« looking forward to ....!. | トップページ | ちょっくら年券を買いに… »

2007/02/25

歩き続けた春の渓

2007022401
長良川水系支流を歩く管理人(中央) 撮影はgodzillaさん

その日の僕達はとことん歩いた。
逢いたかったのは、放流魚ではなく前年稚魚放流されたサカナ達だ。
ここのところずっと暖かい日が続いていたから、そろそろ年越しのサカナ達も動き出しているはず。僕達はそう踏んだのだ。
だけど結論から言うと、僕達のそんな目論見は気まぐれな春の天候に見事肩透かしにあってしまった(笑)

まず向かったのは飛騨川水系馬瀬川の老谷橋上流域。ここは今年から成魚放流をしていない区間として設定されているのだ。だけども僕達が勇んでパスカル清見についた頃、辺りは完全な雪。昨日までのポカポカ天気が嘘みたいだよ。
外気温は氷点下だし、ところどころに氷も張っている。川には、餌釣りの人がたった独り見るからに凍えそうないでたちで竿をだしていたけれど、しばらく後には帰り仕度をしてたな(笑)強風下に吹きつける雪の中、こんなところではとてもじゃないが竿を振る気にはなれない。渓相は抜群なのに、とても残念だけど、天候には勝てない。盛期にまた来たいところだ。

その後、僕達は、一気にせせらぎ街道を下り、春らしい暖かな支流を目指すことにした。
で、改めて入ったのが吉田川支流。小1時間ほど釣り上がったものの、浮かせても沈めても全く反応なし。やれやれ。
相談の上、今度は長良川の右岸に流れ込む支流に転戦したものの、こちらの状況もさして変わらなかった。どうやら、昨日からの急な冷え込みで、どこの渓でもサカナ達の活性が極端に落ちてしまったようだ。終日北風が吹き荒れ、キャストもままならない。僕の3番のラインはあっと言う間に流されて正直ナチュラルドリフトどころじゃないよ(笑)。
ポカポカ陽気の渓で、小さくとも綺麗なサカナをドライでビシバシ掛けて釣り上がるという僕の浅はかな皮算用はこの時点で脆くも崩れ去ってしまった。
That's the way the cookie crumbles. まぁ、そんなところだ。

昼を回った時点で同行した3人のだれもが、サカナを掛けることができない。
最近成魚放流された渓へ向かう手もあったけれど、僕達の今日の狙いはあくまで稚魚放流されたサカナだ。
午後になって気温も少しずつ上がってきたから、先日godzillaさんが短時間で良い釣りをされた板取川支流の片知川に最後の望みを託して車を走らせた。
そういえば、僕もこの渓で綺麗なアマゴを釣ったことがあったな
シャックマンさんによる「おでんランチ」を堪能した後、僕達は誰もいない片知川を釣り上がった。

2007022402
片知川でフライ交換中のgodzillaさん。その選択は的中。

片知川の水温は7度ほどで、水量もまずまず。釣り上がり始めは相当期待していた。
だけど、20分ほどでその期待は落胆に変わった。
サカナの低活性は結局ここも同じで、なかなか反応がないのだ。
うーむ。と、何気なく足元を見ると、縞模様のカディス(1センチほど)が岩の上を羽ばたき、水面に流されていく。その日、どの渓でもほとんどハッチは見られなかったのに、片知川ではカディスのハッチが見られたのだ。
早速、手持ちの毛鉤の中から、ソイツに一番近い#18のエルクヘアカディスを摘み出す。正直、僕のカディスの毛鉤はこれだけだからな(笑)
強風の中、ただ黙々と流れに毛鉤を放り込み上流を目指す。それでもやっぱり全く反応がないまま釣り上がって迎えた、とあるポイント。godzillaさんとアレコレ話しながら、蛇行している流速のないカガミに何となく毛鉤を乗せる…と。
バシャッ!突然サカナが水面を割った!
「!」
瞬時に手返しを入れたけれど、遅かったのか、次の瞬間、僕の毛鉤は宙を舞っていた…。そして、当然のようにもう二度と毛鉤に出ることはなかった。
天を仰ぐ管理人。godzillaさんも苦笑い。
反転したサカナの姿が今でも残像のように僕の瞼に焼き付いている。
ドラグのせいか、毛鉤が見切られたのか。

いずれにせよ、一冬越えたクレバーなサカナは相当に手強い。低活性ならなおさらだ。
けれど、彼らは確実に渓に息づいていて、キャッチできるチャンスも十分にあった。
一緒に釣り上がったgodzillaさんは、見事CDCカディスで2度のチャンスを2度ともモノにされたのだから(やはりカディスの選択は間違いじゃなかったのだ)。
これは、毛鉤、ドリフトなどスキルがあれば、こんなタフコンディション下でも充分プロセスを楽しんでサカナの顔を見ることができるってことで、そんな釣りを地で行くgodzillaさんに僕は改めてフライフッシングの面白味を教えられたような気がするのだ。
まぁ、いつもみたく運にばかり頼らないで(笑)もっと腕をみがかないとダメってことだな。

2007022403
こちらはイブニングを狙うシャックマンさん。「ヘルシーおでん」感謝です(笑)

その後、日暮れまで、とことん歩き、とことん竿を振ったけれど、結局 、そのあわせ損ねがその日の僕の最大のチャンスとなってしまった。
最後までサカナに逢う事はできなかった…。
いつものような逆転ホームランもできすぎのドラマもなかった。考えてみれば、一般渓流でサカナに逢えなかったのは、一昨年の6月以来のことだ。
2007022404歩き疲れて棒のようになった足で、車に戻る里山の小さな路地。くたくたなった身体とは別に、それでも妙な満足感に浸っている僕がいた。
久しぶりに釣り上がりの感触を確かめながら、タフコンディンションの中、もてるスキルを総動員して渓に没頭した一日。
サカナには出逢えなかったけれど、今日一日ずいぶん釣りを楽しんだな。暗い夜道で自然と笑みがこぼれた。そして笑みがこぼれたこと自体が僕にはすごく嬉しかった。数年前、ずっとサカナに出逢えなかった頃と何も変わっていない。

釣れたら釣れたでまた来たくなるし、釣れなかったら釣れなかったで今度こそはとまた渓にいきたくなる僕のフライフィッシング。
その愉しみは永遠に続いていくと言うことだ。
春の嵐が吹き荒れる渓を歩き続けた一日の最後。
僕は何だか凄く大切なものを見つけた気がした。

*CDCカディスのレシピを、godzillaさんにお願いして教えて頂きました。早速巻いてみます。godzillaさん有難うございました♪

|

« looking forward to ....!. | トップページ | ちょっくら年券を買いに… »

コメント

洋さん、こんばんは~!
忙しい合間をぬっての釣行、お疲れ様でした~!
暖冬といってもまだまだ2月ですから
オサカナが冬モードになったとしても
しょうがないですよね。
昨年の6月以来のボーズとは・・、これでまた
釣りに行く理由が見つかりましたね。
次はいよいよ僕の番。頑張りますよ~!!

投稿: ita-gon | 2007/02/26 20:10

洋さん、こんばんわ!!
>釣れたら釣れたでまた来たくなるし
 同感ッ!
>釣れなかったら釣れなかったで
>今度こそはとまた渓にいきたくなる
 共感ッ!!
フライフィッシングって何だかんだ言っても
楽しいから、また出掛けたくなるんですよね。
それにしてもシャックマンさんによる「おでんランチ」が
とても気になります(笑)

投稿: terry | 2007/02/26 20:39

洋さん、こんばんはっ!!
土曜日はお疲れさまでした&いろいろお世話になり
有難うございました。
本当に歩きましたねぇ~。距離だけは盛期の釣上りと
同じでした。馬瀬川でロッド振れなかった…というか、
振る気になれなかったのは残念でしたが、成魚放流の
ない(もしくは情報がない)溪ばかりで一日過ごせた
ことは良かったと思います。自然相手ですから最善策は
模索するものの、ダメならダメで仕方ありませんから。
シャックマンさんの薄味おでんも最高でしたね(笑)。
(小型の)CDCカディスは、カディスだけではなく、
ストーンフライ、メイフライなど、いろんなパターンに
変更可能ですから、是非巻いていただいて盛期の溪で
使ってみてください。きっとイイことありますよ(笑)。
今度は、寒狭上流でしょうか?またご都合が許せば
お付き合いください。
TB有難うございました。こちらもTBしましたので
ヨロシクです!

投稿: godzilla2004 | 2007/02/26 20:47

こんばんわ♪
うーむ、やはり春はまだなんですかね。
そんな中でもプロセスを満喫されている。
まだまだその境地には到達できそうもありません(汗)
私もこの週末には出撃を目論んでいますが、あまり期待しないで行ってきます(笑) といいつつ、期待大・・・

投稿: narukawa119 | 2007/02/26 22:42

こんばんは!
「年越しアマゴを求めて…」のフライフィッシング・ジャーニー…
カッコ良いじゃないですか!
2月に入ってからというもの、「解禁釣り大会の残りモノを漁る旅」にいそしんでいる自分を反省しました(笑)

あ、例のブツ…発送が遅れておりましてゴメンなさいです
近日中に必ず!いや、たぶん…う~ん…送れる…カナ?

投稿: taro | 2007/02/26 22:46

寒い中の釣行お疲れ様でした。
特にShackman氏は釣行前夜、名古屋の駅前で遅くまで飲んでましたから(私も交えて)キツかったと思いますよ(笑)。
私の趣味のひとつに、天気図を描くってのがありまして、ちょうどその日の天気図を書いてみたんですが、翌日釣行に出向くと聞きまして、天候の情報だけ差し上げました。
「気圧の谷を抜ける北よりの季節風が強くって、寒くなるから鍋がいいよ」って(笑)。シロウトゆえ雨雲の動きまでは予測できないため、雪まで降るとは私家版予報以上だったみたいですね。
釣行後、電話で報告をもらい厳しい釣りだったことがよくわかりました。
でも、こうしてBlogを拝見すると厳しいながら楽しさも感じられて、私もそろそろ重い腰をあげなきゃな・・・って感じます。

投稿: standy | 2007/02/27 09:12

洋さん、どもどもです!
シーズン2回目の釣行とは羨ましい限りです。この時期ってついつい、期待しちゃうけどまだまだ厳しいっすよねー。
自分もようやく今週、初釣行してきます。期待は”尺”ですけど『玉砕』の2文字が目に見えます(笑
パクリのフレーズですけど『期待はハズレ、予感は当たる』ですね(笑
ちなみに予感はボ・・ですっ^^

投稿: わん | 2007/02/27 12:29

洋さんども~!
24日に行かれるお話はお聞きしていましたが
急に冷え込んだので、どうだったんだろうな~と
気になってました。
厳しい状況だったようですが、それでも十ニ分に楽しんで
来られたようですね。
小型のカディスですか??
厳しい状況でも水生昆虫を見つけると俄然やる気が
でてきますよね!!
いよいよ3月・・・さらに解禁の渓が増え
本格シーズン突入ですね!!
私は次の釣行は今だ未定ですが・・・(泣)

投稿: ばびい | 2007/02/27 19:50

ita-gonさん、毎度です!
いやぁ、厳しかったですよ~。
昨年の6月じゃなくて一昨年の6月以来なんですよ。
正直、これまでツキすぎてました(笑)
何だか今シーズンは厳しくなりそうな予感です^^ヾ

ita-gonさんの解禁、いよいよですね。
レポ楽しみにしてます♪

投稿: | 2007/02/27 22:42

terryさん、こんばんは!
オデコ喰らってトボトボ帰る一人の夜道で
ニヤニヤ含み笑いするってのも、
考えてみたらコワイですね(笑)
でも、プロセスを楽しむことで、結果がでなくとも
満足できてしまうのがこの釣りのいいとこですよね♪

ふふ、おでんランチはですね~。
また今度お会いしたときにでも、ゆっくりお話しますね(笑)

投稿: | 2007/02/27 22:47

godzillaさん、こんばんは♪
土曜はホントお世話になりました。
すごく内容の濃い一日でしたね。
正直、あの状況下でgodzillaさんがサカナを
キャッチしたことは、僕にとってすごく
大きな意味を持ちました。
タフコンディション下でも、プロセスを楽しみ、
きっちり答えを出して、その小振りで綺麗なサカナを
写真も撮らずにリリースするgodzillaさん。
すごいですよ、やっぱり♪

CDCカディスも、近々巻いてみますね。
寒狭上流でも同じようなカディスがいるんですよ。
是非ご一緒しましょう。

シャックマンさんのおでん、生まれてこの方、
あんなに「からし」に感謝した瞬間はありませんでした(笑)

投稿: | 2007/02/27 22:57

narukawaさん、どうもです!
いやぁ、数日前まで春の陽気だったのに
なんで久々の釣行の日に限ってこんなに寒くなるのっ、
て感じでした(笑)
それでも楽しめたのは、同行の方々がいてくれたからだと
思います。
narukawaさんも今週末いい釣りができるといいですね。
エントリー楽しみにしてますよ♪

投稿: | 2007/02/27 23:29

taroさん、毎度です♪
いやいや解禁のお祭りを否定するつもりは全然ないので
そこんとこヨロシクです(笑)
でも、フライフィッシング・ジャーニーって
さすがtaroさん、上手いこといいますね^^
釣り上がりの感覚も取り戻せたので
いよいよ僕も寒狭上流に行きますよ~。
って今週末はお宮参りなんです^^ヾ

例のブツの件ありがとうございます。
いつでもOKですので、気になさらないでくださいね。

投稿: | 2007/02/27 23:45

standyさん、こんばんは!
なるほど~、シャックマンさんは前夜
遅くまで飲んでたんですね~。
それで、おでんがああなったのかなぁ、ね、godzillaさん(笑)

それはそうと天気図作成とは、standyさん渋い趣味ですね。
僕も中学のときの立山キャンプで、NHKラジオ
聞きながら天気図作成したの思い出しましたよ。
standyさん、私家版予報で解禁釣行の
タイミングもバッチリですね♪

投稿: | 2007/02/27 23:55

わんさん、こんばんは!
そうですね。こんな状況でも解禁から2回も
釣りに行かせてくれたカミさんと娘には感謝ですね。
せっかく釣りにきたからには、その分、
僕も心底楽しもうと思いましたよ^^

なるほど『期待はハズレ、予感は当たる』ですか。
ならば、わんさんの今週末は「尺の予感」って
ことにしておきましょう(笑)
よい釣りになることを祈ってます♪

投稿: | 2007/02/28 00:22

ばびいさん、こんばんは!
おっしゃる通り、厳しかったですが凄く楽しかったです。
どんな状況でも、そこにサカナがいると信じて
周囲の状況からアレコレ手を尽くすのが
フライフィッシングらしくて僕は好きなんです。
釣り上がりを満喫しながら、そういう釣り方を模索したり
カッコ良く結果を出した名手の釣りを目の当たりにできたのが
すごく楽しかったですね。
まぁ結果を除けばですが(笑)

ばびぃさんのお気に入りの近所の渓も近々解禁ですね。
今年は特別解禁はないようですが、
ぜひともセブンで出撃してくださいね♪

投稿: | 2007/02/28 00:33

洋さんこんばんわです!週末に家族サービス兼、自分へのサービスをして来ました。めでたく解禁です^^
で、なんとなんと、洋さんの予感が勝っちゃいましたよ!シーズン幕開け1匹目が銀毛した”尺超え”アマゴでした!!ビックリですよ^^
あとは25センチほど(普通なら十分だけど・・・)のアマゴだけでしたけど、2時間釣りをさせてもらった家族には感謝感謝です。
ちなみに家族サービスの甲斐あって^^、今日も山梨まで少し行ってきました。18センチぐらいのかわいいヤマメ達がアベレージだったけど、フライへの出方がイメージどおりで楽しかったです^^
次回はイワナ住む川へ行く予定です。ではでは

投稿: わん | 2007/03/04 23:11

わんさん、こんばんは♪
えーっ、すごいっ!いきなり尺越えアマゴですかっ。
それに25センチのアマゴに、今日も18センチのヤマメ
なんて、まるで盛期の釣りですね!
しかも短時間で結果を出されてすごいなぁ。
僕もあやかりたいです^^

>次回はイワナ住む川へ行く予定です

ってことなら、もう一度…
わんさん、つぎは尺イワナの「予感」がしますよ(笑)

投稿: | 2007/03/05 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/14040754

この記事へのトラックバック一覧です: 歩き続けた春の渓:

» ■最終目的地 [一から出直し修業的毛鉤釣]
※前日までのポカポカした陽気から一転、春一番?も吹き荒れた真冬の一日に出かけた先は馬瀬川上流。午前8時前に馬瀬川上流の清見地区直前のトンネルを抜けると、雪が舞っています(^^ゞ。当初釣り始めるつもりだった目的地に着いたとき、車内温度計の外気温表示はマイナス5℃…。釣り券を購入する予定だったお店も閉まったまま、溪の様子を眺めて釣りをするかどうか決めようと川原に降りますが、肌を刺す強く冷たい風にその意欲が萎えていくのがわかります(メンバー全員のね(笑))。今年から成魚放流を行わなくなった馬瀬川上流、清見... [続きを読む]

受信: 2007/02/26 19:05

» この黒鯛ブログについて [黒鯛@黒鯛釣りの穴]
黒鯛専門のブログでありながら、黒鯛写真もなく、釣行記もほとんど無い一風変わったこのブログであるが、多くの方々に訪問していただいている。   [続きを読む]

受信: 2007/03/06 12:05

« looking forward to ....!. | トップページ | ちょっくら年券を買いに… »