« 春匂う蒲田川 | トップページ | ニューロッド入魂! »

2006/03/11

春雨の里川 ホームリバー初釣行

20060310kansaj00 辞書によると、春雨とは『春、静かに降る細かい雨』のことを言うらしい。
とすれば、昨日はまさに春雨の一日だった。

行き先は今季初のホームリバー、某寒狭川上流、それも終日一人で渓を彷徨える久しぶりの平日釣行だ。なのに、朝起きてビックリ。予想外の雨がしとしとと降っていた。

「何だよ~、予報外れてるよ、気象庁のヤツ( ̄∩ ̄」などとブツブツ文句を言いながらも、まぁ行けば何とかなるだろと、名古屋の自宅を9時頃出発、10時過ぎには現地に到着してましたね。

早速、今年は年券を買うべしと昨年の財布事件の際にお世話になった販売店へ車を走らせる管理人。されども、どうやらお店は閉まっている様子。
「まぁ、雨も降ってるしのんびり待つかなぁ」と車のシートを倒し、曇ったガラス越しに映る霧の里山の風景をのんびり眺め、時間をつぶします。
いつもならオフィスであくせく時間に追われてる時間帯。
ここはなんて静かなんだろう…。
車のルーフに当たる雨音が心地よく響き、僕はいつしかまどろみの世界に…、で、ハッと気づくともう昼前でしたね。年券を買うとなるとこうも余裕が出てくるものなのかな(笑)
ちょうど販売店のご夫婦も帰っていらしたので(買い物だったらしい)、昨年の礼を言いつつ、年券を購入。少し下流まで移動して、ようやく支度を整えます。
ガイドにラインのループを通しつつ、林の向こうから聴こえてくるのは瀬音。
自然と気持ちが高ぶってくるのが分る。

時期的に少し早いかもしれないけれど今日は初めから釣り上がろうと決めていた。20060310kansaj01
それで、この渓で育った綺麗なサカナと逢えれば申し分なしだ…。
少しの期待と不安を胸に、いざ入渓!
細かい雨が渓全体を覆い、気温は7℃ほど。
珍しく水温を計ってみると5℃(→)しかない。
もうお昼なのにな…。「ちょっとドライじゃ厳しいかもなぁ」とか何とか言いながら、きっちりアダムスパラシュートを結びんでましたね(笑)
淵、瀬、落ち込み、ヒラキ、カタ、カガミ…、直感的にここにいそうだなぁ、ってポイントに毛鉤を投げ込みつつ、誰もいない渓を自分のペースで釣り上がる…。
扱いやすい6.5Xのリーダー、かつ上が開けているからストレスフリー。
やっぱり渓流の釣り上がりは気持ちがいいもんだ、これからの新緑の季節が待ち遠しいなぁ、などとご機嫌だったのは釣り始めて暫くの間でしたね(^^ヾ。
小一時間釣り上がっても、サカナっ気は全く無く、降り続く雨による増水と低水温にお手上げの管理人。このまま釣り上がっても僕の腕ではちょっと難しいかもな…、ってことでここは潔く一旦車へ退却。
「うーむ、弱ったぞ、どうするかなぁ」と無い知恵を絞った結果、とある支流にもぐり込むことに決めた。
…けれども、支流の水温も変わらず5℃。ただ、水量はさほどでもないので何とかなりそうかな。やる気のあるヤツを探して、ポイントを足で稼いでどんどん釣り上がる。途中浅い瀬で小さいヤツがひとつ飛び出したものの、すぐバラシ(TT)。あとは全く反応なし。ウーン、まさかあんな瀬で出るとは思わなかったなぁ。その分アワセが半端だった…(反省)。
「やれやれ、こうなりゃ仕方ない」とここでようやくニンフに切り替えることととした。
すると結果はあっけないほどすぐに出た。
20060310kansaj02 少し進んだ小さな淵で#16のBHフェザントテイルを流し込むと、スッとマーカーが消しこむ。クッとあわせると、軽いけど小気味いい引き^^「ようやくだなぁ」とホッと胸を撫で下ろしつつネットに寄せると、10センチ少しの可愛いアマゴ!
小さいけれどとても綺麗。暫し渓のほとりに佇んで、その魚体を眺める。

こんな寂しい小渓で逞しく冬を越した可憐な1尾。フックを外し、流れに戻してやると僕の掌から元気良く淵に戻って行きましたね。逢えて良かったです…。

気づくと日暮れまでもう2時間足らず。支流を抜け出し今度は本流のとある区間へ足を進める。イブニングを迎えサカナの活性もきっと上がるはず…と期待を込めて、毛鉤は再びアダムスパラシュートに。
で、入渓してしばらく釣り上がった流れ出しで、フライにいきなりバシャッと大きな飛沫が上がった。咄嗟にアワセるも、数秒でバレ(TT)
うーん、だけど今のはなかなかのサイズだった…。
俄然、集中力を高め、キャストとドリフトに集中する管理人。20060310kansaj05
そこから少し進んだポイント。頭を突き出した岩がその手前カタまでいい感じのスポットを作っている(→)。いかにもって感じだな。少し距離をとって毛鉤を放り込む。岩にフライがぶつかりスポットのど真ん中辺りへフライが流れた瞬間、モコッと水面が盛り上がりフライが消えた!
「!」反射的に腕を跳ね上げると、ビビッと確かな手ごたえ!
ロッドがククッと曲がり、サカナがバシャバシャと水面で暴れまわる。さっきのアマゴの引きとは明らかに別物だ。慎重に流れを一つ下らせ、手前の緩い流れに誘導して取り込んでみると…

20060310kansaj03

おぉ、イワナだぁ。今シーズン初のイワナ。まさかこんな早くに出逢えるとは…。
20センチ強はこの渓ではグッドサイズと言える。
この渓ではイワナの放流はしていないはず…なのでとても嬉しい^^

気を良くしてどんどん足を進める。
日暮れ近く、暫く遡行したところで、今度は護岸脇の少し緩い流れに定位するイワナが
見えた。慎重にアップクロスにキャスト。落ち込みから毛鉤を流すと、何の疑いも無くイワナが浮上。ゆっくりと毛鉤を咥えた…。
それはこんな春雨の日にふさわしいとても静かな出方だった。
ゆっくり寄せて、ランディング。立派な体躯のイワナだ^^

20060310kansaj04
23センチ。いい顔してるでしょ?

丁度、日も暮れかけてたので、この1尾で気持ちよくロッドオフ。
終始降り続けた霧雨もいつの間にか忘れてましたね^^adamsp02
それくらいに楽しいホームリバー幕開けとなりましたです。もう彼らは流れに入ってますよ。今シーズンは何回通えるかなぁ。

右は、今回大活躍のアダムスパラシュート。釣り上がり様にハックルを厚く巻いてます。先週のガマタでも結果を出したホント頼りになるパイロットフライです。

|

« 春匂う蒲田川 | トップページ | ニューロッド入魂! »

コメント

おや、あのあたりで平日竿を出してる不良サラリーマンがワタシの他にもいましたか!(笑)
この季節の寒狭上流のイワナは、デカいヒレ
と頭のわりに身体が細くて
結構、野性的なムードを漂わせてるのが多いような気がしますねー
その反面、アマゴは”きょとん”としててカワイらしくて…

これがもう1~2ヶ月すると見事に逆転して、渓流ベストシーズンを実感するようになります
その頃には、ぜひご一緒しましょうね!

投稿: taro | 2006/03/11 14:00

お~やりましたね。この川で20アップは立派ですよ~   それにしても私が土日も出勤していると言うのに何~か承服し難い物がありますね。ズルイです

投稿: ライズ | 2006/03/11 20:15

洋さん、こんばんは。
いいイワナがでましたね~。春を先取りといったところでしょうか。うらやましいです。
今度寒狭中部でこけたら、速攻で上流に転進したいと思います。でも寒狭上流でフライ振るのは何年ぶりかな・・・・(鮎ではたまにいっているんですが)。

投稿: ねねこ | 2006/03/11 20:20

taroさん、こんばんは♪
やっぱ、平日釣行はいいですね。
到着した時分にエサ釣りの方を数人見た以外は、
イブニングまで終日一人の釣り人にも会いませんでしたからね。
今日あたりは暖かかったし釣り人で一杯
だったかも^^;

来月あたり、不良サラリーマンコンビとして
渓にもぐりこみましょう(笑)

投稿: | 2006/03/11 21:04

ライズさん、毎度です!
平日釣行を目論んで、土日に仕事入れる
誰かさんには言われたくないなぁ(笑)

月曜は庄川方面ですか?
レポ楽しみにしてます~^^;

投稿: | 2006/03/11 21:08

ねねこさん、こんばんは!
結構いい型のイワナだったので嬉しかったですね。
アマゴも綺麗でしたしね。

上流は、一里一尾とは言わないまでも
決して魚影が濃いとは言えず
プレッシャーの高い土日なんかは
一日歩き回って1尾やボの字なんてこともザラなんです。
それでも足を向けてしまうのは、
あののんびりした里山の雰囲気が好きだから
なのかな。渓相もなかなかですので
是非転進なさってくださいね^^;

投稿: | 2006/03/11 21:19

へ~、川は違いますが、あの条件でもアダムスで出るンですか。勉強になります。
私はドライはあっさり諦めてニンフ1本でやって
ましたが、ドライでも出るんですね。
近くの里川でそのイワナとはいいですねー!

投稿: narukawa119 | 2006/03/11 22:12

narukawaさん、こんばんは!
ドライで出たのは、最後の1時間余りだったんですが、
ニンフでひとつ釣った後は、水温も計らなかったので
時間的なものなのか、区間が良かったのかは
分らないですね~。

>近くの里川でそのイワナとはいいですねー!

でしょ?でも入川者も多い渓なのでいつまで
残ってくれているか…、心配でもあります。
自宅から、ちょっと足を伸ばしたところに
その川で育った渓魚がいてくれてる、って
とても素敵なことだと思うし、
そんな1尾との出逢いを求めて、今年も
足を運ぼうと思います!

投稿: | 2006/03/12 19:48

木曜日はDuskさんでお世話になりました。
あの後、遅くまで長居してしまいましたよ(^^)

それはそうと良いイワナですね!!ランディングネットの背景とピッタリ合ってて、素敵です。

ご自宅から近所のイワナの渓、、こういうのを大事にしたいですね。こちらは、土曜日あの上天気の中、大苦戦の一日でした。ボクはオデコくらっちゃいましたよ(^^;まぁ、気まぐれな春のこと、試行錯誤した楽しみだけは味わってきましたけどね!

今度は一緒に行きましょう。

投稿: Rolly | 2006/03/12 20:17

Rollyさん、毎度です!
木曜日は、ありがとうございました。
丁度godzillaさんと入れ違いでしたね(^^)

ホントこの時期のサカナは、気まぐれですよね~。
僕もまさかあんなイワナが出るとは思ってなかったので、嬉しい誤算です^^

ところでエントリー休止の件、
Rollyさんの気持ちが痛いほど伝わってきましたよ。
きっとどんなFFMでも自分なりの釣りのスタイルがあるはずですし
僕には僕なりに築き上げた釣りのスタイルがあります。
大切なのは、それを押し付けたり、頭ごなしに
否定したりしないことだと思うんです。

そういう意味でRollyさんのエントリーには
凄く共感しましたよ。
ゆっくり充電されて、またFFを愛する気持ちにあふれるエントリーが
再開される時を心待ちにしてますネ^^

また一緒に釣りに行きましょう!

投稿: | 2006/03/12 23:38

洋さん♪こんばんわ!!
金曜日の平日釣行とは・・・羨ましい限りです。
アマゴにイワナと洋さんのフライフィッシングに対する
色んな努力の結果が顕われていますね。
ボクはRollyさんたちと今回一緒に出掛けましたが
天気は良かったけど、逆にキビシイ一日でした(汗)

冒頭の“入漁券”とかかれた赤提灯。
何だかイイ雰囲気ですね〜(笑)

投稿: terry | 2006/03/13 00:28

洋さん、こんばんは
うわぁ、きれいな岩魚ですね~!
僕も去年、同じ水系でグットサイズのイワナ
と目が合いました(笑)。脱渓点を探して下って
いた時の事です。数秒間、見つめあった後
流れに消えていきました。スキンシップが
したかったのに、ふられちゃいましたよ。


投稿: BILL | 2006/03/13 01:33

こんにちは、洋さん!春の里川満喫されてますね〜僕は木曜日に長良方面の支流に出撃して来ましたが、見事にボでありました。さすがにちょっと早かったのかなぁ・・・なんて感じであります。洋さんに釣り上がりはすごいですね。早くも見事なイワナをゲットなんて羨まし〜い!!また今度極意などご教授くださいね(笑)。ではまた!!

投稿: ドイザラス | 2006/03/13 10:09

おお~
すばらしいですねぇ
DUSKの店長さんより平日に
行かれるってのはお聞きしていたのですが
ほんと春の釣りを思いっきり楽しまれて
ますねぇ・・・
私も土曜に近くの渓に行ってきたのですが
残念ながら、春まだ遠し・・・といった
感じで、魚の反応がありませんでした。
ただ、魚は見つけられたのでこれからかな?
って感じです。
まぁでも、久々に釣り上がりをして
気持ちよかったですね~

今度は、この辺りの渓
ぜひご一緒してくださいね!

投稿: ばびい | 2006/03/13 17:36

terryさん、こんばんは!
やっぱ平日釣行はいいですね~。
癖になりそうです…って、そんなチャンスは
ほとんどないのですが(^^ヾ

土曜は僕もご一緒したかったなぁ。
今度こそは是非渓でご一緒しましょう!

投稿: | 2006/03/13 23:14

BILLさん、こんばんは♪
イワナと目があうってどんな感じなんだろ。
やっぱちょっと気まずい感じなのかなぁ。
スプークされても一度体験してみたいです(^^ヾ


投稿: | 2006/03/13 23:18

ドイザラスさん、毎度です!
満喫といっても、いい思いができたのはラスト1時間位だけ。
きっと巡りあわせが良かったんだと思います(^^ヾ

あと、釣りあがりの極意なんて僕には
ないです…。
強いて言えば、「とことん歩く」ことかな(笑)


投稿: | 2006/03/13 23:28

ばびいさん、こんばんは!
春の渓の遡行は気持ちいいですよね。
これからもっといい季節になるので
今から胸躍ります。

是非ご一緒しましょう!

投稿: | 2006/03/13 23:36

洋さん、こんにちは。
本当にイイ釣りされてますね。先週の金曜日、最高の条件とは
いかない日でしたが、今から思うと何とか釣りになった日では
あったようです。でもそこで結果を出す洋さんは凄いですよ。
土曜日は天気良過ぎて底ベタ、日曜日は雨模様で気温が
急激に低下しサカナの活性低下、昨日の月曜日は更に気温低下
(夜、一宮方面へ行っていて気温0度で凄い雪でした)。
年に何回もない平日釣行でそこそこの条件下の釣りが出来たこと、
羨ましいのは勿論ですが、むしろオフシーズンから真面目に
準備してきた洋さんだからこそ天が味方してくれていると
思います。terryさんも仰ってるように、色んな努力の結果が
あらわれてきてますネ。マジで見習わなくてはと思っています。

投稿: godzilla2004 | 2006/03/14 13:12

godzillaさん、こんばんは!
確かに今考えると土曜日曜より条件の
いい一日でしたね。カミさまに感謝です^^;
これに味をしめて、今週の土曜日も出撃予定
です!
でもまぁ、今日釣れた渓で明日釣れた
ためしがないですからネ…(笑)

投稿: | 2006/03/15 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/9032820

この記事へのトラックバック一覧です: 春雨の里川 ホームリバー初釣行:

« 春匂う蒲田川 | トップページ | ニューロッド入魂! »