« Deepest Regret | トップページ | 素晴らしき哉、フライフィッシング! »

2006/09/17

The Pleasure of Tying!

Mytyingdesk00
渓に立てないとき、机上でタイイングをすることができるフライフィッシャーは幸せだ。
タイイングデスクにゆったりと腰掛けスレッドワークを繰り返すとき、僕の心は遠く離れた渓に飛んでゆく。

20060903itoshiro04_1青い空の下、緑のトンネルをくぐり清冽な流れを遡ると、トロッとした魅惑的なな淵が見える。
時折峪を渡るひんやりとした風が頬を撫でてゆく。
気分は上々だ。フライボックスからお気に入りの一本摘み出し、ティペットに結んで、ふぅーっと息を吹きかける。
「これでよし…」

不出来ながらも祈りを込められた毛鉤は、(あくまで想像上)綺麗なループ展開の後、一投目から絶妙のラインにポトリと落ちるのだ。毛鉤が暫く流れをなぞると、これもまた思い通りに、銀鱗が反転、激しく水飛沫を上げて水面を割る。
ロッドを跳ね上げると、ラインがビシッと張り、僕の掌に伝わる命の躍動。
暫くのやり取りのあと素早くランディングしたサカナは、勿論いい型だ。それにとても綺麗。木漏れ陽の光を受け、水面でキラキラとその美しい肢体を晒し、僕を魅了して止まない。僕はその姿を数枚シャッターに収めた後、流れに優しくリリースした…。

まぁ、こんな妄想がタイイングデスクで果てしなく続く訳だ。
その毛鉤のデキがどうであれね。
いろいろと慌しかった1週間だったけれど、僕は久しぶりに毛鉤を巻いた。
こうして毛鉤を一本一本丁寧に巻いていると、気持ちが落ち着くのは何故なんだろう。

Adamsp03まずは、お気に入りのアダムスパラシュートだ。この毛鉤はブラウンとグリズリーのハックルを使うので手間はかかるけれど、二色のグラデュエーションが、限りなく虫っぽさを演出している。僕のアダムスはハックルをかなり厚めに巻く。グリズリーとブラウンをそれぞれ5回転くらいさせてるから、きっと巻き過ぎなんだろうな…。
でもパイロットフライは浮力が一番と思うからついつい巻き過ぎてしまうのだ。
同じフライでも個性が出るからタイイングは面白い。

Cdcdun00 続いて釣り上がり仕様のCDCダンを巻く。思えば、この毛鉤は今シーズンの僕のエースフライになった。
僕はこれまでCDCを使う場面と言えばライズ狙いの場合がほとんどだったのだけど、この毛鉤は僕にとってCDCをずっと身近にしてくれた。
godzillaさん考案のセミトラVフィルムとサウスランドCDCとのコンビネーションは抜群だ。
セミトラVフィルムは水を含まずとても軽く、透明感のある細身のシルエットがメイフライらしさをよく醸し出している。
CDCもストーク毎使っているから水切りもよく浮力抜群で、サカナの出もすこぶるいい。
フロータント処理を行えば、数尾掛けても使いつづけることのできる耐久性もあって、新たなパイロットフライとして十二分に活躍してくれた毛鉤だ。コイツは、これからも手放せない毛鉤になりそうだ。

Vb01次に最近巻き始めた毛鉤、バーティカルビートルに取り掛かる。 擦れたイワナに対する切り札的なこの毛鉤は18 番以下の小さなフックに巻いているのだけど、タイイングの工程がたやすく僕でも何とか巻ける。Rollyさんに教えてもらった毛鉤なんだけど、試しに巻いたこの毛鉤が渋い石徹白で効果を挙げてくれたことが嬉しかったな。
こうやって自分のフライボックスにいろんな毛鉤が新しくお目見えし、着実に引き出しが増えていくのが何とも言えずとても楽しい。数年前は、エルクヘアカディスとパラシュートしかなかったからね。
その他にも、ライツロイヤル、エルクヘアカディス、パラシュート等、窓の外から聴こえてくる虫の音をバックミュージックに、お決まりの毛鉤をタイイングして過ごした初秋の夜。
暫くの間、釣り関係から全く離れたのだけど、かえってその分、自分自身がどれだけフライフィッシングが好きなのかが良くわかった。
ラストスパートはできなかったけれど、あと一度、月末辺りに独り静かに渓に立とうと思う。一ヶ月ぶりの、そして今シーズンラスト釣行をこの毛鉤たちで飾るのだ。

*義父の件で、メール等で温かいお言葉を頂いた皆さん、本当に
 有り難うございました。 この場を借りて厚く御礼申し上げます。


------------------------------------------------------------
-お知らせ-

禁漁後の来る10月29日(日)、石徹白川C&R区間にて清掃会が行われます。
僕は
昨年参加しましたが、日ごろの渓や地域の皆さんへの感謝ということだけではなく、同じ釣り人同志、貴重な出会いがあったり、いろいろ盛り上がって凄く楽しめました。
また上手くいけば、深まる紅葉は勿論、産卵を控えたサカナ達のペアリングを見ることができるかも知れません。
Itoshirocleanup
清掃会の詳細や参加表明は、2年前から毎年、清掃会の企画・運営されているRollyさんのBlogにてお願いします。
勿論、僕も参加する予定です。
皆で石徹白に集いましょう!参加表明は、
コチラをクリック♪

|

« Deepest Regret | トップページ | 素晴らしき哉、フライフィッシング! »

コメント

こんにちは~ このアダムスP、釣れそうですね!タイイングデスクは撮影用ですか?(笑)
私なんかホントに偶になんですが、(オイオイ)毛鉤を巻くことがあるのですが、道具やマテリアルが散乱して山積みになっていますよ。
そう言えば前回は何時、巻いたっけ?何方か毛鉤を下さい!

投稿: ライズ | 2006/09/18 08:00

ライズさん、おはようございます!
撮影用って、やっぱばれちゃいました?
机の上綺麗にするのに10分位はかかりました(笑)
でも、秩序ある雑然と言うか、自分では
使い易くまとめてあるつもりなんですが…
一見するとやはり爆発してますね。

僕のアダムスパラシュート、ライズさんの
フェザントテイルと交換しましょう♪

投稿: | 2006/09/18 08:30

洋さん、毎度です!!

バーティカルビートルは、何にも似てないところが返って効果的なのかもしれないですね。やっぱり巨匠の発想の奥深さを感じます。
ある時はアントとして、ある時は名前の通りビートルのイミテート、さらにはユスリカのクラスターとしても効きそうで、僕も手放せなくなりました。

それから、清掃会バナー貼り付けの件、有難うございます。釣り仲間の協力の輪にとてつもなく感激して、とてつもなくパワーを感じますよ。本当に有難うございます!!

投稿: Rolly | 2006/09/18 12:23

洋さん、こんばんはっ!
タイイングデスク周りのカオス状態は私の勝ちですよ~(笑)。
CDCをストークごとウィングにするCDCダンは本当に手放せなくなりましたね。ADWのインジケータを付けた洋さんの工夫で、雨天以外の釣り上がりにも使えるようにしたのはナイスです。CDCダンもバーティカルビートルもシンプルなフライだけに各箇所のバランスを整えるが難しいところがありますが、上手にまとめられてますね。
明日釣りに行ため…に巻くフライより、いつ使うのかわからないけど、タイイング自体を楽しんで巻くフライ、後者が好きなのは私だけでしょうか?

投稿: godzilla2004 | 2006/09/18 21:49

Rollyさん、こんばんは♪
バーティカルビートル、先日の石徹白で、
初めて使った途端結果が出ましたからね。
調子にのって10本ほど巻いちゃいました(笑)
今シーズン使い切るのは難しそうですが
来シーズンまた僕を助けてくれそうです。
巨匠に感謝ですね。

清掃会の件は、こちらこそ、こんな機会を
設けてくれたRollyさんに感謝です。
皆でワイワイやるのが今から楽しみですね!

投稿: | 2006/09/18 22:54

godzillaさん、こんばんは!
シーズン中は、いつも釣行前の駆け込みタイイングの
多い僕ですが、今回は目先の釣行を離れて
タイイングそのものを楽しむことが出来ました♪

明日釣れる毛鉤に拘らず、タイイング自体を楽しむgodzillaさんのスタンス、僕も見習わなくちゃ!
これからシーズンオフを迎えるにあたり、
僕もそんなスタンスで楽しんで巻きまくりますよ♪

投稿: | 2006/09/18 23:02

洋さん、こんばんは。
なかなか機能的なデスクですね。うらやましいです。私のタイイングデスクがある部屋は、昔は自分の趣味部屋だったんですが、現在は子供の勉強部屋と共有なので、タイイングのたびに、“バイスを出して・・・・”“ツールを出して・・・・”の世界です(トホホ)。
アダムスPが乗っているのはC&FのBOXですか?このBOX、表面が光の反射がいい感じで拡散されるので、フライ撮影用の背景に意外とよさげですよ。

投稿: ねねこ | 2006/09/21 20:11

洋さん、こんばんは!
フライフィッシャーはみなさん(自分も含めて)想像力が豊かな人ばかりですね。僕もタイイングして出来た毛鉤を眺めつつ、妄想に耽っています。まだ使ってもいない毛鉤に何本の尺ヤマメが喰いついたことか・・・。
もうすぐシーズンも終わっちゃうのでこれからはタイイング三昧の日々ですね。毎年オフシーズンにしっかり巻き貯めようと誓うのですが、なかなか予定通りにはいきません。今年こそはちゃんと巻くつもりです。・・・多分。

投稿: ita-gon | 2006/09/21 23:06

ねねこさん、こんばんは♪
お子さんの勉強部屋と共有だなんて
素敵じゃないですか~。
毛鉤巻いてたら「パパ、この宿題手伝って!」
とかなんとか後ろから言われたりして、
なんか微笑ましい感じで憧れちゃいますよ^^

アダムスの土台はおっしゃる通り、
C&Fのボックスです。あんな拡大写真で
わかっちゃうなんて流石ですね。
意外と毛鉤がはっきり撮影できたので、
これからも背景に使おうかな~、なんて思ってます♪

投稿: | 2006/09/21 23:41

ita-gonさん、毎度です!
想像と言うか、僕の場合妄想に近いんですけどね(笑)

シーズンオフのタイイング、僕もなかなか思うように
進まないタチでして、カンツリ用の毛鉤とか
ついつい目先の釣行用の毛鉤ばかり巻いちゃうんですよね^^ヾ
でも、今年こそは、解禁の頃にボックスが一杯になるよう
頑張りますよ~、って昨年もそう言っていた様な気が…(笑)

投稿: | 2006/09/21 23:48

洋さん、こんばんわ!!
>スレッドワークを繰り返すとき、僕の心は遠く離れた渓に飛んでゆく
あ〜、まさにその通りですよ。いつも渓のイメージや、狙いに行く鱒たちを想像して毛鉤を巻いちゃいます。そうすると何だか自分の毛鉤に飛び出すイメージまで湧いちゃいます。ボクの場合は理想と現実の差が、かなりありますけど(汗)
洋さんのお気に入りのアダムス、ボクもいつもコレばっかり。とにかく最初にティペットに結んでしまいます。もう、ほとんど条件反射です。このパターンの累計本数は、正確に数えたことはないけど数百本は越えてます。お陰で、ハックルがパゲパゲです(笑)

投稿: terry | 2006/09/21 23:56

terryさん、こんばんは♪
アダムスパラは、多分、僕も今までで一番
多く巻いた毛鉤です^^
この色合いを見てるだけで何だか釣れそうな気が
するんですよね~。

ところで、FR誌拝見しましたよ~。
ブログコンテスト銀賞なんて流石です!
こうなりゃ、明日は納会兼祝賀会ですかね。
残念ながら、僕はご一緒できず「ウルサイトリオ」は
結成できませんが(笑)、皆さんで盛り上がってくださいね♪

投稿: | 2006/09/23 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/11924102

この記事へのトラックバック一覧です: The Pleasure of Tying!:

» 「夜明けの森、夕暮れの谷」 [フライフィッシングのとびら]
先週末、初めて行った「くわなメディアライブ」内の桑名市立中央図書館でフライフィッシング関連の本を探していて見つけました。「夜明けの森、夕暮れの谷」 湯川 豊著 マガジンハウス社桑名市がPFIを活用して2003年にオープンしたくわなメディアライブは、公共施設と... [続きを読む]

受信: 2007/01/14 18:29

« Deepest Regret | トップページ | 素晴らしき哉、フライフィッシング! »