« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

Clean up!Itoshiro

20061029itoshiro01

秋の色に染まる渓。僕達はいくつかのグループに分かれ、それぞれの持ち場の清掃に取り掛かった。朝の凛とした空気を胸いっぱいに吸い込みながら、ロッドを火バサミに持ち替えて流れを遡行する。黄金色に染まる木々。水面を流れる紅色の銀杏葉が流れにゆっくりのまれてゆく。
シーズン中のようにサカナを掛けようとアクセクしてる訳じゃないから、いつもなら見落としてしまいそうな木々や草花、ちょっとした風景が目に留まる。
こんな渓歩きがあったんだな。
清掃の合間に、時折高い空を見上げてみたり、産卵床を探そうと流れに目をやったりして、僕は秋の渓を満喫した。
そういえば、時折見かけるイワナも、近距離で僕に気づいるはずなのに何故か逃げない。いつもなら脱兎の如く走り出すのに…、釣られないって知ってるのかな(笑)

続きを読む "Clean up!Itoshiro "

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006/10/25

Jack Johnson!

Jackjohnson

ちょっとしたドライブ中、カーステレオのスピーカーから、聞きなれぬ曲が流れてきた。
シンプルで静かなアーコスティックサウンドに、ゆったりしたボーカル。
どうやらカミさんが新しいCDを入れたらしい。
しばらくは何気なく聞き流していたんだけど、そのギターと歌声がいつの間にか僕の心に沁みてきた。
こいつは久しぶりにいい曲だ。

続きを読む "Jack Johnson! "

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006/10/19

FlyFishing Baton 2

今夜もトボトボ、残業を終えて帰宅。
ご飯食べて、さぁ寝るかなぁと、ちょっと皆さんのBlogを覗いてみると、
何やらterryさんとこで、「フライフィッシング・バトン」なるものが始まってる。
おぉ、なかなか面白そうだなぁと軽い気持ちでバトンを辿ると、
あっという間にgodzillaさんを廻って僕のトコにきてるじゃないか!
就寝前のマッタリ感がどっかに飛んじゃいました^^
みんな僕が運動会のとき、バトン落としまくったこと知らないのかな~(笑)
という訳で、僕も何とかバトンを繋いでみたいと思います。

続きを読む "FlyFishing Baton 2"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006/10/15

満喫!秋の美濃フィッシングエリア

20061014mino12
美濃FAストリームエリアを攻める管理人 撮影はgodzillaさん 感謝!

秋の美濃フィッシングエリア・ストリームエリアでの釣りは僕にとって少々荷が重い…。
3年前はボウズ、昨年は大雨の中、イブニングでやっとこさの1尾。
春にはあんなにボコボコ釣れるのに、この時期の美濃FAでの釣りはなかなか一筋縄ではいかないのだ。それでもこの管理釣り場に足を運んでしまうのは、やはり一般渓流をそのまま利用したロケーションが気に入っているということと、釣りが難しい分1尾をキャッチするまでのプロセスが面白いからに他ならない。

続きを読む "満喫!秋の美濃フィッシングエリア"

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2006/10/09

My Favorite Books!

20061009_1

ついに禁漁を迎えてしまった今日この頃、シーズン中に読めなかった小説なんかをまとめて読んでしまおうかなんて思うのだけど、結局のところ、釣り関係の読み物に手が伸びてしまう管理人。なかでもお気に入りは、岩手県は一関市のアウトドアライターである村田久さんの本だ。

続きを読む "My Favorite Books!"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/10/01

Miracle Itoshiro!シーズンラスト釣行

20060930itoshiro00
キャンプ場の橋にて戦略を練る3人
左から
Rollyさんgodzillaさん、なかぢさん。
-----------------------------------------------------------------
シーズン最終日。その日、石徹白にいた僕は途中まで散々だった。行きの道中では、コンビニに寄った際に財布をルーフに置いたまま走行し、県道にお札を撒き散らすという失態を演じ、峪への林道では車のアンダーカバーが落っこちた(笑)
お札は全て回収できたし、車も外観や走行に全く支障が無かったので事なきを得たのだけど、何となく特別な日になりそうな予感はあったのだ…。

続きを読む "Miracle Itoshiro!シーズンラスト釣行"

| | コメント (22) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »