« 久々の街 | トップページ | 東京・伊豆旅行 ちょっぴり釣り »

2005/03/13

Never Give Up!

最近暖かくなってきたので、そろそろプールのライズ狙いだけでなく、
釣り上がりもしたいなぁ、ということで今日は『ドライでブラインド(釣り上がり)』をテーマに釣行してきました(^^ヾ
行き先は、先日リンクさせていただいたtaroさんのレポに感化され、寒狭川上流の支流に決定。ここは小さくとも稚魚放流から成長した綺麗なアマゴに逢える小渓流なのだ。

ところで、昨晩からのニュースや天気予報で『真冬並みの寒気団到来』とか言われてましたが、何とか釣行スケジュールを空けたFFMに「行かない」とか「やめる」という選択肢はありません(笑)
「なんとかなるだろう」とかるーくタカをくくり、午前7時過ぎに名古屋の自宅を出発。思えば、自宅を出発する時点で車の外気温計は既に「マイナス表示(TT)」でしたが、見て見ぬふりをしつつ現地へ急ぎます。支流の分岐から、山道をどんどん登る愛車ゴルフワゴン。思いっ切りノーマルタイヤです(笑)
8時半頃、昨年アマゴを見た(が結局釣れなかった)ポイントに近い地点に車を駐車して、身支度を整えます……が、

やはり、さ・む・い…。寒いというより、イタイ感じです。気温はマイナス4℃。どちらかと言えばワカサギ釣りの世界です…。「むぅ、でも水温はもっと高いさ…、ガマタだってそうだ」と得意の意味不明の理由付けで冷静を装い、誰も居ない(当たり前)渓に立ち、念のため水温測定します。2度…。2℃…。にど…。ニド…。
うーん。でも、まわりを見ると26番ぐらいの白いユスリカがちらほら…。フッ、何とか期待が持てそうです、って、それが雪だと気づくのに時間はかかりませんでした(ToT)

冷静に考えれば、この時点で無残な釣り上がりとなることは容易に想像できたのに、綺麗なアマゴ見たさに現実にtokaizu05031320背を向け、無謀にも果敢にドライで釣り上がるへなちょこFF。厳しい状況に動揺し、完全に周りが見えなくなってます(笑)
少し釣り上がりますが、思ったとおり、釣りにならね~。ガイドは凍り、CDCもカチカチ。息でフライを解凍して、さぁキャスト…、と思うと今度はリールが回らないよ…。
チラホラと舞ってた#26位の白のミッジもいつの間にか#14位に変わりスーパーハッチ、って当たり一面完全に吹雪です(TT)

ぬぅ…。あえなく30分ほどで退散。上流は諦めて、マジで遭難する前に潔く下山です。
とりあえず、上流より気温水温ともに高いと思われる本流寒狭川の中流域へ移動。死ぬほど冷え切った身体を温めるため、お馴染みの広見ヤナ駐車場に車を停めて、ちょいと早いお弁当としました。暖かい車内でカミさんに作ってもらった握り飯とお茶をズッーとすすりつつ、一息。小一時間ほどマッタリとしちゃいます。ふぅーっ。
ぬくぬくの車内からいつもの広見ヤナの様子を覗きますが、やはり天候が天候だけに皆さん辛そう…、釣果も芳しくないようです。

その様子を見つつ「やっぱ、今日はもう帰ろうかなぁ」と弱気の虫が疼き出しましたが、正午ごろになると、少し晴れ間が広がり、気温も6℃位まで上昇してきました。うーむもう少しがんばってみるか。そのまま、寒狭川中部で竿を出しても良かったんだけど、今日は寒狭川上流の日券を購入してたので上流へとってかえします。やっぱり準天然のアマゴに逢いたいな…。今日のテーマはドライでブラインド。そして、あの支流の綺麗なアマゴを釣りに来たはず…。「そろそろ気温も水温も多少は上昇しているのでは」と無理やり都合よく考え、懲りずにまた支流沿いの山道を登ります。結局、朝と同じところに車を止め(結構しつこい)、再度入渓。気温は2℃(朝より6℃も上昇!)、水温は3℃です。ガイドも直ぐには凍らないし「なんとかなるかなぁ」と釣り上がり始めた途端、また吹雪に(泣)、激しく顔にぶつかる雪、「何でだよ~」(--メ ってもう死にそうです。

一瞬、また車に引き返そうかと思いましたが、吹雪の中、山中でただ一人でロッドを振っている自分が何だか滑稽に思えてきて、出渓地点も分かってたので「まぁこのまま行こう」と開き直っちゃいました(笑)。気温は何とかプラスだったので、朝のようにカチンコチンということもなく、吹雪いた時だけ風に背を向けてジット我慢し、雪と風がやむ合間合間の時間帯を見計らって何とか釣り上がっていきます。
3℃という水温からは想像もできないけれど、嬉しくも驚いたことに時々ドライに反応があります(゚o゚;)水面を割ることはないけれど、フライに反応する魚影が見える!「これはチャンスあるかも」と俄然ヤル気になり、サカナが居そうでかつキャストが楽なポイントだけに的を絞り、効率よくドライで釣り上がっていきます。この状況下でトラブルとかなり辛いですからね。
しばらく釣り上がっていくうちに、少し空が明るくなったかなぁ、と思ってると、ある淵へ出た…。大岩の流れ出しにいかにもサカナのいそうな雰囲気。バックや上方にブッシュもなくキャストもしやすい。吹きすさぶ風が止んだのを見計らって#20ADWソラックスダンを流れに乗せる…。
オレンジのADWが落ちて2秒ほど流れたその直後、ピチャッ、と水面に一瞬の小さなキラメキ!tokaizu05031317
すかさず、手返しをして小さくアワセを入れると、ビビッと心地よい感触。
よーし!と4番ロッドですぐに寄ってきたのは、やっぱり小さいけれど綺麗なアマゴでした(^O^)
この顔をみれればどんな苦労もふっ飛んじゃいますね。
リリースしてやると小さい躯をくねくねさせて元気に淵に戻っていきました。恐らくは稚魚放流の個体が成長したアマゴだろうけれど、厳しい状況下で出てくれたことに感謝です。こういう状況下での一尾は格別に嬉しいものですね。

目的を達成した直後から、またまた吹雪いてきたため、その後は出渓地点まで釣りをせず一気に遡行して、気温の下がらないうちに帰途に就きました。
思えば、あのアマゴが釣れたあの一瞬だけ雪が止んで渓に陽が差してました。まさに天からの贈り物のアマゴってとこですかね。あきらめなくて良かったよ。

|

« 久々の街 | トップページ | 東京・伊豆旅行 ちょっぴり釣り »

コメント

「うわー!釣れて良かったよー」
と、自分のコトのように喜んでしまいましたが
途中までは読んでいて「これは…責任重大だぞ…」
とビビりまくってました(天気も天気だし…)

写真を見ても、いかにも寒狭の支流らしいアマゴですよね!
これが5~6月には、また一段とイイ表情になりますからねぇ
なんとか残っていてほしいものです

>釣行スケジュールを空けたFFMに「行かない」とか「やめる」という選択肢はありません(笑)

ホント、そうですよね(笑)
で、自分も今日は出動予定だったのですが
さすがに豊橋で大雪降ってる状態では…
結局、釣具屋へ行って、毛針巻いて気持ちを鎮めました
うーん、まだまだFFMとして未熟モノですね(笑)

投稿: taro | 2005/03/13 21:35

taroさん、ありがとうございます。
普通、今日いかないですよね~。
でも、おかげ様で寒狭上流での1尾、
何とかなりましたよ(^^)

>なんとか残っていてほしいものです

本当ですね。
また暖かくなったら、彼らに逢いに
行ってみようと思います。


投稿: | 2005/03/13 22:40

洋さん、こんばんは〜

ご無沙汰しておりました。
いや、洋さんロケットスタートですね!
もういきまくりですか〜(^^)
僕はしばらく行けそうにありませんです....
4月までには、何とかしたいなと.....
アマゴ、やっぱりキレイですね!
いきたいな〜(〜〜)

投稿: MDA | 2005/03/14 00:21

こんばんは。

おー、これはまた強行突破ですなー。(笑)
でも、きれいなアマゴの顔がみられてよかったですね。

13、14日と町内会の旅行で北陸にいったんですが、すごい吹雪でしたよ。川の様子も見てきたんですが北陸の春はまだまだ先という感じでした。

投稿: Hi | 2005/03/14 19:54

MDAさん、どうもです(^^)
今年の釣行ペースは、これまででも一番です。
やっぱりオフにタイイングをはじめて、
FFがますます面白くなってきたからだと
思いますね。

今週末は、東京と伊豆に旅行(釣以外)の予定ですが、車の荷物にロッドを忍ばせておこうかと(笑)

投稿: | 2005/03/14 20:20

Hiさん、こんばんは~。
今考えると何だか楽しいですが、
現場では結構辛かったですね~(笑)
もう1回行くかと言われたらやめときます。

やっぱり、盛期の暖かな渓が一番です。
ベストシーズンが待ち遠しいですね。

投稿: | 2005/03/14 20:24

この土日は伊豆へ遠征してきました。そちらでも
強風にあおられて本流ではライズはおろか竿すら出せずでした。

で、その帰り道ですわ・・。
名古屋に近づくにつれて白いものが・・・・・。

そんな中での1匹、素晴らしいですよ!!!しかも胸鰭の黄色の綺麗なこと!!ホレボレしちゃいますよ。
稚魚放流から育ったとはいえ、その川で暮らした時間がある程度あるので、餌に対する執着心も環境の変化への適応力も長けている立派なアマゴですよ!!!

投稿: Rolly | 2005/03/14 21:45

洋さん、こんばんは。
パーマークの綺麗なアマゴですね。
それと奥さんの作ってくださるおにぎり羨ましいかぎりです。
私も本日遠征から帰って来ました。(遠征先も寒かったけど愛知も半端ではなかったみたいですね)

投稿: attuu | 2005/03/14 22:13

Rollyさん、ありがとうございます。
ランディングネットにおさめた時は
久し振りに声が出ましたね。
こんな厳しい環境でも彼らは逞しく
生きてるんだと…。
小さいけれど、とても綺麗で感動しました(^^)

ところで、伊豆は残念でしたね。
僕も今週末伊東市に行く予定ですが、
釣ができるかどうか微妙です…。
できるとしても、朝食までに宿に
戻ることが前提なんですよ(笑)

投稿: | 2005/03/15 22:18

attuuさん、こんばんは~。
氷点下の釣りを初めて体験しましたが
やっぱり辛かった…。
長良川のミッジとかは、僕には耐えれそうに
ありません(^^ヾ

おにぎりは、カミさんに感謝ですね♪

投稿: | 2005/03/15 22:41

初めまして!
富山在住のいとと言います。
みなさん、もう解禁を迎えられているようですね。うらやましい・・・。
今週末に、嫁さんの実家(岐阜)で解禁を向かえる予定でしたが、娘(1才)が熱を出してしまい解禁を迎えられなさそうです。
という自分も少し風邪気味ですけどね。
始めてからの年数は結構経ちましたが、フライ初心者です(^^ゞ
またちょくちょく寄らせて頂きます。
よろしくお願いします。m(__)m

投稿: いと | 2005/03/18 23:50

いとさん、はじめまして!
僕もフライはじめて
4年目のへなちょこFFMです(^^ヾ

お住まいの富山にはいい渓が
沢山あるんでしょうね。
いつか訪ねてみたいです。

これから、どうぞよろしくお願いします。

投稿: | 2005/03/19 01:17

へなちょこ具合なら負けてませんよ(笑)
フライもタイイングしたことないですからね~
ようやく、兄貴からタイイングセットをもらって
どうしようかと悩んでる最中です。
富山は、多くの河川がありますが、
漁協の方のトラウトに対する力の入れ具合が???
単純に魚の居ない川に行ってたのかな?と
思いますけど・・・。
富山のフライマンは、今の時期は蒲田なんかに行くみたいですよ。
多分、全くガイドにはならないと思いますけど
来てみてくださいね。

投稿: いと | 2005/03/20 14:38

いとさん、こんばんは~。
タイイング是非始めるべきです!
僕は昨年の11月頃から始めましたが
一気にFFの世界が広くなった感じがします。
水棲昆虫に関する知識も
自然に頭に入ってきますし、
何より自分で巻いたフライに渓魚が
アタックする瞬間は最高です(^^)

投稿: | 2005/03/21 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/3283986

この記事へのトラックバック一覧です: Never Give Up!:

« 久々の街 | トップページ | 東京・伊豆旅行 ちょっぴり釣り »