« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/26

仲間との釣り

2006112504
美濃FAストリームを攻略するgodzillaさん(奥)とterryさん(手前)

フライフィッシングはひとりでするものだ…。
僕はフライフィッシングを始めてからずっとそう思っていた。
もともとひとりで始めたフライフィッシング。僕には、教えてくれる師匠もいなければ、一緒に釣りに行く仲間も誰一人いなかったから、僕はいつも一人で黙々と渓に通った。

続きを読む "仲間との釣り"

| | コメント (16) | トラックバック (3)

2006/11/19

愛しのフェザントテール・ニンフ達

Pt01
今や遅しと出撃の機を待つ、僕のフェザントテールニンフ達。

「なぁ、俺達サカナに逢えるのかなぁ」
「どうかな…、アイツの腕じゃ難しいかもナ」
「それは言える。だって今度の釣行、あの美濃FAらしいよ」
「そりゃあ、ヤバイよ。だってアイツ、あそこでニンフで釣ったこと無いだろ?」

続きを読む "愛しのフェザントテール・ニンフ達"

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2006/11/11

G.R.ヘアズイヤー・ニンフ!

Goldribedharesear

先週に引き続き、またまた毛鉤の話。今度は、G.Rへアズイヤー・ニンフだ。
この毛鉤、フェザントテイルニンフと双璧をなすニンフの定番中の定番だけど、
コイツはかなり奥が深い毛鉤だ。
ボディーのダビング材のボリュームや種類はもちろん、テイル、ウィングケース、リブ、レッグ…、それぞれいろんな選択肢があって、タイヤーが十人いたら十人十色の毛鉤ができるかもしれないという位、それぞれの個性が発揮できる毛鉤だろう。
かく言う僕も、タイイングを始めた当時からいそいそと巻いてきたのだけれど、イマイチ自分のイメージどおりに巻くことができなかった。

続きを読む "G.R.ヘアズイヤー・ニンフ!"

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006/11/05

スルーウィング・ダン

Throughwingdun

僕にとってタイイングの楽しみはやっぱりオフシーズンだ。
僕の場合、シーズン中はどうしても目先の釣行ばかりが気になって、いつも弾数が不足してるパイロットフライや実績のある毛鉤ばかり巻いてしまう。
明朝に迫った釣行の為に、「毛鉤巻かなきゃ」と眠い目をこすりながらタイイングデスクに向かうのは、やっぱりちょっと心の余裕が無い(笑)
その点、オフシーズンは、釣行が目前に迫っている訳じゃないから、時間を気にせずゆっくり、タイイング自体を楽しむことができる。
サカナに効くか効かないかは別にして、新しい毛鉤にチャレンジしたり、来シーズンに思いを巡らしながら創意工夫するのがすごく楽しいのだ。

続きを読む "スルーウィング・ダン"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »