« 石徹白、最高! | トップページ | 初めての渓 いつもの渓  »

2006/05/28

5度目の正直 西野川C&R

20060527nishino01

西野川C&R、全国的にも有名なこの流れを訪れるのは、土砂降りの雨に散った昨年の6月以来だ。
午前10時ごろ、godzillaさんと通称お祭り広場に到着すると、鯉のぼりが気持ち良さそうに5月の青空に泳いでいる。晴れて良かったなぁ、そう思いながら支度を整える。
今回の釣行会の発起人であるライズさんを始め、taroさんBILLさんsammyさん、MSさんは既に釣りを始められてたけれど、ライズさんの話では状況はなかなか渋いらしい。と言いつつもライズさんは既に尺アマゴをキャッチされてましたが(笑)

早速、僕達は一番魚影が確認できるという区間下流にある橋下のプールに入った。
(TOP画像のプール 釣り人は左godzillaさん 右BILLさん)
まずは、7.5Xのティペットに目立ちそうなイエローサリーニンフを結び、流れと水深があるので大きめのショットをかます。僕の毛鉤がポトッと流れに落ちると、アマゴが数尾スッと沈下する毛鉤を見に来るのが分るんだけど、それだけ…。どうやら、完全に見切られている20060527nishino06らしい。数投すると見にも来なくなってしまった。
うーん、恐らく放流直後から相当イジメられているのだろう。
ブラックニンフ、グリーンのガディスピューパ等に毛鉤を換えても状況は変わらない。一筋縄ではいかないアマゴ達だな。(左写真はライズさん、祝Blog1周年!godzillaさんから画像拝借^^)


そこで戦略を立て直す。イエローに反応が良くビーズヘッドにはスレてる気がしたので、前日に1本だけ巻いてきたイエローのカディスピューパを結ぶ。加えて、みんなに内緒でこそっとティペットも9Xのフロロに付け替えた(笑)。これで釣れなきゃ、僕の手には負えない。まさに本日のスペシャルシステムを組んで、毛鉤をプールの流れに乗せる。
ワイヤーを巻き込んだ毛鉤とショットのお陰で強い流れでも素早く沈下する僕の毛鉤。
スカムラインの切れ目辺りまで毛鉤が流れたとき、マーカーがスッと沈んだ!
「きた!」
スッとロッドを立てるとズンとした引き、その先の水中でギランと揺らめくサカナが見える!「で、デカイ!」。きっちりテンションを保とうとラインを引きながら後退する管理人。同時に、アマゴがグワンとのたうった…、「あっ」と思った次の瞬間、ラインのテンションがフワッと突然開放され、哀れ管理人、尻餅をついてましたね(笑)
軽くなったラインを確認すると、リーダーとティペットの切れ目からプッツリ。
チクショー、絶対尺はあったのに!
でも、あんなデカイの僕の腕では9Xでは上げれないな。

20060527nishino02結局、午前中はこの1尾を掛けただけでランチタイムへ。
食後には、godzillaさんとtaroさんから珈琲をご馳走になりつつ会話も弾む。写真はtaroさんのエスプレッソ珈琲。美味かったですよ!
ティペットを切られた悔しさも、仲間と話してるウチに楽しい話に変わっいくから不思議だ。仲間との釣行はやっぱりいいもんだなぁ。と思いつつも、やっぱり悔しい(笑)

午後も、引き続きさっきのプールに入り、真剣に熱く釣りを楽しむ管理人。
今度はティペットを8Xのフロロカーボンにして、リーダーとサージェンズノットを4回転させてアマゴに挑む。単純ですね~。だけど、今度はアタリが全くなくなってしまった。
すぐ下流の橋の下にいらしたsammyさんは、何とエルクヘアカディスで40センチのアマゴをキャッチ。天竜や忍野で釣りをされてるだけあって大型魚の扱いは流石。絶妙の竿さばきであっと言う間に取り込まれるテクは勉強になりました。
西野でもドライで出るんだ。昨年、ここで尺アマゴを釣ったときから、スレた西野のアマゴを釣るにはニンフしかないという先入観が僕にはあったのだ。
20060527nishino00 そこで、思い切って少し下流の流れ(左)をドライで叩き上がることにした。
プールの方は午後はアタリもないし、気分転換にもいいだろう。で、とある大岩まで下り、早速その手前にパラシュートをポトリと落とす。と、いきなり巨大な影がフライをパックリ咥えた。おっおっ!ググッとしなるロッド、突然のことにアワセが遅れたのだろう。次の瞬間、僕の毛鉤は宙を舞った…。なんでだよ~。
プールと違い、サカナがいることに確信が持てず、こんなとこいるのかぁと、何の気なしにキャストしたせいだ、やれやれ。その後、暫く叩き上がるも反応は無く、またプールへ舞い戻ってきた。

午前中、唯一このプールでヒットとたあのイエローのカディスピューパを1本しか巻いてこなかったことを後悔していると、目の前でパシャッ!
おぉ、ライズだ!
(-_☆)キラーン。これはチャンスとばかり、7.5Xのティペツトに必殺のナチュラルCDCダンを結ぶ。勿論、リーダーとティペットの結合は4回転させた。
ライズのあった向こう岸の岩盤のキワを何度か流す。なかなかドラグフリーで流れなかったけれど、何度目かで上手くフライ先行で流れた…。
すると、きた、きた、きた~。バシャッと水面で反転するアマゴ。
フックアップして水面直下でグワングワンと揺らめく魚体はまたしてもデカイ!
よーし、今度こそ!と思った瞬間、ブチッ(TT)
またしても、ティペットから引きちぎられていた。
「なんなんだ~、ここのアマゴは」。
多分、掛けた後、もっとアマゴの動きを見て上手くいなすようなロッドワークが必要なんだろう。その後、同じ場所で同じ様にようにティペットを切られたgodzillaさんとBILLさんと同志のような気分になりつつ(笑)、一度叩いた下流の流れを再度探ることにした。

数時間前、大物をバラした大岩の手前をまた流すと、小さいサカナがロケットみたいに垂直に空中に飛び出た。「なんだ!?」でもフックしない。2度目もロケット、フックせず。お前はハヤかぁ~、などと思いつつ3度目、ついにフッキング、寄せてみるとアブラビレがあるじゃないか。

20060527nishino03

うーむ、これって、ひょっとしてブラウン?何でこんなところにいるのかちょっと複雑な思いですが、思いも寄らないカタチでようやくの1尾(笑)。
よーし、このかわいい1尾で悪い流れを断ち切るぞ。勢いに乗って、続いて大岩の上流のよどみを攻める。すると目論み通り、今度はガバッとデカイのがきた~。やっぱりなぁ。やっといい展開だ。フッキングもきっちりしたし、ティペットも7X。ようやく西野らしいアマゴに逢える♪と思った瞬間、今度は手前の岩の隙間の倒木の下に逃げ込まれた!倒木に絡まるティペット。その先で、アマゴがバシャバシャやってる。意外な展開に焦りつつ、「落ち着け、落ち着くんだ、サカナはすぐそこだ」と自分に言い聞かせながら、とランディングネット片手にティペットをつかむ…。そして倒木の隙間から引っ張りだそうとした瞬間…、その瞬間、またしてもブチッ_| ̄|○
流れへ消えるアマゴ…。「なんでやねん!」思わず地の関西弁が出た(笑)
でも、こんときは流石に笑えませんでしたね、ホント(^^ヾ
そのまま、プールまで戻ってきたけれど、どうにも今日の釣りは悔しすぎる。
ティペット切れ3回にバラシ1つ。逃したサカナはいずれも大きかった(はずだ)。

既に残り時間も少なかったが、もう一回下流の流れを叩いてみることにした。今日午後3往復目だけど(笑)流れも強いし立ちこみも無く、場はさほど荒れないポイントだ。それにプールのアマゴほどはスレてないように思えたからだ。一番チャンスがあるのはやはりあの大岩の周辺だろう…。7Xのティペットを新しいものに付け替え、毛鉤はナチュラルのCDCダンにドライメイクアップを施す。
少し間をおいて、まず大岩の手前、流芯のキワにできるのカガミ。反応はない。
続いて大岩の上流、さっき倒木に逃げ込まれたポイントだ。
もう無理かな~、と思いつつ上流の流れに毛鉤を乗せる。するとさっきより少し上流でガバッと水面が割れた。それも綺麗に反転するいい出方だ!きっちりアワせると今度も上手く掛かった!間違いなくアマゴだ。今日5度目のフッキング。いい加減コイツは絶対にモノにしなくてはならない。慎重にさっきの倒木を避けるランディングルートに導く…。
ライトスタッフがグングン曲がり、良型のアマゴを連れてくる。
で、ついについにのランディング。ふぅ~(^^)

20060527nishino04

サイズは9寸ってとこで尺には届かなかったけれど、やっと西野らしいアマゴに逢う事ができてホッと一息。まだ放流の面影が残る魚体だったけれど、今日ここまでかなり苦しんだ分凄く嬉しかったなぁ。はやくヒレや艶を回復しろよ~とリリース。
元気に大岩へ戻っていきましたよ。
そのあと、godzillaさんのアドバイスで同じ流れに入ったBILLさんも、ほぼ同じポイントで良型のイワナをキャッチされ、SageのTXLの入魂を果たされたとのこと。おめでとうございます。午後だけで僕が3回の叩いた後ですからね。いつもながらのgodzillaさんのサポート、それにきっちり答えたBILLさんも凄いです!

その後日没を待たず納竿した僕達は、所用で午前中で帰られたtaroさん以外のメンバーで中津川のレストランへ。充実した一日を締めくくる楽しい食事会となりました。
企画頂いたライズさんには、ホントに感謝です。
20060527nishino10
左からgodzillaさん、管理人、sammyさん、BILLさん、MSさん
撮影はライズさん(感謝)

20060527nishino05個人的には、大型のサカナを掛けた時のロッドワークについて学ぶことができた意義深い釣行にもなりましたです。ご一緒頂いた皆さん、有り難うございました。

そうそう、それと木曽川漁協の年券を買いましたよ♪
木曽はフィールドも広く、魅力的な渓が沢山あるので
西野に限らずこれからいろんな渓に行くつもりです。
ヤマトイワナにタナビラ、待ってろよ~。
今から逢いに行くのがとっても楽しみだ!

|

« 石徹白、最高! | トップページ | 初めての渓 いつもの渓  »

コメント

洋さん♪こんばんわ!!
画像のレタッチが流行の兆し(笑)
最後のアマゴもイイ面構えしてる!!
木曽の年券も手に入れたようですね。
ボクも年券もってますから、
機会を作ってまたご一緒しましょう!

投稿: terry | 2006/05/28 22:10

昨日はお疲れ様でした。
結局、下流でかなり悔しい思いをしつつも、満足の行く結果を出されてますね^^;
私の1匹は最初で最後のチャンスでした。
もっとアタリが欲しかったな~^^;
寒狭川上流とかで、またご一緒して下さい。

投稿: sammy | 2006/05/28 22:48

洋さん、どもです。
今シーズン絶不調のHiです。(笑)
みなさん、OFF会お疲れさまでした。
西野、すごいですね。ワシもこんなアマゴが釣りたいよ〜。
そうそう、峠川行きました。
みなさんがいじめたので激シブでしたわ。

投稿: Hi | 2006/05/28 23:29

洋さん、済みません。
TBしたのですが、エラー連発で何度もやり直していたら8個もTBしてしまいました。
ヤフーブログのアクセスが軽くなったら余分なTBを削除出来ると思いますので、しばらくお待ち下さいm(__)m

投稿: sammy | 2006/05/28 23:33

terryさん、こんばんは!
レタッチ楽しいですね。
でもチョットいじくりすぎかも(笑)

木曽方面は、里川から山岳渓流まで
行きたい川が沢山あるので楽しみです。
新規開拓もやりたいですね。
是非一緒に行きましょう!
例のカレー屋も^^

投稿: | 2006/05/28 23:39

sammyさん、昨日はお疲れ様でした!
40センチのアマゴは凄かったですね。
天竜や忍野でいつも大物を相手にされている
sammyさんのロッドワークは参考になりましたよ♪
またご一緒しましょう。

TBこちらの方で削除しておきましたのでご心配なく^^

投稿: | 2006/05/28 23:42

Hiさん、こんばんは~。
プールにいるアマゴの半分くらいは
尺モノじやないかと思います^^
勿論放流魚ですが、これから魚体を
回復してくれると嬉しいですね。

石徹白渋かったんですね。
これからは彼らもますます賢くなってきて、
一筋縄ではいかなくなりますね~。
でも、そこを釣るのが石徹白の面白さだったりします♪


投稿: | 2006/05/28 23:54

TBでご迷惑お掛けしました&削除ありがとうございました。

投稿: sammy | 2006/05/29 00:14

洋さん、おはようございます。
土曜はお疲れ様でした。洋さんの劇的シンドローム?の
おすそ分けのおかげでなんとか1尾をキャッチする事が
できました。ホントに感謝です!
お写真のレタッチ、かっこいいですね。ぼくもソフトが
欲しく…ってイカンイカン(笑)。

投稿: BILL | 2006/05/29 05:21

先日はありがとうございました。
気がつけば西野のアマゴはライズさんの釣った
「こんな小さいの写真撮らないよー」
と言った9寸程のしか目撃してないことに
なっちゃいました。
あーーーー 情けない(ToT)

投稿: MS | 2006/05/29 12:55

こんにちは!。御疲れ様&有難う御座いました。9xでも傷さえ無ければ十分にキャッチは出来るのですが、今回は残念でしたね~また行きましょう。次回はあの渓へ!

投稿: ライズ | 2006/05/29 18:32

ども!お疲れ様&ありがとうございました

下流の瀬でドライで釣り上がる…
午前中にそのあたりをのぞいたとき、「ドライで釣れたら気持ちイイだろうなぁ…」とは思いましたが、自分にはその勇気がありませんで…

でも今回は他の方もドライで結果を出していたようなので
次は先入観を持たず、チャレンジしてみようと思います

ところで、その”次”とやらはいつになるんだろう…

投稿: taro | 2006/05/29 20:38

お疲れ様です、奮闘っぷりが臨場感バリバリで
伝わってきますねぇ!!

ボクも何度もオッキイの掛けて潜られてジエンド
したことありますよ~。
後でDMします!!

投稿: Rolly | 2006/05/29 22:37

BILLさん、こんばんは!
TXLの入魂おめでとうございます。
最後に出る1尾ってのは
やっぱり嬉しいモンですよね^^
最後まで諦めないBILLさんの想いが
きっと通じたんですよ♪

レタッチ楽しいですよ~。
奥さんに内緒で買っちゃいましょう(笑)


投稿: | 2006/05/29 23:14

MSさん、お疲れ様でした!
ライズさんは特別ですから、
気になさらなくてもいいかと(笑)

また遊びに行きましょう!

投稿: | 2006/05/29 23:17

ライズさん、こんばんは!
この度は企画いただいて感謝です^^

9Xでも上げれますか~。
でも7.5Xでも切られた僕の腕では、
やっぱり、ちょっと無理かなぁ(笑)
最後に掛かったのが、9寸で良かった~
なんて負け惜しみですね^^;

例の渓是非行きましょう!


投稿: | 2006/05/29 23:23

taroさん、お疲れ様でした!
僕なんか見切られやすいプールより
流れの方が誤魔化せるかと思ったので
後半は「執拗に」流れを攻めましたね。

次はですね~。もちろん、昨年と同じ条件で
6月の土砂降りの日にドライで尺3本でしょう(笑)

投稿: | 2006/05/29 23:29

Rollyさん、毎度です!
切られたり、バラシたり、逃げ込まれたり(笑)
、ホント盛りだくさんの釣行でした~。
普段、あんな大物をバシバシ掛けることは
ほとんどないので、手ごたえとかいろいろ
楽しかったです。
Rollyさんなら、きっと上手に
取り込んじゃうんだろうなぁ^^

投稿: | 2006/05/29 23:39

洋さん、こんばんは。
相変わらず往復の車中の会話も、釣りも楽しかったですね。
運転を含め、お世話になり有難うございました。
プールの散発ライズに見切りをつけて釣り上がりに変更!
そして好結果を出す。何だか、3月始めの蒲田川の
洋さんのパターンですね。私も昨日は峠川でそのパターンを
使いましたヨ。でも、峠川の難しい(ライズの)釣りには、
また挑戦するつもりです。イロイロ後都合もお有りかと
思いますが、是非、ご一緒してくださいね!

投稿: godzilla2004 | 2006/05/30 20:01

洋さん、こんばんは。
苦戦の末の1匹。さすがですね。私もその雄姿みたかったです。
ところで、ノットの回数ですが、
ナイロンティペットの場合、4回もやるとかえって強度が落ちるような気がします。
ただ極細フロロの場合、銘柄にもよりますが、
私愛用のシーガーGM鮎では表面の滑りがよすぎるので4~5回の方がよい感じです(鮎釣りの経験からもそう感じます)。
締め込みの時にラインを濡らすことを忘れないでください。
そういいながら、私は「びっくりあわせ」でブレイクのパターンが多いのですが。

投稿: ねねこ | 2006/05/30 23:00

godzillaさん、こんばんは♪
やっぱり、フライにしてもティペットにしても
ドリフトにしても、ごまかしの効く流れの方が
プールより結果がいいようです。
まだまだ修行が足りないってことですね^^
プールのライズには大物も多いから、
今後もどんどんトライしたいですね~。

てころで峠川のサカナ達もかなり学習が
進んでるようですね。
また腕を磨きに逢いに行かなきゃ…。
月曜のレポ楽しみにしてます♪

投稿: | 2006/05/30 23:28

ねねこさん、毎度です!
お加減いかがですか。皆で心配してました。
焦らずゆっくり直して、また一緒に行きましょう^^
ところで、ノットのアドバイス有り難うございます。
普段は2回転なのですが、3回転で切られたもんだから
4回転だぁー…て、勢いで結んでましたが
かえって強度が落ちるとは(泣)

でも切られたのは、ノットせいだけじゃなく
何も考えず寄せようとした僕のロッドワークに
主原因があるかと思います。
次回はもう少しクレバーな竿さばきを
見せますですよ^^

投稿: | 2006/05/30 23:37

洋さん、こんにちは。
恥ずかしながら 私もブログ作ってみたので
ご報告を。
とりあえず デジカメ はもってるんで、
写真を貼り付ける程度にはなるかと思いますが、
よろしくお願いします。

投稿: MS | 2006/06/08 19:13

MSさん、おはようございます!
おお、ついにブログデビューですか~。
おめでとうございます♪

楽しい釣行レポート期待してますよ^^

投稿: | 2006/06/10 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/10273551

この記事へのトラックバック一覧です: 5度目の正直 西野川C&R:

» 2006年5月27日西野川 [sammyの大好き!管理釣り場]
本日はライズさんからのお誘いで西野川の御獄の里C&Rエリアへ行って来ました。 BILLさんMSさんと同行でした。 雨が気になる空模様でしたが、8時30分過ぎに駐車場に到着した時には薄日が差すほどの天気でした。 これは自称晴れ男のMSさんのお陰?かもしれません^^; が、これでMSさんは運を使い果たしてしまったようです… スキー場が間近にある御岳の麓と言う事で少し肌寒い状況でした。 まずは小用を足して、川を覗いて、各人のんびりと支度を始めましたが、 私はウェーダーのフェルトの張り..... [続きを読む]

受信: 2006/05/28 23:03

» 尺アマゴの川 [taro's magazine "side B"]
   ロッドを通じて伝わるその魚のファイトが、3週間前のそれよりも”控えめ”であることは、使っているロッドの違いを差し引いても明らかだった   真新しいランディングネットに横たわるアマゴはパーマークもヒレもとても美しかったし、いつも寒狭川や根羽川で自分が目にするアマゴと比べれば”格別”の大きさであるにもかかわらず、リリースした後に残ったのは、いくばくかの安堵感、そしてかすかな落胆だった  西野川は、渓流釣りにおける魚のサイズに対する概念を狂わせてしまう    昨年初めて訪れたとき最初に... [続きを読む]

受信: 2006/05/29 20:22

» 海釣りへ行きましょう [海釣り@爆釣SPOT@情報とくばん]
5月の連休も終わり落ち着いて釣りが楽しめる時期がやってきました。さあ釣りへ行きましょう [続きを読む]

受信: 2006/05/30 12:51

» ■西野川で、ミステイク! [一から出直し修業的毛鉤釣]
※空に泳ぐ鯉のぼりの下で釣りを楽しんだ西野川。痛感したのは、その釣り場にマッチしたタックル(道具)の必要性でした。 ■天気予報では雨だった土曜日、洋さんの車で長野県・木曽町(旧三岳村)の西野川C&R区間に到着したのは午前10時。ジャニス三岳支店横(太陽の丘公園駐車場)には、本日の釣行の呼掛け人ライズさん、taroさん、sammyさんの車が停めてありました。西野川を覗き込み、ライズさんの携帯に電話し、どこで釣っているのかをお聞きし下流を見ると、すでに釣りをされている(本来の集合時間は7時でしたか... [続きを読む]

受信: 2006/05/30 20:02

» 意外な1尾 [Step into the river]
西野川C&R 少年時代に御嶽山の頂上から見たご来光、雲海から昇る太陽の美しさ、力強さは今でも心に焼きついている。御嶽山が拝めれば今日は釣れる気がする。道中そんな勝手な思いを抱きながら駐車場に着くと、山は雲に隠れていた(TT)。今日は駄目かな〜。 早速、ご一緒したsammyさん、MSさんと目の前の川原に降りフライを流します。先に到着されていたライズさんとtaroさんと合流し様子を伺うと、今日は魚が見えないとの事。ライズさんが僕たち... [続きを読む]

受信: 2006/06/02 05:07

« 石徹白、最高! | トップページ | 初めての渓 いつもの渓  »