« my space, my tying! | トップページ | My HomeRiver in Early-Summer! »

2007/05/22

Itoshiro Rainy Day!

20070519itoshiro00
雨に煙る流れを前に毛鉤をチョイスする吉田ロッドさん。
やっぱり、釣り姿が絵になります^^


ってことで、行ってきたのは今シーズン3度目となる石徹白・峠川C&R。
いつもの檜峠を抜けて、僕らがフィールドに到着したのは朝8時頃。
仲間と仕度をしつつ、ふと見上げると、新緑の山々の向こうには綺麗な五月晴れの空が広がる。うーん、今日は5月らしい気持ちのいい日になりそうだなぁ…。
なーんて思ったのも束の間、釣り始めて暫くするといつの間にか青空が曇天に覆われ始めた。そして瞬く間に降り出した冷たい雨。一体さっきの青空はなんだったんだ…。
結局、僕らは終日レインジャケットを濡らしてロッドを振り続けることになった。
加えて風も強かったから、この日の石徹白はとても寒く、フーリースを持ってこなかったことを後悔するほど。前回がまるで初夏のような天気だったから余計そう思えたよ。
それでも、幸運なことに肝心のサカナ達の活性は最近の好調が続いており、雨のC&R区間は5月の渓流らしくサカナの生命感とFFの笑い声に溢れることとなった。

終日ハッチが続き、ブラインドの釣り上がりでも、ライズ狙いでも楽しめたこの日の峠川。随分多くのサカナをキャッチすることができたのだけど、しっかり流さないと掛かってくれない局面も多く、取れなかったライズや掛け損ねは数え切れず^^
なかなか取れないキャンプ場下のライズに固執して仲間のランチを遅らせたり、1尾目をネットから数センチのところでバラすという妙技を見せる仲間がいたり(笑)、多くの逃げられたサカナにも十分楽しませてもらったというのが、いかにも石徹白らしくて僕は楽しかったな。

20070519itoshiroiwana
銀座区間ででた8寸イワナ。流れに乗って二つも瀬を下らされた^^

そもそも、雨振りの釣りには雨振りの釣りの良さがある、というのが僕の考えだ。
土砂降りの雨はさすがにゴメンだけど、この日の石徹白のようにシトシトとそして時折止んでみたりしてくれる雨中の釣りは、それはそれで味のあるものだと個人的には思うのだ。僕の数少ない経験でも、雨降りの日の釣りは何故か印象的でよく覚えているものが多いからね。
霧雨のベールが降りた峪に独り佇み黙々と竿を振っていると、自分が無になり渓と同化していくような錯覚に陥ることがある。それが僕には心地よかったりする。
それに多くのFFがそうである様に、雨はいつか上がると勝手に信じている(笑)から、恐らく釣りをしない人が傍目で見て「雨の中大変だな」と思うほど辛くはないし、むしろ、気持ちは明るく充実していたりする、ってまぁ僕の場合だけどね。「雨のち晴れ」って凄く素敵でいい言葉だと思うのだ。
何しろ、雨上がりの澄んだ空気の渓流に、キラキラ陽が差してきたときのあの瞬間ほど素晴らしいものはない。そういう時に限って釣れるのもまたいい。
それに、仲間との釣りでも雨の日は盛り上がることが多い。きっと、雨中での釣りというちょっとしたハンデが、皆の連帯感を深めるのかもしれないな。

20070519itoshiro02ちょっと話はそれたけど、まぁそんな感じでこの日雨に濡れた僕達を一番ドラマティックに盛り上げてくけたのがこの人。僕が上の写真のイワナの写真撮影中、上流で奇声が発せられたのだけど(笑)、その声の主がgodzillaさんだった訳だ。
その時の模様の詳細はコチラで。
峠川のイワナは胴回りの太く野性的なイワナが多いけれど、あの尺イワナは飛びぬけて素晴らしい体躯だった。それにいい面構え。僕も久々にあんなの釣ってみたいなぁ。
近くにいた仲間で駆け寄ってgodzillaさんを祝福するとともに、石徹白・峠川C&Rの恵みに感謝した次第。あんな瞬間に間近で立ち会えたというはとってもラッキーだったな。

20070519itoshiro03 こちらは、元気のいいイワナを取り込み中のBILLさん。ご多忙の中、浜松からの日帰り遠征にも関わらず、集中力を切らさず丁寧なキャストで一尾一尾をしっかりキャッチ。
特に丸顔フラット(自分で言うなよ(笑))付近のプールでキャッチされた8寸のアマゴはすごく綺麗で、みんなでネットを囲んでため息をついたほどだった。
お昼寝から目覚めたら、godzillaさんの尺イワナってのもグッドタイミングだったよ^^

20070519itoshiroamago
こいつは僕が釣った20センチ。僕にだってたまにはアマゴも釣れる(笑)
なのにピントが…^^


7寸程度でも、石徹白で釣れるアマゴは頭が小さい割りに体高がある。
そして色艶が良くてパーマークもとても美しい。個人的には石徹白のアマゴは僕にとって「別嬪さん」のイメージだ。残念なことに時々釣れてしまう出所不明の個体と比べればその差は歴然としている。放流個体の尺アマゴより、小振りな別嬪さんに僕は心を奪われてしまうのだ。

20070519itoshiro04
こちらは、我らが凄腕シェフFF、シャックマンさん。
一尾目の取り込みの際は、期待どおり一同を笑わせてくれましたが、午後、通称BILLさんプールでアマゴのライズをビシッとアワせてフッキングさせたのは、カッコ良かったなぁ(マジで)。とても寒い日だったから、シャックマンシェフのあたたかいランチが何時もにも増して身にしみた。本当に感謝です。

釣り自体はあまりご一緒できなかったけれど、山猿さんRollyさん、清掃会以来のgonzaさん、夕食では初めてお会いした稲さん浅さんともご一緒してお話しさせていただき、いつもの楽しい石徹白スタイルの一日となった。
うーん、やっぱり、雨の日の釣行、悪くないよな。

20070519itoshiro05
取れないライズに諦めかけの管理人(笑) 撮影はBILLさん。

ご一緒頂いた皆さん、有難うございました。
次回は来月に1日は石徹白へ行く予定。またいい釣りができればいいなぁ。
できれば「雨のち晴れ」でね。

|

« my space, my tying! | トップページ | My HomeRiver in Early-Summer! »

コメント

洋さん、こんばんわ!!
土曜日は雨が降り寒い一日でしたね。(釣り人達は熱かったですけど)
今回はご一緒に釣りは出来ませんでしたが、まだまだ石徹白に通いますので今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: gonza | 2007/05/23 00:33

先日はお疲れさまでした。寒い日でしたが、ホットな釣りができました。
また釣り場でお逢いするかと思います。
ブログ、リンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。


投稿: | 2007/05/23 07:07

こんばんは!おつかれさまでした。雨降りも気にならなくなるほど楽しまれた様で何よりです。
私も、石徹白のアマゴはベッピンだと思います。凛とした胸ヒレ、小さいけれど精悍なマスクが気に入ってます。ちょっと太目のボディには親しみを感じたりして・・・・。

投稿: ねねこ | 2007/05/23 20:45

半袖洋さん、お疲れ様でした~!!!

ボクも、雨を選んで釣りに行きたいタイプだったりします(^^;
雨が降るからこそ森が機能して、プランクトンを育み、水棲昆虫の
活動を支える、、、サカナも元気!みたいな連鎖を感じるのも雨の日だったりますね。
雨の日を嫌う人多いけど、確かにCDCとか結ぶときにキャップの鍔を伝った雨だれがフライを濡らすとショックだけど、おおむね良いサカナを釣った日は雨絡みのことが多いし(晴天下で釣ってこそ!って思ってはいますが、なかなか腕がついてきてくれないんで^^;)雨の日って密かに「チャンス・・・・」な~んて思うんです。

でも、こないだは寒すぎましたね。あれは流石に車から出たくなくなりましたよ。

またご一緒できる日を楽しみにしてます♪

投稿: Rolly | 2007/05/23 21:18

洋さん、こんばんはっ!!
土曜日は雨の中お疲れさまでした!&車の運転を始めお世話になりました。
車中だと半袖ポロシャツは精悍でカッコ良かったんですけどね~。
3回連続の雨中の釣りだと、雨に慣れちゃう…みたいなところがあって、
釣りをしている最中はオサカナの出も良いし、十二分に楽しめるのですが、
帰ってからの後始末がちょっとやっかいです。でもそれ以外に
ネガティブ要素はないので(適度な)雨は逆に釣り日和だと喜ぶことに
しています。
石徹白のアマゴ、本当にベッピンですよね。今年になって特にキレイさが
増したような気すらしますよ。7寸くらいのアマゴが一番キレイなんで、
これからの石徹白って益々楽しみになってきます。

投稿: godzilla2004 | 2007/05/23 22:03

洋さん、先日はお世話になりました。
雨だけなら許せますがあそこまで寒くなると、足がつったりして身体が自由に動きませんでした。 でも皆さんのお陰で元気に家まで帰ることが出来ましたわ。 今週末の石徹白もまた雨模様、佐藤成史さんのイベントもありますので出動しますが、寒かったらネオプレーンでも履く準備でおりますよ。

また機会があれば、是非ご一緒しましょ!! 寒くない日にね~~

投稿: 山猿 | 2007/05/23 23:10

gonzaさん、こんばんは!
こちらこそ土曜日は有難うございました。
石徹白含め「渓流の近くで3泊」なんて
今の僕には羨ましすぎます^^

また、石徹白でお会いしましょう!
当方からもリンクさせて頂きますね。

投稿: | 2007/05/24 23:23

稲さん、こんばんは!
ホント寒かったですが、水の中はもう初夏そのもの
でしたね!
稲さんとは、石徹白は勿論、寒狭上流や木曽の渓でも
出掛けるフィールドが似ている気がするので、
またお会いしたらヨロシクお願いします^^

こちらからもリンクさせて頂きますね!

投稿: | 2007/05/24 23:27

ねねこさん、毎度です!
僕は昔から「別嬪さん」っていう言葉に弱いんですよ(笑)
凛として気高い雰囲気に綺麗な魚体。
再生産された石徹白アマゴの美しさにはため息が出ますね。

イワナには親しみが湧き、アマゴには憧れを抱く管理人。
結局この日もイブニング以外で釣れたアマゴは
写真の1尾だけでした(笑)

投稿: | 2007/05/24 23:35

Rollyさん、毎度です!
もうこれからは半袖の季節、
多少寒くても気力でカバーですよ(笑)

僕は元々釣りに限らず雨降りの日ってキライじゃないんですよ。
街のホコリを洗い流してくれるというか、雑音を消してくれるというか
雨の日って何だか落ち着いた気分になりますよね。

渓でも同じで、釣りにはやる気持ちをスッとクールダウンさせてくれたり、
集中力を高めてくれたり、雨降りの釣りもなかなかいいもんです。
渇水よりかは、雨のほうが断然僕は好きですね。

という訳でRollyさん、今度雨降りの日を狙ってご一緒しましょうか(笑)

投稿: | 2007/05/24 23:44

godzillaさん、こんばんは!
僕は北海道暮らしの経験があるんで寒さには多少強いんですよ。
北海道の人って、冬でも室内では半袖1枚だったりしますからね。
室内をあったかくして、薄着なんです。
だから僕が半袖でドライブしてたのは至極普通のこと、って
ことにしといて下さい(笑)

で、改めまして尺イワナあめでとうございます。
今思い返してみても、やっぱり尺に届くとイワナも
別のサカナのように見えますね。
それ位インパクトのある顔つき、体躯、色艶でしたよ!

ワイルドなイワナに、綺麗なアマゴ。
雨でも晴れでも、また石徹白でご一緒させて下さいね^^

投稿: | 2007/05/24 23:51

山猿さん、こんばんは♪
当日は雨に加えて、気温が下がって風も強かったですからね。
丁度ランチくらいが一番寒かったです(笑)
その分、シャックマンさんボイルドウインナーとgodzillaさん珈琲が
心に染みました^^

だけど今週末も雨ですか。
自然相手なのでなかなか思うようにはいきませんが
そろそろ初夏らしい爽やかな日に釣りをしたい気もしますね。
次はそんな日に是非ご一緒しましょう^^

投稿: | 2007/05/25 00:00

洋さん、こんばんは~!
土曜はたいへんお世話になりました&ありがとうございました。
そういえば去年、ご一緒した上寒狭も雨の中の楽しい釣りになりましたね。
僕も雨の中の釣りは嫌いじゃないです。雨に濡れて濃くなった森や渓の
香りが好きなんですよ。そんな空気を胸いっぱいに吸うと、不思議と肩の
力が抜けリラックスした釣りが出来ます。
大人なって雨空の下で一日遊ぶなんて、なかなかやらないこと事ですが(^^)
また雨の日も、もちろん晴れの日もまた一緒に遊んでくださいね!

投稿: BILL | 2007/05/25 00:35

BILLさん、こんばんは!
こちらこそお世話になりました^^
>雨に濡れて濃くなった森や渓の香り
その感じよく分かります。すごく癒されますよね。

森にも渓にも、全ての生き物にとって、
やはり雨は必要なんですね。
今日も一日雨でしたが、この雨でまたサカナ達も一回り
大きくなるなるんだろうなぁ^^

またご一緒しましょう!

投稿: | 2007/05/25 22:32

遅ればせながら、先週はありがとうございました。
以前からBlog拝見してまして、1度お会いしたいなあと
思ってました。
出没エリアが結構似ている気がしますので、
またどこかでお会いできるといいですね。

投稿: | 2007/05/27 23:52

浅さん、こんばんは!
こちらこそ先日は有難うございました。
お会いされての印象はいかがだったのか気になるところですが、
半袖で爽やかな好青年だった、ってことにしといて下さい(笑)
またお会いしたときは、こちらこそよろしくお願いします!

投稿: | 2007/05/28 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/15136893

この記事へのトラックバック一覧です: Itoshiro Rainy Day!:

» ■三度(みたび)石徹白雨の中 [一から出直し修業的毛鉤釣]
※朝8時過ぎに到着したときには想像もできなかった冷たい雨に降られた石徹白C&R区間。荒れた天候にめげず竿を振る(左上から時計回りに)私、BILLさん、洋さん、シャックマンさん。 ■適度に雲が散らばる青空の下、石徹白C&R区間の数多き好ポイントの中でも最近マイブームの通称“丸顔フラット”辺りへ洋さん、BILLさんと入ります。途中見かけた小型カディスにあやかって“CDCスペントカディス(#16)”をティペットに結んだBILLさん、いきなり第一投でキレイなアマゴをヒットさせ、この日の楽しい釣りを予感... [続きを読む]

受信: 2007/05/23 21:53

» 石徹白へ [Step into the river]
国道156号を左に逸れると、目の前には急勾配の山肌に張り付いた檜峠の山道、今年も石徹白へやってきたきました。今シーズン初めての石徹白釣行、心配していた天気は晴れ。「青空が似合うブログの管理人さんのおかげでしょうか。」なんて、名古屋よりご一緒させてもらった、godzillaさん、洋さんと三人で今日の釣りへの期待に胸を躍らせ峠を走り抜けます。 身支度を整え川へと向かう途中、洋さんの指に止まった小さなカディス。今日の最初に結ぶフライはCDCカディスで決まりです。皆さんにポイントを譲っていただ... [続きを読む]

受信: 2007/05/25 00:37

« my space, my tying! | トップページ | My HomeRiver in Early-Summer! »