« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/24

素晴らしき哉、フライフィッシング!

2006092301
その日、降り注ぐ朝陽にきらきらと輝く流れが僕の目の前にあった。
果てしなく上流まで続いているかのように滔々と流れる水の筋を見ていると、僕の心は危うくこの峪に吸い込まれてしまいそうだ。
静かに流れる川の音は、かえって峪の静寂を際立たせ、僕はすごくいい気分だった。
高まる胸の鼓動を抑えるように、峪のヒンヤリとした空気を胸いっぱいに吸い込んで僕は毛鉤を結ぶ。数回のフォルスキャストで空中に描かれる弧の心地よい感触を確かめた後、僕は煌めく水面に毛鉤を紛れ込ませた。

続きを読む "素晴らしき哉、フライフィッシング!"

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2006/09/17

The Pleasure of Tying!

Mytyingdesk00
渓に立てないとき、机上でタイイングをすることができるフライフィッシャーは幸せだ。
タイイングデスクにゆったりと腰掛けスレッドワークを繰り返すとき、僕の心は遠く離れた渓に飛んでゆく。

続きを読む "The Pleasure of Tying!"

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006/09/11

Deepest Regret

Moon01

僕が初めてお義父さんにお会いしてから、もう8年になる。
あの時、緊張でガチガチだった僕のぎこちない結婚申し入れの口上を、
ずっと柔和な優しい表情で聞いてくれていお義父さん。
「娘をよろしく…」
ただそう言って、僕を馴染みのお寿司屋さんに連れてってくれた。
その後もお会いする度に、「これを洋さんに…、これを洋さんに」といつも僕のことを立ててくれる優しい人だった。

続きを読む "Deepest Regret"

| | トラックバック (0)

2006/09/04

夏の終わりの石徹白釣行

20060903itoshiro01
夜明け前の高速道路をただ北へひた走る…。
今シーズンも残り1ヶ月を切ってしまった。あと何回渓に立てるだろうか…。
AMラジオから聴こえてくるのはThe Beach Boys特集だ。ハンドルを握りながら88年のヒットンンバー『ココモ』が流れて思わず口ずさむ。そういや中学生の頃、この曲が主題歌になったトムクルーズの主演映画『カクテル』をむさ苦しい男子中学生5人で観に行ったなぁ。そんなホロ苦い過去の想い出がふとよみがえり、苦笑してしまった管理人。夜中の高速道路は、僕にとって大切な時間だ。
そして、あれからもう20年弱。行く夏を惜しむのは今も昔も変わらない。

続きを読む "夏の終わりの石徹白釣行"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »