« フライタイイング実演 | トップページ | ゴルフワゴンから涙? »

2004/10/11

FF須谷川

やっと晴れましたね。
という訳で、連休最終日の本日、禁漁後初めて管理釣り場に行ってきました。
行き先は、滋賀県永源寺町にある池田養魚場にあるFF須谷川
名神の八日市ICを降りて国道421号を30分ほど走行。名古屋の自宅からだとたった2時間弱で現地にたどり着きます。ちなみに三重県側の国道421号からのルートはかなりの悪路のようなのでご注意を。

FF須谷川は、フライフィッシャーには嬉しいフライフィッシング専用エリア(しかも1日限定5人予約制)で、鈴鹿山脈の中央を流れる愛知川上流部須谷川の流れをそのまま利用している管理釣り場。
ポンドより断然渓流タイプ(というかここは渓流そのもの)の方が好きな僕としては、前から一度行ってみたかったのだ。

午前7時すぎ早速受付でご主人から説明を受ける。お目当てのFF専用区は、池田養魚場の管理している須谷川の区間でも上流部にあり、受付から少し車で移動する必要があるらしい。
そして、そのFF専用区間約1.2キロは下流からA区間・B区間・C区間と分けられ、予約しておくと受付開始の朝7時から10時までどこかの区間に入ることができる。10時以降は何処に入っても構わないんだけど、10時までは割り当てられた人のみがその区間に立ち入れる。つまり、予約しておけば少なくとも朝10時までは、先行者が誰もいない渓流を釣り上がることができる訳だ。ふーむ、なかなかいいシステムだ。自然渓流でもできないかな…ってまぁ無理か。

photo/DSC00191
林道入り口の看板

受付を済ませた後、車でFF区間入り口まで移動し、身支度。入渓地点まで、しばらく林道を歩く。高い木々が鬱蒼と立ち並び、曇ってきたこともあり、あたりはかなり暗い。一人だと結構怖いかもな…。最近熊さんも多いしなぁ、なんて思いつつ思わず笛を鳴らしてみる…(小心者なのです)。そうこうしているうちA区間入り口の看板が見え、そそくさと降りてみると直ぐに川へ出れた。
渓相はこんな感じ↓。区画や整備ほとんど無し、というか全く無し、自然渓流そのままです。だけど遡行はラクなので、ご安心を。

photo/suyarv
晴れてたら木漏れ陽が気持ち良さそうだな

さっそく釣り開始。
辺りは木々が鬱蒼としていてかなりのボサ。キャストには苦労させられる。
ボサ度といい、川の規模といい石徹白の峠川の上流部みたいな感じかな。
川の水はかなり綺麗です。沢蟹も見かけましたよ。
今日のシステムは、6Xのリーダーに6.5Xのティペットを繋いで、リーダーの全長をを8フィートに。かなり短いけれど、ボサですし落ち込みが続くので、至近距離でキャストオーケー。僕的にはこれで充分です。フライは16番イワイイワナ。

釣りを開始して5分以内に、僕としてはめずらしく立て続けに2回も魚信あり。しかも、魚体をクルリと見せる結構派手な出方だ。
おー、いるなー、って、まぁ管理釣場だから当たり前か(笑)
フライを初めて以来苦節3年、釣行の度に「今日もダメかも…」と心配し続けた僕が
初めて「今日はボーズはないっ」と確信できるような雰囲気です。
やっぱり管理釣り場っていいなー(完全にへたれ)。

そして何とその確信通り、その直後にヒット!僕のフライ史上、入渓後最速ヒットだ!
鈴鹿山系でファーステスト・ヒットだ!見たかー、ミハエル!(佐藤琢磨惜しかったです…)。
放流魚のわりには結構元気一杯暴れる。ちょこざいなイワナめ。でも、優しく寄せて慎重にネットイン(^^)

photo/20041011suyaiwana
放流魚だけどやまとくん。今回はアップで撮ってみました

釣れたのは、僕にとって初めてのやまとイワナ(ここの放流魚はやまとイワナのみ)。そのあとにも1尾追加。2尾とも20CM位。瀬よりも淵、落ち込みからの流れ出し、ヒラキに鱒たちは定位していました。
個人的には、カミさんの前で初めて釣るところを見せれたのでホッとしたなぁ…。

フライ専用区は、C&R・バーブレスオンリーになっているので、かなり魚影は濃いかと思われます。今朝は午前中1時間と少しだけしかできなかったけれど、ドライオンリーで鱒の反応は二桁(それで2尾かよ(泣))。先行者なしということもあるのだろうけど、禁漁期にほぼ自然渓流と変わらない川でこの反応は、素直に楽しめました(^^)C&Rなので鱒も多少はスレていて、中々ノラなかったけれど(まぁ一番の問題は僕の腕なんだが…)、条件さえ良ければ上手い方ならもっといくでしょう。鱒の状態も起伏にとんだフリーストーンの流れにネイティブ化しているのか、キャッチしたイワナは2尾とも元気一杯でしたよ。

今日はその後予定があったので1時間少しで受付へ戻ったところ、
ご主人が、「もう帰るの?次はゆっくりしていって」と養殖イワナを4匹さばいてくれた上、氷付けにして渡してくれました。
いゃぁ、どうもありがとうございます。我が家の今日の晩御飯です。
ご主人もかなりいい方のようで、僕的にはこの管理釣り場とっても気に入りました。
今日も3連休の最終日だったけど、これだけ魚影の濃い、ほぼ自然渓流の一区間をプライベートリバーとして楽しむことができるのは素晴らしいです。これでもう少し川が開けていて渓相が明るければ言うこと無いのだけどなぁ。今度はゆっくりと楽しみたいです。
ただ、名古屋からだと高速往復6000円+日券4000円(HPには3000円とありますが4000円)の1万円は、ちょっと辛い。

あとここは鈴鹿山脈の山。ヒルがいます。今日もカミさんの服に一匹うねうね付いてました。ヒル対策を万全に。

|

« フライタイイング実演 | トップページ | ゴルフワゴンから涙? »

コメント

こんばんは〜

画像拝見しましたが、ほとんど自然渓流ですね〜
今の時期にこんな管理釣り場があるとは羨ましい限りです。
僕も増水が落ち着いたら、管理釣り場に行ってみます!
ヒル、僕ダメなんですよ〜(笑)。

投稿: MDA | 2004/10/12 17:26

毎度です♪

一度行ってみたかったんですよ~須谷川。
中々良さそうな渓ですね!!!

投稿: Rolly | 2004/10/12 22:24

MDAさん、こんばんはー。
こんな管理釣場もあるんですね。
予約制で(他のお客さんに)気を使わなくていいのが
グッドです。

ヒル…僕も大嫌いです。
首にタオル巻いて釣ってましたよ(笑)

投稿: | 2004/10/12 22:56

Rollyさん、どうもです!
須谷川、ちょっと鬱蒼としてますが、
自然渓流に近くなかなかいい感じでした。
3人で一日貸切にもできるみたいですよ。
チラシによるとFFエリアは
99年にスタートしたようですね。

個人的には、美濃FAより気に入っちゃいました。
こんどは丸一日釣ってみたいなぁ。

投稿: | 2004/10/12 23:10

毎度です!!
先週末は奈良県の天川管理釣り場まで行って
きました。

関西の友人達の集まりで、釣りもそこそこに
川原で宴会でした。

ここは解禁中はアマゴの釣り場なのですが、
禁漁になると管理釣り場として再利用される
まんま自然の川です。
美濃FAの3倍ほどの大きさの川なのでしっかり
開けていてノビノビとラインが出せるので秋の
快適な1日を満喫できました(^^)

美濃は来月早々にでも出かけてこようと思ってます。

投稿: Rolly | 2004/10/20 19:59

Rollyさん、こんばんは。
奈良にそんな釣り場があるんですね。
僕もいつかいってみようかな?
川原で宴会というのも楽しいそうですね。

美濃FAは去年一度だけ行ったことがありますが、
渓流のアマゴ達は僕のフライをことごとく無視…。
恥ずかしながら完膚なきまでに叩きのめされ
受付の賢そうな犬にまで馬鹿にされたような
気になったという苦い思い出のある地です(^^ヾ
最近はポンドもできたみたいですねー。
いつかリベンジしたいな。

ほんとは今週末須谷かどこかに行きたかったんですが、
仕事の関係で今月はもう無理そうです(TT)

投稿: | 2004/10/20 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/1650461

この記事へのトラックバック一覧です: FF須谷川:

« フライタイイング実演 | トップページ | ゴルフワゴンから涙? »