« Ticket to Bamboo from Itoshiro! | トップページ | カメラ片手に渓流へ! »

2007/05/04

イワナの日 in 石徹白

20070430itoshiro02_1

初夏の石徹白の流れを吉田ロッドで攻める管理人。
撮影頂いたgodzillaさん(感謝!)のエントリーと同じショットだけど、この後流れのカタから飛び出した型のいいイワナを僕がバラして天を仰いだことは、godzillaさんのエントリーでは触れられてないようだ。godzillaさん、流石に紳士だな(笑)

僕にとって今シーズン2度目となった石徹白。前回と打って変わって気温は高く、降り注ぐ陽射しはまるで初夏のようだ。今回のメンバーは、godzillaさんと黄昏店長、そしてNZフライフィッシャーのピーター氏。
僕はピーター氏と組んでキャンプ場下流の堰堤下に9時過ぎに入渓、
godzillaさん達は更にその下流へ向かった。

それにしても暖かい…というか暑い位だ。ピーター氏の涼しげなTシャツが石徹白がいよいよ良い季節になったことを如実に物語っている。
気持ちのいい青空の下、早速7'3" #2/3の吉田バンブーを振るとすぐにイワナが水面を割った。ほんとにこの竿とは相性がいい。毛鉤は取りあえず結んだ釣り上り仕様の#16CDCダン。6寸ほどだけど、キラキラ光る川面に横たわる綺麗な石徹白らしいイワナに暫し見とれる。今日もいい一日になりそうだ。

20070430itoshiro09_1
6寸ほど。フォーセップで毛鉤を外しそっとリリース

そしてキャンプ場裏のプールへ堰堤を登る…と、
フフ、今度はいくつかのライズを発見( ̄ー ̄)ニヤリッ
緩~い流れの、思いっ切りティンプルライズだけどね。
ここで、このライズ攻略を楽しみながら、他の仲間の釣り上りを待つことに決めた。
とりあえず、結んだままの釣り上り仕様#16CDCダンを流すけれど、コイツは予想通り完全無視。「だよねぇ、だよね」と今度はサイズを落としてノーハックルパターンの#20CDCダン。
一瞬アマゴが動いたけれど、見切られているのはティペットが7Xだからか、毛鉤が悪いのか。いや、それプラス流し方なんだろうな(笑)。
何度も流しては無視されたり寸前で見切られたりているうちに頭が沸騰してくる。
でも僕はその感じがフライフィッシングらしくてとても好きなのだけど。
ハッチはまだ見られないし、やはり僕には見えないミッジを捕食しているようだったので、ぐっとサイズダウンして#24のミッジアダルトを結ぶ。うーん、それでも出ない…。
ならばと最後の切り札、僕の手持ち最小の#26のミッジピューパを結び、毛鉤先行で丁寧にドリフトさせる…、
と、やっとのことでアマゴ浮上。
そいつが水面からちょこっと口だけ出して綺麗に毛鉤を咥えた。
よっしゃっ!
腕跳ね上げるとピンと張ったラインを通じてローリングするアマゴの躍動が掌に伝わる。
おぅおぅ、久々のアマゴだ、元気がいいなぁ。
ふと、同じく苦戦していた少し上流のFFMがこっちを見ているのが僕の視界に入った。
へへ、竹竿曲がってるでしょ。#26なんすよっ、渋いライズ掛けちゃいました、ハハッ。
な~んて笑顔で余裕こいてたら、フワっとバレました _| ̄|○
思わずへたり込む管理人。また恥ずかしいところを見せてしまった…。
TP88しっかりしてくれよっ、ていうよりも人の目を気にした僕のちっちゃーい心が原因だな、やれやれ(笑)

それでも、godzillaさん達が釣り上がってくる頃には、気温の上昇とともに、サカナ達のスイッチも入り、そのgodzillaさんはこのプールで#14の毛鉤で見事サカナをキャッチ。うーん、僕の#26はなんだったんだよ(笑)。
僕も、旅館裏下までの短い区間で、4人以上入っていたにも関わらず、立て続けに数尾のイワナと出逢うことができた。特に店長と見つけた岩際の難しい流れ、ちっちゃいライズを取ったのは嬉しかったなぁ。

20070430itoshiro03_1
そのイワナ、7寸ほど。なかなかいいプローポーションでしょ? (クリックで拡大!)

その後は、多種多様な水生昆虫がハッチし始め、サカナたちもご機嫌麗しく、僕達もすこぶる上機嫌で、ランチを挟んでイブニングまで飽きない程度にロッドを曲げ続けることができた。
#12まで毛鉤のサイズを上げても綺麗にイワナが反転し咥えてくれるんだから、楽しくない訳が無い。godzillaさんなんてテレストリアルでも釣ってたからなぁ。
サイズは6~7寸がアベレージだったけれど、どのイワナも元気一杯。
元気すぎて撮影もままならないほどだ。
毛鉤もガッポリ奥まで飲み込んでいるのが多かった。
きっと20センチ前後のサカナは今が一番成長する時なんだろう。

20070430itoshiro06 左の写真(←クリックで拡大)は、お店が定休日ということもあり、初めてイブニングまでご一緒することができた黄昏店長。
僕がいつもお世話になってる素敵なフライフィッシャーだ。
この日もコンスタントにロッドを曲げておられたのは流石。
最近なかなかお店に顔を出せない僕のために、フィールドにティペットとドライシェイクを持ってきてくれた心優しい店長。しかも現場割り増し無しだから心に染みるよ(笑)
往復の運転も含め、大感謝だ。
ご一緒したイブニングは僕がおいしいトコ持っていっちゃってたけれどご勘弁を^^ヾ





20070430itoshiro04_1こちらはピーター氏(→クリックで拡大)。本場NZ仕込みのニンフィングで、 この日もグッドサイズを掛けていた。僕の片言のイングリッシュでも助けてくれて十分楽しい会話になるナイスガイだ。
午後のとあるポイントでは、僕がピーター氏のアドバイスを受けながらニンフで良型を狙ったのだけど、無念根掛かり。
そしたら、笑顔で 
You fished the rock!
って分ってるよ(笑)
それにしてもこうやって見ると釣りの時のピーター氏って真剣そのもの。ドライブ中に炸裂する高尚かつ上品な会話からは想像できないよな、まるで別人のようだよ(^^)

そんなこんなで、この日の石徹白はベストシーズン一歩手前って感じで、GWのプレッシャーをものともせず、僕達を楽しませてくれた。
イブニングが近づくと、徐々にサイズもアップ。

20070430itoshiro05_2
コイツは銀座でキャッチした8寸。 (クリックで拡大!)

店長とご一緒したイブニングでは、今シーズンベストの9寸がバンブーをバットから曲げてくれた。
20070430itoshiro07_1
ラストを良型で飾ってロッドオフ^^ (クリックで拡大!)

コイツは、掛けた後グングン潜るは、寄せても再ダッシュするはで、ランディングまで手を焼いたのだけど、吉田ロッドが見事な追従性を見せてくれ、余裕を持ってネットに導くことができた。しかも、サカナの躍動の掌への伝わり方が素晴らしく、こればかりは体験したものでないとわからないかもしれない。
この日でデモロッドは黄昏店へ返却し、泣く泣く手放しましたが(当たり前だ(笑))、前回より慣れて更に扱いやすく感じたし、ますますこの真竹の実戦的なバンブーに惚れ込むことになってしまった。完成までまだ1年以上あるのに正直待ちきれないよ(笑)

そうそう、今回は珍しく写真には登場願わなかった(笑)godzillaさんも当然の如く軽くツ抜けて、イブには泣尺イワナをキャッチされた。
朝から晩まで笑いが絶えず、全員大満足となったこの日の石徹白。
考えてみれば、この日僕がランディングしたのは全てイワナ。
二桁釣って全部イワナなんて、まるで夏の峪の釣りみたいなイワナの日になったなぁ。
まぁ、僕はイワナ大好きフライフィッシャーだから願ったりかなったりだ。
特に石徹白のイワナは、どれも元気が良くて綺麗だからね。
と言いつつ、あのキャンプ場のアマゴ、バラさなきゃなぁ…ってまだ言ってるよ(笑)

いよいよ盛期を迎えつつある石徹白。また行きたいぞ!

|

« Ticket to Bamboo from Itoshiro! | トップページ | カメラ片手に渓流へ! »

コメント

洋さん、こんにちは。いいイワナ達ですねぇ。
いよいよ竹竿がなじんできたようで、と思いきや返却ですか?
お店の竿だからしょうがないですね。
1年のおあずけはなかなかつらいんじゃないですか?
免許取ったのにクルマがないみたいなね。(変なたとえか?)
別の竿、買っちゃったりしてね。(笑)

僕は5月中旬に石徹白に行きたいと思っております。
連休中は仕事しますわ。

投稿: Hi | 2007/05/04 10:40

洋さん、こんにちは~

棹っていいですよねぇ~♪
何か気持ちを癒してくれますよ。
ちょっと気取ったこと言うと自分の気持ちが出ると思いませんか?
ガツガツしていたり焦るとそれなりのキャスティングにもなってしまうし・・・
でも洋さんは渓のプレッシャーいや周りのプレッシャー(あくまでblogでの推測^^)に
負けず綺麗なイワナと出逢っていますね。
ワタシも早く教育される前(既に遅しかな)に石徹白に行かないと。

投稿: attuu | 2007/05/04 14:28

こんにちわ♪
同じ山の東側と西側とで、こんなにも違うものなんですな。
福井側の打波川は雪代で釣りになりませんでした・・・
イブニングも最高だったようで、大満足の一日でしたね~。

投稿: narukawa119 | 2007/05/04 16:16

Hiさん、毎度です!
石徹白では先行者は当たり前ですが、少し時間を置くと
こんなのがビシバシ出てくれる(時もある(笑))んで、
ホント良いフィールドですね。

竿の方はこれから1年長いですが、吉田さんは人気ビルダーですし
のんびり待つしかありませんね^^
余りに気に入ってしまい2ティップでオーダーしたんで
別の竿なんてとても無理ですよ^^

5月の石徹白でご一緒できればいいですね!

投稿: | 2007/05/04 18:31

attuuさん、こんばんは!
丸二日間振っただけですが、自分の気持ちが出るって、
すごくわかります。
勿論、カーボンでもそうなんでしょうが、バンブーだと
より気持ちがラインに乗っていく気がしますね。
僕の場合、デモロッドということもあり、
いつもより丁寧にそしてスローな気持ちで振ったのが
ループに伝わったのかも知れません。
逆に、ガツガツ振るとループが乱れて、そのことに
竿が気づかせてくれるなんてちょっと素敵ですね^^

もうミドリカワゲラもハッチしてますし、石徹白のベストは
これから1ヶ月だと思います。
教育されたサカナとの駆け引きも石徹白の魅力ですので
是非ご一緒したいですね^^

投稿: | 2007/05/04 18:42

narukawaさん、こんばんは♪
そっか、打波川って石徹白の裏にあたるんですね。
石徹白の雪代は既に終わってると思います。
丁度去年のGWは午後から雪代が入りましたが
今年は雪が少なかったですからね。

あの日のイブニングはライズがありませんでしたが
これからイブニングライズが本格化して
夏の終わりまで楽しめますよ^^
是非narukawaさんも石徹白にお越しくださいね!

投稿: | 2007/05/04 18:53

洋さん、こんばんはっ!!
あの日はお疲れさまでした。早朝から真っ暗になるまで、イトシロを堪能
できいつもながらに楽しく過ごせました。
キャンプ場プール、#14で釣れたのはまだまだ幼い小振りのアマゴだった
ので、余り参考にはならないと思いますヨ。大物釣るためには、マッチザ
ハッチのサイズとドリフト技術が必要かもしれません。自己都合だけじゃ
太刀打ちできない場合も多いわけで、洋さんもおっしゃっている通り、そこが
フライフィッシングの面白さなんでしょうね。
Tシャツ一枚のピーター氏を羨ましく思ったのも束の間、二日後の石徹白じゃ
フリースの上からレインジャケットを羽織ってました(笑)。
まぁ自然相手ですから仕方ありませんけど。それにイワナもアマゴも
高反応で楽しめましたからね~。
本当に吉田ロッドが洋さんに馴染んできているようで、黄昏店に返却する
のは名残惜しかったことでしょう。私も1年待ちましたがアッと言う間です
から、大丈夫ですよ。これからの1年、フライフィッシングをじっくり楽しみ
ましょう。

投稿: godzilla2004 | 2007/05/05 00:04

洋さん、毎度です。

しかし奇遇ですな、わたしも石徹白の夫婦岩(キャンプ場前)で#26ピューパでかけ、取りこむ最中にばらしてしまいましたよ。 長良川のミッジングを思い出したのですが、小さな針はばれやすいのでロッドを立てず鰓洗いをさせないように取り込むのが基本でした。 

昨日も夫婦岩で#26を流しましたが無反応でしたよ、でも瀬がバリバリの状態でしっかり遊んできました。 また機会があればご一緒して下さいね。

投稿: 山猿 | 2007/05/05 08:22

godzillaさん、こんばんは♪
あのアマゴは正直悔しかったです。
でも、「パーフェクト」がないからこそ、
いつまでも楽しめるのがこの釣りなんでしょうね。

ロッドの方は返したくなかったのですが(笑)
しょうがありませんね。
でも、グラファイトの今の愛竿達にも愛着がありますし、
早速今日の早朝に復帰戦?に行ってきました。
グラファイトにはグラファイトの良さがありますからね^^

そうそうDMも有難うございました。
例のブツ、近々お店へ取りに伺います!

投稿: | 2007/05/05 20:13

山猿さん、こんばんは!
瀬が#12あたりでバリバリなのに、
プールでは#26で渋~く楽しめる石徹白って、
やっぱいいですよね^^
なるほど鰓洗いをさせないように…ですか。
初めて知りました。
ミッジではバラシてばかりなので、今度は気をつけて
取り込んでみますね!

石徹白にはこれからも行きますので、
是非ご一緒しましょう♪

投稿: | 2007/05/05 20:19

洋さん、こんばんは~~~!

いよいよバンブーが手に馴染んできた感じでしょうか?
でも納期まではまだ1年もあるんですよね。
なんだか悶々としちゃいそうですね(笑)。
僕もイワナの釣りでフライを覚えていったので
混棲のエリアではイワナばっかりの釣果ですね。
なのでここ数年はヤマメの釣りをマスターするべく
流れの中を意識的に釣るようにしています。
ちょっとだけ光明が見えてきた感じですよ。

投稿: ita-gon | 2007/05/05 21:57

洋さん、お疲れ様です!!!

お天気も良いし、出かけたメンツも楽しそうで、しかも
バシバシとくれば最高な一日ですね!!イワナってかわいい
仕草するから僕も大好きですよ~♪

かくいう僕も本日午後から数時間だけ石徹白詣でしてきました。
この日もヤバイメンバーが現地で出迎えてくれて、ヤバイ釣りに
なりましたよ~~!

投稿: Rolly | 2007/05/05 22:40

洋さん、こんばんわ!!
Rollyさんの言う、ヤバイメンバーの中のterryです(笑)
今日はマジでヤバイ釣りでしたッ!!

この日は、黄昏店長と終日一緒だったんですね。
ボクも月曜休みに一度だけですが、終日釣りを楽しみましたが
文字通り黄昏時になってから
ロッドが曲がりっ放しになっていたのが印象に残ってます(笑)

洋さんもgodzillaさんも、吉田ロッドのオーナーになるというコトは
ライトスタッフはもう使わないのかな。
RSトリオとしては、とてもサミシイっす。
でも釣りがウルサイトリオは、まだ解散しないでね(笑)

投稿: terry | 2007/05/06 00:32

ita-gonさん、おはようございます!
そうなんです、馴染んできたところで返却です(笑)

この日の石徹白は流心からもイワナがでてきました。
やっぱり人は多かったので、アマゴは一度キャッチ
されると暫く出てこないのかもしれませんね。
僕の感覚では石徹白では絶対数もイワナの方が多いような気がします。
まぁ、僕としてはどちらでもOKだし、むしろイワナの方が愛着が
あるのですが、10釣ったら、ひとつ位はアマゴでもいいよなぁ
と思った次第です^^

石徹白はいよいよ大爆発の様子ですので、ita-gonさんも
是非ご一緒しましょう!

投稿: | 2007/05/06 10:31

Rollyさん、毎度です!
いやぁ、最高の一日でしたよ。
先行者がいてもしばらく時間を置いて、ちゃんと流せば
きっちり出てくれるのが嬉しいですね^^

ヤバイメンバーですかっ(笑)
ますます絶好調だったようで、僕のそのメンバーに
加わりたかったなぁ…。
またご一緒しましょうね♪

投稿: | 2007/05/06 10:35

terryさん、こんにちは^^
ヤバイメンバーでロッド曲がりっぱなしですかっ!
そりゃ、めっちゃヤバイっすね、って意味不明(笑)
雪代が早く終わった分、昨年GWご一緒した時より
季節が進んでる感じですね。
僕も今月中にもう一度行きたいなぁ。
この日の黄昏店長、黄昏時は不発でしたが、
綺麗なアマゴも含め良い釣りをされてました^^

ライトスタッフももちろん使い続けるのでご安心を。
昨日久しぶりにRSとホームリバーに出動しましたが、
やっぱりいいロッドだなぁ、と再認識しましたよ。
バンブーとグラファイト、気分や目的に応じて
使い分けるつもりです。

いよいよ盛期ですし、はやくトリオで集合しないといけませんね(笑)

投稿: | 2007/05/06 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/14940106

この記事へのトラックバック一覧です: イワナの日 in 石徹白:

» ■氷雨の石徹白 [一から出直し修業的毛鉤釣]
※石徹白へ向う桧峠が、急峻な登りから下りに変る頃から雨模様。いつものスキー場駐車場で、雨の中身づくろいをして下流のポイントへ向って歩き始めます。今日のメンバーは午前中だけ参加?の黄昏店長とラガー兄弟。「トレーニング・デイ」…セカンド・ラウンドは冷たい雨の降る石徹白C&R区間が舞台となりました。 ▲雨に濡れた岩の隙間、ミドリカワゲラ(イエローサリー)も雨宿り。撮影は、この日もランチタイムまでお付き合いくださった黄昏店長。いつもお世話になっており感謝です。 ■トレーニング(…ただワイワイと釣... [続きを読む]

受信: 2007/05/04 22:50

» ∗ I Left My Heart In Itoshiro [一から出直し修業的毛鉤釣]
※ゴールデンウィーク前半、最後の休日。(当然のごとく)石徹白へ出かけました。 ▲里川っぽい風景の中、吉田ロッドを振る洋さん。前回の釣行で、吉田ロッドさん製作の“真竹”フライロッドの扱い易さに驚愕し、そのまま発注に至ってしまうことと相成りました。この日も、朝から真っ暗になるまで吉田ロッドを振り続け、石徹白に住む渓魚とのファイトを掌にココロに刻み付けました。 ▲その洋さんが釣った7寸のイワナ。この日の洋さん、(そこそこ数釣りはできたものの)朝からナカナカ良型には出会えませんでしたが、イブニングで... [続きを読む]

受信: 2007/05/04 23:50

« Ticket to Bamboo from Itoshiro! | トップページ | カメラ片手に渓流へ! »