« Foxfire Factory Outlet! | トップページ | 恒例、八ヶ岳釣りめぐり! »

2006/07/30

ワイワイ、ガヤガヤ 忍野釣行!

20060729oshino01
水面下のサカナが僕のニンフを咥える寸前でプイッとよそを向く。
「あのやろー、何で食わないんだ!」
仲間の毛鉤にヤマメが浮上してぽちゃっと口先を出す。
ズバリのタイミングでアワセた瞬間、フライが宙を舞う。
「うわーっ!」仲間の笑いが川岸にこだまする。
忍野の釣りには、渓流とはまた違う楽しさがあるのだ。

ライズさんの企画で行われた山梨県は忍野での釣行会。
僕にとっては初めてのスプリングクリークでの釣りだ。20060729oshino05_1
いつもの如くgodzillaさんと大盛り上がりのドライブは名古屋から3時間半。先に到着されていたライズさん、ねねこさんtaroさんに挨拶しがてら、忍野の流れを目にした僕は正直少々面食らった。バイカモの漂う澄んだ水(右写真)に悠々と泳ぐ鱒の数が半端じゃないのだ。
水中の何処を見ても鱒がいると言ってもいいくらいで結構デカイのもいるじゃないか。
川岸は綺麗に整備され、ウェーダーを履いて流れに立ちこむ必要なんてない。実際僕は1日スニーカーで釣りをしたのだけど、その気になれば半ズボンとサンダルでも釣りができそうだ。観光地のど真ん中を流れ、魚影が濃く、誰もが気軽に竿が出せる湧き水の川、それが忍野だ。

でも、だからと言って釣りが簡単かといえばそうではない。むしろ、僕にとっては相当難しかった。こちらからサカナが見えるということは、あちらからもこっちが丸見えだろうし、連日数多くの釣り人の相手をしている彼らの毛鉤学習度は相当高いようだ。
20060729oshino02午前中、いろんなニンフを彼らの鼻っ面に流したけれど、明らかに避けてる…。毛鉤をとっかえひっかえして、ようやく咥えたっと思たらスッポ抜け。次こそはと、アワセを少し遅らせると今度はあっと言う間に吐き出してやがる(笑)
しかも隣の仲間の毛鉤への動きまで丸見えだから、賞賛と冷やかしが交錯する川岸は大盛り上がりだ。
(↑僕の相手をしてくれた心優しきレインボー君。忍野では少し高さのある岸の上からと釣りとなるので、ランディングと写真を撮るのが少々厄介だ)

そんなこんなで、マーカーをつけない慣れないサイトによるニンフフィッシングを楽しみつつ、数尾のサカナを掛けたところでいよいよお楽しみのランチだ。
20060729oshino04_1 ランチはいわずと知れた『リバーズエッジ』へ。
terryさんともこの店で合流して、石徹白以来の再開に話も弾む^^
実は相当楽しみにしていたローストビーフサンドと富士宮焼きそばを6人でオーダーし、ガブリ!
うーん、やっぱり噂どおり美味しい。あっという間に平らげてしまった僕達は食後の珈琲を楽しみつつ、ライズさんが午前中バラしたというメーターオーバー(?)のレインボーの話など、忍野の釣りのあれやこれやで盛り上がりつつ、午後の釣りへ。



20060729oshinoriversedge01_1
リバーズエッジにて、渡辺訓正さんと
左から 管理人、taroさん、ねねこさん、渡辺さん、terryさん、ライズさん、godzillaさん

20060729oshino06午後は午前中より下流のポイントを歩く。その昔ジミー・カーター氏が釣りをしたとライズさんにガイド頂いたポイントの少し下流。コ ンディンションのいい40センチオーバーのレインポーを見つけた。始めに僕が狙ったのだけど、流芯の向こう側にいるヤツの鼻先になかなか毛鉤を送り込めない。バックはブッシュだし、たまたま上手く流れても今度はヤツがよそ見してたりして、結局足元の木にラインを絡め取られてしまった。
そこでバトンタッチ。今度は本日絶好調のtaroさん(右上写真)が狙う。するとどうだ。一投目から見事なキャスト!鼻先を通過するtaroさんのスペシャルニンフにソイツが頭を振って喰いついた!ほぼ同時に一気に下流に賭けるビックレインボー!その走りを何とか耐えたtaroさんが徐々にヤツを手前に寄せる。水面をのたうつその姿は、色艶といい体躯といいマスの美しさを凝縮したようなヤツだ。待ち構えたgodzillaさんが岸から手に持ったネットを伸ばし、taroさんが最後の寄せにロッドを掲げた瞬間、ヤツが最後の抵抗を見せる!グワンと水面で激しく反転したと思った瞬間、ふわっと毛鉤が宙を舞った。
「あぁーっ…」全員から声が上がる。でもホント見ごたえのあるファイトだったな。

20060729oshino07 その下流のポイントでは、terryさん(左写真)が、ずっと翻弄され続けているというヤマメに挑んでいた。
見ると、向こう岸の奥の茂みの小さいスポットでヤマメが盛んに何かを捕食している。
上下流はすぐ茂みになっていて、ドリフトできる距離は物理的に1mもない。ヤマメは盛んに動いているので、ヤツが下流ぎりぎりまで下がったときに、上流ぎりぎりに毛鉤を放り込めばベストのタイミングだ。そんなことを会話しながらterryさんが綺麗なループでスポットを狙う。数投目に小さなカディスがピンポイントで狙ったところに入った。ゆっくり浮上するヤマメ。流れる毛鉤をじっくり見ながら、最後はほぼ90度にせり上がってくる。
「おぉーっ」、声を上げるterryさんと僕。ヤマメが毛鉤を咥え、最高のタイミングでterryさんの腕が跳ね上る。ついに水面に水飛沫が上がった直後、フライラインが宙を舞った。「うわーっ!」とterryさんと僕。

20060729oshino08そう、忍野での仲間との釣りはワイワイガヤガヤ少々うるさく、 そしてめっちゃ楽しいのだ(笑)
思い思いの戦略で鱒と対峙し、暗くなるまで忍野の釣りを満喫した僕らは、そのまま近くの焼肉店へなだれ込み引き続き盛り上がる。
結局、名古屋の自宅に到着したのは午前1時をまわってましたネ(^^ヾ
サイトフィッシングが気軽に楽しめ、ゲーム性の高い忍野の鱒釣りは、アレコレ戦略を練って臨むに相応しい攻め甲斐のあるフィールドだった。
何度も通いつめるFFMの気持ちがよく分かったなぁ。企画頂いたライズさんを始めgodzillaさん、taroさん、terryさん、有り難うございました。楽しかったですね。
また、ご一緒しましょう♪
(右上写真はgodzillaさん(奥)と管理人(手前)、撮影&加工はterryさん、感謝!)

|

« Foxfire Factory Outlet! | トップページ | 恒例、八ヶ岳釣りめぐり! »

コメント

洋さん、こんばんわ!
忍野遠征、お疲れさまでした!名古屋へは予想通り深夜になりましたか。今日はちょっと“お疲れモード”だったのでは?でも普段と違い、ウェーダー無しの釣りなので、それほど体には疲れは残ってないかな。
ボクはいつも忍野へは単独で釣行するので、今回の忍野はとても楽しかったです。もうちょっとボクに腕があれば、例のヤマメに翻弄されることも無く、下流部の雰囲気のイイ忍野らしい流れも案内できたかもしれませんね。
あ、写真も早速送ってくれてありがとうございました!
是非また、忍野に限らずご一緒出来るとイイですね。
その時は、“釣りがウルサイ・コンビ”で大笑いできる楽しい釣りしましょうね!(爆)

投稿: terry | 2006/07/30 19:50

洋さん、こんばんは!
忍野へ行ったことが無いですが、洋さんの臨場感ある記事で釣り場の雰囲気が伝わってきました。スニーカーで気軽に釣りが出来る雰囲気とは対照的に、釣り自体は非常にシビアなようですね。そんななかでも皆さん、しっかり結果を残しているようでね。流石です!次回はご一緒させてくださいね!

投稿: BILL | 2006/07/30 21:32

昨日はありがとうございました&御疲れ様でした。いや~皆さんはホント釣りが上手いです(マジで)
私が初めて忍野を訪れた時はホント釣れませんでしたから~
今度、ここを訪れる時は下流部もやりましょう。

投稿: ライズ | 2006/07/30 22:52

terryさん、こんばんは!昨日はお世話になりました。
帰宅は深夜になりましたが、釣りは楽しかったし、
車中もgodzillaさんと笑いっぱなしだったので
大して疲れは残りませんでした♪

あのヤマメスポットを教えて頂いたお陰で
忍野らしいフィッシングゲームが楽しめました。
terryさんに感謝です^^
「釣りに」じゃなくて「釣りが」ウルサイ・コンビで
また「あーっ」て大笑いしましょう(笑)

投稿: | 2006/07/30 23:22

BILLさん、こんばんは!
忍野は、サカナの一挙手一投足が見えるだけに、ついつい熱くなっちゃいますし、
仲間とワイワイ楽しむには凄くいいフィールド
です。
BILLさんもきっと気に入るんじゃないかなぁ。
お得意のソフトハックルとか凄く効きそうですしね^^
次回、機会があれば是非ご一緒しましょう♪

投稿: | 2006/07/30 23:29

ライズさん、毎度です!
今回は、いろいろと大変な状況の中の
企画、ガイド有り難うございました。
ライズさんにとって気分転換になったとすれば
僕も嬉しいです。
そけにしても、1時間ごとに成長する
メーターオーバー?のレインボーは
惜しかったですね~(笑)
またご一緒しましょう。

投稿: | 2006/07/30 23:34

洋さん、こんばんは&お疲れ様でした。
忍野までの往復運転、有難うございました。お陰様で今日もバリバリ仕事できました。

“釣りがウルサイ・コンビ”の誕生の瞬間をこの目で確認でき、とても光栄です(笑)。

お互い、初忍野で全体の3分の一くらいしか見ることができませんでしたが、あの川の魅力は充分に味わうことができた気がします。ありゃハマる流れですわ。

また大笑いしながら、真剣に釣りをするいつものスタイルで楽しみましょう!

投稿: godzilla2004 | 2006/07/30 23:35

godzillaさん、お疲れ様でした!
いやぁ、普段はクールなはずなんですが(笑)
それにしても、確かにあそこにハマルFFMの
気持ちが良く理解できましたね。
近くに住んでたら、絶対年券買いますね^^

真剣で楽しい釣り、いいですね。
今週末もヨロシクお願いしますm○m

投稿: | 2006/07/31 00:16

ども!先日は最後の最後にいろいろとご迷惑をおかけいたしまして…

それはさておき、この記事だけ見ると、ワタクシめちゃくちゃカッコ良いじゃないですか!(笑)
写真も(顔が写ってないので…)イケてるし(爆!)
今度はラインも太くして、ロッドティップも無くさないようにしますので、またよろしくお願いしますね!

投稿: taro | 2006/07/31 01:10

洋さん、こんにちは。忍野のサイトフィッシング楽しんだようですね(^^)
忍野の名は雑誌をはじめいろんなところで紹介されていますが、どういうフィールドかをこのブログではじめてわかった気がします。楽しみながらの文章は読んでて気持ちいいですね。これからも楽しい釣行記期待しています。
こちらも消防の大会が終わり先週末からフライモードに入りました。どこかのフィールドでお会いするかもしれませんが、そんときはよろしくお願いしますね。

投稿: 1652 | 2006/07/31 12:38

洋さん、こんばんは。お疲れさまでした。
普段いかれている渓流とは違った魅力がある忍野、いかがでしたか?
小さいけれど小癪なライズを繰り返すヤマメや、猛ダッシュで6Xをぶっちぎっていくニジマスなど、いろんな楽しみがありますよね。
次回は、#4タックルがアンダーパワーと感じるようなビッグワンをねらいましょう!

投稿: ねねこ | 2006/07/31 22:12

洋さん、お疲れ様でした。
初忍野、いかがでしたか??独特の雰囲気はあるものの釣り自体も濃い内容で楽しめるし、何よりあのサンドイッチがあるのが最高ですよね!

機会がありましたら、また忍野でもご一緒できると良いですね。

投稿: Rolly | 2006/07/31 23:21

taroさん、お疲れ様でした♪
いやいや、実際カッコ良かったですよ
特に、岸から半身を乗り出してのランディングが
僕的には一番でしたね(笑)

またご一緒しましょう!

投稿: | 2006/07/31 23:42

1652さん、ありがとうございます!
やっぱり、雑誌で見ると実際行くとでは大違いですね。
いろんな意味で行って良かったなぁ、と思ってます^^

1652さんもいよいよフライモードですね。
残りまだ2ヶ月もありますから、思う存分楽しみましょう♪

投稿: | 2006/07/31 23:49

ねねこさん、お疲れ様でした♪
ほんといろんなサカナがいて
いろんな楽しみ方ができる懐の深い
フィールドですね。

でも、taroさんのファイトを目の当たりにした
者としては、
次も4番ロッド持って行きますね、確実に(笑)

投稿: | 2006/07/31 23:55

Rollyさん、毎度です!
ホント独特の雰囲気があるフィールドですね。
例えば、ある1尾のサカナに狙いを定めて
ソイツを掛ける戦略をじっくり考えて、
何時間もその場でいろいろ試行錯誤するなんて
いう場面は、自然渓流の釣り上がりでは
そんなにありませんもんね。
その分、自分の引き出しの少なさを痛感して
凄くいい経験になりました^^

遅くなりましたが、事前情報も感謝です♪
忍野でもご一緒したいですね~。

投稿: | 2006/08/01 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/11151658

この記事へのトラックバック一覧です: ワイワイ、ガヤガヤ 忍野釣行! :

» Mutter of YAMAME [terry's FlyFishing Bar]
アイツだ!やっぱり来やがった。 今日も赤いリールに赤いロッドを持ってやって来た。 どうもイヤな予感というものは、的中してしまうようだ。 例の赤いリールのアイツが、そろそろ来る頃だろうと思っていたが 本当にやって来た。 今日はさすがにボクも騙されないぞ。 前回アイツは、ボクを騙そうと必死になって ボクの好物の水生昆虫に似せた“毛鉤”ってやつを イロイロと目の前に流し込んで来たが ボクはアイツに釣られなかった。 いや、一度だけ騙されかかった。 よ〜く見ないと、ボクの好物... [続きを読む]

受信: 2006/07/30 19:51

» ■忍野、楽しい! [一から出直し修業的毛鉤釣]
※忍野にあるリバーズエッジさんの名物、ボリューム満点!「ローストビーフサンドウィッチ」と「富士宮やきそば」(どちらもドリンク付)、どちらも美味しゅうございました。 拙ブログには全く似合わない美味しそうな食事の写真ですが、私自身、ここをグルメ・ブログ(!)にしようとは思っていませんので、ご安心ください(笑)。 ■ライズさん企画の「忍野でフィッシュオン!」(そんな企画名だったっけ?(笑))、朝10時過ぎに忍野最上流部の「鯉の釣堀裏」でねねこさんとtaroさんの姿を発見。駐車場に車を停めてお二... [続きを読む]

受信: 2006/07/30 23:22

» 川のほとりで [taro's magazine "side B"]
 川のほとりの駐車場からその流れを見て、もう一度聞いてみた  「ここが”忍野”の釣り場なんですか?」  両側がしっかりと切り立った水路のような川の中を、かすかに濁った水がゆっくりと流れるその川こそ、自分がフライフィッシングを始めた頃から憧れていた忍野の桂川だった  名にし負う”湧水の川”、”フライフィッシングの聖地”。幻想的な景色の中を流れる川にはバイカモ…かつて釣行したことのある阿寒川や西別川に引けを取らない風景が、この都市近郊の観光地のど真ん中にあると信じていたのだ  しかし... [続きを読む]

受信: 2006/07/31 01:13

» 恒例の忍野釣行 〜7月29日桂川忍野〜 [釣り三昧・猫三昧]
ライズさんと年に一度は訪れるスプリングクリーク忍野。今年はブログでお世話になっている方々との日帰りツアーとなりました。 [続きを読む]

受信: 2006/07/31 21:45

« Foxfire Factory Outlet! | トップページ | 恒例、八ヶ岳釣りめぐり! »