« 前哨戦に行ってきます | トップページ | 防水デジカメ購入 »

2004/07/11

何とか一尾!

またやって来てしまいました。今季4度目となる庄川。
暑さを考え、今回は柄にも無くアサイチから釣りをしようと名古屋を早朝に出ようと決意するものの、自分はおろか後輩も寝坊するという失態を演じ、あえなく挫折。それでも名古屋を午前6時30分に立ち、荘川村に着いたのが8時と重役出勤だったこれまでに比べればかなりマシな出足だ。
それもそのはず、今回はサイズアップ&ヤマメ・アマゴ狙いで支流でなく庄川本流にチャレンジしようともくろみ、本流の良いポイントに入渓しようと勝手に心に決めていたのだ。
はやる気持ちを抑え、早速本流の様子を見てまわる…

photo/ayu
なんじゃーこりゃー(松田勇作風)

何処に行ってもひと・ひと・ひと。黒いタイツのひと・三角わら帽子の人・とってもながーい竿のひと…。
本流はもとより、支流も下流のほうは全てアユ釣りの方で一杯。5メートル間隔で竿が出されているというある意味壮観な眺め…。聞けば、今日は庄川のアユ解禁日とのこと(TT)迂闊だった。テントを張って昨日から準備されてた方もそこかしこにみえ、このなかを駆け出しフライフィッシャーがフォルスキャストビュンビュン、突き進むわけも行かず(当たり前だ)、結局一色川へと車を進める我々。ヤマメが狙える一色川下流も既にアユ釣りの方で一杯。さらに上流を目指すも、どこも既に車がとまっている。同じように追いやられたフライフィッシャーがここに集結しているのかも?それでも何とかスペースを見つけ、やっとのことで入渓。うーむ、かなりの渇水状況。9時前だけど、既に水温も15℃。気温も想像していたよりかなり暑い…。このまま行くと昼過ぎにはさらに水温が上がり厳しい状況になりそう…。

何はともあれ、14番エルクヘアカディスピーコックで釣り上がり開始。しばらく釣り上がった所で2度ほど反応があったもののノラズ。16番にサイズを落とすも、その後反応がなくなり、あせる我々。-夏はアントで乗り切れ-某FF誌のフレーズを思い出し(単純)、パラシュートアント14番に結びなおすも無反応のまま、全く乗り切れず(笑)、1時間と少しが経過。それにしても暑いー。後輩も暑さと遡行で疲れ気味の様子。まぁ一旦メシにするかなぁ、と思いながら、フライボックスを何気なく見ると目についたのが2本の14番イワイイワナ!そうかここはイワナの川だしいけるかも(さらに単純)と軽い気持ちで一投したらいきなりきた。

photo/iwanaissiki2004.711
新ランディングネット一号はイワナくんでした(^^)

15センチもないサイズだったけど、苦労した分嬉しい一尾。うーむ。さすがイワイの名に恥じぬフライだ。感心感心、褒めてつかわす(何様だ)。ここでお昼にして休憩。

午後は1時頃からスタート。スキー場より上流に移動してポイントを探すも何処も人で一杯。しょうがないので下流に移動してキャスト開始。しかし死ぬほど暑い。水温はもう18度。しかもこれから上昇しそうなお天道様だ。厳しいかもと思いながらも、もちろん今日のエース、イワイイワナで反応を探ります。でも、その後1時間半ほど釣り上がるも結局反応すらなし。何やってんだイワイイワナ!じゃなくて暑すぎです。後輩も前回のようなビギナーズラックがこの状況でおこるはずも無く、さわやかに日焼けしただけで終了。僕もまだ釣れたはずだったけれど、選挙にいかなくてはならないのでジェントルに国民として自覚の納竿(意味不明)。
まぁ、この状況の中で、僕のようなへなちょこフライフイッシャーでもボにならなかったのは、やはり庄川の素晴らしさと言えるんだろうな。今度はほんとにもっと早く来よう。来週行く長野ももう昼はきついのかなぁ。

追記 アユ釣りっておもしろいんでしょうね。ほんとに凄い人でした。


|

« 前哨戦に行ってきます | トップページ | 防水デジカメ購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32734/946481

この記事へのトラックバック一覧です: 何とか一尾!:

« 前哨戦に行ってきます | トップページ | 防水デジカメ購入 »