« 完敗(TT) 雨の西野川 | トップページ | 渇水そして真夏日! »

2005/06/19

ヤマメとホタル 一色川

今日はカミさんのリクエストもあって温泉と蕎麦+αの旅でした。
行き先は、僕の独断と偏見で岐阜県の荘川町(いつのまにか高山市)に
いたしましたです(^^ヾ
『釣りもチョットだけならオーケー』とのありがたいお言葉を頂きつつも
気合の入った釣行ではないので、昼過ぎに名古屋を出発です。20050618h00
美並まで複車線化された東海北陸自動車道を快調に飛ばし、午後2時に荘川町に到着。

早速、1つ目のお目当ての蕎麦を「心打亭」で頂きます。ここの蕎麦は、瑞々しくコシがあってとても美味しい。待ち時間に蕎麦打ちの実演も見れますし、値段も荘川の蕎麦屋のなかでは良心的かと思いますので僕は好きですね。頂いている途中で町が停電になると(゚o゚;)いうハプニングもありましたが、お腹もいっぱいになったところで、待ってましたの釣りのお時間(笑)久々にお気に入りの一色川へ向かいます、って交差点の信号も完全に電気落ちてますよ。ともかく安全運転で一色川へ。

そんでもって「さて、やりますか」と見地橋から川の様子を眺めてみると…。

20050618h03

うーむ、いきなりの光景にショックを受けてしまいます。
やはり庄川水系も昨年の水害でかなりの打撃を受けたようです。
ここより上流でもひっきりなしにダンプが走ってました…。

ともかく、気を取り直して、2つ目の目的である釣りです。少しの間の20050618h01釣りだけど、支度を整え入渓します。
今回は久々にカミさんも同行なので(釣りはしない)、比較的遡行の楽な区間をゆっくり釣り上がることにしました。とことこついてくるカミさんに気を使いつつ、ドライフライでのんびりイワナ狙いです。
昨年と大きく変わってしまった渓相に戸惑いながらも、渇水の流れにドライフライを置いていきます…。
と、時々水面をピシャッとサカナが割ってくれるんだけど、これがなかなかのらない。
やれやれ、最近ニンフの釣りが多かったからアワセの腕が落ちたのかなぁ(元々悪いだろ)…と、ドリフトするフライを凝視し、アワセに集中するものの、何故かやっぱり反応のみ。
とにかく、どうにもフッキングしないのだ(泣)
「まだ、釣れないの~?」言ってはならないカミさんの一言が僕の胸に突き刺さる…。
「この釣りはなぁ、なかなか釣れないところが楽しいとこなんだよ」と返すもののやはり西野に続けてのボウズは辛い。
時間も残り少ないし、うーむ…どうしたものかと、よーく水中を見てみると何だか小さいサカナ達が群れてる…。
こりゃ#14では厳しいかも、ってことでフライを#18まで落とすとようやくヒット。あわせるとピョーンと飛んできました。

20050618h02

これって朱点がないからヤマメかな?
だとすれば小さいけれど久々のヤマメなので嬉しいですね~。
で、結局その後も約束の時間まで同サイズのチビヤマメがパシャパシャと…。
それはそれで楽しかったのだけど、昨年までこの川のこの区間はイワナばかりだったのでちょっと不思議に思いましたです。ヤマメの稚魚を放流した直後だったのだろうか…。
まぁサイズはともかくとして、カミさんの前でボという失態は免れ、素直にホッとしましたね(^^)

で、釣り終了後は3つ目の目的、温泉です。庄川釣行の定番、桜花の湯で釣行の汗を流し、食堂で朴葉みそ定食を頂きます。ここの温泉は源泉で肌も良く、釣りに付き合ってくれたカミさんも大満足。楽しかったね~と、いつもならこのまま自宅を目指すのですが、今日はもう一つ別の目的がありましたです…。

帰りに、美濃ICから中部環状道へ入り、美濃加茂ICで降りた僕達は、とあるスポットへ。そこで僕たちが目にしたものは…
20050618h04
暗闇の中で瞬きながら移ろう光…。それはもう幻想的な世界でした。
何匹ものホタルが川辺を乱舞し、僕達の周りで神秘的な光を放っている…。
カミさんも僕も生まれて初めての体験だったのだけど、あまりの美しさに暫し言葉を失ってしまいました…。
その光は、近くを通る車のヘッドライトに照らされるたびに消えてしまう。
それ位微かな光。だけどずっと心に残る光、そして人の心を優しくする光だった…。
考えてみると、僕たちはネオンやら街灯やら光という光の溢れる世界に住んでいる訳だけど、実はそんな都会の光こそが僕たちから本当の闇を奪い、闇を奪われた僕たちは『本当の光』を失ったのかもしれないなぁ。
そんなことを思いながら、闇に舞うホタルの光をちょっとセンチメンタルに瞼に焼き付けましたです(^^)

蕎麦に釣りに温泉、ホタル…と、カミさんも僕も大満足の日帰り旅となりましたよ。

|

« 完敗(TT) 雨の西野川 | トップページ | 渇水そして真夏日! »

コメント

峠川の近辺も大昔は、イブニングの終った後、とことこ村の道を歩いて車まで帰る途中、無数の蛍が舞ってました。近くの民家の窓からもれる明かりと食事の支度の煙とあいまって、すごくのどかな光景にしばし佇んで見惚れてました。今はど~なんだろう。

投稿: lefty_haru | 2005/06/19 02:56

お早う御座います。 あれ~一色川に行っていたんだ。taroさんといい洋さんといい毎週、釣りに行きまくりですね~。羨ましいです(笑)。10週連続釣行記録に挑戦、頑張って下さい。

投稿: ライズ | 2005/06/19 07:55

haruさん、おはようございます。
峠川近辺も確かにホタルがいそうな
雰囲気ですよね。今もいれば素敵だなぁ。

ホタルは、やはり環境汚染のきわめて
少ない地域にしか住めなくて、
僕の行ったところは、長年にわたり
地域を挙げて環境の美化と幼虫の放流
に取り組まれているそうです。

昔は、普通に見られたんでしょうね。

投稿: | 2005/06/19 10:53

ライズさん、どうもです。
釣りといってもちょこっと2時間ばかりですよ。
チビでも釣れてよかったです。

来週の行き先はやっぱり西野ですか。
また、尺釣っちゃうんだろうなぁ…(^^ヾ

投稿: | 2005/06/19 11:01

洋さん、こんにちは。
良いですね~!こういう釣行?大好きです。
>とことこついてくる・・・
>「まだ、釣れないの~?」と言うハイプレッシャーと戦っている洋さんが目に浮かびますです。
そしてホタル・・・
洋さん夫婦もロマンチスト?
私もロマンチストです^^;
そうそう蕎麦湯は美味しいですか?

投稿: attuu | 2005/06/19 11:19

岐阜県では昨年から日本海に注ぐ河川は
ヤマメに切り替えたという話なんで
やっぱりヤマメでしょうねー
普段お目にかかれない漁種が釣れると
いつも大きさに関係なくウレシくなってしまいます

それにしても岐阜の渓流はここ数年台風にたたられてますねぇ…
地元の方や漁協の方は大変な苦労をされてると思います
そうした方に報いるためにも、せっせと釣りに通いたい…なーんてネ

投稿: taro | 2005/06/19 11:33

奥様が釣りに同行してくれるなんて
本当にうらやましいですね。
私なんて奥飛騨へ旅行に行っても
釣り禁止でした。
蒲田を目の前にして(>o<)

投稿: BILL | 2005/06/19 15:02

attuuさん、こんばんは♪
後からの視線が痛かったですね(笑)
バックキャストに細心の注意を払ってました。
引っ掛けたら、今後のFF人生に
関わりますからね(^^ヾ

それにホタル。あの光を見てたらみんな
ロマンチストになっちゃうと思いますです。
それほど綺麗でしたよ。

蕎麦湯も美味しかったです♪

投稿: | 2005/06/19 20:53

taroさん、どうもです。
いや~、やっぱりヤマメですかね(^^)
だとすれば、北海道以来のヤマメなんで
嬉しいですね。

災害の爪跡はまだまだ生々しかったですが
少しずつでも回復していって欲しいですね。
今年の台風が今から心配です…。

投稿: | 2005/06/19 20:58

BILLさん、こんばんは~。
ガマタで釣り禁止はツライですね。

カミさんが同行するのは、
ホントたまにですよ。
釣りに没頭するとマズイので
温泉やらグルメやらとの合わせ技が
有効ですね(笑)
僕らはこの夏に向けてパーコレーターを
購入する予定です。
川辺で沸かす珈琲って美味そうだなぁ。

投稿: | 2005/06/19 21:29

おはようございます!
最近「FFMと蕎麦の相関関係」というレポートを書いている犬です(笑 私もそうですが、FFMって蕎麦好きな方多くないです?
旨い蕎麦食って、釣りして、温泉。〆に蛍とはまた…。贅沢な時間を過ごされたようですね^^ 蛍は私見たことが無いのですね。でも先ごろ友人の結婚式で利用したホテル。どうやら夏は蛍を売りにしている?様子。これは一度見ておかなければなりません。今年の夏は蛍。雅でいいじゃないですか^^

投稿: いぬ太郎 | 2005/06/20 10:22

いぬ太郎さん、こんばんは~。
そのレポート興味ありますね(笑)
FFの合い間に食べる蕎麦って
何故か格別に美味いんですよね。
蛍も期待以上の美しさでした。

蕎麦、釣り、温泉、蛍…
来年の6月もやりますよ~(^^ヾ

投稿: | 2005/06/20 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/4613811

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマメとホタル 一色川:

« 完敗(TT) 雨の西野川 | トップページ | 渇水そして真夏日! »