« 週刊つりニュース! | トップページ | 巴川 ふたたび »

2005/02/26

巴川解禁釣行!

さてさて、前回の寒狭川のリベンジをはたすべく、今シーズン3度目の釣行に行ってきました(^^)
2月に3回も行ってしまうとは。予想以上のペースになってるなぁ…。

今回行き先に選んだのは、今年から特別解禁がルアー&フライにも開放された愛知県足助町の巴川。tomoe06
紅葉で有名な観光スポットでもある香嵐渓付近の『川見堰堤から上流つり橋』までがルアー&フライ専用区となってます。(→写真は上流つり橋から下流を撮影したもの。写っている水面全てがルアー&フライ専用区です。但し3日間の特別解禁中だけのはず)。

午前7時から受付開始とのことで、朝6時に自宅を出発。今年はやる気を見せてますです(笑)
愛知万博の会場を横目で見つつ、弟にもらった「ゆず」のベストを聴きながら
気持ちも軽やかに足助町は香嵐渓を目指します。

7時前には現地に到着。朝方ということもあり、気温は当然マイナス!も心はホットに(^^ヾそそくさと身支度を整え、受付を済ます。漁協のオッサンが「兄ちゃんフライか?明日もあさっても放流するからきぃや」と言ってくれたが、
毎日3000円はきついなぁ…、などと小声でブツブツいいつつ、まずは川の様子を確認。すでに餌釣りエリアは人で一杯だ。(夜明けからやってるのか…)
で、肝心のルアー&フライ区間だけど、そちらへ目をやると川見堰堤を境にあまり人がいない…。ちらほらとルアーマンは見えるがFFMに至ってははほとんどいない状況。
「寒狭に比べてあまり知られてないのかもなぁ…」( ̄ー ̄)ニヤリッ、と内心ほくそえみつつ、つり橋から続くプールが流れ出すあたりに陣取り、水面を観察…。

って、いきなりライズが散発してる~♪
しかも、偏光ガラス越しに見る水中は、魚影も濃い!tomoe01
おーっと思いつつ、とりあえず#22のミッジアダルトを流す…。流すと、バシャって、何と一発で出た!
しかし、ノラズ(TT)
気を取り直してもう一投…、また出た!
がまたノラズ(ToT)
もうダメか~と思いつつ、3投目…。ってまた出たよ(感謝)!!
今度はしっかりフッキング!
7Xで確実に寄せて、ランディング。見ると綺麗なシラメ(右)。釣り始めてまだ5分もたってないんですけど…。嬉しいね。

朝陽で水面が反射してナチュラルのCDCがかなり見にくかったたため、今度はADWのインジケーターをつけた#18のプラックパラシュートに変更。穢れを知らないマス達の反応の良さからして、それでもいける気がしたのだ(俄然強気)。

そんでもってフライを変えて、プレゼンテーション数投目…。フフフ、やっぱり出た~。
元気に泳ぎ回るサカナをロッドワークで抑えつつ、慎重に取り込んでみると今度はアマゴだぁ↓(^^)tomoe02
ボーズ常習の僕がこんなことって…。しかもこの時期パラシュートに出てくれるとは。とにかく、最高!(むせび泣き)
結局、開始から20分ほどで、何とアマゴ2尾、シラメ2尾の計4尾をキャッチ。
スレてない無垢なマス達ならではの釣果だけど、彼らにしばらくの間楽しく遊ばせてもらいましたです。
感謝感謝。

といってるうちに、30分も経過してくると、段々ライズがなくなり、ドライにも反応しなくなってきた。ふむふむ、マス君たちも分刻みできっちり学習しているって訳だ。

となれば、課題のルースニングに切り替えるしかない。
今日こそ、ニンフィングで1尾ゲットしたい…。
彼らはまだニンフフライにもスレてないはずで、チャンスは充分にあるはず。
あらかじめ巻いてきた#12のBHフェザンテイルとインジケーターをつけ、タナを調節してキャスト、キャスト…。
キャスト…も、数投目で早くもライントラブル…。うー、いつもと同じ展開…。しかもインジケーターとラインとフライがかなりの複雑さで絡まってる(泣)必死で縺れたラインをほどこうと10分ほど格闘するも、あきらめる。潔くティペットを切って、もう一度ルースニングシステムを作り直しだ。やれやれ…。

そしてキャスト再開。それにしても、キャストが難しい…。BHが重いのでBHが思い描く軌道より落ちてきてしまい、ラインに絡まるのだ…。さっきまでのドライの調子良さは何処行ったのか…まごつく僕。
けれども、そんなトラブルを繰り返すうちに何だか、ちょっと分かってきた(ような気がした)。ロッドワークをスリークォーターにして、フォワードキャストを少し早めに大きく行うことでループが大きくなり、絡まる回数が減ってきたのだ。なるほど、って我流だけど大丈夫かな。

#12ではなかなか反応が出なかったので、#16のBHフェザントテイルにサイズチェンジ。tomoe07これが功を奏した。何度目かにフライを流した時、一瞬、水中でギラリとナイフが光った!と同時に、スッと引き込まれるインジケーター…。
「これだっ」とあわせると、ラインがピンと張って、フッキング!!確かな手ごたえの先には、水面下でギラギラ踊る魚影!ゆっくりゆっくり、慎重に取り込むと綺麗なアマゴ。よっしゃぁ!
管釣以外でルースニングで初めて釣れたマス(→BHをしっかり咥えてくれてます)。正直嬉しかったなぁ。

tomoe04

その後も、ライズは見られなかったため、ルースニングを続け、トラブルやバラシもあったけれど、アマゴ2尾、シラメ1尾(↓)を追加。
僕にしては充分な釣果となりました。(^o^)ノ
11時頃、風が一段と強くなり寒いのと充分満足したのとで、納得のロッドオフ。

いやぁ、ホントに楽しいひと時が過ごせました。僕のBlogでこんなにサカナの写真が載るの珍しいですもんね(笑)
ルアー&フライ区間を設定いただいた漁協および関係者の方に感謝ですm(_ _)m
tomoe05

|

« 週刊つりニュース! | トップページ | 巴川 ふたたび »

コメント

こんにちは〜

春ですね〜とても奇麗な写真に思わず『春』を
感じられずにはいられません。実は、僕まだ
アマゴって釣ったことがないんです。この
『朱点』を実際に見てみたいな〜いいな〜いいな〜
(^^)

投稿: MDA | 2005/02/26 15:59

洋さん、こんにちは。
中々、精力的に釣行をしていらしゃいますね。
見習わないと・・・^^;
愛知県足助町の巴川が特別解禁でルアー&フライにも開放されたなんて全く知りませんでした。

★リベンジ達成、おめでとうございました!!★

明日、行ちゃおうかな?でも洋さんがしっかり教育したから撃沈覚悟!

投稿: attuu | 2005/02/26 16:08

洋さん、ども!
アマゴ綺麗ですねー。そっちはもうホントに春なんだなぁと実感させられます。こっちは…と窓の外に目をやると、うんざり(笑

>MDAさん
アマゴ綺麗ですよね。北海道出身者にはある種憧れとも言える鱒ですよね。しかし、なんでも北海道でも釣れるところがあるとか…。複雑ですね。

投稿: いぬ太郎 | 2005/02/26 17:36

洋さん、こんばんは。
爆釣っすねー。いいなー。

実は今、万博会場で工事の仕事してまして.....
標識の「足助」の文字を見ると仕事をスルーしたくなりますな。

投稿: Hi | 2005/02/26 21:40

MDAさん、どうもです。
確かに写真を見ると『春』ですよね~。
でもフィールドはやっぱり寒かったです(笑)

アマゴの朱点って、ほんと鮮やかです…。こっちにきて初めて見たとき、「これがアマゴかぁ」と結構感動しましたよ。

投稿: | 2005/02/26 22:36

attuuさん、ありがとうございます。
精力的にというか、ちょっと行き過ぎですね(笑)
少し、セーブしますよ。

漁協では、明日も放流するといってたので
チャンスはあるかと…。
少なくとも今日の午前中のルアー&フライ区間は人は少なかったですし、大した教育はしてませんのでご安心を(^^)。

投稿: | 2005/02/26 22:45

いぬ太郎さん、毎度です。
そうですよね~。僕も北海道に住んでた時は、
6月解禁でしたもんね。
こんな風に2月にFFできるなんて、
考えもいませんでしたね。
でも冬が長く厳しい分、雪解けとともに、
大地の息吹というか、いろんな命が
あふれ出してくるような北海道の春は、
大好きですね。
6月ごろの北海道で、またFFしてみたいです。

投稿: | 2005/02/26 22:51

Hiさん、こんばんは~。
今日は無垢なアマゴやシラメに助けられました。
これからシーズンが進んでいくと、
こうはいかなくなるだろうから、
たまには、こんな日があってもいいのかなと(^^)

万博、あと少しですね。
工事の方も追い込みかと思いますが、
ご自愛下さい。
たまには思い切ってスルーしてみては(笑)

投稿: | 2005/02/26 22:58

洋さん、お疲れ様です!!

足助の辺りは意外と穴場なのかもしれませんね。
あの辺りなら暖かくなるのも早そうですし、春の釣りをするには良さそうですね。ちょっと興味あります。

愛知県に住みながら、行くのは殆ど岐阜、時々長野、たまに富山、福井って感じなので、もっと近場に目を向けると良い所一杯あるんでしょうね。

投稿: Rolly | 2005/02/27 20:20

Rollyさん、毎度です♪

今年は足助は穴場だったかもしれません。
ただ、去年3月下旬にいったときは、
サカナの姿は既に見えなかったですから、
香嵐渓あたりは、すぐに釣りきられて
しまうのかもしれませんね。

昨年は、寒狭川上流・名倉川漁協あたりの
近場にも足を運びましたが、
やはり僕にとってはタフコンディションで
ボーズ連発でした(TT)
結局、岐阜方面に足が向いてしまいましたが
近場で1尾でも釣れる腕があれば、
気軽にロッドを振りに行けて良いですね。

投稿: | 2005/02/28 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/3083809

この記事へのトラックバック一覧です: 巴川解禁釣行!:

« 週刊つりニュース! | トップページ | 巴川 ふたたび »