« G.R.ヘアズイヤー・ニンフ! | トップページ | 仲間との釣り »

2006/11/19

愛しのフェザントテール・ニンフ達

Pt01
今や遅しと出撃の機を待つ、僕のフェザントテールニンフ達。

「なぁ、俺達サカナに逢えるのかなぁ」
「どうかな…、アイツの腕じゃ難しいかもナ」
「それは言える。だって今度の釣行、あの美濃FAらしいよ」
「そりゃあ、ヤバイよ。だってアイツ、あそこでニンフで釣ったこと無いだろ?」

「そうなんだよ。大体、アイツにはニンフの釣りってものが全く解っちゃいないんだ」
「そうそう、ルースニングにしても馬鹿みたいにインジケーターしか見てないもんな。単なる浮き釣りじゃないんだから、俺達の流れている水中の変化にもっと気を配りゃあいいのに」
「そういや今フライパッチにいる先輩から聞いた話なんだけど、前に先輩が頑張って見事サカナに咥えられたらしいんだ。で、馬鹿でもわかる引き込みストライクがあったってのに、アイツったらよそ見してやがったらしい!まるっきりかじられ損だったって…」
「そりゃ、ひどい話だな」
「かじられて吐き出された後に慌てて引っ張られた先輩もいるらしい。アイツの『うわーっ』ていう声も聞こえらしいんだけど、叫びたいのはコッチだよ、って嘆いてたぜ…」
「身につまされるな…。俺達もそうなるのかなぁ」

Marker「……いや、でも、アイツもアイツなりに本とか読んでいろいろ勉強してるらしいぜ」
「そういや、先輩の胸の辺りは孔雀で頭にも金色の球がついてたけど俺達は違うな」
「どうやらフランク・ソーヤとかいう大昔の俺達の生みの親のモデルに近づけたらしいよ」
「新しい自作のインジケーターとか下の写真みたいな新しい沈める毛鉤も巻いてるらしい」
「そっか、アイツも下手なりにいろいろ考えてるってことか…」
「よし、そういうことなら、来週出番が来れば、いっちょ、頑張って泳いでみるか」
「そうだな、スイスイ魅惑的なクロールを披露してやろう」
「あとはアイツの腕に託すのみだ」
「でも、やっぱりそこが一番の心配だな」

このうちいくつの毛鉤がサカナに出逢い、毛鉤としての天寿をまっとうできるか。
あとは『アイツ』がかんばるしか無いのだ(笑)
--------------------------------------------------------------

Nn01_1ブレンドして余ったヘアズイヤーで暇つぶしに巻いた毛鉤。
へアズイヤーにクリスタルフラッシュをシェルバックにしてゴールドのティンセルでリブ。あとは適当にパートリッジを巻いてフィニッシュ。テイルは、これもずっと使ってなかったプロンズマラード。ちょっとボリューム大目だけど、何だか釣れそうでしょ(笑)

|

« G.R.ヘアズイヤー・ニンフ! | トップページ | 仲間との釣り »

コメント

洋さん、こんばんわ!!
ユーモアたっぷり、面白いですね!!
毛鉤目線って、あり得ないトコロがまた面白いッ!!
フェザントテールって、釣り場でハマるとスゴい時があるんですよ。そうなると・・・もう、新しいニンフ用のケースにビッシリと巻く事になるかもしれませんよ(笑)ニンフフィッシングで新境地を開けることを祈ってます。いや、きっと洋さんのコトだから、来シーズンはニンフでも楽しい釣りをするんだろうな〜。きっと“うわ〜〜〜ッ!!”って大声あげたりなんかして(爆)

投稿: terry | 2006/11/19 18:18

洋さん、こんばんは!
フェザントテイルくんたちのやり取り、なかなか面白いエントリーですね。次回は美濃の水中からの実況かな?
最後の写真のピューパ、止水の管ツリでとっても効きそうですね。ウエイトは入ってるんですか?アウトリガーで一旦底へ沈め、ロッドをゆっくり立てて浮上させると・・・・。一度お試しあれ!

投稿: ねねこ | 2006/11/19 20:00

洋さん、こんばんはっ♪
毛鉤目線って面白いですねぇ(^_^)。毛鉤達の会話が妙にニンフ・フィッシングの本質に迫っているところも笑えます。まるで「ニンフフィッシング・タクティクス」熟読して間もない勉強家のフェザントテールみたいです(笑)。
今日は先程ダスクから帰った後、佐藤成史さんの「渓流のサイトフィッシング」DVDを観ましたが、ルースニングとかサイトフィッシングってのは観ているだけでも面白いものですね。今週末が楽しみで待ちきれません(^^ゞ。

投稿: godzilla2004 | 2006/11/19 20:08

洋さん、こんばんは!
思わずふきだして笑っちゃいました。かなりのハイテンションでタイイングしてたんですか?もう後は「釣るだけ」ですね。
この時期になると、雪の無い表日本がちょっと羨ましくなります。
次の休みも天気予報では雨。
今年はもう終わったかなぁ・・。

投稿: ita-gon | 2006/11/19 21:09

terryさん、毎度です♪
楽しんでいただけましたかっ?TBも感謝です!
タイイング強化月間、3連続の毛鉤エントリーになったので、
ちょっと趣向を変えてみました(笑)

今月は、気づいたらBHが無くなっちゃてたほど
ニンフ一杯巻きましたよ^^
三次元のニンフの釣りは間違いなく奥が深く、
ドライに負けずオモシロイはずなので
必ずや新境地開拓したいですね♪

投稿: | 2006/11/19 23:14

ねねこさん、こんばんは♪
美濃FAからの実況、毛鉤たちの不満が爆発しそうなので
止めときます(笑)
最後の毛鉤は、特定の川虫をイメージした訳じゃなくて
なんとなく虫っぽい感じを出そうと巻いてみました。
ウエイトはしっかり巻いてます。
ねねこさんのアドバイスしっかり頭に叩き込みましたんで
コイツを使うときはやってみますネ^^

投稿: | 2006/11/19 23:20

godzillaさん、こんばんは!
あの本、毛鉤たちのすぐ近くにありますからね。
夜な夜な僕が寝てる間に熟読してる可能性ありますね(笑)

考えてみれば、僕はもう一ヶ月以上釣りしてませんから、
ホント土曜が楽しみです。
大分寒くなってきましたが、当日釣り日和になればいいですね。
godzillaさんのサイトフィッシングやアウトリガーのテクも
是非見てみたいです!

投稿: | 2006/11/19 23:28

ita-gonさん、どうもです♪
僕の場合、タイイングもBlogもハイテンションじゃなきゃ
やってられないんです^^
どちらも冷静に見てみるとひどいデキですから、
いつも勢いにまかせて「エイッ」って感じです(笑)

そららはそろそろ雪ですか?
もし宜しければ、是非美濃でご一緒しましょう!

投稿: | 2006/11/19 23:35

思わず自分のフライベストの中から聞こえてきた会話かと…

でも「アイツもアイツなりに本とか読んでいろいろ勉強してるらしいぜ」ってところで『あー、良かった。オレのフライが言ってるんじゃなかった』って安心しました(笑)

でも…『サカナに逢えるのかなぁ』は、自分で言ってしまいそうです(苦笑)

投稿: taro | 2006/11/20 23:44

taroさん、こんばんは!!
あはは、ホントのこと言うと
「本読んで勉強している」ってよりは
ゴロゴロ寝そべりながら、素晴らしい写真と文を
堪能してるって方がホントなんです(笑)

忍野で爆発したtaroさんの腕ですから
美濃でも、きっとサカナに逢えると思いますよ^^
土曜は皆でワイワイガヤガヤ楽しみましょうネ♪

投稿: | 2006/11/21 23:20

洋さん、毎度です。
前にも書いたと思いますが、しっかり巻き溜めておりますね。
このペースで巻き続ければ来シーズン、シーズン中に巻く必要は
なさそうですね~
もし余りが出ましたらいつでもお引き受けしますので
ご連絡下さい!! 待ってま~~す!!

投稿: 山猿 | 2006/11/22 21:44

山猿さん、こんばんは!
僕のゴミフライで宜しければ、いつでも山猿さんに贈呈します^^
いつもマスたちにかなりの疑いをかけられてるかわいそうな
毛鉤たちですのでその点はご了解くださいね(笑)

山猿さんおっしゃる通り、今年はハイペースで巻き溜めてるんですが、
僕の場合一度釣りに行くとロストしたり壊れたりする毛鉤も
かなり多く、減るもめっちゃ早いんですよ~^^ヾ
今週の美濃FAで、アレコレやってるうちにほぼ使い果たしたりして(笑)

投稿: | 2006/11/23 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/12737231

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しのフェザントテール・ニンフ達:

» more simple [terry's FlyFishing Bar]
きっとフライフィシングを楽しんでる方のフライボックスには 必ずと言っていいほど入ってる?入ってない人もいるかな? 言わずと知れたニンフの定番のひとつ、フェザントテール・ニンフ。 なんて言いながら、詳しい事はボクはよく知らない。 この毛鉤の歴史的背景や水生昆虫の事などは難しくて いつも頭の中が混乱する。 早春の渓で釣ったアマゴの胃内容物を ストマックポンプで確認してみると 小さなストーンフライやユスリカのピューパが入っている。 そんな時に威力を発揮するのかな〜。 と思いなが... [続きを読む]

受信: 2006/11/19 18:13

» ナントカの一つ覚え?と言われても(^^; [A'cafe 〜It’s only C&R〜]
[続きを読む]

受信: 2006/11/23 23:53

« G.R.ヘアズイヤー・ニンフ! | トップページ | 仲間との釣り »