« 戦闘準備完了! | トップページ | 寒狭川再び 返り討ち(泣) »

2005/02/06

今シーズン初陣 寒狭川釣行

『解禁の喧騒が去った2月中頃の暖かい日に
のんびりまったり出かけようかと…』
確か前回のエントリーのコメントでそんなこと言ったはず…。
その舌の根も乾かぬうちに、あー、我慢できずに行ってきてしまいました。
人ごみが嫌いだ、寒いのはイヤだ、と言いながらも寒狭川の解禁釣行です(^^ヾ

午前7時に起床、7時半に自宅を出発、雪の影響を考えてkansa05020602DSC00666
東名の豊川ICからアプローチ。高速代も何のその。結構気合入ってます♪
午前9時には、颯爽と広見ヤナに来てましたね~。
早速、おっちゃんから遊魚券を購入。
各淵にまんべんなく放流済みとのこと。
ふむふむ、どこに入ろうかな…。

解禁初日とあって、やはり朝からかなり込んでます。
様子を伺っていると、広見ヤナの駐車場前に若干のスペース発見。
そそくさと岸を降り、隣の方に声をかけて間にいれさせていただく。
ありがとうございます。下手くそですがヨロシクです。

さぁて、ライズは……と、辺りを見渡すものの、全くなし(TT)。
まだ時間が早いのか、流下もハッチもなし。
おまけに(分かってたことなんだけど)かなり寒く、風が強い。
やれやれ、厳しいミッジの釣りの典型的な悪条件となってしまったようだ。

まわりのFFMは皆さん当然のごとくルースニングのようです。
ひとりだけドライで冷たい注目を浴びる(しかも釣れない)のはイヤなので、
僕もマーカー付けて下手くそなルースニングキャスト。
それはそれで注目を浴びそうなんですけど(TT)
カクカクしてどーも上手くいかないんだな、これが…。

ビーズヘッドフェザントテイルを皮切りにヘアーズイヤー・ユスリカラーバをとっかえひっかえ投げ込むも反応ゼロ。慣れない0.15号のアユ用ティペットなんて使ってるから、ライントラブルは多発するは、苦労して巻いたフライはロストするはで、予想されたとはいえ、かなり苦しい立ち上がり。
「やれやれ、これが現実なのか…」とオフシーズンに描いていた理想とのギャップにしばし天を仰ぐ…。

けれども、今日は解禁日。つまり、ここには、間違いなくサカナはいるはず。
その証拠に、周りの上手いFFM達は確実に数匹ヒットさせている(さすが…)
うーむ。どうしたものか。
と考えているものの、ルースニングのキャストが短時間で上達する訳も無く
かじかんだ手で頻発するライントラブルを処理してるうちにうちに午前中終了(TT)
やばい感じだ。去年の寒狭川で撃沈されたことが頭をよぎる…。

12時を回った頃、はじめてライズ発見!
だけどライズの位置は対岸のがけの近くで、かなり遠い。
言うまでも無く僕の腕では届かない(泣)
あー、ロングキャストの練習しときゃ良かった…って、いまさら言っても遅いか。

しかし、その頃からユスリカアダルトの流下が増え、群飛も始まった。
と、同時にライズが増え、少しずつ手前に近づいてきたのだ!
よーし。
大学時代に専攻した麻雀という健全競技で、よく先輩に言われた言葉を思い出す。
「いいか、洋、どんな下手な打ち手でも半荘に2回はチャンスが来る。
そのチャンスをものにすることが大負けしないコツなんだ」と。
今がまさにそれなのだ(意味不明)。
まぁどんなへなちょこFFMにも一度はチャンスは訪れるということ。
ここで釣るしかない!!

フライをミッジピューパ#24に付け替え、満を持してライズの辺りにキャスト。キャスト。
キャストするも…、見えねぇ。自分で巻いといて言うのもなんだけど、小さすぎる。
もしやピューパのCDCが少なすぎたか!(理由はそれだけじゃないだろう!>俺)
加えて、0.15号のティペットは強風に流れて全く違うところに着水。ダメだこりゃ。

もう少し視認性と投射性が必要と判断して、『苦しい時のグリフィスナット』#18に変更、
0.15ティペットをやめ、8Xだけにしてライズを狙う。
すると、グリフィスナットめがけてアマゴがどんどん浮いてくる。
「よしっ、食っちまえ~(焦りのため若干下品)」と思った瞬間、寸前でパシャっとUターン。
虚しく流れるグリフィスナット。それ以降出ず…。
うぅー、なんなんだよ。コイツラ。放流直後なんですよね?
残念!!しかしライズは散発的にまだ続いている。まだチャンスはあるのだ!

「よーし、ならばやっばりマッチザハッチだ」と今度は#22のユスリカアダルトを結ぶ。
(さっき流下見たんだろ、初めからこれにしとけよ、って声が今聞こえたような…(笑))
ティペットは0.15部分を一ヒロだけにして、残りは0.8Xに繋いだ。

CDCに加え、ハックルを巻いているので小さくとも結構ハイフロートで視認性がいい。
そして数投目、2匹のアマゴがペアでフライ目がけて昇ってくるのが見えた!!kansa05020603
そのまま、上昇っ~。
「よし」と軽く合わせると、しっかりフッキング。やた~!グングンと久々の心地よい引き。
細いティペットなので、無理せず少しずつ寄せてくる。
水がクリアーなので寄ってくるアマゴの姿がよーく見える見える。
すると、なんとさっき一緒に浮いてきたもう一尾が今まさに寄せられている一尾のまわりを心配そうにグルグル回っているのが見えた。
「へぇ~もうペアなのかなぁ」なんてほほえましく思いつつも、寒狭川で初めてのランディング。
20センチ位の放流アマゴだけどシーズン最初の一尾は、やっぱり嬉しい(^^)
と、同時にカンツリ以外で自分で巻いたフライにはじめて出てくれた鱒だ。

「かかってくれてありがとな…」
寄せるのに時間をかけたので、記念写真1枚で優しくリリース。
心配してたペアの元へ帰っていった…はずだ。

F1000005その後もしばらくライズは続き、2度フライに出たものの、
一度はアワセ切れ、一度はあわせ損ねでジエンド…。
2時過ぎには、ハッチも流下もなくなり、ライズもまた対岸へ遠のいてしまった。
風も一段と強くなり、寒さの我慢も限界に達したため、ここで納竿。
シーズンのスタートとなる寒狭川で、昨年の雪辱を果たせてよかった。と同時に、周りのFFMは僕より多く釣っていらしただけに、ルーススニングはじめキャスティングもろもろ、改めて自分の未熟さを思い知らされた釣行となりました。

寒かったけど楽しかった。やっぱり渓はいいな。
今シーズンもいい釣りができますように…。
ちなみに上のフライが記念すべきユスリカアダルト#22のヒットフライ実物です。


|

« 戦闘準備完了! | トップページ | 寒狭川再び 返り討ち(泣) »

コメント

洋さん、お疲れ様でした!!!!
いやいや、充分ホットな時間を満喫できたようで・・。
僕もこの時期の釣りはコンプレックスがあってなかなか思うように釣れないのですが、それでも通っていると一日に何秒、いや何分かでも燃えるような時に遭遇できるので、止められないです。

で、今日は長良川で友人達と鍋祭りで解禁を祝いました、でも釣りは一切してません(^^;

投稿: Rolly | 2005/02/06 22:05

洋さん、解禁日でのヒット
おめでとうございます。(^o^)/

明日、私も寒狭へ様子だけ見に行こうと
思っていましたが(私のへっぽこキャストでは
周りの方の迷惑なので)、洋さんのブログを見て、
今はラインをドレッシングを始めてます。(^^;)

どうか私の前でもライズがおきますように・・・。

投稿: BILL | 2005/02/06 22:36

こんばんは。

オー、やりましたねー。おめでとうございます。

僕の友人の情報ですが、根尾川はライズがボコボコだそうですよ。
長良川も解禁が大雪で人が少なかったので
魚はまだまだいっぱい残ってるらしいです。

投稿: Hi | 2005/02/07 00:05

臨場感タップリのエントリ、感服いたしました。寒々とした寒狭川の解禁日の様子が伝わってきて、部屋の中だというのに寒気がしてきました(笑

今回が管釣り以外では初なんですか?それだと喜びもひとしおですね!それものっけからミッジングでの一匹とは・・・。御見それいたしました。

幸先の良いスタート切れたようですし、これからのハイシーズン楽しみですね♪

投稿: いぬ太郎 | 2005/02/07 12:44

皆様、コメントありがとうございます。
深夜残業で今帰ってきたところ(TT)なので、
また改めてレスしますね。
申し訳ないです。あぁ眠い~ZZZ。

投稿: | 2005/02/08 03:18

祝解禁!
洋さん、おめでとうございました。
自分も出掛けたいのですがやはり花粉が恐く躊躇しています。
事後報告になりますが、My Blog Listに登録させてもらいましたm(_ _)m
よろしくお願いします。

投稿: attuu | 2005/02/08 10:30

Rollyさん、毎度です。

>一日に何秒、いや何分かでも
>燃えるような時に遭遇できるので、
>止められないです。

そうなんですよね~。
特に釣れないとき、状況が厳しい時に
一尾を手にしたときの喜びはホント
大きいですよね。
カタルシスが爆発するというか、
緊張した試合展開のサッカーの
ゴールみたいなもんです。
今回の釣行も。ほとんどは厳しい時間
だったのですが、今振り返ってみると
ヒットした瞬間から、取り込んでリリースするまでのことしか思い出せませんね(笑)
我ながら得な性格です。

投稿: | 2005/02/08 23:42

BIllさん、こんばんは~。
寒狭川どうだったのでしょうか。

僕のへなちょこキャストは、かなり
周囲の失笑を買ってたと思われます…。
特に、知らないFFMの方(みんなエキスパートに見えるんですよね)と
同じ釣り場を囲む解禁の釣りは気ままな釣り上がりの釣に比べ、
やっぱり気後れします。
ただ、みな同じFFを愛するFFM、最低限のマナーを守り、
迷惑をかけないことを心がけて、チャレンジしてみました(^^)
一度、僕のフライと隣の方のラインが絡まってしまったのですが、
その方は僕のフライを見て「うん、フライはこれでいいと思うよ」と
アドバイスしてくれて、とても嬉しかったですね。
上手い人のテクニックを見ていろんな意味で勉強にもなりましたよ。
お互いマイペースで楽しみましょう!


投稿: | 2005/02/09 00:04

Hiさん、ありがとうございます。
ライズがボコボコですか!
次は根尾川にいくかなぁ(^^ヾ

できるだけ釣りきられずに
残ってて欲しいですね。

投稿: | 2005/02/09 00:09

いぬ太郎さん、こんばんは~。
自分の巻いたミッジフライでマスが釣れるなんて、
幸運の女神に助けられたとはいえ、
正直かなり嬉しいですね(^^ヾ

ハイシーズンが今から楽しみです。
ますますタイイングにも熱が入りそうです(^^)

投稿: | 2005/02/09 00:18

attuuさん、こんばんは♪
スギ花粉はやくおさまるといいですね。
一雨降るといいのかな。
一雨ごとにアマゴも成長するっていいますしね(^^)

リンクありがとうございます。
こちらからもリンクさせて頂きました。
これからもよろしくお願い致しますm○m

投稿: | 2005/02/09 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/2825955

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズン初陣 寒狭川釣行:

« 戦闘準備完了! | トップページ | 寒狭川再び 返り討ち(泣) »