« フライフィッシングフェスタに行こう! | トップページ | 木曽路は全て「川」の中 »

2005/07/09

エースフライの面目躍如

20050709-01新しいフライを巻くと直ぐに試したくなりますよね。
という訳で行ってまいりました、今シーズン7回目の寒狭川上流。(年券買っとくべきだったなぁ…)
いつもの道を自宅から1時間、あっと言う間に現場到着です。
今日は午前中には帰宅する予定なのでそそくさと身支度。まずは豊邦の上流部を大堰堤まで釣り上がることにします。

ここのところの雨で、水量は大幅に回復、っていうか平水よりちょっと多いくらいかな。
早速巻いたばかりの『コロコロ』エルクヘアカディスピ―コック#14を結び、釣り開始です。
けれども、ここの区間は結構なボサ。前にこの区間に来た時より木々も生い茂りキャストしにくい。その上、ここぞというポイントには『嫌がらせ』としか思えないような蜘蛛の巣が…(泣)ネバネバの糸が、ラインやフライに絡みつきストレスが溜まります…。やれやれ。
木に引っ掛け、蜘蛛の巣につかまり、厚い流れにドラグがかかりまくり…、数々の絶好のポイントを効率的につぶしつつ釣り上がるへなちょこFFM、泣けてきます(笑)。
それでも、とある瀬でやっとこさ、フッキング!
「やれやれ、世話を焼かせやがって¬(  ̄ー ̄)┌ …」と余裕ぶって寄せるも、アマゴは目の前でジャンプ&首振り!見事フックを外して遁走…。( ▽|||)サー
「なんてこった~」と辿り着いた大堰堤にもライズはなし。なんちゃってロールキャストでフライを浮かべてみるも、何かが起こりそうな雰囲気は…ないな、完全に…。
うーむ、「こういう時は場替え、場替え~」(麻雀かよ)と、もう少しキャストしやすい開けた渓相の下流部へ移動します。

帰る時間も迫りつつあり、このままだと今季ホームリバーとなった寒狭川上流で初のボの字(/o\*)になってしまう。とにかく教科書的なポイントのみにフライを流し、ハイペースで釣り上がります。
で、しばらく進んだポイント、小さな沢が右手から流れ込む葦際のバンク。厚みのある流れにぷっくり太った『コロコロ』を流すと、水面がパシャッと割れた!すばやく手返しして何とかフッキング!後ろに下がりながらラインのテンションを保ちつつ、今度は逃すまいと慎重に寄せる。最後は、すうーっと吸い込まれるようにネットに収まり無事ランディング~。

20050709-02
梅雨時期の当貝津イワナ 20センチくらい

やっとこさのボの字回避に、ふぅーっと汗をぬぐいつつ、綺麗なイワナに安堵の笑みが漏れた管理人なのでありました(^^ヾ

ところで、この「コロコロ」エルクヘアカディス・ピーコックですが、これ、ホントに浮きますよ…。
今日は若干増水気味で、厚くうねりのある流れが多かったのだけど(遡行に苦労するくらい)、激しい流れにも巻き込まれず呑気にプカーと浮いてくれましたです(^^)。その持続力もなかなかのもので、沈み始めたらドライシェイクスプレーをサッとひと吹きしてやると浮力回復。結構な時間、流れの中で踏ん張ってくれましたね~。最後もいいドリフトで何とか綺麗なイワナを引きずり出してくれましたしね(^^)
10時頃には雨も降り出し撤退しましたが、短時間で何とか結果を出してくれたことに満足し、渓を後にしましたです。
これからのテレストリアルの季節、名実ともに僕のエースフライになってくれそうですよ。

|

« フライフィッシングフェスタに行こう! | トップページ | 木曽路は全て「川」の中 »

コメント

taroさんの所から流れてきたライズと言うものです。初めまして(笑)。
いや~私も本当は今日あたり、出撃しようかと思ってましたが、生憎、今日は臨時出勤でした。明日は天気が悪そうなので、またキャンセルしそうです。はあ~。

投稿: ライズ | 2005/07/09 23:36

ライズさん、お仕事お疲れ様です。
そろそろ禁断症状が出るのでは(笑)
ようやく、梅雨らしくなって水量は回復しつつ
ありますが、釣行時に雨ではツライですよね。

来週水曜から夏休みなので僕も
天気が気になります。
ライズさんも、今月忍野ですよね~。
レポ期待してます♪

投稿: | 2005/07/10 00:34

ども、洋さんも寒狭にきてたんですね。
私は前日でしたけど、え~、アマゴにはしっかり学習させときました。ついでに予習もしときましたから、次回は偏差値が高くなってると思います。

例のフライ、巻き方をコメント入れときましたから、また見てチョ。

投稿: lefty_haru | 2005/07/10 01:23

やっぱり釣れてましたか!しかも実に綺麗なイワナじゃないですか
しかし毎度のコトなんですが、みなさんの釣行記を拝見すると
自分のフライパターンのバリエーションの狭さが嘆かわしいです…

haruさんやいぬ太郎さんとこを参考にさせてもらって
いっちょう気合いを入れてタイイングするぞ!
と、とりあえず言ってみました(笑

投稿: taro | 2005/07/10 11:51

haruさん、どうもです♪
haruさんの教育レベルは高すぎるので
ほどほどにしといて下さいね^^

アントの巻き方のレクチャー
ありがとうございます。
自分のアントはピーコックか黒のダビング
ボディだけだったので、
エポキシに興味津々です。
今度チャレンジしてみますm○m

投稿: | 2005/07/10 19:18

taroさん、こんばんは~。
辛うじての一尾!です(^^ヾ
でも1尾とゼロでは雲泥の差なので
素直に嬉しいですね。

フライのバリエーションは僕も少なくて
お恥かしい限りです…。
どうしても実績のあるフライばかり
巻いてしまうんですよね~。

僕もharuさんやいぬ太郎さんとこを参考に
しつつ、見よう見まねで頑張りますです(^^ヾ

投稿: | 2005/07/10 19:24

こんばんは~!
最近洋さんが出掛けている日は必ず私も渓に立っているような・・・
蜘蛛の巣ってこりゃ!先行者いないなって嬉しさもありますが、ストレスストレスストレスに
なりますよね^^

投稿: attuu | 2005/07/10 21:57

ども、下巻きの後、瞬間接着剤で固めると乾きが早く、上塗りの塗装が染み込まないのでいいんですが、瞬間はたまに白くなるので、それで黒のラッカーを塗ります。
黒くするだけなので、水性か油性の黒のマーカーで塗って、その後、エポキシをコートしてもかまいませんよ。マーカーのほうが乾きが早いので手っ取り早いです。

投稿: lefty_haru | 2005/07/10 23:35

attuuさん、こんばんは~。
蜘蛛の巣はティペットを切るって
いいますし、ネバネバが固まって
コブになるとなかなか取れませんし、
もうホントにストレスですね~(^^ヾ

投稿: | 2005/07/11 21:55

haruさん、重ねてありがとうございます。
瞬接→マーカー(黒マーカーペンで
いいのかな)→エポキシの順ですね。

近いうちにホームセンター
行ってエポキシを買ってきます(^^)

投稿: | 2005/07/11 22:20

洋さん、毎度です~。
またまた、良型の釣ってますね~
羨ましい!!
しかし、フライの種類もどんどん増えていきますね~、見習わなくては!
とりあえず、プードル用のフックは買ったのですが、全然巻く暇なくて(汗)

投稿: いと | 2005/07/12 21:52

いとさん、毎度です!
フライの種類は増えてるんですが
信頼して使えるのは数種類なんですよ…。
実戦で使えるフライの種類が増えれば
釣果に結びつくんでしょうね。

まぁ、僕の場合、フライの種類より
ドリフトの方に問題ありなんですが…(^^ヾ


投稿: | 2005/07/12 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/4895120

この記事へのトラックバック一覧です: エースフライの面目躍如:

« フライフィッシングフェスタに行こう! | トップページ | 木曽路は全て「川」の中 »