« In My Life | トップページ | イワナの日 in 石徹白 »

2007/04/25

Ticket to Bamboo from Itoshiro!

20070421itoshiro01

僕にとってバンブーロッドは敷居の高い存在だった。
いつも愛用しているグラファイトに比べれば高価だし、とてもじゃないけど自分には分不相応な代物…。ずっとそう思ってきた。
扱いも大変そうだし、興味はあるのだけど、ただ遠巻きに眺める感じかな。
そう、それはまるで初めてフライショップに入店するような、あの時の感覚だ。

そんな僕が、今シーズン初めて訪れた石徹白で、黄昏店長godzillaさんの薦めもあって、吉田ロッドさんのデモロッドを振らせてもらうことになったのだ。

これまでも何回か試し振りを薦められてはいたのだけど、「折っちゃったら洒落になんない…」という僕の小市民的心配(笑)でついつい遠慮していたのだ。けれど、吉田さんと何回かフィールドやお食事をご一緒させて頂くようになり、その真竹に拘ったロッド製作にかける情熱と人柄に敬意を抱くようになった僕は、その日吉田さんご自身も石徹白にいらしていたという気軽さも手伝って「ちょっと振ってみようかな」という気になったのだ。

いつもより随分丁寧に(笑)ガイドにラインを通し、早速タックルをセットする。リールを装着して手に持ってみると、思ったより軽い。素人なりにバンブーは重いという先入観があったのだけど、こいつは意外だった。これなら一日振っても疲れなさそうだな。
今シーズンの初の峠川C&R区間の流れを前に毛鉤を結んだら、実釣で生まれて初めてバンブーロッドのフォルスキャストだ。右腕をスッと振ると、イメージ通りラインがスルスル伸びていくじゃないか。とてもいい感じだ。
正直、初めてバンブーロッドにラインを乗せてキャストしているとは思えないほどだ。取りあえずのフォルスキャストのつもりだったのに、あまりに心地よく描かれるループの軌跡に、僕はそのまま毛鉤を流れに投じた。
その数秒後、あっけないほど簡単に石徹白イワナが水面に浮き上がり僕の毛鉤を咥える。教科書通り一呼吸置いて腕を跳ね上げると、バンブーがしなやかに曲がり、僕のネットに6寸ほどのイワナがやってきた^^

20070421itoshiro05

初バンブーのファーストキャストで今シーズン初の石徹白イワナをランディングなんて…。偶然なんだろうけれど、何だか凄いよ。
そしてその数分後、今度は強い流れを跨いだ向こう岸の丸太沿いにいかにも怪しそうなポイントが見える。
7'3" #2/3ロッドを軽く振るとこれまた気持ちよくループが展開する。
20070421itoshiro02僕なりのカーブキャストの上、メンディング。
これがまた綺麗に決まるのだ。思い通りにラインが水面から引き剥がされ上流に打ち返され、毛鉤がナチュナルに流れると、またもやイワナが水面を反転した。
ランディングしたのは、8寸の石徹白らしい胴回りのイワナ。
(←クリックで拡大 撮影はgodzillaさん、感謝!)
取り込みの際のサカナのビクビクッという挙動が掌に伝わる感じはバンブーロッド特有のものなのだろう。数日たった今でも掌の感触が残ってるなんて素敵だよ。

うーむ、俺ってバンブー使いの才能あるんじゃないの、って勘違いは午後の活性が落ちた渓で証明されるのだけど(笑)、吉田ロッドの実践的な道具としての魅力を僕に見せつけるには、十分すぎるインパクトのある2尾だった。
釣り上がりに関して言えば、近距離でもテンポ良くポンポンと毛鉤を打ち込むことができるし、バックがとれないポイントでも正確に毛鉤を運んでくれる。まさに僕好みのアクション。そうそう、僕はこの8寸イワナを取り込むとき、ランディングルートを間違えて少し手間取ったのだけど、しっかりロッドが粘ってくれてバラさずに済んだことにも触れておきたい。ほんとに素晴らしいロッドだと思う。

2尾のイワナをキャッチした後も、午前中はしばらく活性の高い時間帯が続き、僕は初バンブーでの石徹白を存分に楽しむことができた。でもまぁ、きちんと流さないとサカナが水面を割ってくれないのは相変らずで、そこが僕には難しく、そしてたまらなく愉しい訳なんだけど。^^
水生昆虫も豊富で(途中見かけたメイフライのダン(右下)。マエグロかな?)心配していた重油事故の影響は僕の眼にはないように思えた。20070421itoshiro03_1
けれど、Rollyさんと話をして『今釣れる釣れないではなく、峠川を峠川たらしめているサカナの再生産に影響がでないか』という長いサイクルでの視点も必要で大切だということも分った。僕達釣り人が川の様子を今後も継続的に観察していくことが大切なんだろうな。今後、何か気づいたことがあったら、漁協で実施しているアンケートに協力していきたい。


ランチは、解禁のときより更に美味しくなったすき焼き鍋(シャックマンさんに大感謝)となった。肉を小出しにするというシャックマンさんの意味不明の小粋な演出に皆で同じ鍋をつつきながら、あーだこーだワイワイやるのもこのフィールドらしくて心底楽しい。今年も石徹白に来たんだなぁと実感したな。

20070421itoshiro04
皆でワインで乾杯! シャックマンさんに多謝!

午後は活性が下がりなかなか厳しい状況だったけれど、今日は初バンブーで石徹白らしいイワナにも逢えたし、今シーズン初の石徹白を楽しむことができて良かった。
途中、かなりでっかいイワナを掛け損ねたけど、今年は年券買ったし、シーズンはまだまだこれから。9月末までにのんびり仕留めることとしよう(笑)

で、その吉田さんのロッド。
道具として実践的で、初めてバンブーを扱う僕でもキャストやメンディングが凄くしやすかったこと、サカナを掛けたときの掌の感触、帰ってからマジマジと竿を見たのだけどそのシンプルさと完成度の高さに、ひと晩考えて、購入を決意。
アンティーク系のバンブーにも憧れがないと言えば嘘になるけれど、やっぱり、日本の小渓流でビシバシ実践的に使える吉田さんのロッドが僕には一番合ってるんだと思う。
そして、竿そのものの魅力だけじゃなく、吉田さんの人柄と情熱、中部のフライフィッシヤーの仲間と出逢わなければ、このロッドにも出逢うことのなかっただろうという経緯も僕の決断を後押ししてくれた。もちろん偶然にせよファーストキャストでサカナが出たということも何だか運命的なものも感じたしね。(ちょっと大げさか(笑))。

カミさんの承諾を得た上で、黄昏店と吉田さんに連絡の上正式にオーダー^^
言わずと知れた人気ロッドなので完成まで1年以上かかるけれど、きっと待つ甲斐のあるロッドになってくれると思う。
来年、僕が中部を離れて少し経った頃に手にするだろう僕の初バンブー。
その竿は、きっと、この数年の僕の楽しく充実したフライフィッシング、そして仲間との絆の象徴となり、その後の僕のフライフィッシングライフに更なる彩を添えてくれるのだろう。今から本当に楽しみだ。
*いろいろと相談にのっていただいた、godzillaさんはじめ、黄昏店長、そして吉田さん、有難うございました。

|

« In My Life | トップページ | イワナの日 in 石徹白 »

コメント

洋さん、こんばんは。
ついにやっちゃいましたねぇ、竹竿オーダー。
1年あればバンブー貯金は大丈夫そうですね。
完成を想像しながらじっくり待つのもいいもんですよ。

投稿: Hi | 2007/04/25 22:53

洋さん、こんばんわ!!
このハナシ、月曜に石徹白で店長からお聞きしてました(笑)
でも、ファーストキャストでヒットに繋げてしまうあたり
やっぱりメイクドラマを演じる洋さんらしいや。
今年も健在ッ!!って感じでしょうか(笑)
吉田さんのロッドは、たくさんの方がオーダーしてるようで
ますます吉田さんの釣行日数が減りそうですね(笑)

投稿: terry | 2007/04/25 23:44

洋さんみゃ~~~どです♪

ボクも、ヨシダさんの人柄と竿への情熱に惹かれていました。
そんな折、大すきな川の名前を取った竿が出る、、、ということで
随分気になっていたんです。実際に振らせてもらったその竿は
まさにヨシダロッド(真竹)のテイストを最も忠実に表現してると
感じるとともに、本流、谷、C&R区間と、ボクが歩くであろう
全部の場所でのさまざまなシチュエーションにも対応しやすいなぁ・・という印象を受けて注文しました。
あの川のことを隅々まで知ってるからこそ生まれた竿でした。

同じビルダーの竿のファンということで嬉しいです。そういえば
O社好きも同じでしたね(^^;

投稿: Rolly | 2007/04/26 00:14

ご無沙汰しております
石徹白、行きたかった…釣りもさることながら、吉田さんとお話をしたかったなぁ…

ということで、まさに同日、ワタクシも某ショップにメールしたんですよ
ただ洋さんと違うのは、妻にはとても言えないということですねぇ…

投稿: taro | 2007/04/26 11:33

洋さん、こんばんは~~~っ!

ついに禁断の一歩を踏み出しちゃいましたね~。
でもそこまで惚れ込める1本に出会えたことは
同じ釣りを嗜むものとしてはちょっと妬けちゃいます。
それに製作者の方ともコミュニケーションをしっかり
とることが出来て理想的な購入プロセスですね。
1年待ちとのことですがこれからロッドを手にするまでの
1年間、ワクワクしながら過ごせそうですね。
もちろんお子ちゃまのネームを入れるんでしょう?

投稿: ita-gon | 2007/04/26 19:51

洋さん、こんばんは!おつかれさまでした。
吉田ロッド、私も何年か前に振らせてもらったことがあります。とても扱いやすかった記憶がありますよ。ちょうど洋さんがもってみえるカンパネラ(Sさんがもっていて振ったことがあるんです)を少しソフトにしたような感じだったかな。
完成まで待ち遠しいですね。その間にロッドにあったリールも探してくださいね。

投稿: ねねこ | 2007/04/26 21:07

Hiさん、こんばんは!
ついにやってしまいました…(笑)。
でも1年って長いようで案外短い気もしますね。

楽しみに待つ間に、もっと腕もあげとかないとなぁ^^ヾ

投稿: | 2007/04/26 22:55

terryさん、毎度です!既にお聞き及びでしたか~。
黄昏店は、個人情報保護法適用外ですからね(笑)

釣りの方は初め暫くは良かったんですが、
その後はサッパリでした(泣)
イブニングもgodzillaさんにいいトコ持ってかれましたし
今年は苦戦の予感がするなぁ^^ヾ

そうそう、吉田さん、僕の知り合いだけでも
数人のオーダー抱えてます。
今や海外での評価も鰻上りですし、大人気ですよね!

投稿: | 2007/04/26 23:04

Rollyさん、土曜日はお疲れ様でした!
Rollyさんも発注済でしたね。
しかもイトシロスペシャル♪
Rollyさんがオーナーにならなきゃ誰がなるんだって
感じで、どんな竿なのかすごく興味があります。
出来上がったら是非是非僕にも振らせてくださいね^^

このバンブーを手に入れたらO社も含めて
5本目のロッドになります。
初めは1本でいいや、なんて思ってたのに
いつの間にか増えてきたなぁ(笑)

投稿: | 2007/04/26 23:13

taroさん、こんばんは!
先週は都合がつかず残念でした。
でも石徹白のベストはこれから、
近々ご一緒しましょう。

taroさんも吉田ロッドオーダーされたんですか!
何だかみんなで「竿兄弟」って感じですね(この表現ヤバイか)(笑)
でも、奥さんに内緒で注文できてしまうってのが
僕には逆に羨ましいです^^

で、石徹白いつ行きます?(笑)

投稿: | 2007/04/26 23:31

ita-gonさん、毎度です^^
やっぱりビルダーの方の「ひととなり」を知った上で
購入できるってのは凄く安心できますよね。
それに、ご一緒させて頂いたときにお伺いしたフライフィッシングに
対する考え方にも共感しましたし、やはり尊敬できる人に
作って頂けるというのは幸せです^^

そっかぁ、娘のネームとは思いつかなかったなぁ~。
でも、「釣にばっかりいかないで、これ私のでしょ」って
取り上げられたらどうしよう(笑)

投稿: | 2007/04/26 23:39

ねねこさん、こんばんは♪
当日は有難うございました。

そうなんです。このロッドとても使いやすかったです。
キャストは勿論なんですが、吉田さんご自身が
おっしゃっている通り、ラインが着水する直前から
ランディングまで多種多様な操作が、意のままに操れるというか、
そこがすごく心地よい造りになってると思います。
釣り人の意思に鋭敏に反応してくれつつ、竹竿のしなやかさを
併せ持った竿、そんな感じかなぁ。
ともかく出来上がるのが楽しみです^^

そうそう、あとリールですねっ。
て、そんなに煽らないで下さい(笑)

投稿: | 2007/04/26 23:48

洋さん、こんばんはっ!
先日は予定を狂わせてしまい、申し訳ありませんでしたm(_ _)m。

洋さんもご予約されたんですね!吉田さんのロッドは一度振ったら最後ですよね~(笑)
僕も純粋にキャストのし易さ、心地よさに感動してオーダーしてしまいました。
手に入るのはまだ先ですが、今のうちに番手違いでもう一本オーダーしようかと
結構マジに考えています(笑)。

投稿: BILL | 2007/04/27 01:15

洋さんども!
まずは、引越し無事済まされたようで・・・
お疲れ様でした。

某お店でお聞きしましたが、
竹・・・ついにいってしまいましたんですね~
しかし、吉田さんにお願いされてる方が
そんなにいらっしゃったとは・・・(^^;

竹竿の持つ雰囲気、リズムetc
スローフィッシングライフに最高のアイテムだと
思います・・・手元に届くまで、ワクワクですね。

私も今年は、イトシロ年券購入しました、
日にちが合えばぜひご一緒しましょう!!

投稿: ばびい | 2007/04/27 10:25

BILLさん、こんばんは!
その後、具合も良くなられたみたいで良かったです^^
また、ご都合が許せばご一緒くださいね。
名古屋からの運転は僕にお任せください!

吉田ロッド、一度振ってしまうとオーダーまで一直線。
お決まりのコースですね(笑)
で、BILLさん、2本目オーダー検討中ですかっ!
そうなると、こりゃもう吉田さんてんてこまいですね(笑)

投稿: | 2007/04/27 22:48

ばびいさん、こんばんは!
お陰さまでやっと落ち着いてきました。

吉田さんの竿、気づいたら、周りの人みんなオーナーか
オーダー済みの方ばかりでしたよ(笑)
それだけ魅力のあるロッドなんでしょうね。

で、ばびいさん、石徹白年券購入されたってことは、
既に行かれたんですか。レポ楽しみにしてますよ!
石徹白でご一緒できればいいですね。
駐車場で青い車を見つけたら声かけてくださいよ!

投稿: | 2007/04/27 22:56

洋さん、こんばんはっ^^!
あの日の朝は正に「洋さんDAY」の予感アリだったんですけどね。
午後からの釣りがアレでしたけど、吉田ロッドを振り続ける愉しみが大き過ぎた
のかもしれません。オサカナをかける以前にイロイロ試されてましたので
仕方ありません。それに活性がピークになっていた筈の時間帯、ずっと
(ランチで)ワイワイやってましたからね(笑)。それを全く気にしない
石徹白に集うメンバーってのは一体…(^_^;)。最高ですね(笑)。

吉田ロッドさんの新しいWEBサイトがオープンしたようです。
http://www.yoshida-rod.com/
まだ完全に仕上がってはいませんが、吉田さんが真摯に真竹ロッドに取り組む
姿勢がよく理解できるサイトになっているようです。

投稿: godzilla2004 | 2007/04/28 01:19

godzillaさん、毎度です!
朝イチは良かったんですが、その後が
ダメダメでしたね~。
おっしゃる通り、ランチに時間かけすぎました…
いつものことですが(笑)

吉田さんのリリューアルWEB早速拝見しましたがいい感じですね。
「仕様」のページでスレッドを何色にするか、グリップ、
リールシートをどうするか等々、ワクワクしながら
楽しませて頂きました^^
今後の展開も楽しみですね!

投稿: | 2007/04/28 17:17

お初です。初対面でしたが、なんだかそんな気がしないほど身近な感じで、やっぱ石徹白なんですね(blogは以前から拝見しておりましたが)。吉田バンブーは、ほれますよね。ちなみに僕も吉ダー(吉田バンブーオーダー)の一人です。黒谷で♯5の粘りに惚れ、石徹白・湯原で♯3のすごさを知りました。特に湯原ではヒレピンのレインボーの引きを楽しませてもらいました。まだ吉ナー(吉田ロッドオナー)ではありませんが、来年の1月ごろ?オーナーになれそうなので、今は貯金にいそしんでます(一年後の自分へのご褒美てっことで…?)。21日はペンタックスデジイチをさわらせて頂きまして感激!!僕的には一押しデジイチなので、実物に感動!吉ダーなので贅沢できないので今は我慢ですが、いつかは……。サイコーのカメラなので作品の出来に言い訳はできませんゾ。
追伸:好き焼きの写真ありがとうございました。あの場の雰囲気が出ていていい写真ですね。

投稿: チョイつる | 2007/04/30 21:10

チョイつるさん、こちらでは初めまして!
当日はありがとうございました。
ホント石徹白の雰囲気っていいですよね。
昨日も何人かの釣り人と会いましたが、
入る区間を気さくに打ち合わせしたり
初対面でも和気藹々とした雰囲気が僕はとても好きです。

それにしても、吉ダーとはおもしろい言い回しですね。
チョイつるさんもオーダー済みとなれば、知り合いだけでも
僕の周りには吉ダーだらけですよ。
僕のロッドが出来上がるのは一体何時になるんでしょうか…
ちょっと心配です(笑)
昨日の石徹白は高活性で10尾ほどのサカナをキャッチしましたが
吉田ロッドの魅力を改めて思い知らされ、オーダーは大正解だったと
確信しています。
詳しくは近日エントリー予定ですが、正直、
出来上がりが待ちきれませんね^^

デジイチの方はまだまだ勉強中でお恥ずかしい限りで、
釣行から帰ってPCに落とすと自分の腕の無さにため息ばかりです。
正直コンデジの方がいい写真撮れてました(泣)
K10Dが泣いてますね、きっと。
それでもいい写真を撮るためにひとつひとつ勉強しようと
現在勉強中でして、最近やっと任意のピント合わせの位置選択を
マスターしました。
次は水のキラメキを綺麗に取る露出補正にチャレンジしてみるつもりです。
こういう勉強を楽しめるのもデジイチの楽しいとこかなと無理やり
自分を慰めています^^ヾ
デジイチの写真は暫くひどい写真ばかりが載りますが
是非長い目で見守ってやってくださいね(笑)
また、ご一緒できる日を楽しみにしています♪

投稿: | 2007/05/01 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/14810899

この記事へのトラックバック一覧です: Ticket to Bamboo from Itoshiro!:

« In My Life | トップページ | イワナの日 in 石徹白 »