« STARBUCKS COFFEE | トップページ | Ticket to Bamboo from Itoshiro! »

2007/04/11

In My Life

20070408kansaj00

足助の街を抜けて、ホームリバーへ繋がるいつもの420号に入る。
大見川沿いのワインディングロードに入ると、カーステレオから
The Beatlesの『In My Life』が流れてきた。
Beatlesには素敵な曲が多いけれど、中でもこの曲は僕のお気に入りだ。

There are places I'll remember.
心に刻まれたいくつかの場所がある
たとえ姿を変えても決して忘れない
良くも悪くも永遠に変わらない場所
今はもうない場所 昔のままに残る場所


来年は恐らく転勤だから、盛期のこの渓に足を運ぶのもきっと今シーズン限りだ。
愛知県の片隅を流れるこんなちっぽけな渓だけど、いろんな思い出が詰まったこの流れ。きっとここは僕にとって『忘れならない場所』のひとつになるのだろう。

-------------------------------------------------------

前の晩立ち寄った黄昏店で、店長やgozdillaさん達が翌日岐阜方面に釣行することを知った僕は、急いで家路に就いていた。
「今晩のうちに、差し迫った引越しの準備を終わらせれば、明日午前中だけでも何とか釣りに行けるかもしれない…」。
そう目論んだ僕は、帰宅するや否や遅々として進んでいなかった自分の荷物を一気にまとめ上げる。でもって、カミさんから「えらいっ!」のお言葉と一緒に、翌日午前中だけ釣りに行くOKをもらったのだ。「うーん、我ながら大した集中力だ」と、ホクホク顔で深夜の床に就いた管理人。20070408kansaj05
翌朝、ムニャムニャ起きると既に8時だった(笑)。たしか待ち合わせ現地7時半とか言ってなぁ…。突然現地に現れて皆を驚かす作戦失敗に苦笑いしつつも、気を取り直して僕はホームリバーへ車を向かわせた。
久しぶりのBeatlesの心地よいサウンドをBGMに、峠を抜け、今季4度目となるフィールドに着く。時刻は既に10時を廻っている。
新居の下見のため、正午には帰路につく必要があったから、正味2時間弱の釣り。だけど、そんなことは百も承知だ。たとえ短時間でもこの流れを遡ることに、僕のフライフィッシングの愉しみはあるのだ…。
なーんてカッコつけても、やっぱりほんとは久々にこの辺りを一日中ほっつき歩いて、イブニングまでやりたいんだけどな(笑)


天気予報どおり、気温は高く、抜けるような青空が気持ちいい。
カディス、メイフライ、ストーンフライもハッチし、いよいよ川は本格的な春の装いだ。
短時間でもいい釣りができそうな感じだ。
さぁ、やりますか。
崖からひょいっと川原へ飛び降り、流れにそろりと足を忍ばせる。
高まる鼓動を抑えつつ、結んだ毛鉤にフロータントを施せば、後はファーストキャストを待つだけだ。誰でもそうだと思うのだけれど、この第一投までの時間が僕は大好きだ。
上流を見据え、数回のフォルスキャストで、流れに毛鉤を紛れ込ませると、僕はいつものようにテンポ良く歩みを進めた。数日前に里見さんのDVD『Loop Magic』を観たもんだから、今日は僕なりにできるだけ「曲げる・固める」を意識してのキャスト。と言っても、まぁ、全長12フィートなんだけど(笑)
それでも入渓から暫くして、#16の釣り上がりタイプのCDCダンに飛沫が上がった。

20070408kansaj01
5寸だけど、寒狭上流らしい綺麗な個体

型は小さいけれど、オフに衝動買いしたOrvisにやっと入魂できたってこともあり、気分はいい。前に来たときより、随分と水は温み、サカナ達の活性も上がっているようだ。
しかるべきポイントに毛鉤を流すと、サカナ達は素直に水面で反転しそれに応じる。
いくつかを掛け損ね、いくつかをバラしたりしつつも、程なく同サイズを2つ追加。
まさに春の渓満喫ってとこだ。それに何故か今日は全部アマゴ。
春の渓にはアマゴが似合うよな、やっぱり。

ふと見上げると飛行機雲が2本、峪の青にくっきり映え、目の前の流れは降り注ぐ陽射しにキラキラと煌いている。ついちょっと前に、極寒の日も体感しただけに、今日の輝きが僕にはよりいっそう眩しく感じられた。
今日は来て良かった…。
いつもの流れなのに、訪れる度に違った表情をみせてくれる『僕の忘れられない場所』。
不法投棄や押し寄せる開発のうねりの中で、現実のこの渓が将来どうなるかなんて僕には想像もつかないけれど、少なくとも僕の記憶という名の峪を、この渓がずっと流れ続けてくれるのはとても素敵なことだと思う。
20070408kansaj03

正直なところ、僕にとって渓流での2時間なんてあっと言う間だ。
そろそろ時間だなと思いつつ、少し汗ばんだ額を拭いながら先を進むと、前方に小さなプールが現れた(上写真)。そうそう、ここは1ヶ月前、良型をバラしたポイントだ。
しばらく水面の様子を観察…。
と、白泡の切れ目、水面に突き出た岩の左で、パシャッと水飛沫が上がった!
ライズだ…。
もしかすると、あのときの良型イワナ(って勝手に決めてる(笑))かもしれない…。

ティペットを6.5Xから7Xに付け替える。前回は、釣り上がりタイプのCDCダンでバラしているからここは慎重に行こう。ADWはパスだな。
これまで確認した主なハッチはシマトビケラとオナシカワゲラ(多分)たったから、結論は直ぐに出た。僕がBOXから摘み出したのは、CDCスペントカディスだ。
最近、gozdillaさんに教えて頂いたこの毛鉤は、コックデレオンのヘンサドルでアンダーウイングを巻いている。カディスは勿論、オナシとしても効くらしい、と聞いていたし、カーブドシャンク(VARIVASの2200にヘンドリクソンのグースバイオット)のボディはフッキングも良さそうで、この場面には打ってつけに思えた。
早速毛鉤を付け替え、少し左岸寄りにポジションを取る。ライズは頻繁に続いている。僕にとっては、真ん中の岩にラインを乗せるキャストが一番イージーだろう。リールからラインを出し、ゆっくりと右腕を振る。
数投目、イメージ通りラインが岩にのっかり、ライズポイントの1Mほど上流に毛鉤がポトリと落ちた。
白泡に沿って流れる毛鉤。我ながら理想的なドリフトだ。
よしっ、と思った刹那、水面が割れた!
バシャッ、しかし、喰い損ねるサカナ…。
とそのまま、二度目の水しぶき!
バシャッ…バシャッ、綺麗に追い食いしてくれたサカナを確認して右腕を跳ねると、ロッドが小気味良く絞られた。
よーしっ。
そのまま慎重に手前に寄せて、ランディングネットへ。

20070408kansaj02
イワナじゃなくて、6寸ほどのアマゴでした♪

やっぱり、流れの中のライズを取るのは最高に楽しいな。
まだまだ午後にかけて良くなりそうな気配はあったけれど、切りのいいこの一尾でロッドオフとして、僕はトンボ返りで春爛漫のホームリバーを後にした。
またしても短時間の釣行だったけれど、今日の青空のように気持ち良い釣りができて僕は幸せだった。

----------------------------------------------------
帰宅後、新居の下見を済ませた後は、今度はカミさんと娘と約束していたお花見に出掛ける。
20070408handhと言っても近所の公園を散歩しただけなのだけど。
初めて家族三人で歩く満開の桜並木。
もう既に葉桜になりつつある樹もあったけれど、やはり桜の花は僕達日本人には特別だ。
娘も、見えているのかいないのかわからないけれど、初めて見る桜の花に目を細めている。
「これが桜だよ、綺麗だね」

朝寝坊して午前中フライフィッシングを愉しみ、午後は家族で桜並木を歩いた日曜日。
僕にとってはとてもいい休日になったな。
娘を抱いてカミさんと桜の下を歩きながら、僕は、ふとあの峠で聴いた『In My Life』のメロディを口ずさむ。

ln my life l love you more.

新居ではどんな生活が待っているのだろう。
新しい暮らしが今からとても楽しみだ。

----------------------------------------------------
いつも『空色ライフ』をご覧頂き、ありがとうございます。
エントリーでも触れておりますが、今週末より引越しのため、ネット環境下から離れます。
ネット復帰するまでの暫くの間、コメント等の返信が遅れること予めお詫び申し上げます。
落ち着いたらまた復帰しますので、今後とも空色ライフを宜しくお願い致します。

|

« STARBUCKS COFFEE | トップページ | Ticket to Bamboo from Itoshiro! »

コメント

洋さん、お疲れ様です!!!

なんだか、ノスタルジックなエントリーです。来年は転勤・・・だなんて今から寂しくなってしまいましたよ。
だからこそ、今シーズンは出来る限りご一緒しましょう。とっておきの渓へご案内しますんで!!

投稿: Rolly | 2007/04/12 22:11

洋さん、こんばんはっ!!
お引越し大変でしょうね。昨年の今頃は私も結構大変でした。振り返ってみると
1年なんてアッと言う間。洋さんとお別れする日もアッと言う間に来ちゃうんで
しょうね(泣)。なんてセンチメンタルになるのはオッサンには似合いません
ので、今シーズンは回数以上に内容の濃い釣りをご一緒に楽しみましょう。
ライズをとったCDCスペント・カディス、ちょっとした工夫が生きますよね。
タイイングに限らず、創意工夫が楽しいのがフライフィッシング!これからも
子育て同様過程を楽しみつつ大いに満喫していってください。
ところで水温計、ゲットしました?(笑)。

投稿: godzilla2004 | 2007/04/12 23:55

ども!ご無沙汰しております

この1~2年、特に感じるのが、自宅からほど近いところに
こうして惚れ込める川があるというのがどれほど幸せなことなのか…ということです
実際に釣りをしながら、そうした感慨に浸ることもよくあるのですが
そういう時は決まってまず流れを振り返って、そして空を見上げるんですよね

最初の飛行機雲の画像で、そんな1日を自分が過ごしたかのような感覚になりました
ま、実際はもう1か月以上釣りをしてないんですけどね(笑)

投稿: taro | 2007/04/12 23:57

洋さん、こんにちは~!

忙しい合間をぬっての釣り。
大変だけどいい想い出になりますよ。
家庭と仕事と趣味の両立、なかなか難しいものですが
どれも手を抜かず全力投球することがそれぞれを充実
させることになると思いますので頑張って下さいね!
落ち着いたら是非川でご一緒しましょう!!

投稿: ita-gon | 2007/04/13 06:34

Rollyさん、おはようございます!
寂しいなんて言ってくれて嬉しいなぁ^^
でも東北とかNZの支店とかに異動なら
みんな喜びそうだな(笑)

転勤のお陰で皆さんに出会えたってこともありますから
僕自身は前向きに考えてます。
新しい仲間や渓との出逢いも待ってるでしょうしね。
って、また残留したりして(笑)

とっておきの渓、楽しみです^^

投稿: | 2007/04/13 08:55

godzillaさん、毎度です!
来年、転勤しても、絶対こっちに遊びに来ますし、
新しい地で未知の川を開拓しときますから
是非遊びに来てくださいね♪
でもまだ先の話。今年はこちらの渓で思いっきり
楽しみますのでまたヨロシクです^^

CDCカディスはバッチリでしたよ。
黄昏店でgodzillaさんからレクチャーを受けた甲斐が
あるってもんです。ほんと感謝ですね。
これからいよいよ盛期。創意工夫のフライフィッシングを
思いっきり楽しみましょう♪

で、水温計、まだ買ってないや(笑)

投稿: | 2007/04/13 09:04

taroさん、おはようございます!

トップの写真は一尾目をキャッチしてリリースした後
「気持ちいいなぁー」って空を見上げたら、
空にすぅーと伸びる飛行機雲を見つけたんですよ。
ああいう瞬間に、僕はフライフィッシングやってて良かったなぁ、って
思いますね。

それにしてもtaroさん、一ヶ月も釣に行ってないなんて…
シーズン当初のロケットスタートの反動がきてますか(笑)
はやくご一緒しましょう(^^)

投稿: | 2007/04/13 09:14

ita-gonさん、毎度です!
ここんとこ、短時間の釣りが多いんですが、そのことで
釣りは時間じゃないってことがわかってきました。
ダラダラと長く釣るより、短時間でも内容の濃い釣りを
した方がずっと愉しいですね。
「納得の1尾を釣ったら、そのイメージを大切にしてその日の釣りを
終える」なーんて粋な?考えをとある雑誌で読みましたが、
そこまでいかないにしても、メリハリをつけた釣行が
今の僕にとっては必要なんだなぁって思います。

でも、ita-gonさんとご一緒するときは、朝から晩まで
楽しみますよ!たとえアブに刺されてもね(笑)
ってことで今年こそは北陸遠征実現させたいです^^

投稿: | 2007/04/13 09:20

ボクも転勤がキッカケでブログを始めたり
ブログのお陰で仲間が増えたりして
良いキッカケとなったけど
Rollyさんの言う通りで今から転勤って宣言されちゃうと
ホント寂しいなぁ。
また忍野へも行きたいし、石徹白へも。
それに例の木曽のカレー屋さんも(笑)

投稿: terry | 2007/04/14 01:41

terryさん、こんばんは!!
レス遅れて申し訳ありません。
やっとネット繋がりました^^ヾ

まぁ、まだ転勤って決まった訳じゃないですが、
恐らく…って感じなんです。
でも転勤しても、石徹白をはじめこっちにも
遊びに来ますから、そん時は是非泊めてください(笑)
それに、転勤先が東京だったら忍野で落ちあったり、
東北だったら皆で遊びに来てもらったりして、
それはそれできっと楽しいですよ。
転勤は寂しいですが、そう考えるとちょっとワクワクも
してきます!

となると例のカレー屋だけは今年行っとかないと(笑)

投稿: | 2007/04/18 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/14607507

この記事へのトラックバック一覧です: In My Life:

» ルアーフィッシングはおくが深い! [ルアーフィッシング]
フィッシング [続きを読む]

受信: 2007/04/12 11:45

« STARBUCKS COFFEE | トップページ | Ticket to Bamboo from Itoshiro! »