« 有終の美 飾れず(泣) | トップページ | 20年ぶりの味 »

2004/09/20

知多半島日帰り旅行

カミさんが「美味しいお刺身が食べたい」と言い出したので
昨日知多半島へ日帰りドライブへ行ってきました。

名古屋から知多半島は高速を使えば1時間。
名古屋高速は750円と高いけれど知多半島道路は全線走っても650円と安い。
古布ICで降りて暫く走るともうそこは内海海岸。
夏は海水浴で混むらしいれれど、この時期は快適なドライブ。
早速、予約していた「十一屋さん」に到着。
かなりレトロな建物(昭和30年代に建てられたらしい)でお目当てのお刺身定食を頂きました。

photo/sashimi
新鮮なお刺身 美味かった

この旅館では旬のお刺身を出してくれるとのことで、この日のお刺身は、
まぐろ・鯛・いか・たこ・そして初めて食べた太刀魚(なかなか美味かった)で、
カミさんも僕も大満足。そういえば太刀魚ってフライでも釣れるんだよなー。
まるは食堂のような有名なところではなく、あまり混んでいなかったので
のんびり舌鼓を打つことが出来ました。
ところで、十一屋さんのメニューを何気なく見ていると…

photo/jujiya
どんな時にサービス料を取られるのか、かなりファジーです。結局取られなかったけれど笑えました。
ホント、料理はもちろん、建物のたたずまいといい、部屋の小物類といい、かなりいい味だしてる旅館です。

お腹も一杯になったので、内海海岸を散歩。
砂浜や磯に降りてみると、ヤドカリやカニ、小魚がたくさんいて、小さい頃の潮干狩りを思い出しました。
いつもFFでいってる川もいいけれど、海もいいですね。
のんびり投げ釣りを楽しまれている方も結構いらっしゃいました。

散歩で大分汗をかいたので、そのまま近くの温泉へ直行。
行ったのは有名な「まるは食堂」に併設されている「うめ乃湯」。
まるは食堂目当てのお客さんで駐車場が一杯でしたが、温泉はなかなかgood。
なかなか濃い温泉(しょっぱい)で、僕は気に入ったなー。

さっぱりした後は、豊浜の「魚広場」という市場を見学した後、
前から一度行ってみたかった「えびせんべいの里」へ。
たかが、えびせんべいと思うのだけど、いろんな種類のえびせんがあり侮れません。
全てのえびせんが試食でき、コーヒーまで無料で飲ましてくれるサービスの入れようで
完全に一大観光地となっており、建物の中も観光客で一杯。
みんな両手に一杯にえびせんべいの袋を抱えて、ある意味面白い光景です。。
入場料もかかりませんし、コーヒー付きでえびせんがたらふく食べれます。
知多観光の際には、ちょっと寄ってみてもいいかもしれません。

名古屋近辺で魚介類食べるならやっぱり知多ですね。
冬には河豚と伊勢海老を食べに、篠島か日間賀島に行こうとカミさんと話して帰路に着きました。
今から楽しみだなー。

|

« 有終の美 飾れず(泣) | トップページ | 20年ぶりの味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/1483113

この記事へのトラックバック一覧です: 知多半島日帰り旅行:

« 有終の美 飾れず(泣) | トップページ | 20年ぶりの味 »