« ホームリバーにサクラサク! | トップページ | Thanks a lot! »

2006/04/22

ベストシーズン到来!

20060422kansaj01

やっぱり僕の予想したとおりだった…。
ここぞ、という流れに毛鉤を放り込む度にピシャッと水面が割れる。
反転しながら毛鉤に躍り出るアマゴとイワナ。
僕のショートロッドをクンと絞り、バシャバシャと元気に水面で踊る彼らの魚体は
小ぶりだけどとても綺麗だ。
掛け損ねバラシも多かったけれど、半日の間に僕にしては多すぎるくらいのサカナと出逢うことができた…。僕のホームリバーは今ベストシーズンを迎えようとしているのだ。

都市近郊の渓は、毎年GWに入るといつも以上に多くの釣り人が訪れ、場荒れは免れない。先週の好調さからして、いい釣りができるのは今週末かもしれないな。
そう思ってた矢先、ダメかと思っていた予定が土曜半日なら何とかなりそうになった。
「よし、少しだけでも行ってみよう。」
何故かカミさんも機嫌よく了解してくれ(弁当まで持たしてくれた^^)、いつもの道を1時間飛ばして朝8時フィールド到着。
支度を整え、とりあえず適当な場所から入渓する。相棒はカムパネラとCFOだ。
7Xのティペットにまずはパラシュートパターンを結び叩き上がる。けれども、予想に反して全く反応が無い。試しに水温を計ると4℃。どうやら昨日の冷え込みのせいのようだ。
久しぶりにニンフに換えたりして、暫く区間を釣り上がったけれど、状況は好転せず。

うーん、弱ったな~、と思い始めた10時頃、ようやく里山の峪に暖かい春の陽が降り注ぎ始めた。小鳥達がピッピッと甲高く囀り、僕の脇を抜け水面スレスレを飛んでいく。ハッチもちらほら始まったようで虫達も舞い始めた。気温もグングン上昇。
今シーズン初めてとなるジャケットを羽織らない釣り上がりはやっぱり爽やかだ。
「いよいよ、いい季節になったなぁ」なーんて呑気に思ってたら、不意に毛鉤のアタリで飛沫が上がった!「よっ」とアワセるもコイツはのらず…。
でも賑やかになってきた渓の中でサカナ達もようやく水面を意識し始めてくれたようだ。

暫く進んだ淵。いかにもサカナがいそうなポイントだ。
毛鉤をオリーブのCDCダンに付け換え、慎重に筋を狙う。
毛鉤が流れの中盤に差し掛かったとき、黒い影がスゥーっと浮上した…。
「そのまま、そのままっ」心の中で静かに念じ、ただ毛鉤を見つめ踏ん張らせる。
サカナとなった影は口だけ水面に出して静かに毛鉤を咥えた…。
ひと呼吸おいて右手をビシッと跳ね上げる!
ロッドがクンとしなり、ラインがピンと張る。
バシャバシャと飛沫が上がり、水面がキラキラと輝く。
「よしっ!」
何度経験しても昂ぶる最高の瞬間だ…。
動き回るサカナをいなしてネットに招き入れると、そいつは尾鰭のデッカイ、7寸ほどのイワナだった。

20060422kansaj02

よーし。気分を良くして釣り上がりのペースを上げる。気温は更に上がり、いつの間にか辺りは飛び交う虫達で一杯だ。メイフライ、カディス、ストーンフライ。でっかいのもヨタヨタ僕の周りを飛んでいる。
サカナもどんどん毛鉤に出てくる。流れ出しの本命筋からは必ずと言っていいほどサカナが出た。お前ら、いつもどこに隠れてんだよ~って感じだ(^^ヾ。
5寸ほどのアベレージサイズに混じって時折良型も混じる。

20060422kansaj03_1

コイツは倒木のキワの流れの中から飛び出したアマゴ。
グリズリーパラシュート(ボティーはセミトラVシート)に果敢にアタックしてくれました^^
なかなか凛々しい顔してます。

20060422kansaj05結局昼過ぎに納竿するまでに10尾以上のサカナ(チビも含めてね^^)をランディングでき、最終的には目論み通りの釣行となりました。アベレージはこの位(→)ですが、結構引くので楽しめます。
掛け損ね、バラシはもう数え切れないくらい(笑)。ツ抜けしたのは自然渓流では初めてで、こんな日もあるんだなぁと思っちゃいました。

20060422kansaj04 これから迎える5月6月、いよいよ渓流釣りには最高の季節ですね。
GWは、昨年同様、旅行のついでに安曇野の渓でちょこっと竿を出そうと思ってます。いい釣りができればいいなぁ。

←渓の畔で頬張る握り飯って何故か美味いですよね。カミさんに感謝!

|

« ホームリバーにサクラサク! | トップページ | Thanks a lot! »

コメント

洋さん、こんばんは。
今日は私も川を歩いてきました。
洋さんと違って、魚の姿を見ることができませんでした。
もともと、それほど期待を持って出かけたわけではないので、一応は納得していたんですが、洋さんの見事な尾鰭を持つイワナの写真を見た瞬間うらやましくなってしまいました・・・次回は、洋さんのような見事な魚が釣りたいですよ。

投稿: standy | 2006/04/22 23:43

洋さん、絶好調ですね!!
いいな~僕もあやかりたいです(^^)

尾鰭強調の写真も素敵です。
安曇野の渓、いいところありますよ・・。
DMしましょうかね。

投稿: Rolly | 2006/04/22 23:43

こんばんわ!。おにぎりにおかず付きか・・・(溜息)。
それによく見ると厚焼きたまごが入っているですね。これは時間を掛けなければ出来ないおかずな訳なんですよ。

う~ん、なになに今度は安曇野だって・・・
それは両方共美味しすぎます。

投稿: ライズ | 2006/04/23 00:38

standyさん、おはようございます!
昨日は運良く沢山釣れましたが、その倍以上
掛け損ねました(笑)
きっとドラグが原因だと思うので個人的には
課題も残しました^^;

standyさんが釣行された岐阜?の渓は
愛知の渓に比べてベストシーズンは
まだ先なんでしょうね。
GW過ぎたら、僕も岐阜や木曽の渓に足を延ばす予定です^^

投稿: | 2006/04/23 10:43

Rollyさん、毎度です!
前にRollyさんにアドバイスして貰ったとおり
最近は毛鉤をキャストするとき、
ただ放り込むのではなく、フライ先行で流れるよう
できる限りループのカタチに気をつけるようにしてます。
その辺が結果に繋がっていてRollyさんには感謝です♪
思い通りに毛鉤が流れ、サカナが綺麗に出て
しっかりフックしてると嬉しいですもんね。
でも、まだまだ掛け損ねも多く、
特に左岸からのオフョルダーキャストは
上手くいかないので今後の課題かなぁと。

ところで、安曇野の渓、気になるなぁ…。
DMよろしくです^^ヾ

投稿: | 2006/04/23 11:03

ライズさん、どうもです♪
厚焼き玉子、やっぱり見逃しませんでしたか(笑)
僕の好物なんですよね~。

握り飯頬張りながら、渓の流れをぼーっと見てる
と癒されます。
あとはパーコレーターで渓の水を沸かして
飲む珈琲。これも最高ですね。
今年はパックベストに詰め込んでいきますよ~
木曽の例の渓あたり良さそうですね^^

投稿: | 2006/04/23 11:25

洋さん、こんばんは。
ホームリバーで絶好調とは、こりゃまた最高ですね。
それにしても洋さん、今シーズンの釣果から察するに腕が上がったんじゃないですか?

投稿: narukawa119 | 2006/04/23 18:22

洋さん、こんばんは。
イ~釣りしてますね。さすがです。ホームリバーの季節の
移り変わりを楽しみながら…という洋さんの楽しみ方は
ナイスですね。あんまりあっちこっち行かない方が良い
結果が出ることもある良い見本だと思います。(だからホームリバーなんですけどね(笑)。)
私は最近板取川支流ばっかりです。勿論、5月になったら
他の渓にも足を伸ばしますので、またご一緒してください。

投稿: godzilla2004 | 2006/04/23 20:20

洋さん、こんばんは~

カムパネラの活躍。それ以上に洋さん御自身も・・・
あやかりたいdeあります^^
ワタクシの釣行はかなり無理がありましたです。
(新緑を見て季節の移り変わりを感じただけでもと言い聞かせています)

投稿: attuu | 2006/04/23 21:02

narukawaさん、こんばんは!
腕はですねー、上がってないですね(笑)
この日も掛け損ね連発でしたから…ハハ。

でも、いろんなフライパターンを試したり、
ドリフトを試行錯誤したり、水生昆虫を観察したり…。
以前に比べて楽しみ方が増えてきたなぁ、
って気がします。それが嬉しかったりしますね^^

投稿: | 2006/04/23 21:51

godzillaさん、有り難うございます!
前回godzillaさんとご一緒した時より
渓の新緑も増えて季節の移ろいを肌で感じることができました。
先週満開だったサクラは一週間で葉桜になって、そのかわりにヤマツツジが見ごろを迎えてましたよ^^
板取の支流もすごく興味あります。
GWからは、岐阜や木曽の渓にも足を伸ばすので
いろいろご一緒しましょう!

投稿: | 2006/04/23 21:59

attuuさん、こんばんは~。
ドリフトやキャスト、ニンフの釣りを考えれば、明らかにショートロッドは不利なんですが、
ドライでポンポンと小渓流を釣りあがる心地よさに
ハマっちゃいました(^^)
3回の釣行で今の所、必ずサカナを連れてきてくれますしね…
って、いつまで続くかな(笑)

投稿: | 2006/04/23 22:10

洋さん、こんばんわ!!
ヒャ〜、絶好釣っすね!!
読み通りの釣りは最高に楽しいですね。
奥様のオニギリ弁当もイイっすね〜。
美味しそう♪

投稿: terry | 2006/04/23 22:28

いやー…なんというか、山の反対側はキビしかったですよ。自分とBILLさん、2名玉砕です…

ポイント移動のとき、そちら方面にするか、それとも根羽へ向かうか悩んだのですが…

ま、済んだコトを考えても仕方ない
次、がんばろう!ね、BILLさん  m(_ _)m

投稿: taro@ヘタレガイド | 2006/04/24 00:40

洋さん、こんばんは。
>いい釣りができるのは今週末かもしれないな。
やっぱり洋さんもいらしてたんですね~!
僕も本流にいましたよ。寒狭でツ抜けとは
すご過ぎですね。同じ読みした僕ですが、
釣果の方は…まだまだ修行です(笑)。


投稿: BILL | 2006/04/24 00:47

洋さん、こんばんは。
カンパネラと洋さん、そしてホームリバーの相性、日増しによくなっていくみたいでですね。絶好調じゃないですか。
私はその日、もう少し西の方の川に出かけましたが、思惑がはずれっぱなしで、危うく「ボ」になりかけました。
安曇野のレポ期待してますよ。

投稿: ねねこ | 2006/04/24 22:44

terryさん、毎度です!
釣り始めて数時間は、読みが外れた~
と思いましたが、昼前から渓の雰囲気が
一変しましたね^^
いい釣りができて良かったです。

投稿: | 2006/04/25 22:11

taroさん、こんばんは~。
山の反対側にいらしたんですか。
近くの渓でも、時間帯、区間で
状況が全く違うこともあるんですね~。
今回は僕のほうがツイてましたが
次はtaroさんの番ですよ^^

投稿: | 2006/04/25 22:18

BILLさん、こんばんは♪
急遽、段取りをつけて渓に行っちゃいました。
連絡すればお二人にも会えたのになぁ。
まさか2週連続ではいらっしゃらないだろうと…
でも、結局考えることは同じでしたね(笑)

ちなみに今週末も出撃いたします(キッパリ)

投稿: | 2006/04/25 22:23

ねねこさん、どうもです!
カムパネラ、やっとキャストのタイミングに
慣れて、ライトスタッフに続くいい相棒に
なってくれました。
これから夏の小渓でも活躍してくれそうで
楽しみです。

安曇野でも楽しんできます♪

投稿: | 2006/04/25 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/9712069

この記事へのトラックバック一覧です: ベストシーズン到来!:

« ホームリバーにサクラサク! | トップページ | Thanks a lot! »