« 愛しのフェザントテール・ニンフ達 | トップページ | UltraFine in 美濃FA! »

2006/11/26

仲間との釣り

2006112504
美濃FAストリームを攻略するgodzillaさん(奥)とterryさん(手前)

フライフィッシングはひとりでするものだ…。
僕はフライフィッシングを始めてからずっとそう思っていた。
もともとひとりで始めたフライフィッシング。僕には、教えてくれる師匠もいなければ、一緒に釣りに行く仲間も誰一人いなかったから、僕はいつも一人で黙々と渓に通った。

だけど寂しいと感じたことなんて一度もなかった。むしろ、徒党を組んだり何某かの団体に入ったりしてこの釣りを楽しんでいる人が僕には信じられなかった。そもそも、僕にとっての渓は仕事や家庭という日常のしがらみから切り離された『僕ひとりの世界』であって、むしろひとりでいることこそ僕にとって必要で、当たり前のことだったからだ。
2006112505でも、ひょんなことからこのBlogをはじめて、いろんな仲間と出逢うようになって、僕にとってのフライフィッシングは少し変わった。もちろん、僕にとってのフライフィッシングの基本が『ひとり』というのは恐らく今も変わらないし、誰とでも楽しく同行できるという訳ではないのだけど、気の置けない仲間との会話や釣り上がりがこんなにも楽しいものなのか、と思えるようになったのだ。
ペースの合う仲間とポイントを譲りながら渓を歩く。仲間にサカナがきた時、自分が掛けたときよりも嬉しく祝福し、自分がバラした時の悔しさは、仲間の笑い声で何とも愉快な苦笑いに変わる。ひとりじゃない釣りが、僕の中でとても大切なものに変わっていったのだ。

名手のgodzillaさんをして今季一番の渇水悪条件と言わしめたこの日の美濃FA釣行も、釣り自体はとても渋かったけれど、仲間の笑い声がフィールドに響き渡った。条件が厳しければ厳しいほど、真剣に熱く、そして面白くなれるのもこの釣りのいいところだ。まぁ、耐えれる厳しさにも限度はあるけれど(笑)
超渇水の流れとスレスレのアマゴを前に、お互いの毛鉤を見せ合ったり、いろんなテクニックを教えたり教えられたり、アレコレ戦略を練りながら仲間と区間を行ったり来たりする。ずっと一人でフライフィッシングをしてきた僕にとって、仲間の釣りを間近で見るのはとてもいい勉強になるのだ。

2006112507_1
僕のちっちゃいCDCダンに来たアマゴ。結局ニンフは…。修行は続きます(笑)

ランチタイムはシャックマンさんの美味しい鍋料理に舌鼓を打ちつつ、吉田ロッドの吉田さんにバンブーを振らしてもらったり(左上写真 右が吉田さん バンブーを手にしているのはBILLLさん)、話題はつきず、いつもgodzillaさんが淹れてくれる珈琲で〆るまで笑い声が絶えない。まぁでも後から考えると、このランチタイムが一番サカナの活性の上がったプライムタイムだったというオチもついたのだけど(笑)

2006112510
鍋と格闘中のシャックマンさん^^ 凄く美味しかったです。感謝!

200611252011月末にしては温かく、快適なほど上昇した気温のお陰なのか、下がる一方のサカナの活性とは逆に(笑)、この時期の渓で久しぶりに釣りができることに僕のテンションは上がり続け、結局日暮れまで仲間達とロッドを振り続けた。
その後、皆で訪れたgodzillaさんオススメの鰻やでも、釣果など関係なく大いに盛り上がった僕達。
いわゆる徒党を組むのではなく、『個』のしっかりした一人一人(僕はダメダメだけど^^ヾ)がフライフィッシングを通して気兼ねなく楽しめる素晴らしさ。ましてやこの日のような渋い一日ならなおさら、仲間との釣りなればこそという思い出が、いつかセピア色になったとしても僕の心のアルバムに刻まれているに違いない。
数年前、僕にとってのフライフィッシングがこんな風に広がっていくなんて思いも寄らなかった。
ひとりの釣り、仲間との釣り…。
どちらも僕にとってはとても大切でかけがえのないものなのだ。
仲間をそれぞれの自宅へ送り届け、急にシンと静まり返った車内。
僕はハンドルを握りながら、ただぼんやりとそんなことを考えていた。

|

« 愛しのフェザントテール・ニンフ達 | トップページ | UltraFine in 美濃FA! »

コメント

素敵な仲間達との楽しい時間を過ごされたようで、うらやましい(;_;)。
こちらは、鬼のような仲間達との苦しい休日を過ごしました。
今、私は一人になりたい・・・・。

投稿: MS | 2006/11/27 11:45

洋さん、こんばんは!
管釣り修行、お疲れ様でした!
シーズン中とは違ってのんびり、ワイワイと楽しそうですね。
この時期に外で食べる鍋って美味しそうです。
凄く充実した一日だったんじゃないですか。

僕も昨年までは単独釣行が主で人と一緒に行くのは苦手でした。
でも考えかたをちょっと変えると、すごくプラスになるんですよね。
今まで分からなかったことが簡単に分かったり、さらに謎が深まったり・・・。
いい仲間と楽しい時間を一緒に過ごす、とっても素敵なことですね。

投稿: ita-gon | 2006/11/27 21:31

○洋さん、こんばんは♪
土曜日はお世話になり、有難うございました。
このエントリーで洋さんがおっしゃっていること、まさに同感!
です。フライフィッシングの楽しみ方、遊び方を心得ている
「個」が集うと、本当に楽しくなりますね。リーダー不在って
素晴らしいことです(笑)。

一人でも、仲間と一緒でも楽しめるのがフライフィッシングだと
思ってますし、フライフィッシングのそんなところが大好きです。
意固地になったり、変なカッコ付けしない自分に素直で、必要
以上に飾らず等身大の自分を表現するフライフィッシャー。
そんな素敵なメンバーで集えて最高でした。
また、どこかで遊びましょう!

追:TBしましたので、ヨロシクです。

投稿: godzilla2004 | 2006/11/27 21:45

洋さん、こんばんわ!!
土曜はお世話になりました!!
洋さんと一緒の釣りは、いつも楽しい一日になるのはどうして?(笑)
釣り自体はもちろん、みんなとの会話なんかも洋さん自体が楽しんでるから、一緒にいると楽しくなるんでしょうね。
今回は釣り場で一緒になる事が出来て楽しかったです。ここ最近は意外な場所(街の中ですけどね*笑)で会う事が多かったから、午前中は一緒にロッドを振る事ができて良かったです。やっぱり釣り人同士ですからね、釣り場に行く事ができると、自然とワクワクして楽しくなります。
ボクの場合は、フライフィッシングを始めた頃は友達がいつも一緒だったから、ふたりとか三人での釣りが一番多かったかなぁ。だから交互に釣りをするリズムがピッタリだと、イイ釣りが出来ます。逆に単独の場合は、休憩など取らずに釣り続けてしまうから、あまりいい釣果にならないコトも多いですね。
でも、単独釣行も仲間との釣行もどちらも大好きです・・・いや、フライロッドを振るのが好きなのかな(笑)

投稿: terry | 2006/11/27 22:07

こんばんは!土曜日はどうもありがとうございました!
それにしても…イイなぁ…みんなレタッチする写真があって(笑)
自分も1匹でも釣れていたら、リサイズしたり、反転させたりして、大きさを詐称したり数をゴマかせたのにぃー(爆!)

ということで、またどこかで楽しく集まりましょう!

投稿: taro | 2006/11/28 01:28

MSさん、こんばんは!
その鬼のような仲間って、手ぬぐいが
トレードマークの方ですね(笑)

残念ながら、今年は天竜には行けなさそうですが
MSさんの楽しい(苦しい?)レポ期待してますよ♪

投稿: | 2006/11/28 20:28

ita-gonさん、こんばんは!
釣りそのものがかなり厳しかったので
みんなでワイワイ鍋をつついたり、
毛鉤を見せ合ったりしたランチタイムが
一際楽しい時間になりました♪

楽しい時間を共有して、なおかつ人の釣りを見て
勉強にもなるって、ホント一石二鳥ですね。
あとは、そのテクを単独釣行のときには活かせれば最高なんですが
なかなか上手くいかないんだなぁ、これが(笑)

投稿: | 2006/11/28 20:39

godzillaさん、毎度です♪
土曜日はお世話になりました。
ホント、フライフィッシングって、
ひとりならひとりの、仲間となら仲間との、
それぞれの楽しみ方ってのがあっていいですよね。

ひとりで釣りに行ってた時代、シーズンオフは
何となく釣りに行かず、おとなしくしてましたが、
皆さんとご一緒するようになって、オフでもロッドを振ってしまう
自分がいます(笑)

また、是非ご一緒しましょう!!

投稿: | 2006/11/28 20:46

こんばんわ!ニンフの釣りも駄目でしたか~ この記事を拝見して今日、行こうと思っていましたが、急遽、中止しました。その代わり今年、最大の魚が・・・(笑)

投稿: ライズ | 2006/11/28 20:47

terryさん、こんばんは♪
○顔は幸せを呼ぶって言いますね、楽しい訳です!
…って自分で言ってどうする(笑)

でも、初めから釣りに行く友達がいらしたterryさんが
僕は凄く羨ましいですよ。
僕が、初めて人と一緒に釣りをしたのは、
フィールドで初めて知り合った名前も知らないFFで、
しばらく釣り上がった時、凄く緊張したことを覚えてます。
挙句の果てに、僕はその人のロッドを僕が踏ん付けて
折っちゃったんですね。
その時のことは右サイドバーの『ある渓でのできごと』に
のっけてますが、誰かと釣りをするってことが
ちょっとしたトラウマになってたのかもしれません(^^ヾ
今、あの人ともう一度釣り上がりができる機会があれば
どんなに素敵だろうと思います♪

追伸 プロフィールの写真、terryさんに撮って頂いた写真に替えてみました。流石にアングルが素晴らしいです。感謝^^

投稿: | 2006/11/28 20:59

taroさん、こんばんは♪
土曜は有り難うございました。
さすがtaroさん、サカナの写真が少ない分、
レタッチでごまかしたのバレちゃいましたか(笑)

でも、一番の見せ場は、taroさんと粘ったあの流れ。
せっかく僕の毛鉤をアマゴが咥えたのにスッポ抜け!
「あーっ」て二人で顔見合わせて、楽しかったですね、
もちろん悔しかったけど(笑)

僕がこれまで美濃を訪れた中で一番シビアな状況でしたが
これに懲りずまた行きましょう♪

投稿: | 2006/11/28 21:10

ライズさん、こんばんは♪
ニンフ、一度だけマーカーが横にススっと動いたんですが
何故か腕が動きませんでした。
いわゆる見逃し三振、少年野球で一番起こられるヤツですね(笑)

次こそは、ホームラン、とは言わないまでも、クリーンヒットを
狙いたいですね…、いや、ポテンヒットでもいいかな(笑)

投稿: | 2006/11/28 23:32

洋さん、こんばんは。美濃での修行、お疲れさまでした。
超渇水+凄腕のみなさんが更に加えたプレッシャー(にぎやかさもかな?)のなか、ドライで釣るなんてさすがですよ。
美濃、今週の雨で水位も回復しているようですね。ニンフ修行再戦、期待してますね!

投稿: ねねこ | 2006/11/29 22:00

ねねこさん、こんばんは!
せっかくニンフの修行に励むつもりが、
やっぱりまだまだですネ^^ヾ
でも、おっしゃる通り次に行く時が楽しみですね。
そのときは是非ご一緒しましょう♪

投稿: | 2006/11/30 21:34

洋さん、こんばんは。
土曜はありがとうございました!
僕も一人でフライを始めて今年から皆さんと出会い、フライの
楽しみがぐんっと広がりましたが、一人の時間も大事にしたい
とも思ってます。
でもこの日は一人で昼寝の時間が長すぎました(爆)。

投稿: BILL | 2006/12/01 01:45

BILLさん、こんばんは♪
FFって、仲間と渓に来ても別々に独りで
釣りをすることができるのもいいなって思います。
もちろん、あーだこーだ言いながら、
一緒に釣り上がるのも楽しいし…。

もしかすると一緒に昼寝して惰眠を貪るのも楽しいかも…
でも、起こす人がいないとマズイか(笑)

投稿: | 2006/12/01 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/12832950

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間との釣り:

» ■フライフィッシング+1(プラスワン) [一から出直し修業的毛鉤釣]
※初冬の美濃FA、野外ランチのひとコマです。左から、taroさん、BILLさん、黄昏店長、Rollyさん、左半身がかろうじて見えるのはなかぢさん、吉田ロッドさん、シャックマンさん、(それしかないのでゴルフ用ウィンドブレーカー着用の)私、terryさん(撮影は洋さん)。 ■シーズンオフとなり2ヶ月近く、実際の釣りに飢えた?フライフィッシャー総勢10名が美濃フィッシングエリアに早朝より集合。それぞれの渇きを癒すためにストリームにポンドに散らばります。ただ、この日の美濃フィッシングエリア、(特にスト... [続きを読む]

受信: 2006/11/27 21:31

» Depression [terry's FlyFishing Bar]
やはり、ボクは釣り人だ。 水辺でフライロッドを振ると気持ちがイイ。 土曜日は会議の予定だった。 しかし、その会議への出席が急遽無くなったものの 他の所用ができて、この週末は実家に帰らなくてはならなくなった。 そういえば、しばらくフライロッドを握っていない。 どこか近くの釣り場にでも行って、日頃のストレスを水に流そう。 そう思っていると、友人からのメールがタイミングよく届いた。 週末、仲間と管理釣り場へと出掛けるとのコトだった。 もちろん、二つ返事だ。 釣り場は美濃... [続きを読む]

受信: 2006/11/27 21:46

» カンツリのアマゴたち [taro's magazine "side B"]
 完全に焦っていた。そして、紅葉の渓谷が夕闇に包まれる頃になると、それは”ヤケっぱち”に変わっていた  初めて訪れた美濃フィッシングエリアは、自分が抱いていた”管理釣り場”然としたイメージを良い意味で裏切ってくれた  美しい景色の中を流れる渓は、シーズン中に通っていた愛知や長野の渓流と何ら変わらない”自然”なものだった    そして、そこに棲む魚たちもまた、”管理釣り場の魚”という境遇を否定するかのように、賢く、そして狡猾だった  駐車場から見える小さなプールで泳ぐ何匹もの大き... [続きを読む]

受信: 2006/11/28 01:11

« 愛しのフェザントテール・ニンフ達 | トップページ | UltraFine in 美濃FA! »