« 木曽の夏イワナ、再び | トップページ | ラストスパート »

2005/08/11

夏の庄川 支流巡り

本日、休みが取れたので庄川へ行ってきました~。
考えてみれば今シーズン庄川水系へ本格的に釣行するのは初ですね。
前回はカミさんもいてチョコット竿出してチビヤマメ一尾だけでしたから…。

20050811-01 で、フィールド到着は午前5時。僕の場合庄川水系と言うといつもお気に入りの一色川ばかりなので、たまには他の川も行ってみようと今回は支流御手洗川のまた支流の野々俣川(左写真)に車を走らせます。
出会いから1本目の橋より入渓。平日ということもあって先行者もなし。よしよし、早速支度を整え釣り開始です。
6X・9フィートのリーダーに6.5Xのティペットをひとヒロ、フライはいつものEHCピーコック#12を結びます。

見たところチャラ瀬が多い流れ。しかも減水している模様で、水深のあるところを中心にドライフライをおいていきます。すると、ピチャッ、ピチャッとなかなかの好反応。^^
だけどフッキングにはいたらない…。どうやら、サカナのサイズが小さいようです。
そこで、アワセに集中して電光石火の手返しすると、可愛いチビイワナがポーンと飛んできた。更にフライを#16へサイズダウンすると入れ掛かり状態(笑)20050811-03
20050811-02


野々俣の
イワナ達 
来年また逢おう!

有名な牛小屋の堰堤まで釣り上がりましたが、結局手のひらサイズの元気なチビイワナ達に遊ばれただけでした~。

それで、次に向かったのは寺河戸川。この川も初めて竿を出す川です。
適当なところから入渓し釣り上がりますが、どうしたことか、ここもチビの反応ばかり。
もうチビイワナのアタックにはアワセをいれず、サイズアップを目指しフライも#12のままで釣り上がります。20050811-04
が、少し進むと今度は災害復旧の河川工事に行き当たってしまい、ここで釣り上がり断念。しょうがないので車までとぼとぼと戻る管理人。一色川に行こうかと考えましたが、まだ時間も早いし工事の濁りは出てなかったので、引き続き寺河戸川を本流との出会いから車の駐車ポイントまでやってみることにしました。
とは言え、反応はやはりチビばかり。
うーむ、と思い始めた矢先。何気な~く、ブッシュの下(↑写真の左)にフライを流すと、いきなりガバッと出た~。
なんとかセットフックすると、サカナはバシャバシャと激しくのたうつ!これまでのおチビ達とはまるで引きが違う。何とかサカナの抵抗を抑え、取り込んでみると25センチの良型イワナ。やっぱいるんですね~、こういうとこに。

20050811-05
寺河戸のイワナ 25センチ
20050811-08
もうこの一尾で大満足でしたが、やはり渓相の一番好きな一色川(→)へ向かうことにします。
途中、FFMとすれ違ったのでお話を伺うと、どうやらここも10センチ位のばかりだったとのこと。
禁漁を前に稚魚が放流されたんですかね~。
で、僕は橋詰橋より入渓。既に他の車が停めてありましたが、先行者の入渓からかなり時間が経っていると判断し、気にせず釣り上がります。でもやっぱりこの川の渓相は素晴らしい。底石も小さな宝石みたいだし水も綺麗。上が開けているので気持ちよくキャストできる。
両サイドの緑と空の青色のコントラストが最高だ。FFMに人気がある渓というのも頷けますね。
まぁキャストするだけでも気持ちがいいとは言え、ドライで数百メートル釣り上がったものの全く反応無し。うーむ、やはり先行者の影響かと考え、フライをBHフェザントテイルニンフに結び変えて釣り上がってみることに。
で、暫く進んだポイント。大岩のキワを流すとマーカーが勢い良く消し込まれた~。
よーし、とアワセると水面下に踊り光る魚影ギラリ。結構引くので期待しつつ取り込むとまたしても良型イワナ。

20050811-06
25センチ

さらにもう少し進んだポイントでもう一尾追加↓。ちょっとだけサイズアップ。
気持ちいいなぁ~。

20050811-07
一色のイワナ 26センチ

既に日も高くなって気温も上昇、眠気で疲れもピークに達してきたので、コイツを取り込んだところでロッドオフとしました。25センチ級3尾なら僕には充分すぎる結果ですからね(^^ヾ
その後は恒例の桜香の湯で汗を流し、昼過ぎには帰路に着きましたです。
庄川水系、昨年の水害でのダメージは大きいですが、渓魚達は何とか健在でした。今日は多くのチビ達を見かけましたが、来年順調に大きくなった彼らと逢いたいですね。

|

« 木曽の夏イワナ、再び | トップページ | ラストスパート »

コメント

画像からも、文章からも、”気持ちよさ”がビンビン伝わってきます
やっぱり岐阜の方はいいですねー…
例年、9月の第2土日(高山の『味まつり』っていのに合わせて)に出かけてましたが
最近は禁漁に入っちゃうんですよね
今年は金土で行けば間に合うんですが…悩むなぁ…

でも、きっと行くと思います(笑)

投稿: taro | 2005/08/11 22:41

taroさん、こんばんは~。
いやぁ、ホント気持ち良かったです。
やはり平日釣行はいいですね。

庄川水系は9/10禁漁ですよね~。
是非ラスト行っちゃいましょう!

投稿: | 2005/08/11 23:24

どうもです。
庄川は去年の台風で壊滅的だと聞いていたのですが
順調に回復しているようですね。
チビイワナも来年は楽しませてくれるでしょう。
9/10までなんですか?
ラストはちょっと行ってみたいですね。

投稿: Hi | 2005/08/12 09:27

洋さん、おはようございます!
もう、旅行に出掛けてしまいましたかぁ~?
庄川水系の里川いいですねぇ!
もう随分ご無沙汰です。
それと今シーズン購入した竿のグリップかなり汚れ?使い込んでいますね^^

イワナっていろんな顔があり面白いですね。
夏風邪、夏バテ注意です!!

投稿: attuu | 2005/08/12 09:38

こんにちは。25センチ3匹なら洋さんだけじゃなくても満足ですよ。なにしろ、この時期は釣れませんから。(拍手)

投稿: ライズ | 2005/08/12 16:14

洋さん、こんにちは
私も7月末に庄川へ行ってきましたよ。
その時は、オチビちゃん達はいませんでした。
なぜか虹鱒!?(多分そうだと思うのですが)が
釣れちゃいました。放流しているんですかね?

投稿: BILL | 2005/08/12 17:57

洋さんお疲れ様です!
庄川、もう何年も行ってないですね~(^^)

相変わらず「銘川」なんでしょうね!!!

投稿: Rolly | 2005/08/12 22:27

Hiさん、こんにちは!
調べてみたら禁漁は9月9日みたいです。
今年は工事が多かったですが
あの稚魚達ができるたけ残って
来年シーズン楽しませてくれるといいですね。

投稿: | 2005/08/14 16:25

attuuさん、毎度です。
今、帰省先から帰宅しました~。

グリップの汚れ…。
そういえばそうですね。
今年はこのライトスタッフメインで
良い釣りができてます。
オフになったら手入れしてあげないと(^^ヾ

投稿: | 2005/08/14 16:30

ライズさん、毎度です。
ライズさんのアドバイス通り、
今回は固く庄川水系にしておいて
正解でしたm○m

>洋さんだけじゃなくても満足ですよ
いやいや、ライズさんなら、イブまでに
きっちりと尺ゲットに違いありませんよ、
きっと^^


投稿: | 2005/08/14 16:38

BILLさん、こんにちは。
庄川漁協、どうやらニジマスも
放流しているみたいですね~。
僕は、釣ったことないですが…。
というか、そう言えば自然渓流で
ニジマスを釣ったことがありません(^^ヾ

投稿: | 2005/08/14 16:41

Rollyさん、毎度です♪
庄川水系は、遡行もラクですし、
ビギナーでも釣れる確率の高い
素晴らしいフィールドだと思います。

昨シーズン、解禁からずぅーっとボウズが
続いて、さすがに根を上げそうになった時、
僕はこの渓に助けられたんですね(^^)

休日はやっぱり人が多くてツライですが
年に何度かは足を運んでしまいます。
蕎麦と温泉もグッドですよ!

投稿: | 2005/08/14 16:47

ども、洋さん。
双六の行方不明の2人、無事救助されたみたいで、よかったです。1人は気の毒です。

さぁ、釣りに行こ~っと。

投稿: lefty_haru | 2005/08/16 20:00

ハルさん、どうもです。
二人は無事救助されたんですね。
良かった…。
亡くなられた方は残念です。
ご冥福をお祈りします。
渓流での事故は他人事とは思えないです。
いつでも退却する勇気をもちたいですね。

ハルさん、レポ楽しみにしてます^^
お気をつけて~。


投稿: | 2005/08/16 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/5420019

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の庄川 支流巡り:

« 木曽の夏イワナ、再び | トップページ | ラストスパート »