2007/07/15 12:45

ita-gonさん、毎度ですっ!
この高原川釣行から帰ってきて、昨日は未明から雨の石徹白へ。
で、石徹白から帰ってお風呂に入って「ふうーっ」と寝入ったところを
たたき起こされ(笑)、godzillaさんのオフィスでterryさん、
Rollyさんと4人で今日の未明まで盛り上がっちゃいました♪
でも、この独身ハチャメチャ生活も、いよいよカミさんと娘が
帰ってくるので終わりなんです^^

携帯は、1年以内の機種変更となるため、最新型だと35000円も
かかると言われ、適当に一世代前のを購入しましたが
防水という手もありましたね。
今回たまたま、単独行で電波圏内だったため、万一のことを考えて
渓へ携行したのが運の尽きでした。
今度からは、車においてくるか、防水ポートのジッパー
ちゃんと閉めます(笑)

投稿: | 2007/07/15 12:57

ねねこさん、こんにちは!
携帯のデータ、初めはウンともスンとも言わなかったのですが
ショップ閉店間際に、ダメ元で携帯をガンガン叩いて(笑)
ショックを与えたら、一時的に初期画面が表示され、
データを移し替えることができて助かりました^^

このアマゴ、ホント綺麗で暫く見惚れてしまいました。
恐らく何世代か再生産された個体で、僕が今までキャッチした
サカナの中でも、5本の指に入る美しさかもしれません。
サイズばかりに拘ることが高レベルだと真剣に思っているFFもいるようですが、
僕はいつまでも、こんな綺麗なサカナと出逢って感動できるFFで
あり続けたいですね♪

投稿: | 2007/07/15 13:15

洋さん、毎度です。

う~~ん、またまた良い釣りをされたようですな。
しかしイブがドコモショップとは、笑って良いのかと・・
せっかく防水ポーチが付いているベストなのに、チャックが開いていてはいけませんね 以後気を付けて下さいよ~

しかし雨降りにデジイチとは私には真似できません。
そちらは特に要注意ですよ~~~

投稿: 山猿 | 2007/07/15 21:26

こんばんわ♪
13日には奈川を釣っていました。そこそこ近くにいたんですね。
そうそう、私も昨日14日に、めちゃいい型のアマゴ25cmでした。
私のはアマゴの部では一番でしたよ~。

投稿: narukawa119 | 2007/07/15 23:13

山猿さん、こんばんは!
雨も上がり曇天でイブにはいい感じだったので
なんでドコモショップにいるのかと(笑)
以後気をつけますです^^ヾ

今回は、カミさんがW20を実家に持って帰っているため、やむなく
雨の中デジイチを持っていった次第で、W20が戻ってくれば
やっぱり雨の日はW20を使います。
K10Dが防滴仕様といってもレンズは×ですし、
やっぱり怖いですからね。
昨日の石徹白では結局、橋の下以外使用できずでした(笑)

投稿: | 2007/07/16 00:24

narukawaさん、こんばんは!
奈川ですか~。僕も数年前、上高地からの帰りに
ちょこっとだけ竿を出したことがありますが、
全く釣れませんでした(笑)

「アマゴは25センチ前後が一番美しい」というのを聞いたことが
ありますが、案外その通りなのかもしれませんネ…
まぁ、放流物以外の尺アマゴを釣ったことがないので
定かではありませんが(笑)

投稿: | 2007/07/16 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/15742403

この記事へのトラックバック一覧です: 好事魔多し -高原川水系支流-:

« 七夕の再会 | トップページ | 僕の『24』 石徹白と仲間達 »