« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/27

約束の渓 

最近『寒の戻り』で冷え込む日が続いてましたね。
個人的にも、多忙だったり仕事上のちょっとしたモヤモヤがあったりして、
今日は渓に行こうかちょっと悩んだけれど、やっぱり行くことにしました。
朝起きると今朝は何だか暖かいし、「こういう時こそ渓に行かなくては」ってことですね。

行き先は、今シーズン2回目となる寒狭川上流の某支流。
9時半にのんびり自宅を出発し、開催中の万博会場を突っ切るグリーンロードも思いのほか空いていて、午前11時前には無事、現地到着。
前回と同じ支流を遡行するのも芸がないので、今回は初めてだけど前から気になっていた支流へ向かう。

分岐から少し入ったところに車を止め、早速身支度。
ぽかぽかと暖かい春の陽気の中、ウェーダー、ウェーディングシューズを履き、
しっかり靴紐を締め、クラベルカードを装着。
この陽気だから、もうウェーディングジャケットは車においていこう…。
シャツの上にすぐベストをまとい、キャップをかぶったら、最後に焦らずタックルをセット。仕事や都会の喧騒から、少しずつ自分が回復していく僕にとって大切な時間。

慎重に斜面を降り、渓に立つ。数週間前、寒々と見えた木々にもいつの間にか新芽が吹き、少しずつ緑が増えてき>ている。
明るい木漏れ陽の中に目を細めると、目の前を小さな山鳥が飛んでいくのが見える。
気温は12℃、「もう春なんだなぁ」と実感しつつ、4℃しかないひんやりとした水に凛としつつ、フライを結ぶ。

嬉しいことにその渓は上から見て思ったほどのボサでもなく、僕の7’11のロッドでも充分対処できそうだ。kansaj20050327005
林道のこの先はゲートになっているから、もしかしたら先行者もいないのかもしれない。
コカゲロウやカワゲラのハッチも多く、
何だか期待できそうだ。
目の前のきらきら輝く水面へ、思うままのループでファーストキャスト…。
残念ながらこれには反応は無かったけれど、春の渓の溢れる光の中、釣り上がりを開始した。
テンポ良く軽快に、そしてとても気持ちよく。
7X・10フィート強のリーダーシステム、フライは勿論ドライフライだ。

しばらく釣りあがったところの巻き返しにフライをプレゼントすると一瞬水面が割れた。
これはのらなかったが、サカナの反応があることに安心する。
まぁ、ハヤかもしれないけれど。
サカナがいることが分かると、俄然集中力が高まってくる。
慎重にストーキングし、上方後方のブッシュを確認する。フォルスキャストはできるだけ少なく、メンディングを駆使してフライは(技術の限り)ドラッグフリーに。

DSkansaj2005032702しばらく釣りあがったところで、プールに出た。いい感じの淵だ。
流れ出しへ静かにキャスト。偏光グラス越しに、フロータントを一杯吸い込んだアダムスパラシュートがぽっかり浮かんで流れだすのが見える…。
パシャ!今度はすかさずあわせる。
「よしっ!」 自然と声が出る。
ラインがピンと張り、ロッドが軽く曲がる…。
右手の人差し指にサカナと僕を結ぶラインをかけ、左手でラインを手繰る。
近づいてきたところで、ネットを出しサカナの頭から無事ランディング。
kansaj2005032701

前来た時よりワンサイズ大きい位のサイズだけど、この支流特有の綺麗なアマゴだ。
美しい渓魚を惚れ惚れしてると、ガツガツとした釣欲が薄れ、心が穏やかになる自分がいる。
今日は何だかいい感じだ。理由はわからないけれど、上手くいくような気がする。

その予感どおり、その後もヒットは続いた…。kansaj2005032703
アマゴ達はまだ瀬には出ていないようだったけれど、まるで僕来るのを知っていかのように(まぁそんなことはある訳ないけれども)、ちょっとしたプールで僕を待っていてくれた。
#18のアダムスパラシュートやソラックスダンを流すと、準天然のアマゴたちはとてもピュアにフライに出る。(今考えても)僕にはまるでスローモーションのようにそれが見えて、しっかりアワセる。少しずつ焦らず寄せて、ランディングし、丁寧にリリースする。
そんなことを何度か繰り返すうちに、だんだん心が無になっていくのがわかる。

自分の右手のアクションがロッドに伝わり、ラインがループを描いて僕の巻いた不恰好なフライをポイントへゆっくり運ぶ。そのループは僕の心の軌跡そのままだ。kansaj2005032704
淵の手前の流れにフライラインが引っ張られる前に、一定のリズムで上流にラインを打ち返す。正確に、そして柔らかに。その間、ドラッグフリーで流れるソラックスダンを見つめていると、そこにアマゴが何のためらいなく現れる。その瞬間、メンディングからアワセに一転、右手でロッドをあおり左手でラインを引く。
アマゴの動きを見ながら、無理せず寄せて、ゆっくりランディング。リリースした後も、その綺麗な姿が僕の瞼に焼きつき、胸をさらっていく。一度のバラシもなく、そんなことが続いた。

もしかしてパラダイスとは、こういうことを言うのかもしれない。
湯川豊さんの小説『イワナの夏』に「約束の川」という短編があるけれど、今日の、この時間帯の、この谷は僕にとって約束されていたような気さえするのだ。
それほど、とても素敵な時間だった。

渓を上がる頃、僕の心にあった仕事のモヤモヤや(村上春樹風に言えば)日常のオリのようなものは、春の陽気とともに、霞のかかる渓の空に消え去っていた…。

まぁ、こんな日があってもいいですよね。たまには(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/03/23

東京・伊豆旅行 ちょっぴり釣り

3連休に東京と伊豆に行ってきました~。
土曜日の東名(名古屋→東京)は、概ね順調でしたが、東京ICから大渋滞。
耐え切れずに高速を降りたら、それ以上の渋滞…。連休の初日ということもあり、車が全く動かない。前も後も対抗車線も脇道も車の波…。
やっぱり東京の渋滞は名古屋のとは質が違いますね。

結局、夕方ぎりきりに都ホテル東京に到着。
カミさんの予約したミュージカルの開演時間が迫っていたので、
すぐに汐留まで地下鉄で移動します。
『営団』が『東京メトロ』になってる事実に驚きながら(゚o゚;)、走って地下鉄を乗り継く僕達。渋滞で疲れた僕の足腰に、大江戸線、地下深すぎです(笑)。

息を切らして、開演時間になんとか間に合い、劇団四季の『オペラ座の怪人』を鑑賞。
こういうミュージカルは僕には高尚すぎますが、なかなか良かったですね。
怪人の切ないラストにちょっぴり胸が締め付けられつつ、劇場を後にしました。
カミさんは、大満足だったようですが、セリフがほとんど歌なので(オペラだから当たり前か)
僕は少々肩が懲りましたね。
やっぱり何年か前に観たライオンキングの方が好きだだなぁ。子供ですね~。
その後、いつものイタリア料理屋で食事し、一泊。

翌朝、東京発ち、カミさんの実家(茅ヶ崎)へ寄ってご両親をピックアップ、
そのまま箱根ターンパイク、伊豆スカイライン経由で伊豆は伊東市の温泉宿へ。
昨日からほとんど運転しっぱなしです(^^ヾ
伊豆の海の幸と温泉で、疲れた身体を癒しつつ、翌朝に備え、早めに就寝。

翌朝、午前5時起床。やっぱり行ってしまいました~。
気づいたときには、ひとり密かに宿を出て、事前に情報収集した近くの渓流を目指してましたね。
行き先は、伊東松川湖(奥野ダム)の流入河川、松川(伊東大川)です。
事前情報では、アマゴとレインボーが釣れるらしく、
しかも川の方はルアーとフライオンリーみたいで期待が持てます。

宿の朝飯までには「何事も無かったように」宿に戻る必要があり、現場で釣りができるのは午前6時から正味1時間程度。matsukawa02
「たった1時間のためによく行くな~」と我ながら苦笑しつつ温泉街から車を飛ばすこと10数分、
あっと言う間に現地到着です。
○○本の自販機のような怪しい魚券販売機(→)で魚券を買って身支度を整えると、早速、湖への流れ込みあたりから入渓します。
あたりは完全に整備されており、コンクリートの護岸、シャベルカーもあってちょっと釣趣にはかけますが、まぁ川原も開けていて釣り上がりやすそうです。

水温は8℃。伊豆らしいグッドな水温。
朝陽の中、#18ADWソラックスダンを結び、釣り上がり開始。
キャスト数投目でピチャッと反応あり!よーし、気合も入ります。
伊豆の春アマゴに早く逢いたい気持ちを抑えつつ、続けてフライを流すと難なくフッキング。「フフ、俺って上手くなってる?」( ̄∇ ̄*)ニヤリッ と思いつつ、
寄せてくる。


(やけに軽い…)

……
matsukawa1
やっぱりオマエか~(泣)

その後も、どんどんヒット、ヒット、ヒット、雑魚のたいりょ~です_| ̄|○
バレればいいのに、こういう時は全くバレない。向こうあわせでしっかりフライを咥えてます。
ワイワイ、ガヤガヤと雑魚たちにまとわりつかれているうちに1時間経過…。
…タイムアップです。

やれやれ…。
伊豆の温暖な渓流で春アマゴに逢うという僕のささやかな願いは、
雑魚たちに見事に打ち砕かれました。
入る場所が悪かったのかなぁ。初めての川で短時間というのはやはり難しいですね。

その後、宿に戻り「何事も無かったように」(^^)朝食。宿を出た後は、一碧湖、韮山のイチゴ狩りを経て、三島駅でカミさんのご両親を降ろしつつ、昼食。
その後、今度は、沼津ICから東名を一気に一路名古屋に向かい帰路につきました。疲れきった身体にたたみ掛けるように岡崎IC付近でで20キロ以上の渋滞にハマリ、unagi
萎えつつ、何とか旅は終わりましたです。

2泊3日、楽しかったけれど何だか怒涛のような旅でした。今度はゆっくり旅して釣りしたいですね。

→は、三島でよく行く鰻屋さん「本町うなよし」のうな丼。オススメですよ(^^)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/13

Never Give Up!

最近暖かくなってきたので、そろそろプールのライズ狙いだけでなく、
釣り上がりもしたいなぁ、ということで今日は『ドライでブラインド(釣り上がり)』をテーマに釣行してきました(^^ヾ
行き先は、先日リンクさせていただいたtaroさんのレポに感化され、寒狭川上流の支流に決定。ここは小さくとも稚魚放流から成長した綺麗なアマゴに逢える小渓流なのだ。

ところで、昨晩からのニュースや天気予報で『真冬並みの寒気団到来』とか言われてましたが、何とか釣行スケジュールを空けたFFMに「行かない」とか「やめる」という選択肢はありません(笑)
「なんとかなるだろう」とかるーくタカをくくり、午前7時過ぎに名古屋の自宅を出発。思えば、自宅を出発する時点で車の外気温計は既に「マイナス表示(TT)」でしたが、見て見ぬふりをしつつ現地へ急ぎます。支流の分岐から、山道をどんどん登る愛車ゴルフワゴン。思いっ切りノーマルタイヤです(笑)
8時半頃、昨年アマゴを見た(が結局釣れなかった)ポイントに近い地点に車を駐車して、身支度を整えます……が、

やはり、さ・む・い…。寒いというより、イタイ感じです。気温はマイナス4℃。どちらかと言えばワカサギ釣りの世界です…。「むぅ、でも水温はもっと高いさ…、ガマタだってそうだ」と得意の意味不明の理由付けで冷静を装い、誰も居ない(当たり前)渓に立ち、念のため水温測定します。2度…。2℃…。にど…。ニド…。
うーん。でも、まわりを見ると26番ぐらいの白いユスリカがちらほら…。フッ、何とか期待が持てそうです、って、それが雪だと気づくのに時間はかかりませんでした(ToT)

冷静に考えれば、この時点で無残な釣り上がりとなることは容易に想像できたのに、綺麗なアマゴ見たさに現実にtokaizu05031320背を向け、無謀にも果敢にドライで釣り上がるへなちょこFF。厳しい状況に動揺し、完全に周りが見えなくなってます(笑)
少し釣り上がりますが、思ったとおり、釣りにならね~。ガイドは凍り、CDCもカチカチ。息でフライを解凍して、さぁキャスト…、と思うと今度はリールが回らないよ…。
チラホラと舞ってた#26位の白のミッジもいつの間にか#14位に変わりスーパーハッチ、って当たり一面完全に吹雪です(TT)

ぬぅ…。あえなく30分ほどで退散。上流は諦めて、マジで遭難する前に潔く下山です。
とりあえず、上流より気温水温ともに高いと思われる本流寒狭川の中流域へ移動。死ぬほど冷え切った身体を温めるため、お馴染みの広見ヤナ駐車場に車を停めて、ちょいと早いお弁当としました。暖かい車内でカミさんに作ってもらった握り飯とお茶をズッーとすすりつつ、一息。小一時間ほどマッタリとしちゃいます。ふぅーっ。
ぬくぬくの車内からいつもの広見ヤナの様子を覗きますが、やはり天候が天候だけに皆さん辛そう…、釣果も芳しくないようです。

その様子を見つつ「やっぱ、今日はもう帰ろうかなぁ」と弱気の虫が疼き出しましたが、正午ごろになると、少し晴れ間が広がり、気温も6℃位まで上昇してきました。うーむもう少しがんばってみるか。そのまま、寒狭川中部で竿を出しても良かったんだけど、今日は寒狭川上流の日券を購入してたので上流へとってかえします。やっぱり準天然のアマゴに逢いたいな…。今日のテーマはドライでブラインド。そして、あの支流の綺麗なアマゴを釣りに来たはず…。「そろそろ気温も水温も多少は上昇しているのでは」と無理やり都合よく考え、懲りずにまた支流沿いの山道を登ります。結局、朝と同じところに車を止め(結構しつこい)、再度入渓。気温は2℃(朝より6℃も上昇!)、水温は3℃です。ガイドも直ぐには凍らないし「なんとかなるかなぁ」と釣り上がり始めた途端、また吹雪に(泣)、激しく顔にぶつかる雪、「何でだよ~」(--メ ってもう死にそうです。

一瞬、また車に引き返そうかと思いましたが、吹雪の中、山中でただ一人でロッドを振っている自分が何だか滑稽に思えてきて、出渓地点も分かってたので「まぁこのまま行こう」と開き直っちゃいました(笑)。気温は何とかプラスだったので、朝のようにカチンコチンということもなく、吹雪いた時だけ風に背を向けてジット我慢し、雪と風がやむ合間合間の時間帯を見計らって何とか釣り上がっていきます。
3℃という水温からは想像もできないけれど、嬉しくも驚いたことに時々ドライに反応があります(゚o゚;)水面を割ることはないけれど、フライに反応する魚影が見える!「これはチャンスあるかも」と俄然ヤル気になり、サカナが居そうでかつキャストが楽なポイントだけに的を絞り、効率よくドライで釣り上がっていきます。この状況下でトラブルとかなり辛いですからね。
しばらく釣り上がっていくうちに、少し空が明るくなったかなぁ、と思ってると、ある淵へ出た…。大岩の流れ出しにいかにもサカナのいそうな雰囲気。バックや上方にブッシュもなくキャストもしやすい。吹きすさぶ風が止んだのを見計らって#20ADWソラックスダンを流れに乗せる…。
オレンジのADWが落ちて2秒ほど流れたその直後、ピチャッ、と水面に一瞬の小さなキラメキ!tokaizu05031317
すかさず、手返しをして小さくアワセを入れると、ビビッと心地よい感触。
よーし!と4番ロッドですぐに寄ってきたのは、やっぱり小さいけれど綺麗なアマゴでした(^O^)
この顔をみれればどんな苦労もふっ飛んじゃいますね。
リリースしてやると小さい躯をくねくねさせて元気に淵に戻っていきました。恐らくは稚魚放流の個体が成長したアマゴだろうけれど、厳しい状況下で出てくれたことに感謝です。こういう状況下での一尾は格別に嬉しいものですね。

目的を達成した直後から、またまた吹雪いてきたため、その後は出渓地点まで釣りをせず一気に遡行して、気温の下がらないうちに帰途に就きました。
思えば、あのアマゴが釣れたあの一瞬だけ雪が止んで渓に陽が差してました。まさに天からの贈り物のアマゴってとこですかね。あきらめなくて良かったよ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005/03/12

久々の街

ここのところ、休日となれば取り憑かれた様に渓流ばかり行っていた為、
今日は久し振りにカミさんと名古屋一の繁華街栄(サカエ)に行ってきました。
名古屋に住んで2年になるけれど、基本的に人ごみが嫌いな僕は
栄には、ほとんど行った事が無かったんですね~。
カミさんの話では最近『LACHIC(ラシック)』というかなりアップトゥデートなデパート?がオープンしたとのことで「たまには街いくか~」ってことに(笑)

でもって、そのラシックとやらに入ると、オープン直後の土曜日ということもあり店内は人・人・人の波。エスカレーターに乗るために客がゾロゾロ並んでいる~。
「なんなんだ、これは~」と一瞬軽いめまいを感じながらも、僕の唯一の目当て、そのラシックに入った『FOX FIRE SHOP』へ。
いろいろと春物を物色しつつ新しいシーズン用に新しいFFシャツと前から欲しかったドリンクホルダーを買っちゃいました(^^)lachic
開店記念ということで特製のフィールドノートも貰っちゃってご機嫌になりつつ、
その後は、カミさんに連れられて他のいろんなセレクトショップをまわりましたです。
ほとんどの店の名前が横文字で読めない(カミさんは当然のように発音できる)現実に
愕然としながらも、新空港がスタートして万博開催の控えるこの街の景気のよさを肌で感じましたね~。

その後、カミさんが予約してくれた、いかにも洒落た和食の店で食事して帰路につきましたです。
いつも山や川ばかり行ってるけれど、街もいいもんだなぁ。たまにはね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/06

巴川 ふたたび

3月に入って各地の渓流も解禁し始めましたね~♪
前回エントリーのコメントで少しセーブするなとど言っておきながら
昨日また行っちゃいました(笑)

行き先は、先日解禁を迎えた名倉川、段戸川、当貝津川あたりも考えましたが、結局先週いい思いができた巴川へ(^^ヾ
解禁以降、人の多いプールでの釣りばかりだったので、ちょっと気が早いけれど巴川支流の上流を釣り上がることに。山道を凍結に注意しつつ車で登ります。
現場に着くと、思ったとおり誰もいない(笑)。のんびり身支度を整えてだーれもいない渓流を釣り上がります。ちょっと寒かったけれど、やはり釣り上がりは気持ちがいい…。けれどこれも思ったとおりサカナもいません(笑)1時間ほど、ニンフのみで釣り上がりましたが、全く反応なし。上流を釣り上がるのは時期がちょっと早すぎたかな。

で、その支流には早々と見切りをつけて、結局確実にサカナのいる先日のプールへ場所移動。やっぱりボーズは避けたいですからね(^^ヾ。
プールをのぞいてみると、もう昼前なのに2、3人のFFMがいるだけ。川の中に目をやると、残念だけど既にサカナも相当抜かれてしまったようで1週間前に比べ魚影が格段に薄くなっています。放流後1週間で、大半のサカナが抜かれてしまう現実に複雑な思いを抱きながら、先週と同じ場所へ。
まずは、居残りの手強いアマゴたちへの挨拶がてら、先週いい思いをしたBHフェザントテイルを結び流し込みます…。しかし、フライを一度見に来ただけで、その後は見向きもされず、数匹のハヤがまとわり付いてきただけ…。うーむ、やっぱりこういうプールのアマゴやシラメは1週間でスレスレです…(泣)

しばらくすると対岸付近でライズ!40代位のFFMが綺麗なロングキャストで狙います…。しばらく後にヒットして見事にシラメをキャッチ。うーむ、上手いなぁ。
聞くと「通常のミッジドライには反応してものらず、フッキングしてもすぐばれるので、ストーンフライのイマージャーを水面直下に沈めてヒットさせたんだ。僕の最終兵器なんだよ」と会心の笑顔。しばらくFF談義に花を咲かせていると僕らの近くでライズ。「そのライズ、やってみたら」とそのFFMは僕に勧めてくださったが、その方の場所近くのライズなので僕は遠慮して違う場所へ入ることとした。
ところが、しばらくするとそのFFMはそのライズを狙うことなくどこかへ去っていかれたのだ。『君に譲るよ』ってことか…、なんてカッコイイFFMなんだ、と思いつつ、俄然そのライズを狙ってみることに…。

よーし、いっちょやってやるぞ!ストーンフライのイマージャーなど巻いてないし、僕の持ってるフライでの本命は#24ユスリカアダルトと思われた。これで勝負だ。
ポジションを決めて、アユ用の極細ティペットの先にCDCとハックルをできるだけ薄く巻いたミッジを結び、フライから10CMほどを舌で濡らす。ダウンクロスでライズの上流1Mほどにフライをキャストし、少し引っ張ってフィーディングレーンへ送り込む…。
待つのももどかしいほどゆっくりとした流れにのったフライが、ライズリング周辺へ吸い込まれた瞬間。パシャ!!何と一発で出た~。アワセも上手くいったぁ…と思ったらあっという間にバラシ(TT)。電光石火のバラシだ。向かい風参考ながら自己記録。(意味不明)
押し黙る僕と水面…。うぅぅ。
それでも、しばらく我慢して待つとまた同じ場所でライズ!もう同じフライでは難しいと考え、最近ジーロンを使って巻いたユスリカのシャックパターンの登場だ。同様の方法で満を持してキャスト。ゆっくりライズポイントへ向かうフライ、グリップを握る手に力が入る…。来いっ、心の中でそう思った刹那、パシャッ、また出た~。今度はしっかりフッキング、銀色の魚体を少しずつこちらへ寄せる、「よしっ」と思った瞬間、またロッドから力が抜けた…。またバラシ_| ̄|○
「あぁあぁあぁ~」あまりのショックと不甲斐なさにそのままその場にへたり込む僕…。さっきとは別のFFMが「残念だったねぇ」と微笑んでくれましたが、その後二度とそのライズが起こることは無かったのでした(やれやれ)。
やはり微妙なドラグが擦れたアマゴ達に違和感を与え、しっかりフッキングしていない上、下手くそなロッドワークで、ただでさえバレやすいミッジフックの限度を超えたってことだろうな。バラシについては、今年も課題になりそうです。

その後、夕方になるとユスリカのハッチがかなりあり、対岸で激しいライズリング。「おーっ、ボーズ免れるかも」と俄然色めき立ちましたがffp2、甘かった…。群飛しているユスリカは、目視でも#28以下。本物のユスリカが捕食されているその5CM横を僕の最小ミッジ#24が虚しく通過していきます。#24は諦め、反射食いを狙いカガンボから果てはエルクヘアカディスまであれこれフライチェンジ(→)して挑みましたが、全く相手にされませんでした(泣)
僕のほかに2人のFFMも一緒に手を変え品を変えずっと続くライズを狙いましたが、左隣のFFMが「1個だけもってた#26のユスリカアダルトに一瞬だけ反応があった」他は、あたりすらなく午後5時終了…。
やはり、極小ミッジの1個や2個は巻いてもっていた方がいいですね。
あー、それにしてもあの2連続バラシが悔やまれる…(ブツブツ)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »