« 理想の釣り | トップページ | ラスト釣行 in 木曽路  »

2005/09/17

初秋の渓 木曽川支流

いよいよ、オフシーズンまでカウントダウンですね。 20050917-00
ラストスパートしなきゃ、ってことで行ってきましたよ。
行き先は、木曽川水系のとある渓。
この期に及んで新規開拓です(笑)

数日前から名古屋市内でもだいぶ涼しくなってきたこともあり、「アサイチじゃなくても大丈夫だろ」と自宅を午前6時過ぎに出発。余裕しゃくしゃくで午前8時にフィールド到着です。
早速入渓ポイントを見て回るものの、ありゃりゃ、各ポイントは既に車で一杯…。マイナーな渓だとタカをくくってたのに、皆さんお早いですね~(TT)

20050917-01まぁ今さら他の川に変えるつもりもないので、やむなく既に人が入っているポイントから入渓。
で、マサにその入渓地点。キャスト数回、「まさかなぁ」と思いつつもダメもとで岩の向こうの流れにアダムスパラシュートを流す…といきなりピシャッと出た!
咄嗟にあわせるとかわいいイワナ君^^

眠たそうな顔をして不機嫌そうだったけど、早くもボの字が消えたことに感謝。幸先のよいスタートに優しくリリースすると元気よく淵へ戻っていきました。

足跡の乾き具合からして先行者は20分くらい前に入渓と判断。
どうやら餌釣りの方のようなので大淵は避け、餌では狙いにくいところ竿ぬけを狙って丁寧に攻めることにします。結構なボサだけど、焦らずゆっくりと、来月には味わえなくなる渓の雰囲気を楽しみながらの釣り上がりです。
見上げた空にもう夏の日差しはなく、爽やかな渓の風が頬を吹き抜けていく…。
もう秋なんだなぁ…、ちょっとセンチになったところで、白泡の切れ目のフライに飛沫が上がった!むむ、今度はしっかりした引きだ^^
慎重に取り込むと15センチ強のイワナ。

20050917-02
#12アダムスパラシュートに出ました

綺麗な秋のイワナを瞼に焼き付けつつ、今シーズン手にしたイワナ達のことを思い返す。彼らは今どうしているのだろう?怪しいドリフトの僕のできそこないフライに飛びつき、一瞬だけ僕と出逢ってくれたイワナ達。願わくば、彼らが今もどこかの淵でひっそりと生き延びていることを望みたい…。

そんなことを思いながら渓を上っていく。どうやらこの渓はこの時期にしてはなかなか魚影が濃い。同サイズを数匹追加し、少し進んだポイント。気になった対岸の何気ない小さな淵の緩流帯に#14のピーコックプードルを流すと、ゆっくりとイワナが上昇しフライを咥えた。クッとあわせると、ビクッビクッと小気味いい引き^^ネットに収まったのは、サイズアップして20センチ(本日最大(^^ヾ)のイワナ。

20050917-03
お腹がパンパンなのは、食いしん坊なのか、それともひよっとして…

20050917-04その後も好反応は続き、数匹の小型のイワナを掛けたり掛け損ねたりしながら、飽きるほどロッドを振り続けた初秋の一日(午後は渋かったですが…)となりました(^^)

往くシー ズンを惜しみつつ、ふと見上げた空。
竿先の赤トンボがシーズンの終わりを僕に告げていた…。
って、あと一回行く予定なんだけどね(笑)

|

« 理想の釣り | トップページ | ラスト釣行 in 木曽路  »

コメント

お疲れ様~。泣かず飛ばずの釣果でしたが、まあ~こんなもんでしょう。それよりも禁漁間際に新規開拓ですか?。普通なら実績のある川を選択するのですが・・・。その冒険心に乾杯。

投稿: ライズ | 2005/09/18 08:06

おぉ、新規開拓ですか!お見それしました!

やっぱり早い段階で1匹釣れると気分よく続けられますよね
そして季節を感じさせる魚体と赤トンボ…
いやー、ホントもうすぐ禁漁なんですねー
でも、今年はあんまり彼岸花を見ないような気がします
それだけ今年は暑いんでしょうけど
こう暑いと禁漁の季節を実感できません。はぁ~

投稿: taro | 2005/09/18 09:07

ライズさん、毎度です。
まぁ、こんなもんというか、僕にとっては
サイズはともかく、この時期これだけ
釣れれば上出来ですよ(笑)

来週ラスト釣行宜しくお願いしますm○m
ボーズらないよう頑張ります(^^ヾ

投稿: | 2005/09/18 20:36

taroさん、こんばんは。
入渓後すぐ釣れるとやっぱり精神的に
安定しますよね。
いつもそんな展開だといいんだけどな…(^^)

来週のラスト釣行は、木曽に行ってきます。
涼しく、そして気持ちのいい釣り納めに
したいですね~。

投稿: | 2005/09/18 20:42

洋さん、こんばんは~

ラストスパートで新規開拓。勝負に出ましたね^^
わたしの場合今期の渓?は終わってしまいましたが、振り返ってみますといつも遅駆け、先行者あり・・・でもそれなりに楽しむことが出来ましたです。
今回の洋さんの開拓みたいにプチ探索もしましたしね。
ドキドキ、ワクワクしませんでしたかぁ?
・・・来季もこのペースを・・・

もう抱負を語っているよ~^^;

投稿: attuu | 2005/09/18 22:40

初めまして、こんにちわ。埼玉在住のシンといいます。私の大好きな小説「羊をめぐる冒険」
を見つけて。思わずかきこみしました。もちろん私もフライマンです。学生時代に本屋さんで村上氏の「風の歌を聞け」を見つけて以来、ずっと大好きな作家です。「羊・・・」は十回くらい読み返してますが、ラストのジェイとの会話のところでは、いつも泣きそうになります。(笑)昨日「東京奇譚集」を買ってきました。釣りエッセーもすきなので、湯川氏の本も読んでみようと思います。ラストに向けてよい釣りを!。

投稿: シン | 2005/09/19 10:20

お疲れ様です。新規開拓、いいじゃないですか!!!僕も昨年の最終間際の新規開拓で良い釣りしたし、ど~せどこ行っても釣れね~し、、っていう開き直りもアリですね。

昨日も昼の一時に新規開拓で谷を歩いてきました。これが中々の型ぞろいでラッキーでした、写真はニコパチしかないので掲載できませんが(^^;来年が楽しみです♪

投稿: Rolly | 2005/09/19 11:40

attuuさん、こんばんは^^
やっぱり新しい渓はドキドキワクワクで
楽しかったですね!
先行者がいなければもっと釣れたはず…
と腕を棚に上げて思いたいです(笑)
シーズンオフには地図を広げて、まだ見ぬ渓
に思いを馳せるのもいいですね。
来シーズンも新規開拓続けますよ~。

投稿: | 2005/09/19 19:11

シンさん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。
僕も3年間埼玉の浦和に住んでました。

『羊をめぐる冒険』のラスト、いいですよね。
何回読んでもジーンときます。
僕も村上春樹は学生時代に初めて
読みましたが、その時読んだいわゆる
3部作が一今でも番好きですね。
『東京奇譚集』はまだ読んでませんが、
オフシーズンの楽しみにとっておこうかと
思ってます^^

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: | 2005/09/19 19:22

Rollyさん、毎度です!
新規開拓で中型揃いっていいですね~。
得した気持ちになっちゃいますね^^

僕はまだまだ知っている渓が少ないので
いろいろ回って、選択肢を増やす必要が
あるかなぁ…とも思ってます。
ある日その渓がダメでも直ぐに別の渓に
変更できるようになれば、楽しめる確率が
上がりますもんね…
って釣れないのは場所じゃなくて
腕のせいだった(笑)


投稿: | 2005/09/19 19:29

こんばんわ!
終盤戦に新規開拓ってのは、スゴいですね。
しかもきちんと結果まで出して。
この時期になるとギャンブル性が高くて
小心者のボクには真似ができません(笑)

赤トンボの写真、イイですね。
最終のラストも頑張ってくださいネ!!

投稿: terry | 2005/09/20 01:49

まいど!
新規開拓なんて言葉、読めもしないくらいに人生守りに入っているイヌです(笑

秋晴れの下、爽やかな釣りになりましたですねー!本当にラストスパートとなりますが、くれぐれも怪我などには気をつけて、楽しい釣りにしてくださいね^^
私はまだまだ方付けなきゃならない案件がゴロゴロです。もう駄目です。消化し切れません(汗

投稿: いぬ太郎 | 2005/09/20 22:47

terryさん、こんばんは!
いゃぁ、僕の場合、勝手知ったる渓でも
新しい渓でもあんまり釣果に差が
ないんですよね~(笑)
でも釣れて良かった…。

残すところあと10日、
最後にいい釣りしたいですね!

投稿: | 2005/09/20 23:11

いぬ太郎さん、毎度です!
僕の場合、守りに入るといっても
守るものがあまりありませんから、
それはもう、向こう見ずなFFMです(笑)

恐らく今週末が最後の渓、
おっしゃるとおり、今年を締めるに相応しい
楽しい釣りにしたいですね。
(でも何となくイヤーな予感が…(^^))

投稿: | 2005/09/20 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/5989448

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の渓 木曽川支流:

« 理想の釣り | トップページ | ラスト釣行 in 木曽路  »