« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004/08/27

石徹白リベンジ成功 一色撃沈

職場の白い目を気にしつつも何とか取っちゃいました。昨日(8/26)今日(27)と遅れてきた二度目の夏休みを。
計画通り、石徹白と庄川に一泊二日でのんびりフライ三昧の一人旅、土日のプレッシャーのないフィールドでロッドを振れるなんて、うーん、胸が高鳴ります。

水曜日に深夜残業したため、木曜はやむ得ず9時起床。自宅を10時に出発し、石徹白の峠川C&R区間に到着したのが正午過ぎ。前に来た時は雨で散々な目にあったけれど、今日は曇り時々晴れでなかなかいい感じだ。
いつものアマゴ園で日券購入。おばちゃんに近況を聞くと、「まだ昼間は厳しいけど少しずつ釣れる様になってきた」とのお答え。ふむふむ、僕でも何とかなるかもしれない。
ウィークデーの真昼間ということもあり辺りに釣り人はいないようだ。いつものプレッシャーがウソのよう。そうだよ、そうこなくっちゃ。
今回は前回行かなった別荘地前から入渓してみることにして早速釣り上がり開始。水温は18度、フライは定番のエルクヘアカディス14番ピーコックを結んで、しばらく釣りあがります。

そのまま約1時間…。まったく釣れない(泣)
というより、何だか倒木やら枝が垂れ下がってきている木が多くて、フライが良く引っかかるのだ。蜘蛛の巣も多いし、しゃがんだり、サイドキャストやロールキャストでもう悪戦苦闘。ライン処理やらフライのロストやらで最初の1時間を消費してしまった。やれやれ。

まぁそれでも何とか渓相に慣れてきたなぁと思い始めた頃、やっとのことでファーストヒット。
よしよし。何とかはじめのチャンスを逃さず、寄せてきたのは18センチのアマゴなり。
ふふふ。恥ずかしながら最近イワナばっかりだったので正直嬉しい(^^)。
無垢なイワナもいいけれど、アマゴもいいな。やっぱり綺麗です。

photo/itoshiro03
くりっとした眼がGOOD。バラシ寸前 あぶねー。

その後、夕方に近づくにつれ、ドライフライに結構出てきてくれるようになったものの、あわせそこね、「ここでバラシ、こうしてバラシ」を重ねつつ、「ボウズは免れたし、まぁいいか」と軽いノリで、うだうだスローなペースで釣り上がります。前にも後にもだーれも居ないので、釣れても釣れなくても自分のペースで楽しめるのがとても良い。

photo/itoshiro06
C&R区間 フライの腕を磨くにはもってこいのフィールド

そうこうしているうちに、メインイベントがやってきた。
いかにも「ここにいまっせ」的な落ち込みから白泡に沿ってにフライを流すと、バシャ!!と教科書のような水面を引き裂くスプラッシュライズ…。
ここ一番あわせも上手くいって、しっかりフッキング(してるはず)。ロッドを高く掲げ左手でラインを調整、テンションを保ちます。
でもそいつはジャンプしまくり、空中で躯をくねらせ激しく抵抗。「おー」僕のこれまでのヒヨコなみのフライ経験の中では一番の引きと暴れぶり…。
「ひょっとしたら尺ってやつかなのかぁー、俺もついにここまできたかぁ」とドキドキワクワク、内心は「頼むからばれないでくれー」とオドオド必死のやり取り。できるだけ空気を吸わせるようにロッドワークだ。
「頑張れ洋。落ち着け、もう少しだ」(自分の声)、とにもかくにもやっとのことで寄せてきたのは…。

photo/itoshiro12
やったね。いい感じのアマゴ 24CM 

尺には遠く及ばない(まぁ僕の腕じゃ当たり前か…)けど、体格のいいヒレピンアマゴ。大満足\(^O^)/
アテネの北島君風に「ちょー気持ちいいー」状態になっちゃいました。
程なくルアーマンの方お二方がのろい僕に追いついていらっしゃったので、先を譲り一旦川から上がりました。ルアーマンの方はイワナばかり釣り上げたとのこと。うーむ、僕にはイワナでなかったのになぁ。石徹白のイワナも釣りたかったな。残念。

時刻を見るともう既に午後5時すぎ。(フライやってるときで何でこんなに時間が経つのが早いのだろう)。いつも適当に釣りあがって暗くなる前に帰る僕だけど、そうとも今日は泊まりなのだ。
初めて「イブニング」というやつをやってみようと、それらしきプールを探します。すると「いとしろ旅館」という旅館の裏に何やら容易く入渓できるプールを見つけ、しばらく待ってみることに。
ひょっとしてここがよく聞く「旅館裏」ってやつか?僕以外誰もいない。
「有名ポイントを独り占めだー」とさして意味の無い満足感に浸ります。
ライズ待ちすることしばらく、ポツポツとライズが始まった。
「おー」、でも、これってもっと激しくなるまで待ったほうがいいのか、今やるべきものなのよく判らないまま、「もうしばらく待ってみっか」とお預けを食らったポチのように川辺で行儀良く待ちます。
しかし、待てども待てどもライズのペースは変わらない。少しずつ暗くなる周囲、続くライズ、いかに訓練されたフライ犬、ポチと言えどもう待てない。
満を持して少し小さめのエルクをライズ周辺へキャスト…。
「さぁ、晩ご飯だよ。召し上がれー」。無視。
キャスト…。「ねぇ食べてよー」。一向に無視。
キャスト…。「いいかげん食えよ、食え、食えぇー」と我を失いかけるも、完全無欠の無視。
フライをあれこれ替えて挑むも無視しつづけられ、自らの限界を知ったポチはあえなくギブアップ。なぜならあたりは急激に闇に包まれ、もうフライも替えれないのだ。

photo/itoshiroissiki14
イブニングライトってこういうとき必要なのね。今度買うとしよう。

それにしても、サイトの釣りって釣り上がりとは違う楽しさがありますね。これ熱くなります。あれで思い通りゲットしたら気持ちいいだろうな。

その後満天の湯(結構良かった・でも個室露天風呂が「使用中(赤)」ってなってるの見てドキドキするのは僕だけか)で汗を流し食事。明日の一色に備えて、荘川の道の駅で車中泊しようとおもったのだけど、満天の湯のチラシを見てると近くにウィングヒルズという格安の宿泊施設があるという情報をゲット。ためしに電話すると素泊まり2000円!!。ということで、ここに泊まることに(やっぱふとんがいい)。昔の小学校の時にいった「青少年自然の家」みたいなところ…。この日も子供達がいたけれど何だか懐かしかったなぁ。
photo/itoshiroissiki15
石徹白釣行にまた利用するかな

そして今日金曜。今年最後の庄川支流一色川です。昨日アマゴの興奮で結局良く寝れないまま(←子供)、午前4時起床、眼をこすりながら真っ暗闇の石徹白の峠道をくだり(これは結構恐ろしかった)、午前5時半には一色川下流グランド横の堰堤に到着していました。
何故なら昨日ちょっと固めの2段ベッドで僕は心に決めていたのだ。
そう、尺イワナを狙ってみようと。
そして、そこの堰堤では尺も期待できると「渓流FFマップ中部版」(アムソン出版)に書いてあったのだ(安直すぎ)

立ちはだかる堰堤を前にエルクヘアカディス10番を手に「もう僕は昨日のポチじゃない。そう今日からの僕は狩猟犬のジョンだ(意味不明)」と敢然と立ち向かいます。遠目から白泡へフライをキャスト。キャスト。けれどもウンともスンとも言わない。諦めの悪い僕の無謀な挑戦はその後も20分ほど続いたものの、一方的な死闘の結果は大方の予想通り、反応は皆無…。無残にも夢は砕け散った。水の流れも複雑でここはなかなか難しく、僕にはやはり荷が重いようだ。うーむ残念というかやっぱりな(納得)。

よし、じゃあ今年最後に一色イワナに来年もよろしくっていっちょ挨拶しとこう。小さくてもいいや、と軽い気持ちで、そのまま次の堰堤まで釣りあがります。釣りあがるも、少し反応があっただけ…。その後も全くダメ。むなしくフライが流れるのみ。水温は15度で良いのだけれど水量が多くて僕の技量ではあっという間にドラグが…。
まさか、一色で一尾も釣れないなんて…。悪い予感が。
途中、えさ釣りの方と話をすると「土曜日に大水が出たのヨ。大分減ったけれど今日はまだダメだな」と僕を慰めるようなお言葉。なるほど、そーか。そりゃ釣れないね。ありがとやんす。
でも、そう言いながら小さいイワナを簡単に僕の目の前で掛けて「ほらこんなのばっかり」って、釣れてるじゃんオッサン(TT)。

でも僕はジョンになった以上(しつこい)、戦うフライ犬としてあらゆる条件下でも諦めるわけにはいかない。一旦岸に上がり、場所替えでスキー場へ。しかし既に車が…。それならばとその下の一色キャンプ場から仕切り直しだ。
そうだ、こんな時は沈めるんだ。ドライにこだわってばかりじゃだめだ。いつまでたってもポチのままだ。インジケーターをつけてシンクアントを白泡に沈めて果敢に釣り上がります。
しかし結局反応すらない(というか今まで沈めて釣れた事ないよ)まま10時過ぎに…。

「うーむ、だめだこりゃ…。何だか眠いし暑いし、もう充分楽しんだからまぁいいか」とあっさりポチに逆戻り。結局、尺イワナどころか一色川で初めてのボという汚点まで残してしまいました。(/o\)
まぁでも、今年はささやかながらも僕にとってはいい思いをさせてもらった川なので良しとしよう(意味不明の前向きさ)。でもホントこの川には感謝してるんです。
恒例の桜香の湯に浸かりながら来年もここで竿を振れる幸せが訪れることを祈念して帰路につきました。

二日間なかなか楽しかった。リフレッシュできたなー。

photo/issiki19
一色の空 もう荘川高原は秋空っぽいな

あーでも、こんなことなら二日目もそのまま石徹白でやってりゃ良かったな。やっぱり。ブツブツ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/08/22

取れるかな、最後の夏休み…

今週うまくいけば、平日に二日くらい休みが取れるかも…。( ̄ー ̄)ニヤリッ。
上手く休みがとれたら、石徹白と庄川へ一泊二日で釣行する予定です。
気温も下がってきてるようだし、両河川とも期待できるかな。
うーむ、楽しみだ。庄川は9/9までだからきっと今シーズン最後だな。

何とか休めるように明日から死ぬ気で仕事するぞー。(いつもやれよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/21

多治見・土岐・瑞浪へドライブ

オリンピッック真っ盛りですね。
日本はメダルラッシュでいい感じだけど、メダルメダルと騒ぐメディアにはいささか違和感を覚えてしまいます。
もっと選手個人のドラマにスポットを当てたり、ギリシャという国をオリンピックを通して深く探るような番組があってもいいのになぁ、と思いますね。そういう意味では村上春樹の「シドニー」はとてもおもしろいのだけど。

さて、今日は少し涼しかったので、多治見・土岐・瑞浪方面にドライブに行ってきました。
まずは多治見の「とと屋」という蕎麦屋で腹ごしらえ。多治見ICから10分ほど走った県道から、かなり細い脇道へ入った山ん中にその蕎麦屋はあります。かなり分かりにくそうな場所にもかかわらず、駐車してる車の数が半端じゃない。まぁ、ちょうどお昼時だったということもあるんだけど、県内外から蕎麦ファンが詰め掛けているらしい。待つことなんと1時間!蕎麦でこんなにまつとは…。やっとのことでありついた蕎麦がこれ↓

photo/totoya

細い蕎麦だったけれど、待たされるだけのことはある。かなり美味い。調子に乗って、蕎麦がきと蕎麦ご飯も追加して大満足。和風モダンの板間&水辺というロケーションも良く、さすがに人気があるわけだ。「ととや」なかなかオススメです。でも一時間も待つのはもういやだけどね。

その後、ちょっと散歩でもしようという話になり、土岐にある鬼岩公園という観光スポット(なのか)へ。僕のイメージでは長野の鬼押し出し園のような感じで、巨岩奇岩が並ぶ清流沿いの小径を爽快に散策するという非常に軽い気持ちで寄ってみたのだけど、完全に裏切られました(笑)。まず、入り口周辺の裏寂れた観光地の雰囲気の醸し出し方がすごい。年季の入った旅館(はじめもう潰れているのかと思った)、シャッターの閉じたレトロすぎるスナック数件。もちろん、モダンでよさげな旅館もあったけれど、まさに高度成長期の往時が偲ばれる…という観光地そのもので、ある意味感慨深いものがあったな。公園そのものも、はじめのほうこそ、渓流沿いの散策という感じで思惑通りだったのだけど、奥に進むに連れ勾配もきつくなり、「散策」と言うより「山登り」に…。目玉である「岩屋くぐり」に至っては、入り口も分からないほど小さな岩の隙間より進入、ほとんど腰をかがめての歩伏前進です。サンダル履きの僕達は最初こそ「探検みたいで、おもしろいねー」なんて言ってましたが、かがんだりはいつくばったりハシゴを登ったりしてるうちに、汗はダラダラ、服は汚れるは、道に迷うはで、言葉少なになり途中の中間地点からほうほうのていで外へ脱出しました(^^このへんの感じはここのサイトでもおもしろく紹介されてますが、ほんと舐めてかかると大変なことになります。

その後、瑞浪にある「瑞浪の湯 たかさご」いう天然温泉で汗を流して帰路に着きましたが、恐るべし鬼岩公園。近県にお住まいの方は一度は行く価値ありでしょう。僕はもう二度といかないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/17

シーズン終盤に向けて

いつの間にかお盆も過ぎて(僕にはお盆休みは無かったけれど(TT))、今シーズンも終わりに近づいてきましたね。
今シーズンは仕事が忙しかった割には、結構川に立つことができたかな。
2月の寒狭川に始まった僕の3年目のフライフィッシングライフ。これまでのシーズンで最も多くの釣行をこなし、最も多く川で転倒(^^ヾ、最も多くのバラシを体験し(TT)、最も多くのお小遣いを使った(泣)、……。
なんだか凹んできたけれど(笑)、全ての苦労は美しい自然と渓魚に出逢うことで癒され、ますますフライフィッシングに魅せられたここまでのシーズンでした。

さて、残されたシーズン終盤でしておきたいこと。
①一番好きな庄川が9月9日までだからあと一度は行きたい。石徹白のリベンジも残っているので、まとめて行きたいなぁ。未だ取りそびれている残りの夏休みを平日とって、泊まりで捨て身の勝負!
②プレッシャーの少ない南信州でのんびり釣る釣りももう一度したい。これは前と同じく日帰りだな。
③あと下呂にカミさんと行く予定があるので付近の馬瀬川とかも行ってみたい。これは朝飯までの一発勝負。

こんなところかな。まぁ全部果たせるか分からないけれど、いずれにせよ残り1ヶ月半。悔いのないシーズンにしたいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/14

プロ野球観戦 名古屋ドーム

カミさんがジャイアンツVSドラゴンズ戦のチケットを頂いたので火曜日に名古屋ドームに行ってきました。
僕は昔からカープファン(最下位独走中…)なのだけれど、首位攻防戦ということもあってなかなか楽しめました。
試合はドラコンズが4-0で勝ったのだけれども、僕がいいなーと思ったのはジャイアンツを完封した川上憲伸のマウンドさばき。落ち着きはらい、それでいて熱いハートを内に秘めながら、自分の間合いで並み居るジャイアンツの強打者に対峙するマウンド上での姿…。正直かっこよかったなぁ。「フライの時もあんな感じでマスに対峙すればいいのかも…」なんて思ったのは4万超満員の客のうち僕だけなんだろうけど(^^)

初めて行った名古屋ドームは見やすくて快適だったけれど、空が見えないのはやっぱり残念。天然芝で夜空に白球が舞い上がるナイターの方が僕は好きだな。

photo/gd
それにしても野球場で飲むビールは何であんなに美味いんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/07

信州リベンジ-天竜川水系-

先日の信州旅行の千曲川・奈川で痛い目あった僕だけど、フライフィッシャーとして(へなちょことは言え)このままで引き下がる訳にはいかない…。あれから3週間、ついに信州のマスに再挑戦するときがやってきたのだ…(大げさ)

というわけで、今日再び信州へ釣行してきました。
前回完敗した千曲川・奈川はさすがに遠く日帰りではきつく感じたので、今回は南信州の天竜川某支流に行くことにしました。前回と同じ徹を踏まぬよう今回は日の出とともに釣り開始(盛夏の鉄則)を決意。
昨日(金曜日)は仕事をはやく切り上げ速攻寝ようと思ったものの、なんやかんやで結局床についたのは午前0時くらい(泣)。結局ほとんど睡眠をとらず午前3時半に名古屋の自宅を出発。高速飛ばして現地には4時半すぎに到着しました。日の出が5時だから我ながら今回に掛ける並々ならぬ意気込みが感じられます。でも、南信州なら意外と近いもんだ。

午前5時、早速身支度を整えて某支流に入渓。水温を計ると18度。予想より結構高い…。くわえて渇水気味。辺りには釣り人らしき車は1台も無く、釣り人も一人も居ない…。「やったぁ。貸切一番乗りだー」という前に何となく、と言うよりかなりいやな予感…。魚いるんだろうなぁ。とりあえず14番エルクヘアカディス(ピーコック)をキャストし様子を見ます。キャスト。キャスト…。キャスト……するも全く反応なし(泣)アント、ハーフシンクアントにしても×。しばらく釣りあがるも生体反応すら感じられません。やれやれ。釣れる気がしないので、30分ほどでこの支流に見切りをつけて、別の支流に移動し仕切りなおし。

結構渓相のいい感じのところを見つけ、しばらく釣りあがるも状況は同じ。カワムツ一匹反応無し。「あぁ奈川の二の舞かぁ。せっかく早起きしたのに。なんだよ信州、なにが信州だ。高速代返せこのやろー」と自分が下手なのを棚に上げ(^^ヾ、眠さも手伝いやけになりつつあったその時、突然エルクヘアカディスが飛沫とともに消えた…。
「お!」咄嗟にあわせると充分な手ごたえ。やった!
4番ロッドが綺麗な孤を描いてしなり、ピンと張ったリーダーティペットの先端が右に左に走り回る。
最高の瞬間。これだからフライはやめられないよなー。
1分位だったかな。やりとりを楽しんだ(ほんとは必死)後、慎重に取り込んだのは僕にとっては初めての信州イワナ。
よっしゃぁ。サイズも25センチ弱で僕にとってはグッドサイズ(^^)素直に嬉しい。

photo/tenryusuikei2004.8.7
さすが信州、やったぜ信州。さっきはごめん(笑)

その後、1時間ほど釣り上がりましたが、その後の反応は全く無く、午前8時すぎに暑さと眠気でロッドオフとしました。帰りに遊魚券を買って昼前には自宅に到着。往復3時間釣り3時間。半日だったけれど楽しい釣りができて良かった。
今日、フライに出たのはたった一度。その一度をランディングできてほんと良かった。あのイワナ、水温20度でよく出てくれたなぁ。やり取りの際結構走り回ったし、よっぽどやる気のあるヤツだったのかな。危うくリベンジ返り討ちにあうところだったけれど、あのイワナに助けられました。感謝感謝です。またいつか来たい渓流です。名古屋から1時間、庄川のように人もいないしのんびり釣るにはいいところかも。

photo/tenryu
渓相はこんな感じ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/08/01

世界淡水魚園水族館

いゃぁー、昨日のアジアカップヨルダン戦。川口のセーブは凄かったですね。海外移籍以来不遇をかこってきた彼の神懸かり的な活躍での奇跡の勝利。久しぶりにサッカーを観て鳥肌が立ちました。やはり、何事も最後の最後まで諦めちゃいけないってことですね>俺。

ところで、今日は、7月にオープンしたばかりの世界淡水魚水族館「アクア・トトぎふ」に行ってきました。
東海北陸自動車道の川島PA・ハイウェイオアシスから直接アクセスできるため、自宅からたった30分ちょっとで現地到着。
館内には、長良川の源流から河口までと世界の淡水魚が展示されており、イワナやアマゴはもちろん、北海道のオショロコマやイトウ、果てはカワムツ・ウグイの類まで、フライフィッシャーなら馴染みの深い淡水魚が間近で見れてなかなか面白かったです。サツキマスのコーナーもあり、でかいサツキマスが悠々と泳いでいる姿はなかなかのものでしたよ。
今日は、オープンしたばかりの日曜日とあってかなり込んでたけれど(入場券を買うのに25分待ち!)、これといった目玉(メコンオオナマズらしいが)がある訳でもないのでじき空いてくると思われます。
館内が空いてくれば、フライフィッシャーの方ならそれなりに楽しめる内容かと思いますので、岐阜方面へ釣行の帰りにでもちょっと寄ってみてもいいかもしれません。

次回の釣行は来週末に計画しています。どこに行くとするかなぁ。やはり盛夏のフライは難しいけれど、前回の信州でのリベンジを果たすべく今は行き先を鋭意検討中なのだ。

photo/itou
イトウです。いつか釣ってみてー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »