« アダムス・パラシュート! | トップページ | 蕎麦 江月 »

2004/11/21

ソラックス・ダン

かの岩井渓一郎氏によると、メイフライのイミテーションて釣れるのは
「CDCダン・ソラックスダン・パラダンの順」(『岩井流フライフィッシングの真実』より)
らしい…。
ということで今あるマテリアルだけで何とか巻いてみましたソラックス・ダン。

photo/thoraxdun
うーむ。なんか変だ

これじゃ、釣れそうに無いよ(TT)
やっぱりウイングの色はハックルと同系色がいいのかな。
ストークもボディのイエローに目立ってしまっていてかっこ悪いし
まだまだ修正すべきところが沢山ありそうだ…。
あと、ハックルは下だけでなくてサイドも切った方がいいのかな。

不恰好なフライに悩みは尽きないけれど、
秋の夜長に珈琲片手にじっくりとタイイング、
いいもんですねー。
でもちょっと夜更かししすぎたなぁ(^^)

追記 MDAさんのアドバイスを参考に2度目巻いてみました。

photo/thoraxdun2
少しはマシになったかな~

MDAさんに感謝です(^^)

|

« アダムス・パラシュート! | トップページ | 蕎麦 江月 »

コメント

洋さん、こんにちは。

このフライですが、ウィングをもっと
思い切って真ん中に付けた方がいいのではないでしょうか。
そうすると、ハックルがあと2回転はウィングの前に巻けます。
そうすることで、バランスがかなりよくなると思います。
あと、テール付近のボディのダイビングがやや多いのかも
しれませんね。ダビングのスタート地点を細くされると
とてもいいフライになると思われますよ。
参考にならないかもしれませんが、がんばって下さいませ!

投稿: MDA | 2004/11/21 08:22

MDAさんアドバイスありがとうございます。
ウイングの位置とテールのダビングの量ですね。
なるほど、言われてみれば確かにその通り!

全体的に不恰好なフライだなと思っても、
じゃ何処がおかしな点なのかって、
まだまだ自分では分からないんですよね(笑)
的確なアドバイスに感謝です。

よーし、次はそこに注意して巻いてみるぞ。
やっぱり淡色系のウイングも買ってみようかなぁ。

投稿: | 2004/11/21 09:14

洋さん、こんばんは〜

いや〜、イケてます!
いいです!洋さ〜ん、本当に
はじめてですか〜?(笑)
バランスがとてもよろしいかと思われます。
あとは、春から初夏にかけてカゲロウが
羽化しますので、各サイズに同じカラー
を数本ずつ....ウィングのカラーを変えてみる....
ボディカラーをイエロー、オリーブ、クリーム、
グレー、ブラック....そしてサイズにバリエーション....
これだけで、カゲロウのハッチに広く対応出来ると
おもわれます。洋さん、本当にセンスがありますね〜
凄いです!!いっぱい写真アップして下さいませ〜

投稿: MDA | 2004/11/22 19:07

いやぁMDAさんのお陰で
なんとかカタチになりました。
ほんとにありがとうございます。

今はウイング1色、ダビング材3色、
ハックル2色しかないので、
財布と相談しつつ、少しずつカラーの
バリエーションを増やしていこうかなと…。

これで、エルクにパラダン、ソラックスダンと
きたので次は何を巻こうかなぁ。
よく使うフライとしては次はアントとか
テレストリアルにするかな。
CDCを使ったドライフライやニンフもいいかも…。
うーん、完全にはまっちゃいましたね(笑)

投稿: | 2004/11/22 20:39

ソラックスは、フライフィッシャーの多い川ではよく使ってます。こちらでいうと春ごろ蒲田川なんかでは、釣り上がりに使っていてライズを見つけると、結び替えもせずそのままとりあえずキャスト、、、なんて使い方ができるので良いですよね!!

投稿: Rolly | 2004/11/23 23:00

恥ずかしながら僕はソラックスダンを
これまで一度も使ったことがない…と思います(多分)。
大抵はエルクとパラダンで
釣り上がってましたから(^^ヾ

なるほど、フライフィッシャーの多い
(プレッシャーの高い)川で使えるのかー。
来シーズン一色なんかで試すのが楽しみです。

投稿: | 2004/11/24 21:28

エルクとパラダンの使い分けでも充分効果的ですよね!
水面に高く浮くEHC、水面にべったり浮くパラダン。
さらに中間的?な浮き方のソラックス、ぜひ試してみて
ください!

あ、そうそうボクのBlogのお返事にも書きましたが
身の回りのモノをマテリアルとして捉えて創作的なパターンを
編み出されている友人のサイトがあるので一度参考にしてみて
ください。
既存のマテリアルも時々意外な使い方で独創的なフライが
魅力です
http://www.ne.jp/asahi/m/walker/

投稿: Rolly | 2004/11/26 22:11

サイト拝見しました。
ウエットなんてほとんど芸術品ですね。
色合いも鮮やかで見てるだけで
ため息がでちゃいました…。

独創的なフライ、僕もいつか挑戦してみます!

投稿: | 2004/11/27 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/2020368

この記事へのトラックバック一覧です: ソラックス・ダン:

« アダムス・パラシュート! | トップページ | 蕎麦 江月 »