« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/26

泣きの一尾(^^)

先週、有終の美飾れず、とか言いながら、
本日何とか一日休みが取れたので、行ってきちゃいました。
泣きの一回。正真正銘の自然渓流ラスト釣行。
行き先は石徹白川C&R区間です。
やはりあのままでは終われないからなぁ。

夕方までには名古屋に戻る必要があるので、午前4時自宅出発。
昨夜広島出張から戻ったばかりの身体に鞭打ち、午前6時半にフィールド到着。
今回は峠川下流を釣り上がろうと下流に車を走らせるも、辺りは既に釣り人だらけ。
禁漁前最後の日曜日ということもあり予想はしていたのだけど、
50M間隔で竿を振ってるのは流石に凄いです。
入るスペースすらないよ(泣)

仕様がないので、上流へ車をとって戻し、前回来た時ルアーマンに先を譲って岸に上がった付近から入渓。水温は15度。
されども当然のごとく現場の岩には既に真新しい足跡が…。
まだ乾ききってないので多分20分前くらいの先行者だろう。
でも場所を変えたとしてもどこも状況はさして変わらないはず。
そのまま釣り上がります。
前回、アマゴが釣れたエルクヘアカディスで様子を見ますが、反応なし。
先行者との距離と時間をとるため、できるだけゆっくり釣り上がろうと丁寧に
キャストを繰り返します。
しばらく行ったところで僕の上流10Mのところにルアーマン二人がいきなり岸から入渓。竿を振り始めた。
「おいおい、そりゃないだろう」と思い、直ぐ様声をかけ追い抜きの了解をもらい、
そのまま釣り上がる。彼らは下流へ釣り下がって行ったようだ。
やれやれ、魚の数より釣り人の数のほうが多いかもなぁ。
と思っているうちに初の魚信。
こんな時釣れる可能性の高いのはアマゴよりイワナだろうと、イワイ・イワナにフライを変えたらぼつぼつ反応が出始めたのだ。だけどもフッキングまでは至らない…。
そして上流部はかなりのボサ。前回もそうだったけれど、キャストにはかなり苦労させられる。
多くの釣り人が開けている下流部に集中するのもうなずけるなぁ。

それでも苦労の末、やっとのことでファーストヒットなり!!
「よしっ」とロッドを上方に掲げたら、ガサガサッて音が…。
何かと思えばロッドが上の木にひっかかってしまった。
外そうとしている間に、あえなくバラシ(TT)。
こういう時はサイドにあわせないと…。まだまだ未熟です。

その後はパッタリと反応がなくなり、いつものやばい展開に。
しかーし、今日は幸運の女神が僕に微笑んでくれたのだ。
あるポイントで久しぶりにフライにちーさな反応が…。イワナっぽい。
のらなかったけれど、もう数少ないチャンス。コイツを絶対キャッチしようと、しばらく待機。その間にフライをひと回りサイズダウンして、時間を置いて再度キャスト。
再び、イワナが水面を割ってくれた。あわせも上手くいってしっかりフッキング。
ネットにおさまったのは15センチのイワナくん。よしよし。
そういえば、僕にとって石徹白で初めてのイワナです。

photo/itoshiro0409271
だいぶ痩せてるなぁ。しっかり食べろよ。また来年な

この一尾を釣った後、お昼ご飯。午後は急に人がいなくなったので、下流に入りましたが全く反応なく、夕方の約束もあったので30分ほどで終了としました。
でも1尾でも釣れて良かったなぁ。
石徹白で1尾だけ…というのが僕らしいけれど、
これで何とか気持ちよくシーズンオフを迎えられます。
3連続ボウズだとかなりブルーになるところだったよ(^^ヾ

photo/ito-shiro0409261
石徹白にも秋の訪れ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/09/25

アフターダーク

photo/afterdark

アフターダーク読み終えました。
物語りが一晩の話とだけとあって、読破するのも一晩で充分でした。
25周年と銘打った割にはちょっと短かすぎるかなぁ。

あいかわらず、デニーズでの登場人物の会話なんかクールで好きなんだけど、
第三者的なカメラの視点(特にエリの部屋)での描写には正直馴染めませんでした。
村上春樹も常に新しい手法に挑んでいる(変わり続けている)証拠でもあるんだけど
僕としてはやはり春樹的「僕」が語ってもらったほうが物語に惹きこまれていけて
好きなんだけどな。

早くも次回作の展開が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/09/22

20年ぶりの味

今日から広島出張に来ています。
昔、僕のじいちゃんとばあちゃんの家が広島にあって、
小さい頃親の里帰りの度に広島を訪れました。
母方のばあちゃんが亡くなってからは広島を訪れることはほとんど無くなったのだけど、
当時よく連れて来て貰った広島焼の店がまだあって今夜ちょっと寄ってきました。
八丁堀のお好み村の店その名も「カープ」(^^)。箸を使わず小手だけで食べるののが広島風。
あの頃小さい口でハフハフしていたカープ帽の少年が20年の時を経て
ネクタイ締めてビールを飲んでるなんてね。あの頃の事をちょっぴり思い出しました。

photo/F1000026
美味しそうでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/20

知多半島日帰り旅行

カミさんが「美味しいお刺身が食べたい」と言い出したので
昨日知多半島へ日帰りドライブへ行ってきました。

名古屋から知多半島は高速を使えば1時間。
名古屋高速は750円と高いけれど知多半島道路は全線走っても650円と安い。
古布ICで降りて暫く走るともうそこは内海海岸。
夏は海水浴で混むらしいれれど、この時期は快適なドライブ。
早速、予約していた「十一屋さん」に到着。
かなりレトロな建物(昭和30年代に建てられたらしい)でお目当てのお刺身定食を頂きました。

photo/sashimi
新鮮なお刺身 美味かった

この旅館では旬のお刺身を出してくれるとのことで、この日のお刺身は、
まぐろ・鯛・いか・たこ・そして初めて食べた太刀魚(なかなか美味かった)で、
カミさんも僕も大満足。そういえば太刀魚ってフライでも釣れるんだよなー。
まるは食堂のような有名なところではなく、あまり混んでいなかったので
のんびり舌鼓を打つことが出来ました。
ところで、十一屋さんのメニューを何気なく見ていると…

photo/jujiya
どんな時にサービス料を取られるのか、かなりファジーです。結局取られなかったけれど笑えました。
ホント、料理はもちろん、建物のたたずまいといい、部屋の小物類といい、かなりいい味だしてる旅館です。

お腹も一杯になったので、内海海岸を散歩。
砂浜や磯に降りてみると、ヤドカリやカニ、小魚がたくさんいて、小さい頃の潮干狩りを思い出しました。
いつもFFでいってる川もいいけれど、海もいいですね。
のんびり投げ釣りを楽しまれている方も結構いらっしゃいました。

散歩で大分汗をかいたので、そのまま近くの温泉へ直行。
行ったのは有名な「まるは食堂」に併設されている「うめ乃湯」。
まるは食堂目当てのお客さんで駐車場が一杯でしたが、温泉はなかなかgood。
なかなか濃い温泉(しょっぱい)で、僕は気に入ったなー。

さっぱりした後は、豊浜の「魚広場」という市場を見学した後、
前から一度行ってみたかった「えびせんべいの里」へ。
たかが、えびせんべいと思うのだけど、いろんな種類のえびせんがあり侮れません。
全てのえびせんが試食でき、コーヒーまで無料で飲ましてくれるサービスの入れようで
完全に一大観光地となっており、建物の中も観光客で一杯。
みんな両手に一杯にえびせんべいの袋を抱えて、ある意味面白い光景です。。
入場料もかかりませんし、コーヒー付きでえびせんがたらふく食べれます。
知多観光の際には、ちょっと寄ってみてもいいかもしれません。

名古屋近辺で魚介類食べるならやっぱり知多ですね。
冬には河豚と伊勢海老を食べに、篠島か日間賀島に行こうとカミさんと話して帰路に着きました。
今から楽しみだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/19

有終の美 飾れず(泣)

今月末、仕事の関係でほとんど休みがなさそうなので、
本日ってもう昨日か、今シーズンの自然渓流ラスト釣行に行ってきました。
行き先は石徹白川にしようかと思いましたが、庄川漁協が禁漁に入ったため、
プレッシャー大と予測。へなちょこの腕では苦戦を強いられると負け犬根性丸出しで
先週と同じく南信州の渓流へ。一尾でも釣れればいいのだよ。

高速で1時間。昼頃現地に到着し、早速魚券購入。
僕「どうですか。釣れてますー?」
おばちゃん「そうだねー。釣れてるところは釣れてるみたいだよ」
僕「ふむふむ、どの辺ですかね?」
おばちゃん「そうねー、釣れないところはさっぱりみたいだねー」
僕「……、どの辺ですかねー、この目の前の川なんかどうですか?」
おばちゃん「釣れてるところはねー、何匹も釣れてるみたいだけど…」
僕「………」
おばちゃん「………」

気を取り直して、いそいそと身支度を整えます。
そして、「さぁいくぞぉ」となった時、空からポツポツと雨が…。
多少渇水気味だったので、「少しの雨は恵みの雨だな(フフフ)」と思っているうちに、
バケツをひっくり返したような豪雨に(泣)
慌てて車に駆け込みます。
今年の豪雨の特徴なのか、全く降りやむ気配がなく、激しくフロントガラスに雨が打ち付ける。
しょうがないので、ウェーダーを履いたまま、カーナビでNHK大河「新撰組」を鑑賞。
「おー、江口っちゃんも慎吾ちゃんもかっこいいじゃん。結構おもしれー」って
長野まで来て何で大河見てんだよ。
と思っているうちに不覚にも寝ちゃってました(^^ヾ

暫くして目を覚ましてもまだ降ってやがる…。空のやろう、どこまでも俺をコケにしやがって。
4時ぐらいにやっと小降りになったので、
いそいそと川の状況を見に行くとやはり大増水&カフェオレ状態…。
木の枝や木の葉がどんどん流れてる。
往生際悪く、濁りの少ないところで少し竿を振ってみたけれど、釣りになる訳もなくあえなく終了(TT)
完全な不完全燃焼なり。高速代と魚券7000円もかけて大河を見ただけとは…。
打ちひしがれつつ10月に渓流管理釣り場で再起を誓い、家路に着いたのであった…。

やれやれ。こんな釣れない釣行記ばかり書いてると、そのうちクレームがつくかもなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/12

南信州のんびり日帰り旅&釣り

シーズンも残り1ヶ月を切り、先日イワナを釣っただーれも居ない渓へ行ってきました。
今回はカミさんも同行して、温泉&蕎麦も主な目的なのだ。

朝7時前に名古屋の自宅を出発し、伊那地方の渓に着いたのが8時半頃。
予想通り辺りには誰もいない。(まぁ魚影も薄いんだけどね)
カミさんが(僕もだけど)転倒したりしないようにゆっくり釣り上がります。
少し暑かったので疲れると川の畔に腰掛けて、川の水でお茶を冷やしてゴクゴク飲みます。
水温は17度。空は晴れ渡りまさに秋晴れ。渓には暖かな日差しが降り注ぎ、とても気持ちがいい。

photo/20040912
降り注ぐ陽がとても綺麗だ

魚信はというと、ゆっくりしたペースでドライで丹念に探りますが、全く反応がありません。
まぁ、もともと魚影の濃さには期待していませんし、前のときもそうだったので、川歩きを楽しみながら少しずつ上流へ。

すると橋を越えたあたりで、フライ直前で反転する魚影がきらっと光った…。
いたね。いたねー。
いまのは恐らくイワナ。だとすれば、もう一度チャンスはあるはず。
「今さぁ、イワナがいたよー。もう一度流してみるから見てて」
僕は今までカミさんの前で一度も魚を釣り上げたことがなかったのでいいところを見せようと集中。
フライをパラシュートから一番信頼しているエルクヘアカディスピーコックへ変え、暫く間をおき、反応のあったポイントの1Mほど上流へキャスト。
二人が固唾を呑んで見守る中、フライが上手い具合に暫く流れた…。
その刹那、黒い影が浮上し、フライに再度アタック。
今だ!と間髪入れずアワセると、フッキング!!
のったー。
イワナがあわてて走り回る。

「釣れたぁー釣れたよー」つカミさんもキャッキャッ言っている。
ふふふ、見たかー、これがフライフィッシングなのだよ。
だてに小遣いをつぎ込んでないんだよー。はっはっはっ。
「よっしゃぁー、イワナちゃんもうそろそろおとなしくしようかぁ」とロッドを高く掲げた瞬間、その瞬間
かるーい感じでスポッっと…、それはもうかるーい感じでスポっと抜けた…。
手繰り寄せると何事もなかっようにフライがぷらーん、ぷらーん…。
カミさんの前でいつも以上の見事なバラシ…。_| ̄|○

カミさんは「外れちゃったけれど、釣れてよかったねー。」って、これでは釣ったことにはならないんだよ(TT)

その後もゆっくり釣りあがるも結局その後の反応はないまま、昼前に終了。
のんびり楽しく釣るという目的は達成したものの、今シーズンこれでは終われない結果になっちゃいました。
まぁらしいと言えばらしいんだけどね。
今シーズンあと一回頑張っていってみるぞ。

その後は、「おんぴら」という蕎麦屋でお昼ご飯。ここの蕎麦とてんぷら、なかなか上手かったです。
蕎麦屋の中にある物産販売で買ったりんごケーキも美味しかったし、おすすめです。

photo/onpira
これで3人前。二人で頂きました

帰りは153号で名古屋に向かい、途中稲武町の夏焼温泉のホテル岡田屋さん(300円は良心的)とい日帰り温泉で汗を流し、帰宅しました。
釣果は伴わなかったけれど、楽しい日帰り旅でした。

ところで、今回初めて履いたシムスのL2ブーツ。前のブーツはサイズにきつくて釣行の度に足の指にマメを作っていたのだけど、今度はサイズもぴったり。若干重くて硬い気もしますが、しっかりとしたホールド感と耐久性は流石だなと思いました。履き心地もよく、使い込めば使い込むほど自分の足にフィットしてくれそうで気に入りました。

photo/sl2b
なかなかいい感じ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/09/08

備えあれば…

いやぁ、地震驚きましたね。一日に2度も来るなんて。名古屋でもかなり揺れました。
特に2回目は揺れも長く、家の壁はミシミシいうし、正直「ついに来たかー」って感じで怖かった…。

丁度地震の前日に東急ハンズで防災グッズ(ラジオ付き懐中電灯とか非常食とかホイッスルとかいろいろあるのだ)の入ったザックを買ってきたばかりだったので、揺れの間ずっとその非常袋を握り締めていつでも飛び出せるようにしてました(笑)
まぁ、備えあれば憂いなしと言いますが、実際のところ防災グッズより、「地震の瞬間」に生き残れるかどうかが一番ポイントのような気もするけれど…。

そういや、地震のあと暫くはイワナやヤマメは釣れないって聞いたことがあるけれど本当なのかな。

photo/DSC00143
これで数日間生き延びる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/04

ウェーダーの補修

僕は自慢じゃないけど渓流で結構転んじゃいます。
結構やみくもに藪漕ぎもしちゃいます。

先日石徹白で腰の辺りまでウェーディングしていると、どうもお尻がヒンヤリいい気持ちに…
何だろうと思っているうちに、だんだん冷たくなってきたー!!
こりゃあやばいと岸に上がって確認するとやっぱりウェーダーに穴が(TT)
まだ買って1シーズン目なのになぁ。ちょっと尻もちつきすぎだったかもな。

photo/aquaseal

という訳で今日明日とアクアシールで補修です。表に塗って一日乾燥、裏に塗って一日乾燥。
ピンホールより大きい穴なんだけど上手くいくかなぁ。

| | コメント (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »