« 晩夏の木曽 苦戦の末に | トップページ | 理想の釣り »

2005/09/04

ホームリバーのこと

今年、僕のホームリバーとなった愛知県の寒狭川上流。 2005090401
岐阜や長野の渓とは比べようも無いけれど、名古屋の自宅から車でたった1時間、
そこに行けば小振りだけど綺麗なアマゴやイワナと逢うことができる。
僕にとっては、とても身近で大切な渓だ。

今シーズン8回目の釣行となった今日も、夜明けと共に渓に立ち朝靄の中を釣り上がると、いくつかのポイントからサカナが飛び出した。
イメージした流れの筋を運良くフライがなぞると、渇水気味の水面にイワナが艶かしく反転する。けれどフックには至らない。なんとかフックさせてもカカリが甘いのかすぐバレてしまう。

そんなこんなで、僕らしく(笑)この渓の恐らくアベレージのサカナを4尾もバラしたところで、悔しいのはもちろんなんだけれど、何だかちょっとホッとする自分もいた。
安堵したひとつは、彼らがこの時期にまだ渓に健在であること、もうひとつは、ここで育まれた彼らの学習能力が、少なくとも僕ごときの腕を上回っているということだ。
9月末まで乗り切れば、彼らは来シーズンにその生を繋ぐことができる。
昨今の渓流釣りが放流なしでは成り立たないことは分かっていても、
自分のホームリバーで彼らができるだけ長くその生を営み、結果として再生産されればどんなに素晴らしいだろうと思う。

陽が昇るに連れ、サカナの反応はパタリと止み、この渓で今季初めてのノーヒットが現実味を帯び始めた頃、小さなアマゴが#14の毛鉤に逞しく飛び出た。
2005090402

半ば諦めていた僕を救ってくれたこの朱点の鮮やかなアマゴ。
「今日は残念だったけど、また来シーズンね。」と挨拶をしに来てくれたような気がした。

|

« 晩夏の木曽 苦戦の末に | トップページ | 理想の釣り »

コメント

洋さん、こんばんは!
写真の区間には、自分も何度か入ったことがありますが
あまり良い思い出がないので…最近はすっかり支流に引きこもってます

それにしても綺麗なアマゴですね
「川が死んでしまった」と言われ始めた本流筋では
チビアマゴすら釣れなくなってきているようですが
当貝津本・支流にはまだ残っているようなので…
9月いっぱいは遊ばせてくれるカナ?と期待しますが
もうちょっと雨が欲しいですね 

投稿: taro | 2005/09/04 22:38


洋さん、こんばんわ!
ボクもイチバンのお気に入りの渓が岐阜にあります。
飛騨川の支流で、それほど数も大物もいる訳ではないのですが
気が付くといつもその渓に立っています。

7月に釣りに出掛けた時、同じように小さなアマゴたちが
毛鉤を突つくように毛鉤にでてきてくれました。
来年になれば大きくなって、また楽しませてくれるんじゃないかと思うと
何だか嬉しくなります。

投稿: terry | 2005/09/04 22:54

洋さん、どうもです。
きれいなアマゴですね〜。来年には成長して竿をしぼってくれるでしょう。

僕は一足お先にシーズン終了しました。
最後はカワムツの大漁でしたが。(笑)

来シーズンはぜひご一緒したいですね。

投稿: Hi | 2005/09/05 00:51

洋さん、毎度です!!!

僕にも大切な流れが二つほどありますよ。一つは石徹白C&R。ここでは釣りのことサカナのこと、地域のことなど色々勉強させてもらっています。

もう一つは飛騨地方にあるのですが、このあたりは99年と、昨年に甚大な被害を受けてしまいました。川が埋まる=サカナが釣れない=渓の魅力が薄れるという連鎖的なマイナス思考になりがちで、僕も何度もそう思いましたが結局釣れる釣れないの問題ではなく、ついつい足を運んでしまい今日に至りました。
その村にいるだけで心が落ち着くなんて、村人でもないのに・・・なんか得した気分ですよね。

昨日はそんな渓に来期までのしばらくのお別れに行ってきましたですよ。

投稿: Rolly | 2005/09/05 18:35

お~今回もボウズスレスレの危ない橋を渡ってますね~って私もなんですが。まあ、この時期は何処も同じようなもんですよ。たまに増水の後に本流差しの大物が釣れたなんて話がありますが、そんなの宝くじに当たるようなもんですよね。来年はこの川は年券ですね。

投稿: ライズ | 2005/09/05 22:56

taroさん、毎度です!
あの辺りは上も開けているし
FFの激戦区ですね~。
ばらした4尾もきっと歴戦のツワモノだったと
思いたいですね(笑)


投稿: | 2005/09/05 22:59

来年は、年券ですな。
4月で元取れちゃうんじゃないですか。

投稿: lefty_haru | 2005/09/05 23:04

terryさん、こんばんは。
>いつの間にか、渓に立っている
それ良くわかります。
僕の場合、渓に行く時はサカナを釣りに
行くんだ、とついついはやる気持ちで
行くんですが、後から振り返ると、
実はその里で過ごした時間や渓に立ったこと自体に、満足したり癒されたりしていることに
気づかされます。

あの小さなアマゴたち、厳しい環境に負けず
逞しく育って行ってほしいですね^^

投稿: | 2005/09/05 23:13

Rollyさん、どうもです。
石徹白は、僕にとっても特別な場所です。
FFのフィールドとして素晴らしいだけでなくC&Rの先駆けですし、釣り人と地域の方々の相互理解とか取り組みとか、とても大切なことを教えてくれるような気がします。
そういう意味もあって、今年は石徹白には
一度しか釣行してませんが、
全ての渓に対する感謝の気持ちを込めて、
ささやかですが清掃会に参加したいと
思ってます(^^ヾ
その時は宜しくお願い致しますm○m

投稿: | 2005/09/05 23:21

Hiさん、こんばんは。
小さいアマゴでしたが、いろんな意味で
釣れてホッとしました(笑)

是非とも来シーズンはご一緒したいですね。
その時はいろいろ教えてくださいね^^

投稿: | 2005/09/05 23:25

ライズさん、こんばんは♪
ホント、すれすれですね~(笑)
しかーし、何とか1尾釣っちゃうところが、
昨年より成長したところだっ、と
勝手に開き直ってます^^
実際、0と1では気分的に全然違いますので
これもライズさん、ハルさんはじめ
皆さんのご指導のお陰ですm○m

投稿: | 2005/09/05 23:30

ハルさん、こんばんは。
来年は年券ですね。
今年はかなり損しちゃいました~。

来年は盛期に例のプールで
暗くなるまでやりますよ!

投稿: | 2005/09/05 23:33

洋さん、こんばんわ!!
>全ての渓に対する感謝の気持ちを込めて、
>ささやかですが清掃会に参加したいと
>思ってます(^^ヾ
>その時は宜しくお願い致しますm○m
有難うございます。僕ごときが企画する清掃会なので、ほんと掃除して、みんなで駄弁って、サカナ見て・・・そんな一日にしたいと思っています。

これを通じて釣りのジャンルを越えた交流(テンカラさんやルアーさんも参加してくださる方向で調整していただいております)や、未知数ですが漁協の方、地元の方とも接する機会になれば、、、と思っています。

投稿: Rolly | 2005/09/06 23:01

Rollyさん、こんばんは。
>掃除して、みんなで駄弁って、
>サカナ見て・・・そんな一日
いいですね~。
Rollyさんとお会いできるのも楽しみです。

去年のようなクマさんはゴメンですが(笑)

投稿: | 2005/09/07 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/5785453

この記事へのトラックバック一覧です: ホームリバーのこと:

« 晩夏の木曽 苦戦の末に | トップページ | 理想の釣り »